オリンピック

テーマ:
まもなくリオのオリンピックだ。ジカ熱や治安の問題で選手や見に行く人が敬遠する自体に。また、リオの警察や消防士の人たちが、「Welcome to Hell」と空港で、垂れ幕をだして入国してきた外国人を迎えたのはインパクトがあった。街中をみてもオリンピック関連の宣伝物などは、ひっそりしている。多くの国民がオリンピックより優先させる政治や経済の課題が多いと考えているからだ。日本にとっても2020年のあとのことを考えてこれからの4年を過ごさないといけないし、なんのためのオリンピックなのかをもっと考えないといけないのではないかとリオを見ていて感じる。

AD

時代と共に

テーマ:
最近、世界をあっという間に席巻するコンテンツが登場するようになった。ネットの効力だと思う。5年前には想像できなかったが、映画業界やテレビ業界をひっくりかえすNetflixの登場。あっという間に世界の市場を揺るがしている。それからスマホの普及によるが、ポケモンGOなどのゲームアプリ。以前でも国をまたいで、流行するコンテンツはあったが、各国でのプロモーションなど時間はかかった。それに比べて現在は、インパクトのあるコンテンツがあれば時間とお金をかけずにあっという間に世界を席巻する。世界中でスマホを持ち歩きリアルな世界でモンスターを探す時代がくるとは、誰も5年前には想像できなかっただろう。次の5年はVRやAIと飛躍的に伸びそうな技術があり、それを活用したコンテンツがどんなものが出てくるのか、そら恐ろしいくらいだ。
AD

被爆樹

テーマ:
来年公開にむけてドキュメンタリー映画『被爆樹(仮)』も一歩一歩進めている。今日は上映してもらいたい映画館の責任者と打ち合わせ。いくつか重要なヒントをいただく。これで8月に長崎で初めて撮影を行い編集の仕上げに移っていく。
AD