雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

disgorge

Disgorge Parallels of Infinite Torture

アーティスト : Disgorge(US) (※1)

アルバムタイトル : Parallels Of Infinite Torture (※2)

この大雪は災害だ度 : ★★★★★★★★★★∞(五つで満点)

ヴィグボォヴィヴォ度 : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度       : 無し。

ジャンル : ガテラルヴォイス(※3)系ブルータルデスメタル (勝手に分類します)

使用用途 : 腐れ政治家の五臓六腑を吐き出させる時のBGM.

備考 : 素晴らしいガテラルヴォイスのため、歌詞は全く聴き取れません┐(´-`)┌ ハハハ。


Bookmarkにプロフを追加してみましたケルベロスでございます|(-_-)|。


今回はキッチリとした大雪対策をしない腐れ政治家を抹殺するべくガテラルヴォイス系ブルータルデスメタルをご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては、「グヴォグヴォヴィ~ヴィ~」というガテラルヴォイスがたまりませんっヽ(゚∀゚)ノ。表ジャケはJONZIG大先生のアートワークで、これだけで買いです。メンバーのTATOOもJONZIG大先生が入れたのかなぁ?全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+。以下「アホ」「バカ」「ヤリスギ」という表現が出てきますが、「最高の賛辞」として使用しますので置き換えてお読みください。


1曲目「Revealed In Obscurity」(5:13)直訳「ひっそりと打ち明ける」 えっ?・・・と、耳を疑いたくなるような凶悪な音でフェードインです(´Д`lll)。重傷の体を引きずるかのような重々しいリフとツーバス、「ヴィ~ヴォ~ヴィ~、グヴォボォヴィ~~~」ん?ホンモノの悪魔か?と思わせる見事なガテラルヴォイスのVo.が融合し、過去最凶の予感が漂います。一通り咆えたと思ったところでテンポチェンジして「スタタタタタタタっ」とブラスト炸裂っ(≧▽≦)!ん~、リフが作りこまれていてかなりカッコイイですねぇ。で、Vo.なんですが・・・。「神を貪り喰う/穢れた創造の中心部分で死を免れない復活を越えて、死刑囚の幽霊が堕落した肉を貪り喰うために目を覚まします。」と歌っているようですが、ミジンコの毛ほども歌詞通り歌っているようには聴こえません。なので・・・最初の歌詞から路頭に迷います(≧▽≦)アホダ。


2曲目「Enthroned Abominations」(4:05)直訳「忌まわしきものを王位につかせる」 激烈ブラスト「スカカカっ!タンタンタンタンタンっ!スカカカカカカカっ!タンタンタンっ!スカカカっ!タンタンっ!」と怒涛の攻撃にたまらず失神っ(゜Д゜)ウヘェ。失神しているところに水をかけて目を覚まさせ、また失神させては目を覚まさせてを繰り返し、ジワジワと息の根を止められるかのような錯覚に陥ります(*´∀`)ヤリスギダッテバ。この曲はサンプル音源がありますので聴いてみてくださいよ。出だしの歌詞は「彼らは何世紀もの間眠っている/憎悪を...王位につかせるために...よみがえる」なんですが、やはり最初の歌詞から迷える子羊状態ですわ┐(´-`)┌ヤレヤレすでに「ヴィ~」なのか?「ゴヴォ~」なのか?の判別すらつかない。


4曲目「Abhorrent Desecration Of Thee Iniquity」(4:17)直訳「不正の大嫌いな神性冒涜」 アカンっ!嬉しくてゲロがこみあげてきたっ(≧▽≦)!スゲェなぁ~このリフは・・・どれだけ動けば気が済むんだろう?で・・・ドラムも動く動くっヽ(゚∀゚)ノ。ブラストだけで押しまくるドラマーとは全然違います。この曲はスローパートが入っているんですが、その部分があるからまたブラストの速さが際立つんですよね~(*´∀`)ノ。んん?シンバルの使い方が上手いなぁ~。この手の音楽でこれほど効果的に使える人はいませんっ(`・ω・´)b。この曲もサンプル音源があるので歌詞を入れておきますね┐(´-`)┌ワカラナイトオモウケド。出だし「永遠の地下室で/最悪な厄介者」です。ん?なんだか聴き取れるようになってきたぁYE━━ d(゚∀゚)b━━S!!。


