雑音にしか聴こえない音楽~命を削って聴け!~デス、グラインド、ノイズ、スラッシュ~

一般ぴーぷるが絶対に聴かないだろう音楽を数々紹介。日の目を見ない音楽に光を当てるべく旧譜から新譜まで幅広く分析します。


テーマ:

TERRORIZER
Terrorizer World Downfall

アーティスト : Terrorizer (※1)

アルバムタイトル : World Downfall (※2)

拉致問題解決 : ★★★★★(五つで満点)

ブラスト疾走度  : ★★★★★★★

一般ウケ度     : 無し。

ジャンル : 疾走系グラインド・コア(勝手に分類します)

備考 : 16曲入り36分。Napalm Death(※3)Morbid Angel(※4)のプロジェクト(1枚だけであるが・・・。)┐(´-`)┌ヤレヤレ。


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回は北朝鮮の拉致問題で苦しんでいる家族の方の怒り・悲しみを鎮めるべく、疾走系グラインド・コアをご紹介いたしますm(__)m。

このアルバム全体の評価としては終始疾走する感じで非常に良かった(o^-')b。表ジャケイエス・キリストを中心に色々な国の反政府主義の方々の絵が描かれております裏ジャケメンバーの写真を粗くコピーしたもので、なんだか後ろめたい感じが非常に良いデス┐(´-`)┌ヤレヤレ。全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介だけにとどめる(;-_-+。

1曲目「After World Obliteration」(3:29)タイトル訳「世界抹消後」 全ての楽器のフェードインで始まる。ブレイク後にギターの光速リフが鳴ったら、「ドッタ、ドッドタ」というリズムで光速ドラムも追従。タタミカケル疾走感がとても心地良いので、夏のドライビングミュージックにお勧め(*´∀`)ノ。1:30ぐらいからさらに追い打ちをかけるようにブラスト(※5)がきたと思ったら歌(叫び声)が始まります。「ねいふぉ~、でぃふぃ~、うぉ~へ~、じあろ~、くらへ~、さふぉけいしょん、のうえぁ~<訳>「国家崩壊、敗戦、弾頭破壊、汝の地球を地獄に、救いを求める叫び声、人間が燃える、息苦しさから逃れる術は無い。」さすがNapalm DeathとMorbid Angelのドリームチームですわ┐(´-`)┌ヤレヤレ。


2曲目「Storm of Stress」(1:27)タイトル訳「抑圧の強襲」 ベースが光速でベロンベロン鳴って始まり、さらに音がつながって聞こえるブラストっ!気づくと曲が終わっているほどの潔さ。「歌詞を目で追っても、どこを歌っているのかわかりませんっ!」(ヒロシ風)┐(´-`)┌ヤレヤレ。


15曲目「Dead Shall Rise」(3:05)邦題「甦る死体」 Terrorizerとの出会いはこの曲でした。以前にNaked Cityでご紹介したイヤー・エイクから出ているグラインド・コアのオムニバスCD「グラインド・クラッシャー」の5曲目にトラックされてます。初めて耳にした当時、「倍速なのか?」と勘違いするほど速く感じました。次の瞬間からドラムのピート・サンドヴァルは私のとして崇拝するようになりました┐(´-`)┌ヤレヤレ。


<もしものコーナー>

もしもTerrorizer六ヵ国協議に何故か日本代表として出席したら「拉致問題」を議題に出すことに反対している国の代表を爆殺っ!まわりを片付けたところで北朝鮮と二国間協議を始め、拉致した日本人の返還を要求。要求に応じない場合は経済制裁を執拗なまでにやり、キム・ジョン・イル書記長の不可解なズボンの折り目をアイロンで伸ばしたあげくにシークレットブーツを没収っ!全世界にキム・ジョン・イルは極度の短足であることを公開する┐(´-`)┌ナンダソリャ。

(金正日ナゾの9%よりhttp://www.hirax.net/dekirukana7/kim/

<バンドうんちく>

メンバーは(Vo.)オスカー・ガルシア、(Gt.)ジェシー・ピンタード<現Napalm Death>、(Ba.)デヴィット・ヴィンセント<元Morbid Angel、現Genitortures>、(Dr.)ピート・サンドヴァル<現Morbid Angel>という豪華な顔ぶれである。1989年に発表されたこのアルバムはグラインド・コアの名盤とされている。


※1:「恐怖で圧倒する」という意味。


※2:「世界の破滅」という意味。


※3:グラインド・コアの名づけ親のグループ。1980年から活動を開始し、メンバーチェンジを繰り返しながら現在に至る。1秒の曲で「トリビアの泉」に取り上げられたこともある。ナパーム・デスに在籍していたビル・スティアーは今は無きカーカスの中心人物。


※4:詳しくはコチラhttp://ameblo.jp/hinomewominaiongaku/entry-10002149293.html を参照。

※5:ドラムのリズムパターンの一種。デス系、グラインド系でよく使用される。まずバスドラムとハイハットを同時打ち、その次にスネアドラムを打つ。これを高速で繰り返すと「スタスタスタスタスタ・・・・・・」となり、音がつながって聴こえる。


サンプル音源はありませんが、これは一家に一枚のマストアイテムですので買って聴いてください┐(´-`)┌ヤレヤレ。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

Corrupted2

Corrupted Se Hace Por Los Suenos Asesinos

アーティスト : Corrupted (※1)

アルバムタイトル : Llenandose De Gusanos (どうしても翻訳できない(u_u)〃

チャラ男窒息度  : ★★★★★(五つで満点)

死人成仏度    : ★★★★★

一般ウケ度     : 無し。

ジャンル : ストーナー・ロック(※2)系スラッジ(※3)・コア(勝手に分類します)

備考 : CD2枚組 全1曲(123分)キタ━(゜∀゜)━!!!

