雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

ベヒーモス

Behemoth Demigod

アーティスト : Behemoth (※1)

アルバムタイトル : Demigod (※2)

浅田真央、オメェはスゲェな度 : ★★★★★(五つで満点)

トリノに出してやりてぇ度     : ★★★★★

一般ウケ度             : 無し。

ジャンル : アトモスフェリックブラックメタル(※3)(勝手に分類します)

使用用途 : 年齢制限によりトリノオリンピックに出場できない浅田真央選手を出場させるよう悪魔に祈る時のBGM。

備考 : ポーランドデスメタルの雄VADER(※4)の今は亡き<Ds.>DOC(※5)の意思を継ぐのはBehemothの<Ds.>Infernoしかいない(`・ω・´)b。メンバーの名前は<Vo.&Gt.>Nergal(※6)、<Ba.>Orion(※7)、<Ds.>Inferno(※8)、<2ndGt.>Seth(※9)となっており、徹底的な悪魔崇拝主義である。


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回はフィギアスケートの妖精ミラクル真央ちゃん(※10)をトリノオリンピックに出場させるべく、アトモスフェリックブラックメタルをご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては「これでもかっ!」という邪悪な雰囲気とVADERの<Ds.>DOCを思わせるような激烈ドラミングが混ざり合って非常に良いっヽ(゚∀゚)ノ表ジャケはタイトルでもあるGraal作の「Demigod:半神」が誓いのポーズをとっている絵です。自分が知っている半神とは違う姿形なのでGraalのオリジナルか(´・ω・`) ?全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+。


1曲目「Sculpting The Throne Ov Seth」(4:41)直訳「セトの玉座を彫刻する」 どこか古代エジプトをイメージさせるようなアコースティックギターから始まり、ツーバスが重く鳴り響く禍々しいスローなオープニングにつながります(u_u)〃。・・・・・・と思ったら、間髪入れずに激速ブラストォォォオオオゥっ(≧▽≦)ハエェ!ん?気がついたらもうサビだぁ~「どんなことも私について口に出してはいけない。何があっても私について口に出してはいけない。私について絶対に口に出してはいけない・私が存続するために・・・。私に神として奴隷たちを支配させてください!」ん~、ゴボゴボかつボォボォなVo.がグッとキマスねぇ~YE━━ d(゚∀゚)b━━S!! 途中、Nile(※11)のような奥行きを感じさせる旋律もあり懐の深さを感じさせます。「ov」っていうのは「of」のことみたいですな(´・ω・`) 。


2曲目「Demigod」(3:31)直訳「半神」 低めの管楽器が何か儀式の始まりを告げるかのように遠くまで鳴り響きます。そのあと、自動小銃のような手数、足数のドラミングでまたもや失神寸前っ(≧▽≦)クッハァ!リフは怪しさを漂わせながらもキャッチーでBehemothらしさが光ります。ををっヽ(゚∀゚)ノ!間奏がまたイイねぇ~。ユッタリと流れるようなNergalのGt.リフとInfernoの光速ツーバスっ!これを短くまとめてあるのがまたイイんですよねぇ。最後に「彼らインポの神を去勢せよっ!そして冒涜せよっ!いつまでもオマエは勝ち続けなければならない。」と過激に吐き捨てちゃってマス(´・ω・`) 。初めて吐き捨てボーカルを聴かされた人にとっては「ぼぉぉぉおおお~~~」としか聞こえないんだろうなぁ|(-_-)|


8曲目「Xul」(3:11)直訳「ズール(※11)」 「ごぉぉぉおおお~~~ん」と始まったかなと思ったら・・・「ダラララっ!ダラララっ!」という稲妻のようなスネアが鳴り、またもや超速ブラストっ(≧▽≦)!もはやとどまるところを知らないInfernoのドラミングは他の追従を許さない。特にこの曲は最初から最後まで飛ばしっぱなしなので途中で脳波が乱れます(゜Д゜)グボォ。あれ?このGt.ソロは・・・・・・・・・Karl Sanders?をををぅっキタ━(゜∀゜)━!!! いや~ビックラこきましたよ~、だってNileのVo.&Gt.の飛び入り参加っスからね~。はぁ~Karl Sandersの鳴きメロを聴けて思わずニンマリっすよ~(*´∀`)ノ。しかし、BehemothNileってお友達なんですかねぇ(´・ω・`) ?


