レッドクリフ PartⅠ

テーマ:

中国の史伝、英雄譚「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を二部構成で映画化した作品の第一部。


西暦208年の中国。長年、国を支配していた漢王朝は衰退し、各地で反乱が勃発します。次々に新しい勢力が生まれ、戦いが繰り返される乱世の中、曹操は、次第に勢力を伸ばし、ついには、皇帝をも意のままに動かせるだけの力を得ます。曹操に追われる劉備は、強大な兵力を得た曹操と対決するため、軍師、諸葛孔明の進言を受け、孫権と手を結ぶことを決意します。孔明は、同盟を結ぶ交渉のため、孫権の元を訪れますが、孫権の元には、非戦を唱える臣下も多く、同盟の成立までの道のりは遠そうでした。孔明は、赤壁で孫権軍の司令官、周瑜と出会います。互いに、相手に敬意を抱くようになった孔明と周瑜は、徐々に、信頼を深めていきます。やがて、劉備と孫権の同盟が成立。曹操軍の拠点である赤壁で、兵力において、圧倒的優位に立つ、80万の曹操軍との決戦が近付き...。


戦闘シーンが売り物なのでしょうね。確かに、いろいろとワザが使われていることも、時間もお金もかけて撮影されていることは分かりました。けれど、「命をかけて戦っている」というより、技巧統的な格闘劇を美しく演じている」という感じがしてしまいました。それに、長過ぎて...。同じようなタイプの戦闘シーンが繰り返させるため、段々、作品の世界から気持ちが離れていってしまいます。


諸葛孔明は、もっと天才を感じさせて欲しかった。出番は多いし、孔明を演じた金城武はさすがで、存在感はあるのですが、その才能の切れが表現されている場面はあまり見られず、物足りない感じが残ります。


曹操は、かなり、ワルに描かれていますが、支配する地域が拡がりと配下の人間が多くなれば、表向きは忠誠を誓っても心の中では反発を覚えている者が多くなるのはやむを得ないこと。それをもって、「人望がないから心から従う者が少ない」という描き方に偏ってしまうのもどうかと...。劉備にしても、もし、巨大な領土を持ち得たとしたら、それでもなお「誰からも人望厚い良き支配者」となれたかどうかは分かりません。中国のような広く、多くの民族を抱えた国において、領土を広げるということは、異質の者を多く取り入れるということになるわけですから...。


折角、定評のある演技陣を揃えたのですから、もっと、人物描写を深めて欲しかったと思います。


第一部では、赤壁の戦いが始まるまでが描かれているわけですが、曹操、劉備、孫権が勢力を伸ばしていく背景、その時代の中国全体の歴史の動きといった部分については、分かりやすくまとまっていたと思います。最も、「三国志」について、全く知識のない状態で観て理解しやすい作品かどうかについては疑問も残りますが...。


全体のバランスを巧く取って、戦闘シーンに偏らない構成になっていて、技巧に走り過ぎず、人物描写にもっと工夫があれば、かなり見応えのある作品になっていたのではないかと思いますが...。


私としては、中村獅童が頑張っていたのは嬉しいところ。左程、登場が多いわけではありませんが、印象的な役割を演じています。中村獅童の存在が、PartⅡを観に行く動機の大きな一つになると思います。


迫力あるシーンは、その時間の長さに、少々、集中が欠けてしまった面もありましたが、特別にツマラナイというほどのものでもなかったとは思いますし、PartⅠを観てしまった以上、PartⅡも映画館に観に行くことになるだろうとは思いますが...。ただ、あまり、期待はできないかなぁと...。



公式HP

http://redcliff.jp/trailer.html



レッドクリフ Part I@映画生活

AD