雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

Abysmal Torment2

アーティスト : Abysmal Torment (※1)

アルバムタイトル : Epoch Of Methodic Carnage (※2)

辻元清美(※3)よ、お前は前科者だ度 : ★★★★★★★★★★∞(五つで満点)

再チャレンジレンジを応援する度 : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度 : -★★★(マイナス)電車の中で聴くとさげすむような目で見られます。

ジャンル : ツインガテラル系ブルータルデスメタル (勝手に分類します)

使用用途 : 辻元清美を国会議員辞職に追い込む時のBGM。

備考 : 今回は歌詞カードがあるので嬉しいです(前回は無かった)。ツインVo.で低音域ゴヴォォォォ担当と高音域ヴィィヴォヴィィィ担当に分かれている。


こんばんは、最近疲れでタクシーの「空車」が「空中」に見えてしまうケルベロス in db(弟子ベル)でございます|(-_-)|。


今回は前科者(執行猶予中)の辻元清美を議員辞職に追い込むべく、ツインガテラル系ブルータルデスメタル(※4)をご紹介いたしますm(__)m


このアルバムの全体の評価としては、私ケルベロス in dbが2006年に手に入れたCDの中で間違いなくBest1にあげる出来栄えです。表ジャケ大量虐殺後の死体の山の絵です。一箇所に人を集めて爆殺されたかのような感じにも見えますな。全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+


1曲目「Relapse Into Sickness」(4:58)直訳「病気の再発」

Gt.ノイズ混じりのSEから始まります。遠くでささやく声がするような、しないような・・・。Gt.ノイズが止まった瞬間、邪悪なささやきが・・・「~ Just Begun」って叫んでいるようですが「~」の部分が聞き取れないなぁ。「Death Becames Just Begun(死が始まる)」とも聞こえるような・・・。そのささやきからすかさず鉄塊ブレイクっ!さらにささやきが入ったと思ったら{「グヴォォォォォォォォ~~~」×2Vo.+(激重ブラスト+激重リフ)×恐怖}×顔面殴打=即死。いや~素晴らしいっ!今回は歌詞がついてますが、もちろん見事な下水道ヴォイスの為、1語目から路頭に迷いますΣ(゚д゚lll)ガーン。ズンズンと圧し掛かってくる窒息リフと一発一発が重過ぎるリズムで男らしさを感じますねぇ。後半の約40秒間はさらに重いリズムで終了。


5曲目「Befouled With Zest」(3:38)直訳「熱意で汚される」

重いのにキレがあるキメの応酬でのっけから凄まじいの一言ですな。スネアの音が「カンカン」チューニングを超えた「キャンキャン」チューニングで、ブラストは「ガガガガっ!」ではなく「キャキャキャキャっ!」ってな感じでグッとキマス(`・ω・´)b。この楽曲は短いのに展開がカッコ良くてヨダレモンなんですよ。途中で入る2拍3連のブラストとか、サビ前のブレイクなんてミサイルを連射しているみたいでメチャクチャカッコイイです。え~ココで皆さんに朗報です。なんと、サビがわかりますっ!・・・といっても曲タイトル通りですが・・・。でも。「ヴィ~、ヴォ~、ヴェイ、ヴェっ!」としか聞こえないので(解析:ヴィ~、ヴォ~=Befouled、ヴェイ=With、ヴェっ!=Zest)、2回ぐらい聞きなおさないとやっぱりわかりません(´・ω・`)フガー。


6曲目「Epoch Of Methodic Carnage」(4:43)直訳「組織的虐殺の時代」 ※myspaceで試聴できます。

タイトル曲です。マイスペルマンでも聴けるので是非飲んでくださいね。とにかくスペルマ級ですよ。オープニングはドロリとしたザーメンテンポで恐怖心を植えつけられ、その後のツイン下水道ヴォイスの精子のかけ合いでゲッソリ状態に・・・。ちなみにかけ合い下水道ヴォイスの高音担当の歌詞はタイトル通りなので聞き取れます(*´∀`)。しかし、この緩急自在のピッチングはホントにカッコイイですねぇ。コレを聴いちゃったら他のアーティストはウンコですよウンコ。・・・あっ!ウンコは最高の賛辞だった。で、ドラマーの私としましては1:31あたりで出てくる「ダ、ドゴンドゴンドゴンドゴンドゴンドゴン、ダァン」っていうキメがグッとキマスねぇ(≧▽≦)!3:04あたりから若干スラッシーな部分があり、スラッシャー出身の私にはタマリマせんな。でも、3:45以降は何を意味するんでしょうねぇ。この部分は要らないのでは?


