雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

LDOH3rd

アーティスト : Last Days Of Humanity (※1)

アルバムタイトル : Putrefaction In Progress (※2)

久々にイチゴ狩りに行っちゃったよ度  : ★★★★★ (五つで満点)

その後、おもちゃ王国にハシゴだよ度 : ★★★★★

一般ウケ度 : ★★★★★★★★★★∞ (新入社員に聴かせたらスゴくウケてたから)

ジャンル : ノンストップ系ゴアグラインド (勝手に分類します)

使用用途 : 家族で楽しくイチゴ狩りをする時のBGM。

備考 : 41曲収録、25分。このアルバムを最後に事実上解散してしまいました。


こんばんは、下水道界のハミ毛王子(※3)ことケルベロス毛児でございます|(-_-)|

今回の記事はサンサンママさん が大好きなほのぼの画像が飛び出すので、毛が生えそろっていないお子様や階段を上ると心臓がバクバクしちゃうお年寄りの方は見ないでね。


今回はウチが仮面夫婦で家庭が冷え切っていると勘違いしている御方達が多いのでその誤解を解くべく、ノンストップ系ゴアグラインド(※4)をご紹介いたしますm(__)m


このアルバムの全体の評価としては、「感動」の一言に尽きます。まぁゴアグラインドで「感動」っていうのもどうかと思いますが、事実嬉しさのあまり自然に顔がニヤけます。表ジャケ焼死体です。あっ!爆殺死体かな?鑑定はサンサンママさん にお任せしよう。そうしよう。酷い事するよね。ホントにねぇ。で、過去のアルバムのジャケはコチラ↓

LDOH1st
1st「The Sound Of Rancid Juices Sloshing Around Your Coffin」

『うわーっ!きゃーっ!』

LDOH2st
2nd「Hymns Of Indigestible Suppuration」

『いやーっ!じぇんとるめーんっ!』

全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+


1曲目「Covered With Faeces As Decoration」(0:42)直訳「飾りのように糞便で覆われる」

スネア「タッタッ!」「どぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」「ごぼぉぉぉぉぉぉおおおおおおぐぼぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉおおおぉぉぉぉぉびょぉぉぉおおおおお」「びぃぃぃぃぃぃいいいぃいいぃいいいいいいぃぃぃぃいいいいいぃぃぃぃぃぃ」。雄叫び「ぐごぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉんっ!」この最後の雄叫びがポイントですね(*´∀`)。ちなみにVo.はピッチシフター(※3)等オクターブ下げによりゴボゴボ、Gt.、Ba.共に2音半下げチューニングによりボボボボ、Drs.はスネア(※4)の皮を限界まで張ってノーミュートによりキャンキャンです。


2曲目~40曲目

ウチの新入社員曰く「えっ!もう8曲目なんですか?全部同じに聴こえますねぇ」・・・という最高の賛辞を頂戴いたしました(笑)。


41曲目「A Divine Proclamation Of Finishing The Present Existence」(3:11)直訳「現世終焉の神のお告げ」

「ドロタッタッタッタッ!」「ヴィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィっ!「びょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおっ!ヴィィィィィィィィィイイイイイイイイイイイイイイヴォォォォォォォォオオオオオオっ!」「ドロタンっ!ンタンっ!」「ヴィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィl」「グボォォォォォォォオオオオオオオオオオオオ」「ぶりィィィィィィィイイイイイイイイイイイヴごぉぉぉぉぉおオオオオオオオオオオ」「ヴォゲェヴォゲェヴォゲェヴォゲェ」・・・大作です(≧▽≦)!


