超能力・潜在能力と気功・功法 気功教室 日之本元極 

日之本元極功法によって開発される数々の潜在能力の不思議や、功法の原理とやり方などのご紹介をしていきます。シグマDP2Merrill(メリル)、オリンパスstylus1、sony RX100Ⅳで撮った素人写真もお楽しみ下さい。

NEW !
テーマ:


写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。





1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ

 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:





1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ

 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

セサミストリートといえば、

もう50年近く前から続いている超長寿番組ですが、

最新版を御覧下さい。

ババタヌキが繰り返し見ることでしょう。


サミストリート CBCC YouTube

で、検索して見てみて下さい。


1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ

 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


本日は、ようこそおいでくださいました。
私が本日いただきました役割は、

あなた方をコロシアムにご案内する役割です。
私は、水と火に関わる力をあなたにお渡しして、
水と火の力で功法の力の底上げをお手伝いしています。


水と火の力といえば、「炎色水香み」等に使われている、

人が本来発揮すべき力です。
(これを発揮出来る人は、

現代ではほとんど居なくなってしまいました)
帰ってから、この時に頂戴しましたお力を

「炎色水香み」に意念で反映しました所、
作用する力が大きく変化しました。
録音教材を吹き込み直せば、

もっと大きな変化もあるのでしょうが、
取り敢えず、マイナーチェンジ版として

意念によるバージョンアップを致します。

「炎色水香み」では、

次の様に火と水の力が使われています。

「炎色水香み」教科書<奥義>より
この功法は、「階む」の功法を担当している

普善禅師の神よりもたらされました。
方法はとても簡単です。
用意の形は、「立ちの三」の要領と同じです。交互に手を変えて、
命門と中丹田に元音と元気を招き入れる方法です。

次元は三次元あります。

陰陽の元気は、1~3次元を通して、

入る場所、通るルートはバランス良く、
陰陽の各ルートを廻って、

それぞれ中丹田、命門に入ります。
しかし、元の元気の性質は、
中丹田には常に火の五臓の陽命門には水の六腑の陰が入ります。
それは中丹田が陰中陽、命門が陽中陰の場所に存在するからです。

そして、一度それぞれの場所に入ったのエネルギーは、
反対側の手によって、中丹田からの命門へ火のエネルギーが、
命門から中丹田へと水のエネルギーが運ばれ調和されます。

そして今回、普善禅師よりもたらされたこの功法は、
二上射水神社の神の力を得て、

更に強力になりました。


写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。









1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ

 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先月中頃、富山県高岡市の二上山南麓にある神社、

二上射水(ふたがみいみず)神社に行く機会がありました。
この神社は、富山市と近接する射水市の名前が

社名の一部に入っているにも関わらず、
別に所在する射水神社と共に、現在は高岡市に鎮座まします。
特殊神事「築山(つきやま)行事」で有名です。
此処には、何度かお邪魔しています。
今回行って気になったのが、
本殿の後ろ、ご神体のおられる神殿の裏側、地面に四角く囲いコンクリートで造ってある水たまりがあることでした。
これは、わざと地面を掘り四角いかこいを造って、水をためているようでした。
そこで、神様に何の目的かを伺いました。


***
池の水は、清めの水となるものと、

そうではない屋根を伝って下に降りてたまる水とが混ざっています。
そこで、混ざった水が結局は清められていくという現れです。

建築上の水だめとして造られているのですが、
この水が、濁と清とが混ぜられて、

美しいものに変わっていくという、

我々の願いがこの水だめにはあります。
人はそうではなく、

屋根から清めの水が落ちてくることを望んで

この水だめを創っているのですが、
われわれはそれ以外のことを考えております。


写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。









1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ

 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三保の松原の松の並木道は、

「神の道」と呼ばれています。
その道を歩いているときに、

神からの声が聞こえました。

やがて「気(木)が失われます。」



木とは、この松の木を指すようです。
さらに海岸にきますと、

目を刺すような邪気を感じました。
目を屡々(しばしば)させながら、

それはどうしてかと聞きましたら、

この海岸に、いずれ大津波が押し寄せて、

この地が失われるときが来ます。
その時の未来に、あなたはつながって見ているのです。
この土地は、今は穏やかさを保っていますが、
やがて富士の山の爆発が起こり、

さらに大津波が来ます。
海はうねりを見せて、この土地を奪います。
この土地は失われます。
早々に帰ってください。



写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。




1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ

 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


神から呼ばれて静岡に行ったとき、

久能山東照宮に寄りましたが、
そのすぐ近くに三保の松原があります。
富士山とともに世界文化遺産に登録されています。
久能山の後、予定にはありませんでしたが

ついでに寄ってみようということで、行ってみました。
ここには天女の伝説がありますが、

本当にそんなことがあったのか、

疑問でしたのでお聞きしてみました。

三保の松原の 羽衣伝説は 本当の話ですか?


あなたがたをお迎えするために、
昔々、そういう伝説を創ったわけです。
この地が有名になり、きっと貴方方の目にとまり、
あなた方をお迎えするときが来ることを知っていたのです。

この地に「きもん」があります。
この砂浜の、この海岸のふちに「きもん」があります。

増田が意念をして、この「きもん」を開けてください。
とうとう、その時が来たのです。

それによって、気が流れ込み、大いなる変化がおこります。


写真は、一部表示されていません。写真をクリックすると全面が見られます。







1日3個のクリックをしていただけるとたいへん励みになります。

        
自然科学ブログランキングへ
 
 ↑ブログランキングに参加中です。↑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。