今年も、よく映画を観た一年となりました。


映画館で観た映画が133本(内、日本映画43本)、DVDで観たものが200作品、TVでカットなしで放映されたのを観たのが5作品。


昨年、一昨年に続き、投票のお誘いをいただいたので、今年の締めくくりとして投票したいと想います。例年通り、映画館で観た今年公開の新作の中から選んでみました。


【作品賞】(5本以上10本まで)

  「キサラギ 」  6点

  「カフカ 田舎医者 」  5点

  「魂萌え! 」  4点

  「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 」  4点

  「秒速5センチメートル 」  4点

  「転々 」  4点

  「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 」  2点

  「さくらん 」  1点


【コメント】

昨年に較べると、やや、低調な印象も残りましたが、そんな中でも、従来の日本映画のイメージを超える娯楽作品として、「キサラギ」、「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」、「転々」は印象的でした。「カフカ 田舎医者」はいかにもカフカ的な不条理の世界を、「秒速5センチメートル」は誰の心の底にでも眠っていそうな想い出を、アニメならではの映像で見事に表現しています。「さくらん」は、遊郭の世界をいかにもそれらしい雰囲気で表現した色彩が印象的でした。



【監督賞】

   [佐藤祐市] (「「キサラギ 」)

【コメント】 それぞれに個性的な面々を上手くまとめた手腕は見事。


【主演男優賞】

   [国分太一] (「しゃべれども しゃべれども 」)

【コメント】 落語家の雰囲気がよく出ていて想像以上の好演でした。


【主演女優賞】

   [風吹ジュン] (「魂萌え!

【コメント】 女性が50代を過ぎてから輝きだし、恋もし...そんな年を経てからの初々しさを見事に表現していました。


【助演男優賞】

   [三浦友和] (「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」、「「転々 」)

【コメント】 「ALWAYS」では焼き鳥踊りでコミカルな一面を、「転々」でもこれまでにない役柄でオダギリ ジョーに負けない存在感を示し、新境地を開きました。


【助演女優賞】

   [大竹しのぶ] (「クワイエットルームへようこそ 」)

【コメント】 下手すると嫌味なだけな感じになる役どころを切なく見せてくれました。


【新人賞】

   [           ] (「        」)

【コメント】


【音楽賞】

  「秒速5センチメートル

【コメント】 美しい映像にぴったりの雰囲気の音楽に泣かされました。特にラストは圧巻。


【勝手にアニメ賞】

   [山村浩二] (「「カフカ 田舎医者 」)

【コメント】 日本映画を語る上で、アニメの存在は無視できません。中でも、アニメならではの表現でカフカの不条理の世界を見事に映像化した本作は印象的でした。



 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

AD

コメント(4)