雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

cephalic carnage

アーティスト : CEPHALIC CARNAGE (※1)

アルバムタイトル : Xenosapien (※2)

いや~冷えてきましたなぁ度 :      ★★★★★(五つで満点)

こういう時はやっぱり温泉でしょう度 : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度 :                ★★RELAPSE RECORDSだから)

ジャンル : やりたい放題系テクニカルデスメタル (勝手に分類します。)

使用用途 : いい旅夢気分で温泉に行く途中の車内でのBGM。(途中で家族全員よりブーイングの為、大塚EYヨ(※3)の「EYヨ am BEST」に変えられました・・・ボアダムス(※4)なら良かったのになぁ(´Д`lll)

備考 : 魅酢散る(※5)「朝立ちの唄」に対抗すべく、売れ筋ポップンミュージックを紹介してもいいだろうということで筆をとりました。


ここしばらく仕事オナニン が忙しく、ED寸前まで追い込まれましたケルベロスです。百死零生(※6)をモットーに国賊と毛唐どもとの戦いに明け暮れる日々を過ごしております(´・ω・`)。


今回は急に寒くなってきたのでココはひとつ温泉としゃれこもうってことで、やりたい放題系テクニカルデスメタルをご紹介いたしますm(__)m。いい湯だっなっ!アハハンゲフフモゲゲゲフモモモモ(゜Д゜)


このアルバムの全体の評価としては、デスメタル、グラインドコア、ジャズ、プログレなどがやりたい放題にミックスされているにも関わらずニゴリが無いところに凄みがあります(≧▽≦)!表ジャケ宇宙人のような生物の子宮に宇宙人の子とチンパンジーの子が入っている画です。自分が持っているCDは日本盤なんで、歌詞カードを伸ばすと宇宙人の女性らしき生物の全体が見られます。一体何を表しているんでしょうねぇ(´・ω・`)フーム


1曲目「Endless Cycle Of Violence」(4:14)直訳「終わりの無い暴力連鎖」※Myspaceにて試聴可

バイオリンか何かにワウをかました様なS.E.が怪しげな雰囲気を醸し出していて期待が膨らみます。その後、病院の集中治療室で静かに聞こえる心拍監視装置の音のようなギターリフが始まり、「ダァーダァードドドダー」「ダラタタタタ、ダラタタタタ、ダラタタタタ、ダラタダラタ」と、轟音かつかなりソリッドなドラムとリフでとんでもない衝撃を受けます(≧▽≦)!ヴォーカルはピッチシフターで音を下げた感じのゴボゴボデスヴォイスで、意外にも「機械で音を下げた」という感じがこの機械的なバンドスタイルにマッチしておりますねぇ(*´∀`)。ここで皆様に朗報です!歌詞カードを目で追うことができます!サビも「いんでぇ、えんでぇ、さいこばいおれん、うぃきゃんえすけいぷ!(直訳)終わりの無い暴力連鎖から逃れることはできない」とキッチリ聞こえます(*^□^*)。この曲自体はデスメタルを軸に構成されておりますが、途中のミドルテンポパートなんかはプログレメタルの様相を呈しており暴虐性と雑食性を兼ね備えた素晴らしいアルバムオープニング曲となっております。


2曲目「Divination & Volition」(4:20)直訳「予知力と願望」※Myspaceにて試聴可

をををっ!これはスゴイっ!しょっぱなから激烈変拍子光速リフ+激速ブラスト&フィルイン+ツインVo.(下水道Vo.+絶叫Vo.)でやりたい放題やってます(≧▽≦)!!!これぞCEPHALIC CARNAGEの真骨頂!!!もはやジャンル分けは不可能!!!デス、グラインド、プログレ、ブラック、ドゥームの良いところを全部突っ込んだらこんな感じになるんじゃないかという秀逸作品でございます!!!ギターソロはありませんが、リフ自体が複雑なソロの集合体であり一瞬たりとも気が抜けません。後半に出てくるのニャーニャーデスヴォイス下水道ヴォイスの掛け合いなんてマニアの心臓をワシヅカミ間違い無しですよ。歌詞の内容は現代社会の社会に対する批判をテーマにしながら、「病気」「薬」「予知力」「殺人願望」などのキーワードを盛り込み、真性のデスメタルの歌詞とは全く違う路線をいってますね。曲の最後は重厚なドローンリフ+ドローンドラムパターンで曲の始まりからは想像も出来ない終わり方でこれもまたいとおかし(*´∀`)


8曲目「Let Them Hate So Long As They Fear」(1:09)直訳「彼らに憎ませてやれ!彼らが恐れる限り・・・」

いや~グラインド好きな私にとってド真ん中ストレートな楽曲です(≧▽≦)デヘヘ!「ダララロロロロロダララロロロロロドロロロタッ!」と激速ドラミングで失神している暇はありませんよ。さらに勢いが増したブラストで息ができません(´Д`lll)。途中、テンポは変わっていないのに「加速したか?」と思わせる激速ツーバスパートがあるのですが、これがまたニャーニャーデスヴォイスと絡み合って物凄く興奮しますヽ(゚∀゚)ノ。最後はブラストでピタっと止まるところなんて憎い演出ですよね。あー、この曲好きだー好きだわー(≧▽≦)!


