【作品賞】(5本以上10本まで)

  「未来を生きる君たちへ 」   6点
  「人生、ここにあり 」   5点
  「愛する人 」   4点
  「ミラル 」   3点
  「ヤコブへの手紙 」   2点
  「神々と男たち 」   2点
  「イリュージョニスト 」   2点
  「明りを灯す人 」   2点
  「蜂蜜 」   2点
  「ミッション:8ミニッツ 」   2点
【コメント】

   「未来を生きる君たちへ」には厳しい状況の中で"復讐"の空しさを訴える作品に先の世への一筋の希望が感じられました。「人生、ここにあり」は実話を描きながらユーモアと温かさのある視線が印象的。「愛する人」に登場する過ちを繰り返しながらも幸せに向う力を失わない人の姿は印象的。「ミラル」ではなかなか解決に向わない問題に翻弄されながら生きる人の姿が胸に沁みます。「ヤコブへの手紙」は傷ついた人が人との触れ合いにより癒される過程がシミジミと描かれています。「神々と男たち」では大きな決断を迫られた姿が心に残ります。「イリュージョニスト」はただ尽くすことの哀しさと喜びが伝わってきます。「明りを灯す人」には踏み潰される人の姿とその先に僅かに感じられる光が印象的。「蜂蜜」では静かで濃厚な映像が目の奥に焼き付けられました。「ミッション~」は複雑な構成に酔わされました。全般に地味な選考になったかもしれませんが、それぞれに力のある作品だったと思います。中にはかなり厳しい状況を描いたものもありますが、そこはかとない希望が残る作品が多かったです。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [シルヴァン・ショメ] (「イリュージョニスト」)
【コメント】
    デフォルメされた登場人物たちがそれぞれの心の動きを見事に表現し印象的でした。


【主演男優賞】
   [該当なし] (「        」)
【コメント】

【主演女優賞】
   [カリーナ・ハザード] (「ヤコブへの手紙」)
【コメント】

   ほとんど表情にも話し方にも変化のない中、心の動きをしっかりと伝えて、存在感を示していました。

【助演男優賞】
   [アンドレア・ガッティノーニ] (「人生、ここにあり」)
【コメント】

   ほとんど何も喋らないままに作品の一部の雰囲気をしっかりと作り上げていました。

【助演女優賞】
   [ヘレン・ミレン] (「 RED/レッド 」)
【コメント】

   作品の味わいを引き上げて印象的でした。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [該当なし] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
  「該当なし」
【コメント】

【ブーイングムービー賞】
  「アジャストメント
【コメント】
   製作者が何をしたくて、何を求めて本作を作ったのか理解しにくかったです。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に助演アニマル賞】
   ["フィラ"(役名ですが...)] (「木洩れ日の家 」)
【コメント】

   名演をする動物は珍しくないのですが、単にかわいいという以上のものを確実に見せてくれていました。
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

AD