丸太町十二段家

テーマ:

お茶漬けで有名な京都のお店です。祇園にも同じ名前のお店がありますが、そちらとは経営が別とのこと。

 

京都観光の際に、お昼ご飯をいただきました。

 

_20170319_123847.JPG

 

小さなお櫃に入ったご飯、出し巻き、漬物の盛り合わせ、赤出しがセットになった"すずしろ"を注文。お茶漬けのメニューとしては、他に季節の一品料理がつく"水菜"と、さらに刺身がつく"菜の花"があります。お昼はいずれもご飯のお替り自由とのこと。

 

お茶漬けですから、ご飯と漬物が主役ということになるのでしょうか。ご飯は、間違いなく美味しかったですが、炊き上がりなども普通に美味しい範囲であまり特別感はありませんでした。赤出しも普通に美味しいレベル。平均を少し上回るレベルという感じがします。漬物は、いろいろな種類が味わえました。こちらも、平均を少し上回るレベルでしょうか。

 

一番印象的だったのは、出し巻き。しつこくないほんのりとした甘さが口の中に優しく広がり、ふんわりと程よい柔らかさで仕上げられ、とても美味しかったです。この出し巻は、これまでにいろいろなお店でいただいた中でもトップレベルだと思います。
 

席は5組分。椅子が6脚程あるテーブル席が2卓。座布団が5、6枚置かれたちゃぶ台が3卓。1人客が数人いても相席ということはないため、結構、並んだりしているのですが、メニュー的もあまり長居する感じではないので、それなりに回転していく感じです。

 

お茶漬けのほかに一品メニューがいくつかありました。また、予約が必要ですが、しゃぶしゃぶもあります。京都に行ける機会はそれ程多くないのですが、また訪ねてみたいお店の一つです。しゃぶしゃぶも、是非、いただいてみたいです。

 

店内のインテリアが和の雰囲気で、いかにもな京都を感じさせてくれますし、メニューも京都らしい漬物をいろいろ味わえて、京都を満喫できました。今や絶滅危惧種といってもいいちゃぶ台でいただけるのも嬉しかったです。ちゃぶ台とお茶漬け、昭和の香りたっぷりです。

 

"一見さんお断り"の格式高いお店も多い京都。地元民ならぬ身では、"京都の美味しい店"というのは、敷居が高い感じでちょっとドキドキものなのですが、心地よい雰囲気の中で食事をすることができました。

 


公式サイト

http://www.m-jyunidanya.com/

AD

No.4

テーマ:

定期的に麹町辺りに用事があるのですが、そんな時に寄ることの多いお店です。

 

麹町、日テレ通りにあるお店です。店名にある4は、お店の所在地、"四番町"から取ったとのこと。都バスの番町バス停すぐ近くにあります。広い敷地の中にある平屋建てのコンテナハウス風の建物で、なかなか目立っています。外観も内装もお洒落な雰囲気。

 

と~~~っても地価の高いエリアに平屋の飲食店とは何と贅沢な!とっても高いお店に違いない...と思っていたのですが、結構、小さい子連れのお客さんもいて、そんなに敷居の高いお店ではないのかもしれないと思うようになり、何度目かに通った時、思い切って入ってみました。

 

この敷地は日本テレビの所有地で"番町の庭"と称され、日本テレビが地域のイベントなどに使うために有期限で貸し出したりしているようです。

 

店内に入るとすぐ、パンの並べられた棚があるのですが、食パン、クロワッサン、あんパン、メロンパンといった定番メニューや各種総菜パン、スイーツ系パンなど40種類ほど並べられています。卵や乳製品を使わないパンも用意されています。粉やバターへのこだわりも感じられ、実に美味しそうなパンが沢山あって、目移りします。

 

パンは色々と美味しいのですが、一つ挙げるとしたら、クロワッサンでしょうか。発酵バターの香りが高く、サクサクな中にもしっとりした感触もあり、とっても美味しかったです。クリームパンなどに使われているカスタードも重すぎず、軽すぎず、甘すぎず、しっとりしてなかなかのもの。

 

朝はモーニングのメニューがあり、昼からはこのお店オリジナルのコーヒーフラワー(コーヒーの実から豆を取った残りの部分)を生地に練り込んだピザもメニューに登場、夜はクラフトビールやナチュラルワインを飲みながら前菜、肉料理、魚料理などを楽しめます。