10曲目「The Reign Ov Shemsu-Hor」(8:23)直訳・・・解読できません(-ω-;)ダレカオシエテ。 8分越えの大作で三章に分けられています(`・ω・´)b。やはり大作の出だしはスローテンポ+禍々しさですよね~?もちろん期待に応えた一品となっております。そこにVo.の暗黒咆哮デスヴォイスが激音かつ轟音で「ボォォボォォ」っちゃってて困ったモンです┐(´-`)┌ ハハハ。しかし、このアルバムの中で唯一ですよ~、こんなにたくさんミドルテンポのパートがあるのは・・・・・・ムムム、それでも速いなぁ(-ω-;)。ところどころにちりばめられているNergalのメロディアスなリフとソロがブラックメタル特有のイメージ(悪魔崇拝・黒魔術信仰)を膨らませますね。で・・・す・・・が・・・、うまく訳せませんねぇil||li _| ̄|○ il||li。「眠りを忘れた者たち あてのない放浪で 汝は最初に落ちなければなりません。冒涜で支配するために・・・」ん~分かったような分からないような・・・。まぁカッコイイから良しとするかヽ(゚∀゚)ノオッシャー。


<もしものコーナー>

もしもBehemothが日本スケート連盟に入ったら、城田憲子フィギア強化部長をはじめ、国際スケート連盟のチンクアンタ会長、国際オリンピック委員長のジャック・ロゲ会長黒魔術で操り人形にして浅田真央をトリノオリンピックに出場できるように仕向ける。「言うとおりにしたら命までは奪わないからねぇ~(*´∀`)ノ」(Nergal談)。しかし、間違ってリヴァイアサン(※13)を浅田真央降臨させてしまったら・・・妖精のような人がたちまち悪魔に・・・(゜Д゜)ソリャマズイ。


<バンドうんちく>

Behemothはブラックメタルの聖地ポーランドで1991年にVo.&Gt.のNergalを中心に結成された。Nergalのワンマンバンドのため、本作品(Demigod)発表までに幾度となくメンバーチェンジをしている。避けて通ることができない、かのデス/スラッシュバンド「VADER」と同郷であることと、Ds.のInfernoの超絶ドラミングからVADERの後継者という期待を背負っている。1995年に1stアルバム「Sventevith(Storming near the Baltic)」を発表。1996年「Grom」、1997年「Pandemonic Incantations」、1999年「Satanica」、2000年「Thelema.6」と続き、爆発的にセールスした6thアルバム「Zos Kia Cvltvs」を2002年に発表、ポーランドのブラックメタル筆頭の座を獲得した。そして2004年にRegain Recordsから7thアルバム「Demigod」を発表。Daniel Bergstrandをプロデューサーに迎え、音質は文句無しの最高レベルとなっている。


※1:ベヒモスはヘブライ聖書・ヨブ記40:15に記述されている水陸両生の動物の名前。カバや水牛などが由来になっていると推測される。


※2:半神という意味。片親が「神」であり、もう片親が「人」である人物。半神は「寿命」を持ち、人と同じように殺される存在であるが、能力は常人のそれを超えていることが多く、「神」のように特殊な力を持つこともある。<例>アキレスヘラクレスミノス


※3:1990年代に入って現れた、悪魔崇拝・黒魔術への傾倒を特徴とする、反キリスト教主義を強く打ち出したヘヴィメタル。ノルウェーを中心としたスカンジナビア地方が本場。音楽性においては、スラッシュメタルバンド「Venom」が1982年に発表したアルバム「Black Metal」が始まりとされている。


※4:知らない人はいないだろうポーランドのデス/スラッシュメタルバンド。


※5:酒・薬物が原因で亡くなった激速ドラマー。享年35歳。本当にツライっす(-ω-;)。


※6:ネルガル・シャレゼルは、新バビロニアの第4代王(前560~前556)。義兄である先代アメル・マルドゥクを暗殺して即位した。


※7:オリオンは、ギリシア神話の登場人物で狩人である。海神ポセイドンの子。死後、天に上げられ、オリオン座になったと伝えられている。


※8:イタリア語で「地獄」という意味。


※9:セトは、エジプト神話に登場する神・オシリスの弟。エジプト九柱の神々の一柱。砂漠の神であり、キャラバンの守り神である一方で、砂嵐を引き起こしているのも彼であるとされている。


※10:ミラクルな技を繰り出すのでつけられた愛称。「マジカルパワーマコ」とは同義ではない。


※11:サウスカロライナ出身のブルータルデスメタルバンド。バンド名そのままの、エジプトっぽさを上手く取り入れている。


※12:門の神「ズール」のことかな?「Zuul」?


