あの ぴかーってひかるやつが めにとびこんでくる

映画監督(自称)ってやつ はじめました 
そして終了気味
短編映画『夏を終わらせる儀式』の公式ブログだったり
社会生活へのリハビリだったりします

映画『夏を終わらせる儀式』映画
HDV(ハイビジョン撮影)/カラー/23分


予告編はこちら↓
YouTube予告編

映画本編はこちら↓
YouTube映画本編1

YouTube映画本編2

YouTube映画本編3

こんな映画つくりました
季節はめぐっていきますが 暑かった夏のお話です

とても、小さくて、淡い物語ですが、
見終って温かい気持ちになってもらえたらいいかなと思います。
とにかく、観て欲しいデス。


あらすじ
夏の終わりのある日、今日で19歳になるナツは、夏に生まれたという理由でつけられた自分の名前と同じ夏が嫌い。誕生日すら早く過ぎ去ってほしいと思っていた。現在、家出をし、武史と同棲をしているが、誕生日に初めて届いた元彼弘樹からのメールに心を動かされ、行動を起こす。


CAST
ナツ 藤岡香里
アキ 針生麻衣
弘樹 杉原勇武
武史 小山顕範
高田 本尾昌則    
橋口 福田英史
ノゾミ クシダ杏沙
ユカ 高田涼子
ミキ 佐々木智秋
(出演順)


STAFF
撮影    浅野奉久 渡辺勇児 藤岡香里
撮影協力  高橋華野 小山顕範
照明    安田益康
録音    浅野奉久 渡辺勇児 本尾昌則
衣装    高橋華野 渡辺勇児
挿入曲   『恋灯』 作曲 麻也子
      Copyright(C) 2003- 麻也子 All rights reserved.
原作・脚本・編集・監督     渡辺勇児





テーマ:


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

殺し合いの果てに男がすべて死に絶えた西部の町の古びた居酒屋
女たちは、いるはずのない男たちの噂をし、現実を誤魔化しながら生きていた
しかし、そんな偽りの現実が長く続く訳でもなく、そのバランスは崩れ始める・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


しばらくお休みの予定でしたが、
連休最終日、乃木坂46出演の舞台の千秋楽を観に行くことができたので、
遅ればせながら報告します

当日は、総合プロデューサーの秋元康さんもいらしてて、緊迫感のある雰囲気でした

この作品、調べたところによると初演は2001年にナイロン100℃によって、
女性のみのキャストで上映されたものらしいです

個人的にはナイロン100℃の舞台は何度か観に行ったことがあって、
その中に、当時のアイドルが出演したものもあったのですが、
それは懐メロのアイドルソングを歌うシーンなどがあって
それはアイドルとしての必要枠での出演だったと思われるのです

ただ、今回の立ち位置は違っていて、
それまで、乃木坂46が演じてきた乃木坂46のために作られた舞台と違って、
実際商業演劇として上演されたのものの再演ということ

演劇に詳しいわけでもないので、細密のことは言えないまでも、
初見でしたが、十分に楽しめる内容でした

これは、乃木坂46メンバー以外の助演女優の皆さんの力が大きいのですが、
その大きな力を受けて、アイドルが演劇をするというフィルターをつけなくても、
成り立つ内容だったと思いました

内容としては、
前半のコミカルな展開を受けて、後半ではその真実が重苦しいものに転換していくというシニカルなもので、絶望的な展開に魅せられるところが多かったです

個人的には、状況を聞きながらお話を展開させていく狂言回し的な役柄を演じた井上小百合さんと
悪役に徹し切った伊藤万里華さんの役が、演劇としての順応性が高かった印象でした

これを素直に演劇ファンの方に勧められるかというと、もう一歩というところだと思います

ただ、こういった試みが今後も続くのであれば、よりよい化学反応が起きると思いますし、
新たなアピールの場として、彼女たちの成長が見てみたいという気にさせる舞台でした

リンク→p『すべての犬は天国へ行く』公式サイト

人気ブログランキング blogram投票ボタン
AD
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いつか運命の人に出会うため、常にエッチな妄想ばかりしている鴨川嘉郎は、
転校生の浅見紗英にアプローチするも失敗を繰り返していた
しかし、ある日突如として、人の心の声が聞こえるテレパシー能力を身につける
その後、このような能力を持つ者が自分以外にも存在することを紗英の父であり、
超能力研究をしてる浅見教授から知らされ、ある事態へと巻き込まれていく・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


まだまだ続く、園子温監督の最新作です
昨年放送された同名の深夜ドラマの映画版です

主要なキャストもほぼそのままですが、物語はドラマの続きということではなく、
1回リセットして、全く新しい物語となっていますので、
あえて、ドラマ版を観直す必要はあまりないです
(ただし、観てないとエスパーの能力の設定が唐突に見えてしまいますが・・)

原作は読んでいないのでわかりませんが、
園子温監督のオリジナル度がより高くなった気がします

全面的に思春期の男子が思いつくようなある意味健康的なエロの世界が漂っているのですが、
それだけに留まらず、具現化されたカオスな世界観で、必死にもがいていく主人公たちの姿が、
バカバカしくもあり、だからこそ、何が起きても腑に落ちる、説得力のある映画でした

正直、ドラマ版はあまり好みではなかったのですが、
映画版は園子温カラーが色濃く出ていて、深読みしがいのある作品でした

そのため、一見さんには、ちょっと伝わりにくいともいえますが、
ネタバレしないために核心部分は触れられないのですが、
単純なエロの奥にあるところにまで、ストレートに描いてるところを見逃さなければ、
映画の深みを楽しむことができる気がします

