ハッピー・フライト

テーマ:

機長昇格への最終段階、乗客を乗せた実機での操縦に挑む副操縦士。試験官として同情する厳しいと評判の機長。初めての国際線乗務に緊張する新人CA(キャビンアテンダント)。こちらも、鬼と言われるチーフパーサーの元での乗務。乗客のクレーム対応に追われる日々に限界を感じるグランドスタッフ。離陸時刻が迫る中、必死にメンテナンス作業をする若手整備士。機械化の流れについていけないベテランのオペレーション・ディレクター。ディスパッチャー、管制官、バードパトロール...。一回のフライトに関係する多種多様のスタッフたち。多くの人の努力により、その日のフライトも定刻に離陸。飛行機はホノルルに向いますが...。


さて、このフライトはハッピーだったのか、アンハッピーだったのか?


ほとんどの飛行機が、何事もなく、無事、目的地に到着していることを考えるならば、結局、目的地に行くこともできず、怖い思いをしたこのフライトは、本当にハッピーだったのでしょうか?このタイトルのために、迫力のある危機的な状況の映像にも、あまり怖さやスリルは感じられませんでしたが...。そして、"スリルを味わえる貴重な体験をした"という意味ではハッピーだったのかもしれませんが...。


もっとも、こうした映画の製作には航空会社の協力が必須で、航空会社の協力を得るためには、飛行機を本当に危険な状態に置くことはできないのでしょうけれど...。


まぁ、ANAの広報映画(新入社員教育用にも使える?)という感じもしますが、飛行機一機を安全に飛ばすことに、どれだけ多くの力が割かれ、そのことにれえだけ多くの人が関わっているといいうことが実感されます。普段、なかなか、目にできない場面が多く登場し、"舞台裏"を見られる面白さもあって、「大人の社会化見学用映画」といった趣きがある作品です。


多種多様な職種の人々が登場しますが、全体の構成は巧く整理されていたと思います。やや、起伏に欠ける感じもしましたが、ところどころに笑いが散りばめられ、安心して楽しめる軽いコメディ作品となっていました。


そして、田畑智子、良かったです。水泳選手から、唐突に、女優に転向し、その後、今ひとつパッとしない印象があったのですが、本作では、思うに任せない乗客たちとの遣り取りに疲れつつ、精一杯、仕事に励む姿が爽やかでした。


「どうしても観たい」と思っていた作品でもなく、期待値が低かったこともあるのかもしれませんが、なかなか、楽しめました。観ておいて損はない作品だと思います。



公式HP

http://www.happyflight.jp/index.html



ハッピーフライト@映画生活

AD