雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

Napalm Death

Napalm Death THE CODE IS RED...LONG LIVE THE CODE

アーティスト : Napalm Death (※1)

アルバムタイトル : The Code Is Red...Long Live The Code (※2)

永田さん、なんだか気にいらねぇ度 : ★★★★★★★★★★∞(五つで満点)

前原代表、大丈夫っスか?度    : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度                : ★★

ジャンル : 帝王系グラインドコア(※3) (勝手に分類します)

使用用途 : なんだか気にくわない民主党の永田ひさやす議員延髄斬り(※4)する時のBGM。

備考 : ガチャガチャガチャガチャズギューンズギューン(≧▽≦)ドキドキ


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回はなんだか生理的に受けつけない民主党の永田ひさやす議員の息の根を止めるべく帝王系グラインドコアをご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては、グラインド界の帝王の風格と腹をエグられるようなD-Beatが味わえて非常にイイっヽ(゚∀゚)ノ。表ジャケ人の顔(政治家に見える)と爆煙、骸骨、そして中央に胎児が3体(それぞれ耳、口、目がグラインドされている)。Discharge(※5)「Hear Nothing See Nothing Say Nothing」(※6)に関連づけているのか・・・?全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+。


1曲目「Silence Is Deafening」(3:49)対訳より「耳をつんざくようなやつらの沈黙」 いや~イイですなぁ~、腹をエグるようなD-beat(※7)がぁ(≧▽≦)!コレですよ、コレっ!途中途中に入るスネアの連打が自動小銃の連射にも聞こえ、体中撃ちぬかれて蜂の巣にされてもなお歓喜してしまいます。でもって、怒濤のブラストアタック~。ガチャガチャドギャーボギャーで良い滑り出しっすヽ(゚∀゚)ノ(トリノは不調)。


2曲目「Right You Are」(0:52)対訳より「それがおまえだ!」 「らいっゆぅっあぁぁぁ~っぁぅっ!(対訳)それがおまえだ!」というバーニーの掛け声から始まります。ん?喪黒福造(※8)「ドーンっ!」みたいで説得力があるなぁ(≧▽≦)ハラニクルゼ。最後「さっさとおまえの二枚舌を切ってこいっ!」バーニーが命令したところで、「ぎゃぁぁぁぁぁぁーーーっ!」・・・ホントに舌を切られたかのような瞬発力のある激痛絶叫で絶命っス(´・ω・`) 。なかなかこれほど瞬発力のある絶叫にはお目にかかれないですよ(*´∀`)ノサスガダ。


4曲目「The Code Is Red...Long Live The Code」(3:30)対訳より「暗号は赤だ...暗号よ永遠なれ」 タイトル曲です。凶悪なミドルテンポで始まったかと思ったら、金属バットのフルスウィングをミゾオチに受けて思わず出てしまうような声「ヴヴゥゥ~~っ!」でまずドキが胸胸させられます(≧▽≦)ウヒャヒャ。最近、営業車の中で練習しているんですがナカナカ良い「ヴヴゥゥ~~っ!」にならないんですよねぇ(´・ω・`) 。途中で

モッシングに最適なD-beatが出てきてカナリ気持ちいいです。はぁ~暴れたいぃぃぃウィウィウィィィヴィ~ヴィ~ヴォォォ(前々回のガテラルヴォイスの影響(>Д<)?後半の歌詞で「庶民が一歩でも踏み出そうものなら必ず脅しが現れる」というものがあります。現代のパワーエリートが庶民を監視している様子が伺えるフレーズです(-ω-;)。