10曲目「Gratification Through Castration」(4:49)直訳「去勢を通しての満足」

黒い雲が速く移動するようなリフが鳴り響いたら、削岩ブラスト+誤爆ガテラルヴォイスが追従して暗琉天破(※5)食らったかのようになってしまいます。んん?この楽曲の歌詞は韻を踏んでてオサレですねぇ。1行目最後「れちゃりぃ~(直訳)淫乱」、2行目最後「ぶちゃりぃ~(直訳)食肉解体処理場」、3行目最後「でぃぼぉうちゃりぃ~(直訳)肉欲にふける」、4行目最後「みざりぃ~(直訳)悲惨」。名古屋が誇るHIPHOPグループのHOME 冥土 逆賊(※6)の新曲「流れ弾~脳ミソ吹っ飛んじゃった」はこの曲をヒントにしたと思われる。で、1:05あたりからミドルテンポになるんですが、やっぱりどこを歌っているのかコレッポッチもわかりません(´・ω・`)ブー。途中、「ヴィィィィィィィ~」「ヴォィィィィィィ~」「ヴォォォォォォォ~」を叫んでいるパートがあるのですが、改めて聞くととてもじゃないですが同じ人間の声とは思えませんな。もちろんソコがイイんですがね・・・。


<もしものコーナー>

もしもAbysmal Tormentのメンバーと安倍晋三がタッグを組んだら(PartⅡ)、辻元清美(前科者、執行猶予中)をはじめ与野党問わず安倍内閣に異論を唱えているヤツラを集めて爆殺するだろう。しかし、国民も前科者を衆議院議員にしちゃあイカンわ。良識を疑いますよ。社民党も土井たか子が仕切るようになってからおかしくなったねぇ。辻元清美よ、国民の税金を騙し取ったお前に国政をどうこうする資格は無いっ!私が思うに、安倍総理柳沢大臣をあえて弁護する狙いは与野党の敵をあぶり出す為だと考えております(`・ω・´)。


<実話のコーナー>

先日2月7日はウチの結婚記念日だったんですよ。いや~ウチもラヴラヴなまま10年目に突入ですよ(*´∀`)。で、その時のお祝いのケーキがコレね↓


cake1
<嫁が飲みに行ってしまったのでコンビニで調達したケーキ>
cake2
<鳥肌実(※7)風味:ポッキー全弾命中の図>

いや~ラヴラヴ過ぎてウラヤマシイでしょ?・・・この寂しさを胸に1年間生きていきます(PartⅡ)・・・(泣)。

・・・でもね・・・。

この2月10日、11日の2日間で伊豆へ家族旅行に行ってきました。↓
genkan heya
iseebi nagame

いや~ホントに最高でした。まぁコレで帳消しってことで(笑)。


<バンドうんちく>

Abysmal Tormentは、2000年に地中海に浮かぶマルタ共和国にて「Molested」という名前で結成した。2002年には初のライブをしている。2004年にミニアルバム「Incised Wound Suicide」を発表。2006年に初のフルアルバム「Epoch Of Methodic Carnage」を発表した。現在のメンバーは、Vo.:NICK FARRUGIAGORDON FORMOSAの二人、Ba.:TIM V.B.、Ds.:WAYNE VELLA、Gt.はGAMが脱退してDAVID DEPASQUALEだけになっている。期待されたアメリカツアーはビザが取れず不発に終わっている。


※1:「底知れない苦痛」という意味。


※2:「組織的虐殺の時代」という意味。


※3:社会民主党衆議院議員。詳しくはコチラ↓

http://www.geocities.jp/k2t2f/index.htm


※4:「ガテラル」とはゲップみたいに喉を使って非人間的な声で歌う唱法。


※5:魔闘気によって無重力空間を作り出し、それによって相手に自分の位置を見失わせるという技。


※6:最初の頃の楽曲とかなり違ってきているんじゃないのか?八丁味噌の味を忘れたかっ(`・ω・´)!


※7:自称天皇陛下ご推薦、宮内庁御用達。コチラ↓

http://www.youtube.com/watch?v=6g3Be9zZvrs

http://www.torihada.com/


オフィシャル:

http://www.pestilent.net/at12/index1.html

サンプル音源:

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=27766868


AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。