※13:リヴァイアサンは旧約聖書に登場するいくつもの頭を持った海の怪物。「ねじれた」「渦を巻いた」という意味のヘブライ語「liwjatan」から来ている。旧約聖書のリヴァイアサンは「サタン」などと同じ悪魔だと考えられていた。


サンプル音源:http://www.behemoth.pl/main_en_ie.html

AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

テーマ:

zion

「EXPLOSION #010」 envy / Nice View / Corrupted


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|


今回はライブレポートです。自分の感じるままに書きますので「そうじゃねえよ」とか、わかってねえなコイツ」っていうのもあるかと思いますがご容赦を・・・|(-_-)|。


12月9日にenvyCorruptedが名古屋に来るとのことで、仕事ソッチのけでイベントにお出かけしました。(午後6:00開場、午後7:00開演


当日のタイムテーブルは

1.Nice View (名古屋)

2.Corrupted (大阪)

3.envy (東京)


では、自分の思うがままに紹介していきます(;-_-+


1.Nice View (名古屋)

ジャンル> 軽いハードコアかな?

バンド編成> Vo.Gt.BaDr.

コメント> センスゼロ。興味ゼロ。


2.Corrupted (大阪)

Corrupted

ジャンル> スラッジコア

バンド編成> Vo.Gt.、、BaDr.

コメント> 「麤龖韊驫鸝纞龞黸鸛鸕讞纝轥驢讚鑰欝籭矙爤籮觿鷺鸇鸂鱝驝驟韤鑫讒讙觀衢襺」というような激音です(´・ω・`) 全1曲、約30分演奏。あまりの激音でGt.アンプが2度飛びました(笑)。おかげで右耳が聞こえない。Vo.は30分の間に数回「ヴァァァァァアアアアア~~~」というだけであとは解脱したかのような様相でダラリと突っ立っていました。Gt.Ba.は激音ですがBa.がやや弱いかなってところです。Ds.はバスドラ、スネア、フロアタム(ロータムの位置につけてあった)、ハイハット(Zシリーズ)、ライドシンバル(Zシリーズ)×3というセッティングでした。クラッシュシンバルの代わりにZシリーズのライドシンバルをあそこまで鳴らすことができるとは・・・脱帽です。初めてCorruptedのライブを観ましたが言葉に表せない説得力です。CDの音でも衝撃を覚えましたが、ライブはそれとは全く違う衝撃を受けました。ありえませんね・・・観れば全てがわかります(≧▽≦)。



3.envy (東京)

envy

ジャンル> 激情系エモーショナルハードコア(あえてカテゴライズする)

バンド編成> Vo.Gt×2.BaDr.

コメント> いや~キチャイマシタねぇ~、最強の日本語激情系ハードコアバンドです(≧▽≦)。「静」と「動」、「3拍子」がおりなす感情の渦にのみこまれて息をすることを忘れてしまいます。演奏は「激しく」、「重く」、「熱く」、「静か」です。寒気がするほど洗練された音は、聴く者を選び、様々な角度から打ちのめします。洪水のような音の数々・・・逃げ場を無くし・・・ただただ音に身を委ねるしかありません(*´∀`)ノ。前身バンドのBlind Justiceから数えるとかなり長い活動歴とのことですが、基本的には同じ音楽性です。初めて聴くならベスト盤を購入するのも良いでしょう。最新作のみのポストロック色が色濃く出ていますが、基本的には「激しい」、「切ない」、「熱い」という感じです。感情を抑えきれないかのようなエモーショナルさ・・・時に訪れる「静寂」や「叙情感」・・・陰のある雰囲気・・・胸を締め付け掻き毟るかのような表現・・・どこか知的さを感じさせる歌詞・・・「カッコイイ」の一言に尽きます(`・ω・´)b。正直、この手のジャンルは初心者ですがライブを観て新しい世界を体感しました。


