雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

Obityuary

Obituary FROZEN IN TIME

アーティスト : Obituary (※1)

アルバムタイトル : Frozen In Time (※2)

自民党完全勝利度   : ★★★★★(五つで満点)

最適モッシュリズム度 : ★★★★★★★★★★

一般ウケ度        : 無し。

ジャンル : 絶叫遅重系デスメタル(勝手に分類します)

備考 : 約8年ぶりのニューアルバム。もう消滅したかと思ってた┐(´-`)┌ヤレヤレ。


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回は自民党の小泉純一郎大先生の独裁政治を強力に推し進めるべく、絶叫遅重系デスメタルをご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては1989年発表の1stアルバム「Slowly We Rot」(※3)から変わっていない遅さ・重さが味わえて素晴らしい。Vo.のジョン・ターディのデス声は非常に個性的で、その辺のデスメタルバンドのデス声とは一線を画する(≧▽≦)タマリマヘン表ジャケ氷漬けのドラゴンが描かれてます。どうやら活動停止期間を氷に閉ざされていたと仮定しているらしい・・・。全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介にとどめる(;-_-+。


1曲目「Redneck Stomp」(3:32)直訳「貧しい白人農園労働者の強くて速いリズムの踊り」 一体いつヴォーカルが始まるのか待ち続けたとしても一向に始まらず、そして曲は急にフェイドアウトしていってしまう。あれっ?もしかしてインストだったの?・・・そ~ですインストです(*´∀`)ノ。

ドナルド・ターディ曰く「考えてみれば前作からもう8年も経ってるんだし、俺達のヴォーカルを聴くまであと3分だけ皆に待ってもらうってアイディアはクールだと思ったんだ」・・・って、無茶苦茶な道理だなぁヽ(゚∀゚)ノマイアヒ~。


2曲目「On The Floor」(3:10)直訳「床の上で」 ををっ!速いっ(といってもMorbid Angel(※4)の1/5のスピードぐらい)。Obituaryでは最速の曲の部類に入る。でも、「おんざふろぉぉぉおおお~~~」と叫ぶコーラスパートでは1/2のスピードにダウン・・・・・・・・・またこれがイイっ(≧▽≦)タマリマヘン

フランク・ワトキンス曰く「これは速い曲だ。フックも強烈に効いているし、この曲は俺達の楽曲の中でも一番よく知られるようになる曲だと思う。」確かにこの曲でモッシング(※5)したら気持ち良いだろうなぁ。キタ━(゜∀゜)━!!!


3曲目「Insane」(3:25)直訳「狂気である」 「いよぉぉぉおおお~~~おおおぉぉぉぅぅぅ」という唸り声で始まる。ちょっと速い曲であるが、またもや「いんせいぃぃぃ~~~」のコーラスパートで1/2のスピードにダウン┐(´-`)┌ヤレヤレ。1作ごとに違う方向へいってしまうアーティストが多い中、これだけ変わらないのはかなり素晴らしいことであると実感している(u_u)〃。


6曲目「Mindset」(3:54)直訳「考え方」 ぐおぉぉぉ遅いぃぃぃ~~~重いぃぃぃ~~~キタ━(゜∀゜)━!!! オビチュアリーの真骨頂です。他の曲も遅重いけどこの曲は特別遅重いデス(テンポ=2ぐらいか?んなわけないけど・・・(≧▽≦)タマリマヘン)。「じゃあぁぁぁ~ん、じゃあぁぁぁ~ん、ドコドコ・タ、ドコ・タ、ドコ・タ、どん・どん」特にコヤツらはチューニングが2音下がっているからさらに遅重さを演出してます|(-_-)|。

アレン・ウェスト曰く「ああ、これもお気に入りの曲さ。でも俺が書いたのかトレヴァーが書いたのか、全く覚えてないんだ(笑)」ってアンタ、ドロンドロンの曲ばかりやりすぎて脳ミソがアレになっちゃってんじゃないの?┐(´-`)┌ヤレヤレ