 

これまで、店内でパンを飲み物と一緒にいただくか、パンをテイクアウトするかで、ピザや食事などはまだ未経験なのですが、何だかとても美味しそうで、是非、いただいてみたいと思っています。

 

 

公式サイト

https://www.tysons.jp/no4/

AD

今年もバレンタインがやってきました。新宿高島屋のバレンタインのフェアで見つけました。表の顔は夫へ、実は私が食べるチョコレート。イタリア、トリノのお店です。

DSC_0032.JPG

ヘーゼルナッツなどのナッツのペーストとカカオで作られるジャンドゥイオットで有名なお店です。

 
今回、買ってみた詰め合わせは”コビーノクラシコ7“です。
 
ジャンドゥイオット2種類。
ヘーゼルナッツペーストにミルクを加えた”トリノット“(三角形/赤/2個)
ミルクなしでヘーゼルナッツたっぷりの“トリノットマキシモ“(三角形/シルバー/2個)
 
お店の看板商品でもあるオリ ーブ オイルと海塩入りの"クルミーノ・アル・サーレ"(四角形/赤/1個)
 
ダークチョコレート(カカオ分75%/丸/2個)
 
トリノットは、甘め。ミルクも入ってまろやかに仕上がっています。
 
トリノットマキシモは、より濃厚にヘーゼルナッツが感じられます。こちらもやや甘め。ヘーゼルナッツの風味が口いっぱいに広がります。 
 
サーレは、程よい塩味とオリーブオイルの滑らかな感触が印象的でした。ちょっと甘さが強い感じはしましたが、なかなか美味しかったです。 
 
ダークチョコレートは、しっかりカカオが味わえます。シンプルだけど、ちゃんと作られたダークチョコレートは、やはり美味しいです。
 
今年も美味しいチョコレートに出会えたバレンタインデーでした。来年も楽しみです。
AD

パン家のどん助

テーマ:
最近知って、時々、行くようになったお店です。
 
外側がパリパリしてしっかりした歯応えのある硬めのパンが中心です。噛めば噛むほど味わい深い美味しいパンが揃っています。
 
自家製カスタードクリームぶどうクリームパン:レーズンが練り込まれたモチモチした生地のクリームパン。柔らかめのパンの感触とレーズンの甘味、カスタードクリームのバランスが良く美味しいです。
 
各種サンドイッチ:玉子サンドとか野菜サンドとか定番もあれば、フィリングに、パテ・ド・カンパーニュをたっぷりと大きなピクルスとか、合鴨のスモークとか、ちょっと他ではないようなものも揃えられています。
 
なかなかこだわりの感じられる丁寧な作りのパンが並べられているのですが、"ご近所のパン屋"的な控えめなお値段なのも嬉しいところ。
 
ベーグルもあり、ドーナツもあり、スコーンもあり、キッシュもあり、そして、焼きそばパンといった昭和チックな日本的な総菜パンもちゃんとあって、その幅の広さもお見事。
 
黒ゴマのあんを包んだあんパンとか、チーズを入れた竹輪を揚げて挟んだちくわパンとか、肉味噌餃子のパンとか、ちょっと変わった感じながら美味しいパンもいろいろあってオリジナリティを楽しめます。
 
体重のこととか考えなくてすむのなら、アレコレたくさん買いたいのですが、そうもいかず、何を買おうか迷ってしまいます。食べてみたいパンがいっぱいで、何度も食べたいパンも色々あって、何度も通うことになりそうです。
 
15時過ぎにもなると残っているパンの種類も少なくなってきます。11時頃が、一番、色々な種類が揃っているとのこと。
 
所在地:新宿区新宿7-13-3(最寄駅:東新宿 徒歩5分)
電話:03-3203-6671
営業時間:7:30~18:30(パンが売り切れ次第閉店)
休日:日曜、月曜、祝日

2016122320410000.jpg

 

この時期、お約束のクリスマスケーキです。もう数年来、恒例となっていますが、高島屋で事前に予約しました。そして、これもここ数年と同様、小さいサイズをチョイスしました。基礎代謝が落ちてきて久しくなると、食べ物を選ぶ際、"少量"ということが、結構、大きなポイントになったりします。

 