6曲目「Instruments Of Persuasion」(2:59)対訳より「言いくるめるための道具」 「じゃぁぁぁん、じゃかじゃんっ!」×8回、アクセントのあるブラスト「じゃぁん、びしゃびしゃびしゃっ!」と続いたらミッチ・ハリスバーニーの掛け合い「茶番行為-かなり誠実/道化芝居-かなり峻厳/茶番行為-心に訴えかける嘆願/道化芝居-撤退を強要するための衝撃と畏敬」がキテ、すでにダウン寸前・・・(´Д`lll)。そこへタタミカケルようなサビで「いんずどぉべ~んつっ!おぶぱぁずえいじょぉぉぉんっ!(対訳)言いくるめるための道具」・・・普通に歌っているのに濁点いっぱい・・・(´・ω・`) カナワンナァ。


11曲目「Vegetative State」(3:09)直訳「無気力状態」 激速チューンの一品。今の無気力な社会、人々に対する憤りを歌った曲です(≧▽≦)!最近「下流社会」(※9)っていう本を読んでますが、その内容に通じるものがあると感じました。個体(庶民)が無気力になってしまうことと、社会(パワーエリート)が個体(庶民)を無気力に導くことの両面により、今の二極化(上流と下流への分極化、中流は減少)があると考えます。「すべての者にチャンスを」という言葉はもはや幻想でしかない|(-_-)|ウムム。


<もしものコーナー>

もしもNapalm Deathのメンバーが民主党の代表になったら前原誠司代表永田ひさやす議員正座させて延髄斬りを連打っ!前原代表「ほんげぇ~(漫☆画太郎先生の絵を参照)と言わせたり、永田議員デカイ目を飛び出させたりしているところ(漫☆画太郎先生の絵を参照) を見たいですね~(*´∀`)ノ。しかし、永田議員の目はイっちゃってないですかぁ?とてもじゃないですけど常人の目とは思えないです(´・ω・`) ナニカキマッテイルヨウナ。しかし、3000万円の件はお粗末ですなぁ。白黒ハッキリしたところで、国民には何の得にもなりませんわ。そういう中で小泉純一郎は今年の9月に辞める気満々なので言いたい放題だし・・・(≧▽≦)オモシレー。


<バンドうんちく>

Napalm Deathは1980年に当時12歳だったニック・バレンを中心にイギリスで結成された。1985年にドラマーのミック・ハリスが加入して活動が本格化。1986年8月に「Scum」の前半をレコーディングするがニックを含むメンバー2人が脱退。ミックはバンドの立て直しをし、リー・ドリアン(※10)ら3人を加入させ、1987年「Scum」の後半をレコーディング。数ヶ月後に「Scum」イヤーエイクからリリース。このアルバムはパンク、ハードコアシーンに衝撃を与え、「グラインドコア」なる言葉を生み出した。1988年に2ndアルバム「From Enslavement To Obiteration」をリリース。1989年には初来日を果たすが、直後にリー・ドリアンビル・スティアー(※11)が脱退。マーク”バーニー”グリーンウェイらを新たにメンバーに加え、1990年「Harmony Corruption」をリリース。翌1991年春には初の全米ツアーを行ったが、夏にはミック・ハリスが脱退してしまう。新たにダニー・ヘレッラを迎え、1992年に「Utopia Vanished」をリリース。精力的に活動を続け、グラインドコアの帝王として君臨するまでに至っている。メンバーは(Vo.)マーク”バーニー”グリーンウェイ、(Gt.&Vo.)ミッチ・ハリス、(Gt.)ジェシー・ビンタード、(Ba.)シェーン・エンバリー、(Ds.)ダニー・ヘレッラとなっているが、ジェシーは病気のため不在となっている。Napalm Deathとしてはジェシーがいつでも復帰できるように場所を空けているようです。また、「トリビアの泉」「演奏時間が1秒しかない楽曲がある」というネタで紹介されたことがある。

先日オルトロス(※12)がベースを購入しました。本人は気づいていないでしょうが、ゴアグラインドベーシストにするべく洗脳中です(`・ω・´)b。さて、コチラはブラストの練習でもするか・・・。

bass


※1:「ナパーム弾死」という意味。「ナパーム弾」とは第二次世界大戦末期に作られた強力な油脂焼夷弾。ナフサとパーム油とを主原料とし、航空機から落下させて広範囲にわたり焼夷効果を及ぼす爆弾である。まさにそんな感じのグループである(´・ω・`)