※もちろん歌詞・ライナーなんてありませんから、何を言っているかわかりません(´ロ`;)


<実話のコーナー>

この前、私ケルベロス毛児愛する家族と一緒にイチゴ狩りに行ってきました

ishigonouen suzunariishigo

【ハウス内の様子】

いや~静岡の久能山石垣イチゴ狩り以来なので何年ぶりだったのでしょうか。久々に行きましたが楽しかったですよ。

やっぱり愛する家族と一緒だったからかなぁ。

dekaichigo
【大きく育ったイチゴ】

やっぱりイチゴ狩りで食べられるイチゴは大きいですね。

やっぱり愛する家族と一緒だったからかなぁ。

ishigonosigai
【イチゴの屍骸】

イチゴの頭だけ残して体の部分はブチャブチャ喰い散らかしました。その数35体・・・グッチョングッチョンにしてやりました。いや~添えられた精子(練乳)が必要無いぐらい美味しいイチゴでしたよ。

やっぱり愛する家族と一緒だったからかなぁ。


で、そのまま近くにある南知多ビーチランド内にあるおもちゃ王国へGO!

omotya
【愛する息子との合作】

なんとベース部分と戦闘機部分と分かれます。その辺りにいたチビッ子達の羨望の眼差しを浴びておりました。いや~カッコイイ飛行機ができましたよ。

やっぱり愛する家族と一緒だったからかなぁ。


ハハハ・・・オッパッピー。ゴモモモ・・・ヴィーヴィーヴォヴィー・・・。


<バンドうんちく>

Last Days Of Humanityはオランダで結成された。1998年1stアルバム「The Sound Of Rancid Juices Sloshing Around Your Coffin」を発表。この時はVo.、Gt.×2、Ba.、Drs.の五人編成だったが、以降はVo.、Gt.、Ba.、Drs.の4人編成となる。1999年2ndアルバム「Hymns Of Indigestible Suppuration」を発表。この時、Vo.とDrs.がメンバーチェンジしてさらに凶悪に変化した。そして2006年事実上最後となる3rdアルバム「Putrefaction In Progress」を発表。まさにゴアグラインド史上最凶の一品となっております。


<ゴアスペルマセックス(Special Thanks)>

八王子さん (こんな感じでいかがでしょうか?(笑))


※1:「人類最後の日」という意味。


※2:「腐敗進行中」という意味。


※3:「ハンカチ王子」「ハニカミ王子」と類語。


※4:グラインドコアの一種。生理的嫌悪感のある歌詞、アートワーク、曲風を特徴としている。


※5:エフェクターの一種。原音のピッチを「0度」と考えて、それに対して3度、5度、オクターブ上という感じでピッチを変化させるもの。


※6:太鼓の一種。スナッピー(響き線)が太鼓の裏側のヘッド(皮)についています。この響き線のことをスネアと言う為、スネアドラムと呼ばれる。


オフィシャル:

http://www.geocities.com/sunsetstrip/Cabaret/2308/lastdays.htm


サンプル音源:

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=26388040


サンプル映像:

http://www.youtube.com/watch?v=eIeAta_eYR0


<おまけ>

marakasuT mazou
【マラカスT(モデル:DIVINE STEP Gt.魔蔵 )】

我が「雑音堂」 が誇る今一番の売れ筋商品です。う~ん消費者の気持ちがわからないなぁ。OPP。

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:


TERRORIZER2

TERRORIZER ダーカー・デイズ・アヘッド

アーティスト : TERRORIZER (※1)

アルバムタイトル : Darker Days Ahead (※2)

お帰りなさウィィィRED WESTクンクンニンニンニン~度 : ★★★★★(五つで満点)

涙無しでは聴けないな度  : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度  : ★★(どうやら日本盤が出ているらしいね。)

ジャンル : 暗黒疾走系グラインドコア (勝手に分類します。)

使用用途 : 蛇兄さんの怒りが解け、国外追放から戻ってこれたRED WEST君を出迎える時のBGM。

備考 : 2006年に再結成を果たし本作品を8月に発表するが、直後の8月27日にGt.のJesse Pintadoが37歳の若さで急逝してしまう。涙無しでは語れない作品となってしまった。


こんばんは、Berryz工房(※3)のブサイクさに感化されたケルベロス硬棒でございます|(-_-)|。


今回はお帰りなさい会見でも終始ニヤニヤしていたRED WEST君を励ますべく、暗黒疾走系グラインドコア(※4)をご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては、ひどく暗いイメージで疾走する感じが特に好印象です。かなり男前な作品に仕上がっており、この作品以降JesseのGt.が関わる新作が聴けないということが残念でしかたがありません。表ジャケセンターにガスマスクを装着した兵士の顔がきており、見方を変えれば骸骨にも見えます。その周りにはドス黒く写った自由の女神やテロリスト、戦争の光景が配置されております。全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+。


