子どもと一緒にでも安心して観ていられるいかにもディズニーらしい作品です。


すぐれた嗅覚と味覚を持つレミーは、調理場では特に嫌われるネズミでありながら、一流のシェフになることを夢見ています。ひょんなことからパリに辿り着いたレミーは、今は亡きフランス一とも言われる名シェフ、グストーの幽霊に出会い、彼がオーナーとなっていたレストランへと導かれます。そこで、料理の才能が全く無い雑用係のリングイニが店の大事なスープを台無しにしてしまうのを目撃、いてもてってもいられず、味を修正します。レミーの才能を知ったリングイニとレミーは、二人でパリ一番のシェフを目指すこととなりますが...。


おいしそうな料理の数々、パリの街の美しい風景、レミーやリングイニたち、登場ネズミ、登場人物たちの動き...。見事な映像美です。


そして、出自や境遇など関係なく、夢を大切にし、それに向って諦めずに努力すれば報われる。夢も家族も仲間も同時に手に入れることができる。とても、シンプルで分かりやすく、力強いメッセージ。そうした真っ当で綺麗な世界に浸る幸福を味わわせてくれます。ある意味、とても非現実的で子どもっぽい世界でもありますが、同時に、大人になっても忘れてはならない世界です。


現実には、理不尽なこと、不条理なことも多く、不正義が正義を打ち負かす場面も溢れています。そんな中を生きていかなければならな私たちにとって必要な一服の清涼剤と言えるでしょう。


本作に登場する人間の中で、得意なキャラクターを持っているのが、料理界に大きな影響を与える評論家のイーゴ。一見、敵役風の風貌ですが、認めるべきところはきちんと認める柔軟さも持ち合わせ、評論家という立場についても自分なりの確かな認識を持っていて、なかなか魅力的な人物像に仕上がっています。最初に、レミーの調理したラタトゥイユを食べて感動する場面も出色でした。


できるだけ、観ておきたい一本と言えるでしょう。「例え、フィクションでアニメとは言ってもネズミが食べ物を扱うなんて生理的に許せない」という方には、もちろん、お勧めできませんが...。




公式HP

http://www.disney.co.jp/movies/remy/



レミーのおいしいレストラン@映画生活

AD

コメント(4)