8曲目「Parallels Of Infinite Torture」(5:03)直訳「果てしない苦痛のようなもの」 光速ベロンベロンBa.が鳴ったかと思いきや・・・突如、破裂音のような短い音が耳に突き刺さります(≧▽≦)ウヒャヒャ。ココまで聴くと耳が慣れてきて歌詞が判別できそうですわ・・・それもどうかと思いますが・・・(´・ω・`) 。しかし、ドラムの音の分離感は素晴らしいですね~。お米が一粒一粒立っているかのようです。表現するなら「ドロロロロロロロスカカカカカカカビシャビシャっ!」ってな感じですわ(≧▽≦)タマリマヘン。カウンターが1:05あたりでブレイクが入るんですが、もの凄くキレがイイんですよ。その後あたりからタイトル通り、拷問による苦痛を受けているかの如くの悶絶っぷり(>Д<)ゝグボォ!最後の最後で「果てしない苦痛」と叫んでいるのが聴き取れます。


<もしものコーナー>

もしもDisgorgeのメンバーが防衛庁に入ったら、まず防衛庁長官の額賀福志郎をシメあげて長官交代ヽ(`Д´;)テメエラノチハナニイロダァ!で・・・、自衛隊で火炎放射隊(「北斗の拳:南斗の帝王の巻」参照)を編成。雪に埋まって困っている人々を火炎放射で雪を溶かして助ける。しかし、よ~やく国もこの大雪が災害だということを認識してきたようだけど、まだまだ本腰を入れていないな。小泉純一郎の後継者争いでバタバタしている暇があったら、キッチリと大雪対策をしてくださいよo(`ω´*)oタノムワ。ををっ?ガテラルヴォイスが火炎放射の音のようにも聴こえるなぁ(´・ω・`)


<バンドうんちく>

Disgorgeは1992年にアメリカのカリフォルニア州で結成された。1998年に1stアルバム「Cranial Impalement」を発表。このアルバムは1995年と1996年に制作されたデモで構成されている。この時のVo.はMatti Wayであり、少し綺麗な感じで見事なガテラルヴォイスです。2000年に2ndアルバム「She Lay Gutted」、2002年に3rdアルバム「Consume The Forsaken」を発表。3rdアルバムではVo.がMattiからA.J.Maganaに変わっているが全く遜色なしであった。そして、2005年に4thアルバムとなる本作品「Palallels Of Infinite Torture」を発表。Vo.がLevi Fuselierに変わったり、Gt.がツインになったりでさらに音がブ厚くなっている。メンバーチェンジが多く、オリジナルメンバーはDs.のRicky Myersのみとなってしまった。

※ちなみにこのバンドは八王子さん の記事で知りました。「ぼぉ~い、みぃ~つ、でぃすごぉぉぉぉぉぉじうぃぃぃ」


※1:直訳「吐き出す」という意味。


※2:直訳「果てしない苦痛のようなもの」という意味。


※3:ゲップみたいに喉を使って非人間的な声で歌う唱法。


サンプル音源:http://www.disgorge.us/

(映像もアリ・・・即死確実)

AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

テーマ:

Dragonforc

Dragonforce インヒューマン・ランペイジ

アーティスト : Dragonforce (※1)

アルバムタイトル : Inhuman Rampage (※2)

先輩、頑張ってください度 : ★★★★★★★★★★∞(五つで満点)

カニはやっぱり美味い度  : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度  : ★★★★★

ジャンル : ベタ爽やか系メロディックスピードメタル(※3)(勝手に分類します)

使用用途 : 中国へ転勤する先輩をおくる時のBGM(かに本家Ver.)。

備考 : Ds.のDave Mackintoshはメロディックスピードメタルであるにもかかわらずブラストビート(※4)を上手く取り入れており、そのあたりがグッとキマスYE━━ d(゚∀゚)b━━S!!


