この世界の片隅に

テーマ:

やっと『この世界の片隅に』を見れた。ほのぼのとした絵やのどかな雰囲気の映画だが、後半に行くにつれて激しい内容になる。戦争に対する一般の人の感情や巻き込まれ方が臨場感を持って伝わってくる。こうやって戦争は起こり、多くの人を犠牲にしていくのだ。戦争関係の映画は8月周辺でないとヒットしないという話があるが、この映画はタイトルからは戦争に関係した映画かはわからない。この時期に公開されヒットしたのは初めてではないか。また能年ことノンの復帰作としても良かったと思う。とても味が出ていて、良かった。おすすめの映画である。

 

AD

現在、渋谷ユーロスペースで毎晩9時からネットシネマ・フェスティバルが開催されている。ネットシネマ・ゴールデンエッグという8社のプロダクションが競い合って最後にネットシネマを撮影し、このユーロスペースで上映している。そして12月3日はクロージング・イベントが行われる。特別上映が我が『The Code/暗号』で、その後、私がMCとして行うトークショーが行われる。お時間ある方は、お越し下さい

 

AD

JCF学生映画祭

テーマ:

第14回のJCF学生映画祭が大阪で開催された。審査委員をやって10年以上になるが、今回の作品はどれも秀作ぞろいで、学生のレベルが上がっているのを痛感した。特に長編のグランプリ『灰色の青春』と準グランプリ『WILL』は、劇場で上映できるのではと思うほどの作品だった。デジタルになってきているのと、多くの大学で映像学部の力を入れているからだと思う。それに比べて出口が少なく作った作品をどう見せるかが大きな問題である。

■ グランプリ
鳥取大学大学院 天野 友二朗君 <灰色の青春>
■ 準グランプリ
龍谷大学 土井 笑生君 <WILL>

 

AD