最初にも書いたように思春期男子の妄想世界の映画だったな感じることが多かったのですが、
女性が観たら、特に後半の部分は感じ方が変わってしまうと思います

言葉にしてしまうと単純なことを物語にすることで、深みを感じる体験のできる、
意外と他に類を見ない作品でした

リンク→p『映画 みんな!エスパーだよ!』公式サイト

YouTube予告編


人気ブログランキング blogram投票ボタン
AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

直美は同級生たちと共に文化祭の後片付けに追われていた
そこに、怪談マニアの委員長あゆみの提案で、
その場所に集う全員がずっと友達でいられるおまじない“幸せのサチコさん”を行う
しかし、その後、床が割れ、異空間を放り込まれることになる・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


舞台挨拶に惹かれて、急遽観に行くことになりました
乃木坂46の生駒里奈さん主演のホラー映画です

アイドル×ホラーなんて、よくあるフォーマットですが、
偏見もあってあまり観た事なかったです

かなり期待度低めでした

結果、意外と残虐さがあって、最後まで予測できない展開で、
本格的なホラーでした

ただ、特殊な設定をセリフや文献やビデオで情報を伝えようとする見せ方が、
説明的に感じる事が多かったです

こう感じるのは、シナリオをどのように演出するかというところもありますし、
演技のトーンが合っているかという微細なニュアンスの感じ方次第だったりもします

ネタバレしないように言うと、こういう設定で、子供を重要なファクターに起用すると、
恐怖の度合いが上がりますね

単なる学園ホラーに留まらない、物語に奥行きを与える大幅なプラス要素でした

ただ、説明的な展開が多い割にエンディングは唐突に感じてしまって、
解釈が分かりにくいように感じました
そのオチに至るヒントこそ、もう少し欲しかったです

後半良いところは多いものの、映画の空気感を崩してしまうところもあるので、
純粋なホラーとしてはおすすめしにくい、ファン向けの作品に感じました

今月後半からは一部地域で、
残虐シーンがカットされていないアンレイテッド版が上映されるようですが、
東京での上映がないので、ちょっと考え中です

確かに、もっとストレートに描いたほうが、効果的なシーンもあったので、
観られる地域の方は、それを待ってからでもいいかもしれません

リンク→p『コープスパーティー』公式サイト

YouTube予告編


人気ブログランキング blogram投票ボタン
AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アルバイト先で出会った恋人タミと結婚したテッドだったが、州からの通達により、
テッドが人間と認められず、結婚が白紙となってしまう
親友のジョンとともに女性弁護士サマンサの元を訪れ、
人間としての権利を勝ち取るために裁判を起こすことになるが・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今回も続編ものです
1作目は、このブログのお休み期間に公開されていましたが、ちゃんと劇場で観ていて、
心を宿したぬいぐるみが年月を重ねて中年になったら?
というアイデアがフォルムと行動のギャップが面白さのベースにあるのですが、
悪ふざけや下品さが突き抜けていて、楽しい作品でした

さて、2作目はというと、
人間となるために裁判で勝利を勝ち取るという物語の軸がしっかりとした分、
ちょっと行儀のいい作品になってました

普通の映画なら正統的な続編なんでしょうけど、
テッドの場合、1作目のようなはちゃめちゃさが少し身を潜めてしまった感じがして、
ちょっと物足りなかったです

続編の宿命として、アイデアの鮮度が落ちる分、新たな軸を立てるのは正しい作りかたなのですが、
物語の自由度が失われた分だけ、展開の予測がしやすくなってしまったところが、
面白さが減ってしまった原因かもしれません

ですが、ちょいちょい物語が脱線すると、奇怪な行動が始まったりするので、
前作のテイストは保たれていて、そうなると俄然面白さのボルテージが上がります


最後に、エンドロールの後に、小ネタありです
エンドロールは我慢して最後まで見ることをおすすめします

リンク→p『テッド2』公式サイト

YouTube予告編


人気ブログランキング blogram投票ボタン
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

巨大の刑務所の所長であるビルは、自らの欲望のままに独裁者のように運営した結果、
全米で最も暴動が多く、離職率も高く、囚人への虐待から医療費も膨大だった
この状況に州知事が、今後改善が見られない場合解雇を言い渡される始末
会計士を務めていたドワイトが、ビルに「ムカデ人間」のDVDを見せ、
状況を一気に解決するアイデアを提案するが・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


期待半分、不安半分で観に行ってきました
正直、あまり面白くはなかったですね

このシリーズの斬新さというのは、ただ残酷だったり、グロかったりするだけでなく、
バラエティ番組風にいうと、
「ムカデになってしまった人たちをどのようにいじっていくか?」
そこに、不謹慎でブラックな笑いが生まれるところにあるような気がしてました

しかし3では、そこにはあまり触れずに、オチまであっという間に進んでいってしまうことろが、
自分としては折角500人つなげた美味しい素材を台無しにしてる気がして、期待はずれな展開でがっかりでした

終始、アメリカを皮肉ったようなセリフやらシーンが多いのですが、
それを笑えるかどうかは人を選びますし、

1と2の主役にコンビを組ませるという配役で、
うまく化学反応が起きたかというところも疑問でした

唯一面白かったのは、本来ならありえない⚪︎⚪︎さんが、刑務所に来てしまうという設定ですかね
2が1の模倣犯である以上にトリッキーな展開で、そこは素直に笑えました

1とも2とも違う、ある意味振り切った内容ではるものの、
個人的には好みの感じではなくて、残念でした

リンク→p『ムカデ人間3』公式サイト

YouTube予告編


人気ブログランキング blogram投票ボタン
いいね!(7)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。