明けましておめでとうございますケルベロスでございます|(-_-)|。


今回は中国へ転勤する先輩を応援するべくベタ爽やか系メロディックスピードメタルをご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては、他の追従を許さないスピードとキレ、メロディーと歌詞が創り出す爽やかさが非常に良いっヽ(゚∀゚)ノ表ジャケは大きなカウンターがついた音源プレイヤーのようなものが描かれてます(最近のものではないな・・・)。全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+。


1曲目「Though The Fire And Flames」(7:19)直訳「燃える業火の中を通って」 光速アコースティックギターリフから静かに始まり、雷のようなスネアが鳴り響き、Dragonforceの新たな伝説の幕開けを感じさせます(*´∀`)ノ。そしてすぐに光速ギター、光速ベース、光速ドラム、光速キーボードがコレデモカっ!といわんばかりの激走っ!思わずガッツポーズ(≧▽≦)タマリマヘン。歌が始まったとたんにブレイクっ!Vo.とKeyだけでAメロ途中までいきます・・・おおおぉぉぉ~ベタだけどBon Jovi「夜明けのランナウェイ」みたいでカッコイイっ!くぅぅ、爽やかさの中にも力強さがあるんだよなぁ~。サビ対訳「遥かな地平で 俺たちはその日を待つ 無為に消え去った全ての命のために 千日の時の中 失われた人生の苦難を感じる 燃える業火の中 俺たちは走り続ける」。はぁ~マトモだぁ~心があらわれるようです(゚ー゚)(。_。)ウンウン。


2曲目「Revolution Deathsquad」(7:51)直訳「暗殺団革命」 軽快なギターリフで始まったかと思うと・・・すぐに鳴きのハモリツインリードォォォゥっヽ(゚∀゚)ノヒャッホウ!で、ブレイクっ×4回。ブレイクのたびにギター、キーボードを弾きまくりでイチイチガッツポーズ(≧▽≦)クッハァ。でもって、この曲のサビの最後は「ぐろぉりぃあぁぁぁあああ~(Gloria!)対訳(栄光あれっ!)」でブラスト炸裂っ( ̄~ ̄)ξ!Ds.のDave Mackintoshは元々在籍していたBal-Sagoth(※5)での経験からかブラストを曲の随所にちりばめていて非凡な才能をいかんなく発揮している。さらに特筆すべきはGt.のHerman Li、同じくGt.のSam Totman、Key.のVadim Pruzhanovですわ。カウンターが3:03のあたりからソロが始まって6:45まで3人でやりたい放題の無法地帯ぶりにガッツポーズを超えた昇龍拳が飛び出しますっ(≧▽≦)ニャー!


3曲目「Storming The Burning Fields」(5:17)直訳「焼け野原を攻撃する」 「ダァ~ン、ダァ~ン、ダァ~ン、ダァ~ン、ダァ~~~ン」と来たらノッケから光速リフとブラストォォォゥ(≧▽≦)!一体何回ガッツポーズをさせるつもりなのか?AメロBメロともに激速リフで疾走し、サビの最初はブラストをかましたと思ったらすぐに光速4ビート「ドンタンドドタン」で立ち上がり、さらに爽やかに加速っ(≧▽≦)スキダナァ。サビ対訳「俺たちは悪を粉砕する 神殿に立ち 逆巻く炎の中で 飛んでいくんだ 失われた地平を越えて 夜の英雄たちが呼んでいる 見ろ 約束の地が崩壊していく 秘められた力を求め 手を差し伸べる 夜の果てまで」「俺たちは悪を粉砕する」ってところでブラストをかましているところがイカしてますなぁ・・・ん?いかんいかんサタニストやのに・・・(>Д<)ゝ。


6曲目「Cry For Eternity」(8:10)直訳「永遠を求めて叫ぶ」 ピロリロピロリロと複雑だがキャッチーなギターリフに骨太なマーチングドラムが後から乗っかり、これから戦場に向かう勇猛な戦士たちを連想させます(*´∀`)ノ。そこから1.3倍ぐらいテンポアップしてまたまた疾走っ!ここにきてBメロにブラストを入れることによってさらに速く感じますねぇ゚+:ヾ(*・ω・)シ.:゚+。でもって大合唱間違いなしのサビへ「自由に羽ばたけ 信じるもののために 千の心が血を流す 永遠の夢に 俺を感じ取れ 誰もがふれあいを求めてる 音もなく 俺たちは跪き 永遠を求めて叫ぶ」。特に出だしの「ふらぁ~いふりぃ~ふぉほわっうぃ~びりぃ~」からHelloween「Keeper Of The Seven Keys」を少し速くしたようなメロディでグッとキマス(*´∀`)ノオッケー。で、最後の「くらぁ~いふぉ~いぃ~たぁにてぃ~」再びレバーをZ字入れ+大パンチで昇龍拳(大)ですよ┐(´-`)┌ ハハハ。


