グラン・トリノ

テーマ:

ウォルト・コワルスキーは、朝鮮戦争の帰還兵。フォード社に工員として長く勤めて退職し、妻と二人で生活していましたが、その妻も亡くなります。彼の妻は、ウォルトが懺悔することで心に抱えた重荷をおろすことを願っており、その妻の願いを託されていた神父が、彼の元を頻繁に訪れますが、頑固なウォルトはそれも撥ねつけます。そんな頃、隣にモン族の一家が越してきます。かつては、フォードの工場で働く白人たちが多く住んだ住宅地でしたが、今は、アジア系の住民が多くなっています。近所にはアジア系移民のギャング団もあり、彼らは、ウォルトの隣家の大人しい少年、タオにウォルトが大切にするフォード社の名車、1972年製のグラン・トリノを盗ませようとします。その現場を押さえ、タオに銃を向けたウォルトでしたが、この事件をきっかけに二人の間に交流が生まれ...。


俳優としてスター街道を歩き、監督として確かな実績を重ねてきたことの紛れもない証となる作品だと思います。下手すれば重くなりすぎる内容を笑える場面を散りばめながら軽妙に描きます。細かいところまで技を見せながら、肩肘張らず無理のない感じに纏め上げています。


憎たらしいまでの頑固親父。イエロー、ブラック、情けないホワイト、誰に対しても"平等に"差別意識丸出しの言動。


けれど、蔑んでいた隣家のモン族の一家との間に交流が生まれ、彼らがそこに住む理由を知り、頑固一徹で周囲に苛立ち続けていたウォルトも、次第に心を開いていきます。その過程が丁寧に描かれ、その過程で明らかになっていくウォルトの心の傷の深さが胸に沁みます。


民族や文化、風習の違いとそれらがもたらす軋轢や争い。そうしたものを力でねじ伏せようとしても相手の反撃を呼ぶだけ。では、どうすればよいのか?


本作で示された"解決(?)"が正しかったのかどうかは分かりません。けれど、相手からの攻撃を上回る攻撃をする以外の手段を示した点は評価すべきでしょうし、例え"正義"のためであっても、人を殺すことには痛みが伴うものであること、そして、その"人を殺すことの痛み"と向き合おうとした点も評価したいところ。


ウォルトは朝鮮戦争の帰還兵でしたが、アメリカは、その後も、ベトナム戦争帰還兵の問題を抱え、イラク帰還兵の問題を生み出しています。力で"正義"を実現させるために遠く離れた異国に送られた彼らが、現地で何をさせられ、何をしてきたのか、そして、それが、彼らの心にどんな変化をもたらしたのか?ウォルトが従軍した朝鮮戦争は、ベトナム戦争に比べれば、アメリカにとって、"正義のための戦争"といえるものだったことでしょう。けれど、それでも、人を殺して何も傷を受けないということはないのでしょう。


ウォルトは、自分の中にある傷から逃げようとはせず、それをずっと背負ってきました。最後の彼の行動は、その重荷を降ろすためにも必要なことだったのかもしれません。


そして、彼が帰還した後の仕事は、アメリカを象徴する産業ともいえた自動車業界に君臨する大企業であるフォードの工員。ウォルトは、資本主義世界に君臨し、自身が"正義"であることに疑いのない自信を持てた時代のアメリカを支えた一人でした。


ウォルトの傷は、朝鮮戦争での体験だけではなく、彼が支えてきたもの、フォード、アメリカ自動車産業、アメリカの力の衰えも体験することになってしまったことにもあるのでしょう。信じてきたものが崩れていく姿を目の当たりにした時の悲しみや苛立ちを癒してくれたのは、モン族の一家との交流でしたが、その背景には、ベトナム戦争がありました。


繰り返される戦争。それは、多くの悲劇を生みますが、人は、その悲劇の中にも、新たな光を見出し、そこから、立ち直ることができる...かもしれない...。


最後のウォルトの行動は宣伝文句のように"衝撃"とは思えませんでした。ウォルトの過去の行為への思いと作中で示唆される健康状態、そして、決行当日の覚悟を決めた様子を考えれば、難なく予想できるものだと思います。それは、彼がそこに至るまでの胸の内が丁寧に描かれたことによるものでしょう。彼なりの結論に納得することはできました。ラストに"衝撃"を求めるあまりウォルトの心理描写を端折るより、例え、ラストの意外性を犠牲にしても、きちんと彼の心情を描いたのはさすがだと思います。本作が、ラストに衝撃を感じられなくても十分に見応えのある作品であることは間違いないのですから。


ラスト。ウォルトが倉庫にしまいこんでいたグラン・トリノの"勇姿"がそこにはありました。ウォルトの行動が、ウォルト自身を解放し、同時に、タオを自由にするための行動であったことが表現されているシーンだったのでしょう。そして、ウォルトたちが築いてきたものが、全く異質な人々の手に受け継がれていくであろうことが示唆されているように思えました。このラストからエンディングのイーストウッドの歌がかぶさっていく辺りの流れが、とても、印象的でした。


アクションから始まったイーストウッドの俳優人生が銃に撃たれるシーンで閉じられるというのも感慨深いものがあります。他にも、イーストウッド自身が、朝鮮戦争への従軍経験があるとか、豆腐を始めとする大豆食品を好んで食べている(アジア系食品への親近感?)とか、ウォルトの人生に重なる部分が感じられる部分があったり...。


社会的な環境などの問題と個人の問題との関係。個々人の問題をすべて個人の責任に帰せるほど人は強くありませんし、すべてを社会の責任として片付けてしまってよいほど弱い存在でもありません。本作の場合、その辺りのバランスが、個人的な責任の問題として処理する方向に偏っている感じは否めませんでしたが、それでもなお、優れた映画作品であることは確かだと思います。まぁ、その点を含めて、それが、ウォルトの"男らしさ"ということなのでしょうし...。


観ておくべき作品だと思います。お勧め。



公式HP

http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/



グラン・トリノ@映画生活

AD

コメント(2)