11曲目「Ov Vicissitude」(4:10)直訳「周期的な交代」

一音目から轟音かつアグレッシブな攻めを感じさせる楽曲で好感がもてます(*´∀`)「りぃびんとぅだぁい(直訳)死ぬために生きている」「うぇいてぃんとぅだぁい(直訳)死ぬのを待っているだけ」の骨太なコーラスがたくさん入っているので勢いを感じるのかもしれませんね。このままの勢いで最後までいくのかと思いきや、このバンドはそうさせてくれません。スローテンポパートが途中で入った後に激速テンポギターソロが来るんですが、予想以上にやりたい放題なソロでございます。ソロ後からは「ド・ド・タンっ!ド・ド・タンっ!」と非常にキャッチーなフレーズがきて、ライブ会場なら大合唱間違い無しですわ。歌詞の内容は、地球を人類がメチャクチャにしたことにより自ら滅亡してしまうことが書かれており、人類の滅亡=人類でない生物との交代を意味しているようです。空気も無くなってしまった 抱き合う家族 これが最後の呼吸だ」というフレーズが考えさせられますね(´・ω・`)。


11曲目-Secret Track(0:11)タイトル不明(カウンターが9:03~9:14の間)

完全にグラインドコアです。・・・ちょっと嬉しい(≧▽≦)!


12曲目-Secret Track(6:45)タイトル不明であるが調べたら「Graul」とのことでも意味がわからずじまいです。

ドゥームメタルか?と思うぐらいドローンとしてますね。誰かこの曲について詳しくわかる人がいたら情報をくだされ。「Graul」とは人名なのかなぁ(´・ω・`)ウーム。


<実話のコーナー>

この前、家族で温泉旅行に行ってきました↓(in 湯谷温泉)

huukei1 huukei2 huukei4 huukei3

<湯谷温泉での絶景の数々>

はぁ~、チンカスまみれな私のチンコも綺麗に洗い流される気分ですわぁ(*´∀`)ハハァ。yuusyoku tyousyoku

<旅館での夕食&朝食>

見えますでしょうか?松茸のと鱧の入った土瓶蒸しが火にかかっているのが(≧▽≦)!日頃は道端に生えている草とか、虫しか食べていない私ですが久々に贅沢させていただきました。こんなのを毎日食べたら精神が腐りきった豚になりますな(*^□^*)。

terorisuto

<旅行中に突如現れたテロリスト>

まだ年端もいかない子供のようでした。こんな山奥にも危険が潜んでいようとは・・・(´・ω・`)。


<バンドうんちく>

CEPHALIC CARNAGEは1992年アメリカコロラド州のデンバーで結成された。1993年オリジナルメンバーのVo.Lenzig LealとGt.Zac Joe1stデモテープ「Scrape My Lungs」をリリースするが、バンドはまもなく解散した。1996年に再結成したCEPHALIC CARNAGEは新メンバーにGt.Steve GoldbergとDrs.John Merrymanを迎え、すぐに2ndデモテープ「Fortuitous Oddity」をリリース。リリース後にBa.Doug Williamsが加入した。1998年1stアルバム「Conforming To Abnormality」をイタリアのHEADFUCKER RECORDSからリリース。リリース後にはDoug WilliamsORIGIN(※7)加入のため脱退、後任にJawshを加入させてツアーを行った。1999年RELAPSE RECORDSと契約。2000年には2ndアルバム「Exploiting Dysfunction」をリリースした。その後精力的にライブ活動を続けながら、2002年に3rdアルバム「Lucid Interval」、2005年に4thアルバム「Anomalies」をリリース。2007年の初めにはデンバーにてSLAYER(※8)のオープニングアクトをつとめた。そして本作を2007年5月にリリースし、彼らの前衛的かつ暴虐的なスタイルは不動のものとなったといえる。


※1:「頭の虐殺」という意味。


※2:誰か意味を教えてくだされ(´・ω・`)オネガイシマス


※3:パンパン。↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3

※4:「ハナタラシ」のメンバー山塚EYヨが結成したバンド。詳しくはコチラ↓

http://ameblo.jp/hinomewominaiongaku/entry-10009996092.html

※5:国賊。↓

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%9B%BD%E8%B3%8A&redirect=no

※6:詳しくはコチラ↓

http://www.geocities.jp/kamikazes_site/index.html

※7:アメリカカンザス州のデスメタルバンド。


※8:永遠の神的存在。だが、次回作で解散とのこと・・・無念(´ロ`;)。

オフィシャル:

http://www.cephaliccarnage.net/

サンプル音源:

http://www.myspace.com/CephalicCarnage

http://download.music.yahoo.co.jp/shop/ic/11/67965451-250964038


AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。