プライドと偏見

テーマ:

ネタバレありです。








イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳したか、そのまま「プライド」としたかの違いです。小説の題名と映画の原題が違うわけではありません。)


ストーリーは、ごくオーソドックスな古典的なラブ・ストーリーです。


18世紀末のイギリス。女性には親の財産を相続権利がない時代、五人姉妹がいるベネット家の母親は、娘たちの将来を案じていました。そんな時、隣に、大富豪、ビングリーが引っ越してきます。そこで、ベネット家では策略が巡らされ...。一方、次女のエリザベスは、ビングリー邸に滞在するビングリーの親友でビングリーを上回る大富豪のダーシーと出会うのですが、お互いに相手の存在が気になりながら、すれ違い...。


先の生活を考えると、ある程度経済的に豊かな男性を結婚相手にする必要があるけれど、生活のために愛のない結婚をしたくもない。いろいろ悩んですれ違ったりもするけれど、結局、最後にお互いの誤解は解けて、本当に愛し合えて、しかも、経済的にも身分的にも理想的な男性と結ばれます。少々、綺麗にまとまり過ぎた感じはありますが、まさに、ラブ・ストーリーの王道といってもよいでしょう。


ストーリー自体は平凡でしたが、随所に散りばめられたコミカルな場面や気の利いた遣り取りは面白く、ところどころで、かなり、笑えました。映画作品の構成としては、なかなか上手くできていたと思います。


そして、ロケに使われたお屋敷が見事!イギリス国内でも有数の豪邸が選ばれているとのことで、これだけでも目の保養、という感じです。


周囲の環境や社会体制や時代が変わっても、ラブ・ストーリーの基本は変わらず、すれ違ったり、ぶつかり合ったりしながら、最後には、収まるところに収まるというところでしょうか。


そして、子どもを思う親心。主人公を含む五人の姉妹の両親。その考え方や愛情の形は違っても、それぞれがそれぞれに、娘たちを愛し、その将来に心を砕いていることは確か。その親心が胸に沁みました。特に、ラストの父と娘の遣り取り。隣席の50代と見受けられるご夫婦、この場面で涙を拭いておられました。私も、将来、同じような気持ちを抱くことになるのかもしれないと思いながら、少々、シンミリしてしまいました。


それにしても、女であるというだけで、財産を相続することもできず、きちんとした生活を支えられるだけの収入を安定して得られる道もなく、結婚して子どもを産まなければ生活の基盤そのものが脅かされるという時代に生まれてこなくて良かったと実感しました。多少、世知辛くなっていたとしても、環境が悪くなっていたとしても、今の時代に生まれてくることができて、幸せだと思いました。(もう、全く問題がなくなったわけではないですが...)




公式HP

http://www.pride-h.jp



プライドと偏見@映画生活

AD

コメント(28)