1曲目「Inevitable」(1:03)直訳「避けられないこと」

オープニングのSEです。鳴り響く雷鳴と轟音、落雷により発生した炎によりパチパチと木が燃えている音がし、何かを祈り叫んでいる男の声が不安をあおります。非常に暗い楽曲で素晴らしいですねぇ(*´∀`)。


2曲目「Darker Days Ahead」(3:46)直訳「これからの暗い日々」

タイトル曲です。「ズガガドゴゴゴゴ×3、ボーボーボーボー」とかなりソリッドな出だしで尿漏れ必至っ!Aメロから激速暗黒疾走パートが始まり、トシちゃん感激です(≧▽≦)!うわ~歌詞が簡単やん、でもメチャメチャカッコイイや~ん「嵐がやってきている。暗雲がたちこめている。しがらみを絶ちきる時がきた。時がやってきたんだ。無駄な時間は無い。」、「暗黒の日々。雷、炎、そして死。」サビがブラストから激速D-Beatに変わるところなんて憎い演出ですよ。でもって、2:35あたりで終わりかなって思ったら大間違いですよ。カッコ良すぎて脱糞当確が出ます(´・ω・`)。


3曲目「Crematorium」(3:54)直訳「火葬場」 ※myspaceで試聴できます。

「ダカダカダカダカ・ドコドコドコドコ・ドドドドドドドド・ゴゴゴゴゴゴゴゴ」と素人ドラマーがやりそうなタムまわしも、Peteがやると違って聞こえるんだよなぁコレが・・・。イントロは4分の4と4分の3が交互にきて、変拍子ながらもオンビートでノれます。このまま歌に入っていくと思いきや、一度強制的に終わらせて疾走型2Beatが炸裂っ!でもって、サビはたたみかけるようなブラストに乗せて「くりまぁ~とぉりあむっ!(直訳)火葬場っ!」×4です。その後はさらにブレイクが入り、ミドルテンポでドローン感を演出っ!この気配りが嬉しいですね。で、終盤は期待を裏切らずに疾走して終了。まったくもって、ウンコをもらしている場合じゃないですよ(´ロ`;)。


9曲目「Legacy Of Brutality」(2:25)直訳「残虐な遺産」 ※myspaceで試聴できます。

「ダァーンダァーンダァーンダァーン・ダンダンダンダン・ダンダロロロロロロロっ!」とイキオイをつけると、すかさず「ンタァータ・ンタァータ・ンタァータ・ンタァータ」と軽快な2Beatでさわやかに始まります。ん~なんだかポップな感じがイイですねぇ(ん?いよいよ耳がおかしくなってきたか?)。う~ん、すごくシンプルな曲なのに何故こんなにカッコイイのかなぁ(´・ω・`)。もちろんサビはブラストで「ぐりぃーふすおぶぶるたーりてぃーっ!(直訳)残忍性のシンボルっ!、りこぉーざ・れ・が・しぃーっ!(直訳)遺産を残せっ!」です。1コーラス終わった後のキメの鋭さが光ってますね。凄まじい切れ味ですよ(´ロ`;)。途中ミドルテンポパートも入ったりして、かなり欲張りな一品に仕上がっております。聴き終わった後、皆さんは感じるはずです「あれ?演奏時間2:25ってウソだろ?もっと内容が濃かったぞ」・・・と。


10曲目「Dead Shall Rise V.06」(3:32)直訳「死者は必ず復活する」

言わずと知れた名曲のリメイク版。この曲で涙しないグラインダーは即刻その名を返上しろっ!


<もしものコーナー>


red west manga
もしもTERRORIZERKT-TUNRED WEST君を除く)と入れ替わったら、RED WEST君はお帰りなさいどころか、メンバーに銃で蜂の巣のようにされ、この世に帰らぬ人となるだろう。しかしアレですな、RED WEST君は糞虫以下ですねぇ。いくら顔がカッコイイっていっても、あのアホさ加減はないですよね。結局、「A」が戻って「KAT-TUN」か・・・つまんないですな。次は「K」がソロ活動か何かで抜けて「AT-TUN(アツン:熱んっ!)」になるのを期待しましょうっ!