8曲目「Trail Of Broken Hearts」(5:53)直訳「砕けた心の軌跡」 バラードですね~。この曲はプラスとみるかマイナスとみるか、意見が分かれるところだと思います。Vo.のZP Theartは初期に比べれば上手くなりましたが、まだまだですな(u_u)〃。『Metal Hammer』誌で「ダイムバック・ダレル(※6)記念最優秀新人ギタリスト賞」を勝ち得たHerman Liのギタープレイを堪能するには良いかも・・・。


<もしものコーナー(実話Ver.)>

去年12月28日の仕事納めの日に会社のバンドメンバー(会社外でも1つバンドをやってます)で忘年会と今度中国に転勤になる先輩(Ba.)の壮行会を兼ねてかに本家で食事しました(*´∀`)ノかにすき会席「雪の舞」+かに太巻寿司(写真下)

雪の舞  かに太巻寿司

いやぁ~至福の時間を過ごしましたよ~ヽ(゚∀゚)ノ。思えば会社から駅へ歩く途中にかに本家があるのですが、お財布の中身が氷河期のためにいつも素通りでした。んん~~~長かったぁぁぁ~~~(-ω-;)。念願かなって「仕事納め」「かに」「雪」「かに本家最上階」「夜景」というシュチュエーションのもと、カニを堪能しました。しかし、カニっていうのはスゴイですな。バンドの集まりなのに全く音楽の話にならなかったです。例えるならばDragonforceのタタミカケル楽曲のような・・・息をする暇さえも与えられない・・・(u_u)〃。ついつい、かに太巻寿司を別で注文しちゃいましたよ。キレイですねぇ~、太巻の切り口って・・・(≧▽≦)。おおっとイカンイカン、ヨダレが・・・。

 という話はさておき、ロック~ハードロックあたりをやっている会社バンドですが、Ba.の先輩が中国へ転勤してしまうのでVo.&Gt.の先輩がVo.&Ba.に転向して続けるということになりました(Ba.が抜けた状態でゲボゲボグラインドコアりましょうっていう私からの提案は却下されました)。寂しいことですが3年後には戻って来れそうとのことです。「先輩、それまでお互いに腕を磨きましょうっ!」でもって、中国製グラインドコアの発掘をお願いいたします(`・ω・´)b。


<バンドうんちく>

Dragonforceは1999年にイギリスで結成された。当初はDragonHeartと名乗っていた。その時の音源(2000年に発表)はインターネット上で好評だったようで、MP3.COMのパワーメタルチャート(ダウンロード数)で「Valley Of The Damned」が2年以上1位の座をキープし、他の曲も上位を独占していたとのこと。その背景のもと、新星のごとく2003年に1stアルバム「Valley Of The Damned」を発表。続いて2ndアルバム「Sonic Firestorm」を発表。2ndアルバムではリズム隊のメンバーチェンジがあり心配されましたが、全くそん色は無かった。そして2005年に本作品3rdアルバム「Inhuman Rampage」を発表した。このアルバムを最後にBa.のAdrian Lambertは家族との時間を大切にしたいという理由で脱退した。当面は元Heavenlyフレデリック・レクレルクが務めるとのこと。12月に日本ツアーで来日しましたが・・・行けなかった(-ω-;)ムネン。


※1:直訳すると「竜の力」。


※2:直訳すると「非人間的な狂暴な行動」。


※3:メロディックスピードメタルはメロスピとも呼ばれ、叙情的なメロディ、疾走感、ハイトーンヴォーカルなどの要素を前面に押し出したヘヴィメタルのこと。類似語にメロディックパワーメタルがあるが、両者の間にハッキリとした差異は無い。


※4:ドラムのリズムパターンの一種。デス系、グラインド系でよく使用される。まずバスドラムとハイハットを同時打ち、その次にスネアドラムを打つ。これを高速で繰り返すと「スタスタスタスタスタ・・・・・・・・・」となり、音がつながって聴こえる。


※5:イギリスのブラック/デスメタルバンド。


※6:元PANTERAのギタリスト。ヘヴィメタルバンドのDamage Planで演奏中に射殺された。2004年12月8日アメリカオハイオ州コロンバスのライブハウスにて。享年38歳。


サンプル音源:http://www.dragonforce.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。