<総評>

なんと言いましょうか・・・。Nice Viewは必要なかったな。以上です(`・ω・´)b。


1211日にも”HACK FINN”でグラインドコアのイベント”grind freaks”があり、「UNHOLY GRAVE」が出演するとのこと。あばれはっちゃく鼻ずまりっすよYE━━ d(゚∀゚)b━━S!!。

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

DISCHARGE

Discharge Why

アーティスト : Discharge (※1)

アルバムタイトル : Why

耐震偽装問題はヅラにも及んだ度   : ★★★★★(五つで満点)

iP○dでよくかかるんだよね度       : ★★★★★

一般ウケ度                  : ★★★★★★★★★★∞

ジャンル : 反戦系ハードコア(勝手に分類します)

使用用途 : 耐震偽装された建築物を解体する時のBGM。

備考 : ハードコアパンクの第一人者。スラッシュメタルに大きな影響を与えた。2ndアルバム「Hear Nothing,See Nothing,Say Nothing」「Free Speech For The Dumb」Slayer(※2)Metallica(※3)、「Protest And Survive」Anthrax(※4)、「Hear Nothing See Nothing Say Nothing」Sepultura(※5)、「The Possibility Of Life’s Destruction」Machine Head(※6)がカバーしてます。


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回は耐震偽装問題で運悪くその物件を買ってしまった消費者の怒りを鎮めるべく反戦系ハードコアをご紹介いたしますm(__)m。反戦とは関係ないか・・・(*´∀`)ノ。


このアルバムの全体の評価とか何とかではなくて、聴いていない人はマズイっすよ。ココを通ったかどうかで聴き手がホンモノかどうかが分かる作品ですヽ(゚∀゚)ノ。自然に正座してしまうような・・・っていうか、いつ聴いても惚れ惚れしますっ(≧▽≦)スンゲェ!表ジャケ戦争で虐殺された死体と悲しむ女性で、中ジャケ爆弾投下を上から撮影した写真です。ウウム・・・重たい・・・(-ω-;)。全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+。


1曲目「Visions Of War」(1:40)邦題「戦争の幻」 オープニング曲です。イキナリ戦争の残酷な様子、混沌さを表現したかのような爆音「ぴんっぼぉぉぉ~ん、ごぉぉぉぉぉ~~~ん、ごぎゃあぶんぶんぶんぶぶぶぶぅぅぅぼぉぉぉ~ん、ぼぉんぼぉんぼぉんぼぉん、だかだかたっ!」で音出しをしたかと思ったら・・・ハードコア特有の「ドッタ・ドッドタ、ドッタ・ドッドタ」と軽快なリズムにノってリフが刻まれます(≧▽≦)イイネェ!(Vo.)CAL「あまんぐざめいんどすろうたーまいばでぃらぁ~いっ!(対訳)ズタズタに虐殺された死体の群れの中に俺の体も横たわってるのさ」というフレーズが頭の中のイメージを膨らませます(´・ω・`) 。んん~、単純なのに何故ここまでカッコイイかなぁ~(≧▽≦)タマリマヘン。


3曲目「A Look At Tomorrow」(1:57)邦題「明日をみつめて」 「ぼおぉぉぉん、ぼおぉぉぉん、ごぎゃぁぁぁ~ん」・・・。すぐに軽快な8ビート「ツツタツ、ツツタツ、ダダダ・ダァーン」で激走っヽ(゚∀゚)ノ。この曲は歌詞がキテルので全文を紹介します。「窓の外に見える 目がくらむばかりのまぶしい光 エノーラ(※7)が飛び去っていく 明日 明日 明日にでもこうなるのさ 男も女も子供たちのヒステリックに家族を捜しまわる ヘビが脱皮するように皮がむけるけど 母なる自然の摂理じゃないぜ」・・・もちろん原爆投下についての詞です。表現がストレートで重いデス(-ω-;)。スゴイ説得力・・・。