【会見映像】

http://www.youtube.com/watch?v=O6nkokmTxRQ

ウサンクサイ英語を聞かされて、さぞメンバーは殺意を抱いたことでしょう。


<コマンブランド着用者様、喜びの声コーナー>


KERBEROS
日頃はコマンブランドをご贔屓くださいまして誠にありがとうございます。コマンブランド着用者様より、喜びのお声を頂戴しておりますのでご紹介いたします(´・ω・`)。


komant yuujin
<あるモテナイ君の喜びの声>

「コレに出会うまでは童貞だったんだけど、コレを着るようになってからはチンポが乾く暇が無いゼ!」



komant bantyou
<あるチンカスヴォーカル君の喜びの声>

「コレを着るまではチンカスヴォイスだったんだけどさ、コレを着たらすんごいデス声が出るんだよ。信じられる?もう手放せないね。」



nugitorot
<あるメタボリック尻くさ君の喜びの声>

「コレを着るまではメタボリック症候群ってことでラードを飲むのを医者に止められてたんだけどさ、コレを着るだけで内臓脂肪は減るし、血圧も下がるしサイコーだよね。で、最近は下水道みたいな匂いだったお尻が甘い匂いを放つようになってビックリさ。これはもう学会で発表するしかないね。」


※皆様ありがとうございます。これからもコマンブランドをよろしくお願いします(笑)。

【雑音堂HP】

http://www.misetsuku.jp/hinomewominaiongaku/

最新イチオシTシャツ↓


inujinit
<犬死T:あなたの死に様です>


<バンドうんちく>

TERRORIZERは1986年アメリカカリフォルニア州のロサンゼルスで結成された。当時のメンバーはVo.Oscar Garcia<現NAUSEA(※5)>、Ds.Pete Sandoval<現Morbid Angel>、Gt.Jesse Pintado<元Napalm Death、現Lockup>、Ba.David Vincent<現Morbid Angel、現Genitortorers(※6)>という最凶の布陣で1989年1stアルバム「World Downfall」を発表。後にグラインドコアの名盤となった。その後、各メンバーはバラバラになってしまい2ndアルバムを出すことなく解散してしまった。しかし、結成から20年の時を経て再結成され、2006年2ndアルバム「Darker Days Ahead」を発表。衝撃的な復活となった。しかし、発表直後の2006年8月27日、Gt.Jesse Pintadoは持病の糖尿病が悪化、合併症のため37歳という若さで急逝した。Jesseが亡くなったため、ツアーの日程は白紙になっているがなんとか続けて欲しいと願っています。 R.I.P.

現在のTERRORIZERのメンバーは

Vo.Anthony Rezhawk<現Resistant Culture(※7)

Ds.Pete Sandoval<現Morbid Angel(※8)

Gt.Jesse Pintado<元Napalm Death(※9)、現Lockup(※10)

Ba.Tony Norman


※1:「恐怖で圧倒する者」という意味。


※2:「これからの暗い日々」という意味。


※3:マンカス(DMC:デトロイトメタルシティ風に)。衝撃グロ画像はコチラ↓

http://www.helloproject.com/artist/18/

※4:グラインドコア(Grind Core)とはパンクをルーツとしたジャンルである。ブラストBeat、D-Beat、2Beatなどを駆使し、極限のスピード感を追求しつつ、政治的なメッセージを歌詞に含ませている。

※5:グラインドコアバンド。

http://myspace.com/nauseala

※6:インダストリアルメタルバンド。


※7:トライバルグラインドクラストバンド。

http://www.myspace.com/resistantculture

※8:えっ!知らないって?・・・ハイ、あなたはデスメタル検定:恥骨レベルです。


※9:えっ!知らないって?・・・ハイ、あなたはグラインドコア検定:尻毛レベルです。


※10:シェーン・エンバリーニック・バーカーピーター・テクレンとのグラインドコアプロジェクト。


オフィシャル:

http://www.terrorizer.us/


サンプル音源:

http://www.myspace.com/terrorizergrindcore


AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。