※2:「暗号は赤だ...暗号よ永遠なれ!」という意味らしいが、この言葉の意味がわかりません(´・ω・`) ダレカオシエテ。


※3:グラインドコア(Grind Core)はブラストビートと呼ばれる極限のリズムを用いて、徹底的に速さを追求している。


※4:「延髄斬り」とはプロレスで用いられる技の一種である。対戦相手の首の裏辺りにある延髄めがけてジャンプしながら、相手の後ろまで足を回してキックをする。この技の考案者はアントニオ猪木であり、元々はモハメド・アリとの試合で用いる予定で考案された。


※5:ハードコアの「」。


※6:ハードコアの「神盤」。


※7:「ドッタ、ドッドタ」という速いリズム。Dischargeが始めたということでその名がついた。


※8:藤子不二雄A原作のブラックユーモア漫画「笑ゥせぇるすまん」に出てくる主人公のセールスマン。


※9:「下流社会-新たな階層集団の出現」 三浦 展 著のベストセラー。


※10:現Cathedralのボーカル。


※11:ゴアグラインドの始祖的バンドCarcassの元ギター、現クソバンド所属。


※12:ウチの嫁のこと。


サンプル音源:http://www.enemyofthemusicbusiness.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(49)  |  リブログ(0)

テーマ:

neurosis

Neurosis タイムス・オブ・グレイス

アーティスト : Neurosis (※1)

アルバムタイトル : Times Of Grace (※2)

毛唐サイコー度   : ★★★★★(五つで満点)

ゴギャンボギャン度 : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度      : 無し。

ジャンル : スピリチュアルハードコア (あえてカテゴライズする)

使用用途 : 毛唐の陰謀により送りこまれた牛の脊髄でブッシュ大統領の頭をブッ叩く時のBGM。

備考 : ぎょびぃ~ん、ぼろぉ~ん、ごぎゃ~ん(≧▽≦)ウヒャヒャ。


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回は脇がアマアマな毛唐(※3)代表のブッシュ大統領を牛の脊髄で撲殺するべくスピリチュアルハードコアをご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては、どんなに明るい性格の人も一瞬で鬱にさせてしまうような不協和音が非常にイイっヽ(゚∀゚)ノ。表ジャケ炎に向かって咆える狼です。この炎は何を意味するのか・・・。ん?カレーを食べて「あぎゃ~」ってなってるようにも見えますね(*´∀`)ノ。ちなみにこの前食べたカレーです(チキンカツ、ロースカツ、メンチカツ、エビカツ、ゆでタマゴ、チーズミックス)。お昼ごはんをおさえ、ベルトを緩めてヤッツケましたよヽ(`Д´;)ノオリャア。

カレー


1曲目「Suspended In Light」(2:00)直訳「光の中で浮遊する」 インストです。いや~非常に病んでますなぁ~(*´∀`)フハハ。ギターの音が昏睡状態の中で聞こえる「ピッピッ」という心拍音に似ていてとても暗い気持ちにさせられます~。


2曲目「The Doorway」(7:35)直訳「出入り口」 ノイズになりそうなところを寸前でおさえているギターの刻みから始まります。くぅぅぅ~、このギリギリ感がタマリマセンねぇ(≧▽≦)。不協和音ってこんなに気持ちよかったっけ(゜Д゜)?でもって、精神病患者がアリエナイ形相で声を絞り出すかのごとく叫んでおります。対訳「死と肉体へと続く道を掘り進むためにすべての獣どもを解き放とう」。カウンターが3:13辺りからさらにデロンデロンになりまして、コレが気持ちイイイィィィウィウィウィ~~~YE━━ d(゚∀゚)b━━S!!