4曲目「Why」(1:11)邦題「なぜ・・・」 タイトル曲です。・・・というか表ジャケにある「虐殺された死体を目の前にして悲しんでいる女性」についての曲だと思われます。タムを8拍分まわした後「ドッタ・ドッドタ」とオキマリのリズムパターンで疾走っ(≧▽≦)ウゥッ!しかし、重い・・・まるで戦争を見てきたかのような表現・・・。「彼女はひざまづき 恋人を抱いて泣きだした 彼女は悲しみで狂乱状態になり 泣き声もいつしか叫びに変わる 愛した人も今はもう戦場にころがるただの肉塊」(-ω-;)ムウゥ表ジャケのイメージとの相乗効果でさらに陰鬱に・・・。やっぱりコヤツらはスゴイなぁ(´・ω・`) 。


9曲目「Massacre Of Innocence(Air Attack)」(1:23)邦題「空襲」 Gt.の速いリフが鳴り響き、ノイジーなBa.と骨太なDs.が後に続きます。「さうんどおでぃすたんっ えぁくらげっらだらだぁ らだぁあんらだぁ~っ!(対訳)遠くからやって来る飛行機の爆音がだんだん大きくなってくる」・・・このVo.の叫びと速いテンポが何か気持ちを焦らせるような感覚を植えつけますねぇ~(´・ω・`) 。途中に入っている破滅的なGt.ソロがまた追い打ちをかけるようでオイシイです(≧▽≦)「遊んでいた子を置き去りにしてきた と女が泣き崩れる・・・ 罪もない人たりを大虐殺しているんだ」・・・何なんでしょうねぇ・・・この説得力は・・・。やっぱりSlayerに影響を与えただけはあるな・・・(≧▽≦)ブフォ!


<もしものコーナー>

もしもDischarge内閣に入閣したら、耐震偽装問題で強度不足の建築物は全て解体して建て直すだろう。こうなったら国債を乱発して全部っちゃえよ(*´∀`)ノ。無政府主義のヤツラなら可哀想な消費者のためにそうするだろう。でもって、姉歯建築士のヅラ?をひっぺがして事件を起こした関係者は全て銃殺刑(゜Д゜)ウヘェ。しかし、まだまだ第二、第三の姉歯建築士が出てきそうだな┐(´-`)┌ヤレヤレ。

話は変わりますけど、自分のiP○dでよくDischargeがかかるんですよねぇ~(*´∀`)ノ。なので今回記事にしたんですけどね・・・何かの啓示とか兆しかと思いまして・・・|(-_-)|。でも一番よくかかるのはSlayerで、二番目に多いのは倉木麻衣かなぁ・・・1st~3ndまで入っているんで・・・(誤爆)。でも癒されるんですよ~(泣笑)。一昨日、Cathedral「Ride」倉木麻衣「Ride On Time」がつながった時は奇跡を目の当たりにした感じで幸せでした(≧▽≦)ヒャッホゥ!


<バンドうんちく>

知らない人はいないと思いますが、Dischargeは1977年にイギリスはロンドンのストーンオントレントで結成した。1980年にCLAY RECORDSからデビューシングル「Realiter Of War」を発表。1981年にすべてのPunksが棺桶に入れなくてはならない本大傑作「Why」を発表。1982年には第二の傑作と呼び声高い「Hear Nothing,See Nothing,Say Nothing」を発表した。自分としてはココまでかな?という感じなのであとは紹介しないヽ(´A`)ノ。メンバーは(Vo.)CAL(Gt.)BONES(Ba.)RAINY(Ds.)TEZZの四人。これを聴かずしてハードコアを語るなかれ・・・Listen or Die(`・ω・´)!


※1:「解放する」、「(ミサイルなどを)発射する」という意味。


※2:「」いや・・・「悪魔」か(≧▽≦)!


※3:メタルを世に広めた「


※4:「」PartⅡ


※5:「」になりそうだったけどマックス・カヴァレラが抜けて「」になりそこなった。


※6:「」ではない。序二段ってところか・・・。


※7:エノラ・ゲイのこと。広島に原爆を投下したB29爆撃機の腹に書かれていた。一説には「天皇を抹殺せよ」という意味でイディッシュ語をモジったと言われていたが、実際はそのB29爆撃機のパイロット:ポール・ティベッツの母親:エノラ・ゲイ・ハザードからとっているようだ。


サンプル音源:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000095J1G/250-3083625-8564249


AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。