で、2年前、2014年と似たタイプのケーキとなりましたが、チョコレート系です。チョコレートの得意なシェフだそうで、2年前もとても美味しく頂きましたが、今年もしっとりとして、濃厚ながらもしつこくないチョコレートを堪能することができました。

 

三鷹駅北口から中央通りを真っ直ぐ徒歩7分程、井の頭通りと交差するところにお店があります。今年の8月、10周年を迎えているのだそうです。新宿高島屋の"パティシェリア"にもケーキが並べられています。

 

では、皆さま、Merry Chiristmas!!大切な人と過ごすクリスマスも、一人で過ごすクリスマスも、それぞれに想い出深いものでありますように!!そして、よいこな皆様にも、残念ながらよいこにはなれなかった皆様にも、素敵なプレゼントがありますように!!

 

 

マ・プリエール公式サイト

http://www.ma-priere.com/

2016112709260001.jpg

 

Don 幸庵は"どんこうあん"と読むのだそうです。

 

初めてこのお店を知ったのは、とあるデパートの催事でのこと。ショーケースに並べられたサシがしっかりと入った美味しそうなローストビーフを見て、どうしても食べてみたくなって衝動買いしたのが出会いでした。

 

ローストビーフは、ブロックのサーロインとスライスされたサーロイン、黒毛和牛サーロインの3種類。折角だから(?)、黒毛和牛を買ってみました。

 

見た感じからして美味しそうだったのですが、食べてみて満足。これまでに食べたローストビーフの中でも、結構、美味しい部類の味だと思います。

 

やや、レア過ぎる感じなのですが、お店の方のお勧めに従って、食べる前にレンジで15秒程度チン。添えられていたソースをつけて口に入れると、ほどよい柔らかさのお肉の感触とじんわりと沁みだしてくる肉汁で口の中に幸せが拡がります。

 

若干、バラツキがあるようで、中には噛み切りにくい部分が含まれているスライス片もありましたが、基本的には、質の良い牛肉が使われている感じで、誤魔化しのない肉のおいしさが楽しめました。

 

お安くはありませんが、お勧めです。

 

元々は精肉店で、お肉料理中心のレストランとなったとのこと。静岡のお店とのことで、私の生活圏からはだいぶ遠く、レストランに食事をしに行くのは、少々、難しいと思うのですが、時々、よく行くデパートの催事に登場するので、その都度、いただいています。

 

お店のホームページからもローストビーフやハンバーグなどの製品を購入できます。

 

公式サイト

http://donkoan.com/

2016111221170000.jpg

 

JR東日本系列のコンビニ、New Daysで見かけて買ってみたのですが、とっても美味しかったです。

 

ドライフルーツということですが、かなり水分が残されていて、果物のみずみずしさも感じられます。柔らかさの中にも適度な噛み応えが感じられ、煮リンゴのような甘さとほのかな酸味を味わえました。リンゴらしい味わいが凝縮され、生のリンゴ以上にリンゴの旨味が感じられます。

 

信州産のふじりんごと北海道産のビートグラニュー糖のみで作られているそうですが、生真面目に真っ当にりんごの良い部分を存分に引き出した感じがしました。

 

お勧めです。

 

メーカーの玉井フルーツ店は、ドライフルーツの専門店とのこと。季節ごとの様々な果物をドライフルーツを製造、販売しているようです。Yahooや楽天でも購入できるようですので、他の果物も食べてみたいです。

 

ドライフルーツ専門店『玉井フルーツ』公式サイト

http://tamaifruit.com/

2016092221050000.jpg

 

"VECUA Honey(ベキュア ハニー)"は、基本的にはコスメのブランドで、オーガニックの蜂蜜を配合した化粧品などを出しているのですが、"Honey Marche(ハニーマルシェ)"という食べ物や雑貨のシリーズがあり、その中で、この"ナッツの蜂蜜漬け"が取り扱われています。

 

知り合いにいただいて、初めて食べたのですが、美味しくてびっくり。その後、時々、行くところにお店が入っていることを知り、たまに買っています。

 

ハンガリー産、ルーマニア産の蜂蜜に鳥取県大山産の蜂蜜をブレンドし、そこにアーモンド、カシューナッツ、クルミ、マカデミアナッツの4種類のナッツを漬け込んでいます。

 