10曲目「Lockjaw」(4:17)直訳「破傷風」 あれっ?スレイヤー・・・か?と聴き間違えるほどのギターのイナナキから始まる。ギターの音色がそっくりなんですってばヽ(゚∀゚)ノ。っていうか、やっぱりスレイヤーの何かの曲に似てるような気が・・・。と思っていたところ・・・。

トレヴァー・ペレス曰く「”ヘル・アウェイツ”を聴きまくっていた時にこの曲を書き始めた」って・・・。

さらにフランク・ワトキンス曰く「この曲を聴いた時、まるで”ヘル・アウェイツ”みたいな曲だと思ったよ。」ってキミら、ストレート過ぎやしないかい?でも、カッコいいから許しちゃおうヽ(゚∀゚)ノ。(んん?やべぇ、オランゲランゲのファンと同じような反応をしちゃったかも・・・(´ロ`;)セップク。詳しくは「オレンジレンジ糾弾サイト」にてhttp://o-factory.hp.infoseek.co.jp/gallery/tousakug.html


<もしものコーナー>

もしもObituary小泉純一郎大先生と街頭演説を行ったら、野次を言うヤツラを片っ端から丸かじり。続いて、民主党の岡田克也代表選挙カーに特攻!岡田克也代表「死亡記事」を新聞の1面記事で載せるだろう(*´∀`)ノオッケー。ふぅぅ、Obituaryが街頭演説・・・見てみたいなぁ(゚ー゚)(。_。)ウンウン辻本さん宗男さんも選挙に出馬するってことだけど、犯罪者が出馬しちゃあイカンだろ。でもって、新党「大地」・・・鈴木大地のシャレか?「日本」・・・オールナイトっ○○!「国民新党」・・・えっ?中国か台湾の政党ですか?まだまだ頭が固いでしょ┐(´-`)┌ヤレヤレ。


<バンドうんちく>

かつてのデスメタルの聖地フロリダ出身初めて来日コンサートを行ったデスメタルバンドとしても有名。<Vo.>ジョン・ターディ、<Gt.>アレン・ウェスト、<Gt.>トレヴァー・ペレス、<Ba.>フランク・ワトキンス、<Ds.>ドナルド・ターディの5人編成。ジョンとドナルドは兄弟。前作「バック・フロム・ザ・デッド」(1997)から約8年経て今回の新作を発表している。この8年の間、アレンはフロリダのデスメタルバンド「Lowbrow」を結成、トレヴァー「Catastrophic」を結成、ドナルド「Andrew WK」のドラマーとして活動していた。ジョンはコンピュータ会社の経営、フランク株の仲買人をしたり、抵当権で争ったりしていたジョンあたりまではなんとか理解できるけど、フランク「抵当権争い」って・・・これいかに┐(´-`)┌?彼らのアルバムには歌詞カードがついていない。なぜなのか?と尋ねられた時に、ジョン曰く「その時の気分によって歌詞を変えて歌うから歌詞カードは必要無いんだ。」とのことヽ(`Д´;)ノオリャア。

※1:「死亡記事」「追悼記事」という意味。


※2:ジョン曰く「まるで俺達のサウンドはしばらくの間凍りついてただけみたいに感じる。それが今また全員が集まって、溶け出してきたみたいなもんさ」ということで『フローズン・イン・タイム』と名づけたようだ。



※3:私が初めてデスメタルというジャンルの音楽を聴いた作品。今聴いても身震いがする。キタ━(゜∀゜)━!!!



