とうもろこしの島

テーマ:

 

 

ジョージアとジョージアからの独立を求めるアブハジア自治共和国の間では1992年以降、争いが続いていました。そのジョージアとアブハジアの間を流れるエングリ川は、春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中州を作ります。両岸で敵同士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、今年も、アブハズ人の老人は孫娘をともなって、昔からの風習のとおり、中州に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種を蒔いて、苗を育てます。しかし戦闘が激しくなり、ある日、彼らはとうもろこし畑で傷を負った若いジョージア兵を発見し...。

 

静かな日常が営まれている中に、戦争が入り込んでくる様子が描かれます。生命を支えるための食糧を得るために、黙々と土地を耕し、種を蒔き、育て、収穫し...。

 

種だったとうもろこしはやがて実りの時を迎え、孫娘は少女から大人の女性になろうとしていて...。兵士たちが殺しあう傍らで人も植物も確実に成長をしていきます。

 

戦争という人間の愚かな行為と自然の中での地に足をつけた堅実な営み。声高に何かを主張するわけではありませんが、静かな映像の中に、殺しあうことの愚かさ無意味さと地道な営みの尊さが浮かび上がってきます。

 

ラスト。2人と同じように中州を耕す人物が登場します。それは、老人でもなく、娘でもありません。同じ営みが、受け継がれ、繰り返されていっているということなのでしょう。

 

悠久の時の中で、短い人の生を包み込む大自然の中で、私たちは、愚行と快挙を、戦いと平和を繰り返していくのかもしれません。

 

極限まで抑えられたセリフと抑制のきいた演技ですが、老人と娘の関係性、老人の娘に対する心配、娘の成長、年頃の娘ならではの老人への反発、"女"を武器にしつつ兵士を翻弄する若い娘の残酷さ...、登場人物たちの心の動きがしみじみと伝わってきます。繊細で静謐で、深い味わいを感じさせる作品です。

 

一度は観ておきたい作品です。そして、本作同様、ジョージアとアブハジアの争いをテーマにした映画作品「みかんの丘」も併せて観ることをお勧めします。できれば、本作を先に。その後、「みかんの丘」を。

AD