そのまま食べても良いのでしょうけれど、ヨーグルトに入れたり、パンケーキやトースト、フレンチトーストにトッピングしたり、グラノーラにつけたしたり...。いろいろな楽しみ方があります。

 

ナッツ類が思いの外、柔らかく、それぞれの風味を残しながら、蜂蜜にしっかりと馴染んでいます。

 

脂肪が多いというイメージの強いナッツですが、その脂肪分は身体に良いとされる不飽和脂肪酸だし、悪玉コレステロールを減らすと言われているオメガ3が含まれているし、ミネラル豊富だし、蜂蜜はしっかり甘いのに低カロリーで脂肪として蓄えられにくいし、ミネラルやビタミンたっぷりだし、健康的でダイエットにも良い優れもの。で、美味しいとなれば文句なし。

 

瓶の形もポテッとした可愛らしい感じで、ちょっと嬉しかったりします。

 

デパートなどでも販売されていますし、公式サイトからの購入もできます。

 

 

公式サイト

http://www.vecua-honey.com/

と~~~っても濃厚なガトーショコラです。

 

以前から美味しいとの噂は聞いていて、お店も私にとって、割と行きやすい場所なので、是非一度と思っていたのですが、なかなかチャンスがなく、食べられないままになっていました。今回、新宿高島屋11階催事場で9月14日から19日まで開催された"美味コレクション"に出店していてたので、買ってみました。

 

2016091418310001.jpg

 

甘いというよりは、落ち着いた感じの深みのある苦みが印象に残ります。カカオの濃厚な香りが口の中いっぱいに広がり、チョコレート好きにはたまらない幸せを味わえます。そして、とっても濃厚なのに、胸焼けする感じがなく、意外なスッキリ感があります。そして、甘さと苦み、脂っぽさのバランスが見事。

 

温めるとフォンダンショコラのねっとりした舌触り、常温ではテリーヌのようなしっとりした感触、冷やせば生チョコのような味わい。1つで3度美味しいお菓子です。冷やしヴァージョンは、美味しいことは間違いないのですが、ケーキとかチョコレートのお菓子というより、そのまんま生チョコという印象で、面白みには欠ける感じがします。

 

1本、280gで3000円と、決して、安いものではないのですが、それだけの価値のある美味しさだと思います。

 

常温では3日間だけど、冷蔵すれば2週間持つとのことで、少しずつ楽しめるのも嬉しいところ。ダイエットの大敵ではありますが、でも、折角なので、ちょっとの間だけ、体重のことは忘れてこの味わいを楽しみたいものです。とても美味しかったです。

 

お勧め。通信販売はしておらず、店舗での販売と一部のデパートで取り扱われているだけだそうですが、ちょっと遠回りすることになっても試してみる価値はあると思います。

 

 

公式サイト

http://www.kenscafe.jp/

晩白柚ゼリー

テーマ:
晩白柚(ばんぺいゆ)というのは、ザボンの一種の柑橘類。ザボン類は、比較的、果実が大きいものが多いようですが、晩白柚は、その中でもかなり大きく、小さい子どもの頭くらいなことも。

そして、皮が厚くて、剥くのが大変。結構、四苦八苦して皮をむいて食べることになるのですが、甘味と酸味のバランスが取れたちょっと淡く上品な感じの味わいがなんとも言えず美味しかったりします。

日本では熊本産が97%を占め、多くは八代市で生産され、1月中旬位から出荷されるそうです。たまに、いただくことがあり、何度か食べたことがあるのですが、東京に住んでいる私にとって、お店で並べられているところを見ることはほとんどない果物です。

で、今回は、その晩白柚のゼリーです。

2016072623320000.jpg

たまたま入ったお店で見つけて買ってみたのですが、晩白柚の美味しさが巧く生かされていて、なかなか美味しかったです。

晩白柚の果汁のゼリーの中に、シロップ漬けされた果肉が入っています。程よい甘さと適度な酸味。生の晩白柚そのもののスッキリ感が生きています。甘さが疲れを和らげ、程よい酸味が気持ちをスッキリさせてくれて、夏の暑い時期にも嬉しい一品。冷蔵庫にストックしておきたいと思います。

製造元の彦一本舗のサイトからも購入できます。


彦一本舗公式サイト
http://www.hikoichi.co.jp/