※4:詳しくはこちらをどうぞ。http://ameblo.jp/hinomewominaiongaku/entry-10002149293.html

※5:「moshing」・・・(ロック、ヘヴィメタルの演奏会場での)もみあい踊り。「mosh」・・・モッシュする(こと)。「moshpit」・・・モッシュピット:ロック演奏舞台の直前「かぶりつき」の踊り場所。

サンプル音源:下記アドレスで「MUSIC」をクリックして、そのページの下の方を見ていくと映像・音源があります。

http://www.obituary.cc/

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|


今回はライブレポートってことで感じたことを書いてみようかと・・・。(少々、暴言・毒吐きもあろうかと思いますがご容赦を・・・m(__)m。)


8月13・14日の二日間、大阪サマーソニック(サマソニ)に行ってきました。8月13日11:00頃INTEX大阪に到着。ライブは9:45から始まっているが、名古屋出身のHome Made 家族とかには興味無かったんで遅めに入りました。(ガンダム世代なのでHigh & Mighty Colorには少々興味あったが・・・(´・ω・`) 。)


まずはINTEX大阪内のレストラン「ミュンヘン」で「ざるそばセット」を食べる。「ミュンヘン」という名で何故「ざるそばセット」なのか?という疑問はさておき今回のタイムスケジュールをもう一度確認。いざ出陣っ!


1.「Bullet For My Valentine」(8月13日11:55~)

Bullet for My Valentine

Hand of Blood

ジャンル>メロデス?よくわからないんですが・・・。

身体精神崩壊度無し。5つで満点)

感想>名前だけしか知らなかったんですが、とりあえず見に行きました。しかし・・・。まだまだ気合不足|(-_-)|。フロントマン3人はみんなデス声。Dr.がツービートの部分でハイハットの刻みを1/2にして楽してました・・・。筋トレからやり直しっ!(実際は速く刻むことと筋トレは無関係です。)3曲見て会場をあとにする。


2.「Yellowcard」(8月13日13:10~)

Yellowcard

One for the Kids

ジャンル>メロコア?

身体精神崩壊度★★

感想>全く知らないまま会場へ行きました。まさに夏の野外ステージにぴったりのメロコアです。曲は全く知らなかったんですが、ノリが良いのとファンの方々の暴れっぷりにつられて私も暴れさせていただきました|(-_-)|。なかなか良かったんでCD買ってみようかなってところですが、もう思い出せないんでやめときます┐(´-`)┌ヤレヤレ


3.「The Ordinary BOYS」(8月13日14:20~)

Ordinary Boys

Maybe Someday

ジャンル>ブリティッシュ・ロック

イケ面度★★★★★

感想スミス、クラッシュ、キンクスなどのブリティッシュ・ロックの王道の魂を引き継いでいる正統派でした。ステージングはカッコよくなかなかです。でも、Dr.の手首がかたいなぁ(´・ω・`) 。メンバー全員カッコよい。


4.「Asian Kung-Fu Generation」(8月13日15:30~)

ASIAN KUNG-FU GENERATION

崩壊アンプリファー

ジャンル>ロック?

ブサイク度★★★

感想>すいません、何も思いつかないですm(__)m。興味が無いので・・・。次の「KASABIAN」までのつなぎに見ただけです。確かにメロディーはキャッチーなのでウケルでしょうね~。Dr.はソリッドな感じでなかなかでしたが・・・。


5.「KASABIAN」(8月13日16:45~)

Kasabian

Club Foot

ジャンル>ブリティッシュ・ロック

CD即買い度★★★★★

感想>ライチェスター出身のロックバンド。打ち込み音を織りまぜ、どっしりとしたリズムに乗せたクールなサウンド。コヤツらはホントにカッコよいヽ(゚∀゚)ノ。1曲見たら「Public Enemy」に行くつもりでしたが、3曲見ちゃいました。最後まで見るべきだったか・・・。


6.「Public Enemy」(8月13日17:30~)

Public Enemy

Muse Sick-N-Hour Mess Age

ジャンル>ラップ

スーパークール度★★★★★

感想>いわずとしれたラップ界の重鎮。一度ライブを見てみたいと思っていたグループの一つです(u_u)〃ANTHRAXとやっていた「Bring Tha Noise」は生で聴けて最高でした。すげー説得力(≧▽≦)!


