しゃべれども しゃべれども

テーマ:

東京の下町に住む、うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから、落語教室を開くことになります。生徒は、口は達者だけれど関西弁のため転入してきた東京の学校に馴染めずにいる村林少年、美人だけれど無愛想で口が悪い十河五月、元野球選手で解説者になろうとしたものの上手くしゃべれずにいる湯河原の三人。それぞれが衝突しあいながらも、少しずつ上達していきますが...。


人に教えるということは、自分が学ぶことにも繋がります。三つ葉も教える側でもありますが、同時に、三人の"生徒"たちから多くのことを学んでいきます。頼りない"先生"とどこか変な"生徒"たちではありましたが、教え教えられという関係を通して、双方が、徐々に成長していく姿が上手く描かれていたと思います。


ありきたりのストーリーではありますが、ほのぼのとした優しい作品に仕上がっていたと思います。


そして、背景となっている東京の下町。いかにもといった下町の景色は、やや、ステレオタイプな印象も受けましたが、下町の特徴は捉えられていたと思います。この下町の雰囲気を出した最大の功労者は八千草薫かもしれません。さすがベテランの味を出していたと思います。


ただ、肝心の落語が上達した過程が省かれてしまっていたのは、残念。三つ葉は何時の間に火炎太鼓を自分のものにしたのか、村林少年が何故、あんなに上手かったのか、十河は何時の間に火炎太鼓を覚えたのか...。お酒を飲んだからとか、ビデオを見たからとか、三つ葉に恋したからとか...それだけで片付けて欲しくはないところでした。


声だけでしたし、ほんの少しでしたけれど、故桂枝雀の落語が登場したのは嬉しかったです。ただ、折角、落語を題材にもってきた作品なので、もっと、落語の魅力のようなものが伝わる作りになっていても良かったかなぁとも思いますが...。


そして、本作で登場した上方落語の雄が桂枝雀、伊東四朗演じた落語の師匠の持ちネタの火炎太鼓は志ん朝の十八番。ともに故人です。欲を言うなら、現役の落語家の名人芸も取り上げて欲しかったです。その点も、残念。


それでも、それぞれがそれぞれの持ち味を持ち続けながら成長していく姿は清々しく、気持ちよく観終えられる作品であることは確かだと思います。




公式HP

http://www.shaberedomo.com/



しゃべれども しゃべれども@映画生活

AD

コメント(2)