3曲目「Under The Surface」(8:37)直訳「水面下」 ハッキリとした生音に近いフロアタムが力強く鳴り響き、それに乗っかった「ぴょぴょぴょぴょ」というギターノイズが違和感を増長させます(´Д`lll)。虚無であるがゆえに哀愁さえ感じさせる叫びが耳に突き刺さります。対訳「流れるお前の川も すべては地獄へと呪われる/空虚なおまえの殻 俺も同じだ 残りの者達はついていく だから俺も続こう」。うぅっ、暗い(´・ω・`) テンテイハオイカリダ3:00辺りから「ぎょぉ~ん、だどっど」×無限ループが始まり、この辺から死者が聴く者の足を掴んで異空間へ引きずりこみます~。途中、アンビエントな広がりを見せ、不安定な浮遊感が漂いますil||li _| ̄|○ il||li。最後はまたゴギャンゴギャンになり、「一発昇天」間違い無しですわ(゜Д゜)ゴヴォ。


10曲目「Times Of Grace」(7:22)直訳「慈悲の時代」 タイトル曲です。息をひそめるかのごとくギターとベースが静かに鳴って少しオシャレに感じます。が、次の瞬間、「ごぉん、ごぉん、ごぎゃ~ん」という今までの流れを無視したベロンベロンゴギャンゴギャンなリフが始まります。最初の静かな部分で音量を上げていたら、お年寄りは間違いなく心停止ですわ(>Д<)ゝ。途中、悔恨の念により自然に発してしまう浮かばれない魂たちの嘆きの声が聞こえ、さらに5:00辺りからさらにデロリンデロリンのボギャンボギャンで遥かかなたまで飛ばされます。1音1音の不協和音がこれほどまでに心地よく感じられたことがあっただろうか?対訳「すべての構造が腐敗する・・・」2006年現在に対する予言のような歌詞ですね。これは間違いなく名曲です(`・ω・´)b。


※インストの曲はバグパイプ、チェロ、シタールなどを使用して特に「鬱」な感じがしてゾクゾクものです。ホントに捨て曲無しヽ(゚∀゚)ノ。


<もしものコーナー>

もしもNeurosisのメンバーが農林水産省に入ったら、中川昭一農相牛の脊髄で滅多打ち・・・ボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグ・・・。で、「あいむそ~りぃ~」と言う前に、マイク・ジョハンズ農務長官も滅多打ち・・・ボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグ・・・。シェイクハンドと見せかけて、ジョージ・ブッシュ大統領も滅多打ち・・・ボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグボグ・・・。あっ!わかったぁヽ(゚∀゚)ノ。ヤツラはすでに脳ミソがスポンジ状態なんだね┐(´-`)┌ シャレニナラン。


<バンドうんちく>

Neurosisは1985年アメリカはカリフォルニアのオークランドで結成された。Neurosisは初期ではスピード感のあるヘヴィメタルみたいな音楽をやっていた。1992年に発表された3rdアルバム「Souls At Zero」からディープでスピリチュアルな感覚が開花している。6thアルバムとなる本作品「Times Of Grace」はその完成度から、特に注目されNeurosisをビッグネームへと導いた。2004年に発表された9thアルバム「The Eye Of Every Storm」は過去最高の出来栄えであるというが、恥ずかしながら未聴です(-ω-;)。

ちなみにメンバーは影響を受けた音楽にBlack SabbathBlack FlagPink Floyd、それにクラシックのワーグナーをあげている。また、メンバーは顔が広くRancidの前身バンドOperationivyGreendayのVo.ビリー・ジョー・アームストロングとも交流がある。またビリーNeurosisをフェイバリットバンドにあげている。


※1:「神経症」という意味。


※2:「慈悲の時代」という意味。対訳より。


※3:外国人を卑しめていう言葉。古くは中国人を、のちには欧米人をいった。


サンプル音源:http://www.neurosis.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。