7.「The Black Crowes」(8月13日18:55~)

Black Crowes

Shake Your Money..

ジャンル>サザン・ロック

ベタベタロック度★★★★★

感想>すげーベタベタです。そこがまたイイっ(≧▽≦)!このステージでは曲の間奏で自分等のやりたいように勝手にやってました。ロックの深みに引きずりこまれる感覚が息苦しささえ感じてグッときました。「Oasis」を見に行くか悩みましたがこちらにしました。でもって1日目終了。


8.「The Subways」(8月14日11:10~)

Jule Styne, Adolph Green, Betty Comden, Carol Lawrence, Rose Marie Jun

Subways Are For Sleeping (Original Broadway Cast Recording)

ジャンル>ブリティッシュ・ガレージ・ロック

ハッピー度★★★

感想>元気の良いスリーピース。Ba.は女性。Vo.&Gt.と婚約を発表したとのこと。Dr.は元「Nivana」、現「Foo Fighters」のデイヴ・グロールと少々カブるところがあるかな・・・(*^□^*)。


9.「Orange Range」(8月14日13:05~)

オレンジレンジ

キリキリマイ (CCCD)

ジャンルパクリ?サンプリング?

痛々し度★★★★★★★★★★∞

感想「敵を知って己を知れば百戦危うからず」の教えにのっとり、「おらんげらんげ」「電子レンジ」を見ました。ホントは「Buckcherry」のために早めに会場に入ったんですけどね|(-_-)|。いや~、スゴイっすね~。「ミスチル」とか「くるり」とか色んな人の曲が聴けて(パクリのため)良かったですよ(*´∀`)ノ。雨がパラついてたんですけど、それを「みんな、タオルを回して雨雲を吹き飛ばせ」なんて言っちゃったりして・・・(´ロ`;)イタタ。会場内のらくがきスペースに「レンジファン=Shit!!」「みかん死ね」「Open Air Stageにてみかん狩り開催」と書き込まれてましたキタ━(゜∀゜)━!!!

サマソニ書き込み


10.「Buckcherry」(8月14日14:15~)

Buckcherry

Time Bomb

ジャンル>LA・ロック

ワイルド刺青度★★★★★

感想>すげーカッコいいっ(≧▽≦)!コヤツらはクールすぎる。出てきてすぐに「LA」だとわかってしまうぐらいのベタさが素晴らしいっ!しびれました。ちなみに刺青だらけヽ(`Д´;)ノオリャア。


11.「The Mad Capsule Market's」(8月14日15:25~)

THE MAD CAPSULE MARKETS, TAKESHI“¥”UEDA, KYONO, J.MILES

MIDI SURF

ジャンル>ミクスチャー・ラウド・ミュージック

骨太硬派度★★★★★

感想>次の次に控えていらっしゃる「Slipknot」大先生のために体力を温存するつもりでしたが、2曲聴いた時点で我慢できずにモッシュ・ピットの渦に突っ込んでいってしまいました┐(´-`)┌ヤレヤレモッシング暦早15年の私でしたが不覚にも前のヤツの肩がアゴに入り一瞬ポケーっとしちゃいました(´ロ`;)イヤン。とりあえず、「Slipknot」大先生のステージはこれ以上かと思うと、自然に笑いがこみ上げてきました(*´∀`)ノオッケー。


12.「Deep Purple」(8月14日16:40~)

Deep Purple

Deepest Purple: The Very Best of Deep Purple

ジャンル>ハード・ロック

言葉が見つからない度奇跡を目の当たりにして言葉が見つかりません。

感想>うぅっ(≧▽≦)!まさか自分が生きているうちに生で見られるとは思いませんでした。「Fireball」「Strange Kind Of Woman」「Woman From Tokyo」「Space Truckin'」「Highway Star」「Smoke On The Water」をやり、最後は「Black Night」で締め。再結成メンバーは第二期Deep Purpleのメンバー中心で、<Vo.>イアン・ギラン、<Gt.>スティーブ・モーズ、<Ba.>ロジャー・グローバー、<Dr.>イアン・ペイス、<Key>ドン・エイリーです。とにかく涙モンのライブでした(≧▽≦)クッハァ。


13.「Slipknot」(8月14日18:05~)

Slipknot

Vol. 3: The Subliminal Verses

ジャンル>ヘヴィ・メタルになるのか?

会場内全員死滅度★★★★★★★★★★∞

感想>名古屋レインボーホールでの公演に続いて2回目のライブを見たんですが、今回はホントに命が無くなるところでした。前に見たときは完全にブロックが仕切られていて、暴れるにしても本気モードにはなれなかったんですが、今回は広範囲でフリーで動けるので無法地帯と化していました。しかも「COREY」が「スワレ!」という命令を皆に下したので会場内全員座らされ、「トベ!」という掛け声で全員一斉にブッ飛びました。そのおかげでライブ中に見えない角度からのパンチが2発アゴに入り、またまたノックアウト寸前ヽ(`Д´;)ノウワァァァァァァン。完全燃焼です。我が生涯に一片の悔い無しぃぃぃ~ヽ(`Д´;)ノオリャア。


<最後に>

2DAYS用のサマソニTシャツはホントにダサい。バックプリントは「OSAKA」と入るはずが「SAKA」になってるし・・・。っていうかそこは間違えちゃあイカンでしょう?しかし、2日間思う存分暴れさせていただき本当に楽しかったです。(おかげで体中アザだらけで、腕が上がりませんが・・・(*´∀`)ノオッケー。)


AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

Slayer

Slayer ライヴ~ディケイド・オブ・アグレッション

アーティスト : Slayer (※1)

アルバムタイトル : Decade Of Aggression (※2)

郵政民営化反対議員殲滅度 : ★★★★★(五つで満点)

自然正座・武者震い      : ★★★★★★★★★★∞

一般ウケ度             : ★★

ジャンル : 激烈系スラッシュ・メタル(勝手に分類します)

備考 : ライブ版です。震えが止まりません。キタ━(゜∀゜)━!!!


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回は郵政民営化法案に反対票を入れた自民党議員を直前まで説得にあたったのに報われず、無能の烙印を押され、政界から抹殺された方々の魂を鎮めるべく、激烈系スラッシュ・メタルをご紹介いたしますm(__)m。


このアルバムの全体の評価としては評価するとかしないとかではなく聴く側が試される作品となっております。キタ━(゜∀゜)━!!!全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介だけにとどめる(;-_-+。


1曲目オープニング~「Hell Awaits」(6:50) 「すれいやー、すれいやー、すれいやー・・・。」もの静かであるが禍々しさを漂わせる叫びが終わるとミドルテンポでオープニングが始まる。途中でテンポチェンジし、アラヤ大先生神キング悪魔ハンネマンロンバード師匠「地獄で待ってるぞ」と言わんばかりに出だしからトップスピードで激走っ!キタ━(゜∀゜)━!!!


3曲目「War Ensemble」(4:53) アラヤ大先生「うぉ~、あ~ん、さ~ん、ぼぉ~~~っ!」という掛け声から始まりファンが絶叫っ!そりゃあ絶叫するわな。キタ━(゜∀゜)━!!! サビの最後が「Japanese People I Can Kill」に聞こえるのは自分だけだろうか|(-_-)|?


4曲目「South Of Heaven」(4:25) スローで儀式的な何かを感じさせるメロディーが始まりファンの絶叫っ!さらにギターのハモリ。ロンバード師匠のソリッドなタムワーク。逆さ十字(※3)がふと脳裏をよぎります。「おんにんのん、さうすおぶへ~ぶん」「おんにんのん、さうすおぶへ~ぶん」。ぐふふ(≧▽≦)タマリマヘン


5曲目「Raining Blood」(2:31) 「どどどん、どどどん、どどどん、どどどんタカドコ・タカドコ・タカドコ・タ」「ダダダっ!」 うぅっ(´ロ`;)中野サンプラザで初めてスレイヤーのライブを見たときを思い出します。しょっぱなが「血の雨」「どどどん」に合わせて稲光がし、ロンバード師匠ドラ(※4)が照らされ、暗闇にクッキリと浮かび上がる。キタ━(゜∀゜)━!!! 一緒に行った仲間と狂喜乱舞したものです。しかしこのライブ版では後半の疾走する部分が無く「Altar Of Sacrifice」につながってしまうので少し残念です|(-_-)|。


9曲目「Seasons In The Abyss」(7:01) ロンバード師匠チャイナ・シンバル2発のカウントで始まる・・・。地獄の景色をゆっくりと眺めるかのようなメロディー・・・。嵐の前の静かなアルペジオ・・・。一変してザクザクと刻むリフ・・・。くぅ~~~(≧▽≦)タマリマヘン。この曲は初めてスレイヤーをバンドでコピーした曲です。スレイヤーは死ぬほど好きだけれどもまだまだツーバスがおぼつかないという背景のもと、コピーを始めました。自分達はイントロのスピードを2/3に落としてさらに凶悪感を出すような変化をつけて演奏してました。


11曲目「Angel Of Death」(5:23) アラヤ大先生「えんじぇるおぶでぇ~~~っ!」の気迫のこもった叫び声で始まる。最速のリフ(もちろんコヤツらはオールダウンで弾いている)が刻まれ、さらにアラヤ大先生「あ~~~~~おぉぉぉぉぉ~~~~~っ!」という雄叫び。ファンも絶叫っ!この時点で会場にいる全員が「死神」に魂を狩られてますわ┐(´-`)┌ヤレヤレ


21曲目「Chemical Warfare」(5:25) やはりアラヤ大先生「けみかるうぉ~ふぇ~~~っ!」という掛け声で始まる。最後を飾るのはこの曲しかないですよ(u_u)〃。他には考えられないです。スレイヤーの名曲は数多くあれど一番のフェイバリットソングはどれか?と聞かれたら迷わず答えます|(-_-)|。やはりこの曲無しではスレイヤーを語ることはできません。骨のあるリフ・・・。タタミカケルようなリズム・・・。魂の叫び・・・。それらをあわせるとこれほどまでに絶対的な存在になるんだという説得力。確かにスレイヤーと共にスラッシュ四天王といわれているメタリカメガデスアンスラックスは素晴らしいが、スレイヤーはその中でも一線を画する孤高の存在であると思う|(-_-)|


<もしものコーナー>

もしも「反キリスト」スレイヤー小泉純一郎の側近になったら、亀井静香をはじめ37人の造反議員を「黒魔術」により「強制自殺」に追い込み、「死面」をとって選挙公示日に公開。小泉純一郎は今回の総選挙で全ての敵を排除することに成功するだろう。キタ━(゜∀゜)━!!!

(まだ出していない曲名をつなげて文章にしたら恐ろしい内容になってしまったアワワヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ


<バンドうんちく>

このブログを見る人で知らない人はいないので割愛いたしますm(__)m。(割愛する:惜しみながら省略すること)

このライブアルバムはDisk1がLakeland(1991/07/13)で、Disk2の1、2、7曲目はLondres(1990/10/14)で、3~6、8~10曲目はSan Bernardino(1991/3/8)でのライブを収録したものである。


※1:「殺人者」という意味。


※2:「攻撃の10年間」という意味。


※3:反キリストの象徴。


※4:銅や錫などの合金で作られた円盤状の中国系打楽器。中央に突起のあるゴングとは区別される。


サンプル音源:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000009QPK/qid=1123638488/sr=1-25/ref=sr_1_2_25/250-3850129-6382667


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。