使用用途 : 夏の海に出現するチャラ男を生き埋めにする時のテーマ。


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|


今回夏の海に出現するチャラ男に騙されて、監禁・陵辱された女の子の亡霊を鎮めるべく、ストーナー・ロック系スラッジ・コアをご紹介いたしますm(__)m


Corruptedを紹介するのは二度目になります。それほどまでにこのバンドが素晴らしいと認識していただきたいと存じます。キタ━(゜∀゜)━!!!

このアルバムの全体の評価としては「嵐の前の静けさ(理)」~「嵐(悲しみ・怒り)」~「嵐の跡を癒す(無気力からの平静)」という流れが理解でき一連のストーリーを形成し、一見寒々とした心地よい場所へ誘われる感じが非常に良かった。表ジャケ、裏ジャケ共に荒涼とした風景です。しかし、中印刷墓場に死神鎌を持った人が立っている白黒写真にカタカナでメッセージが書かれています(歌詞ではない)。抜粋して漢字に変換すると「増加し続けてつじつまも合わせられず つながりをも持てず心閉ざされ 不浄のまま快楽のみに目を奪われ 夕暮れの色も思い出せないまま崩れ落ちてゆく生命共存の為の均衡 恵みであるはずの連鎖の流れを操作しようと試みる時 それは全ての出来事が全ての命に覆いかぶさる時 大は悪化した傷口から膿を流した痛みとその腐敗臭に耐え切れず黒い涙を流す 何もかなわず その時はあまりにも突然に私は私を あなたはあなたを 私のあなたの全てを失う その色の全ては空であり(※4) そのすじの全ては木々であり その香りの全ては水であり その姿の全てが無である」と書かれている。まさに説教である。全曲紹介できるので(全1曲だからね~)紹介するm(__)m


1曲目(というかこれしかない)「Ⅲ-sangre- Ⅵ-humanos- Ⅷ-el mundo」(2:03:49)3.「血」(17分) 6.「人間」(32分) 8.「世界」(74分)三部に分けられます(何故3,6、8なのかは不明)。この曲はS.O.Bの故トッツァン(※5)に捧げられたもので全編を通して、なんとも言いがたい涼しげな悲しみが根底にあります。3.「血」ではピアノの伴奏にHeviさんの聴き取れるか聴き取れないかぐらいの説教が静かに流れます。歌詞一部聴き取り傷付ける事に喜びを覚え、信じることを忘れて、言葉と言うすべを空気へと進化させた。それらは自己防衛のための本能と呼ばれた。」無無無、M心をくすぐるなぁ。キタ━(゜∀゜)━!!! 6.「人間」に入ると突然「ごぉぎょぉぉぉーん、ごぉぎょぉぉぉーん」という激音スラッジの猛襲!!Heviさんのマントルからドロドロと噴出す轟音ボイス「ぼぉっ!ぼぉっ!ぼぉっ!ぼぉ、ぼぉ、ぼおぉぉぉっ!(ん?ボボボーボ・ボーボボ?なわけねぇ~か)」何度も何度も聴き直したが、この章の歌詞は全く聴き取れない。途中からピアノも参戦し、何かを超えた説得力の渦を創りだしている。何度も聴いてるうちに・・・・・・クッ!やべぇ、解脱(※6)するところだった。シャクティパッド治療(※7)してもらわねば。キタ━(゜∀゜)━!!! 8.「世界」では何かを癒すかのようにひたすらアンビエント(※8)が続き、広い空間をイメージさせる。一言では表現できないが、個人的にはトッツァンの死で痛んでいる心を癒すことにより、トッツァンへの供養となる意味合いを含んでいるのだと思う。


<もしものコーナー>

もしもCorrupted夏の浜辺に来たら、チャラ男を生き埋めにするだろう。<以下ノンフィクション>


◇ある晴天の日の砂浜にて・・・

チャラ男5人衆「ねぇねぇ、君たちどこから来たの~?」

女の子2人組「名古屋~。」

チャラ男5人衆「まぢ~?じゃあさ~、クラブとかよく行く~?」

女の子2人組「うん、行くよ~。」

チャラ男5人衆「じゃあ、今度一緒に行こうよ~。だから、携番教えて~。」

女の子2人組「いいよ~。090-XXXX-XXXXだよ。じゃあ、逆に教えてよ。」

チャラ男5人衆「うん。0120、オー人事、オー人事。チャーラーラー、ララーラー」

女の子2人組「それ、CMの番号じゃん。ちゃんと教えてよ(怒)」

チャラ男5人衆「うん。0120、オー人事、オー人事。チャーラーラー、ララーラー」

・・・・・・1500円いただければCorruptedの曲を流しながらソイツら埋めますよ。キタ━(゜∀゜)━!!!


<バンドうんちく>

1999年に発表された本作品は意外にもCorruptedの初単独音源である。それまではUSグラインドコアGriefとのスプリットであったり、カルフォルニアのSLUDGE/SLOWCOREバンドNoothgrushとのスプリットだったようです。Vo.のHeviさんは昔からスケーターだったとのこと。前回も紹介したようにDs.のChewさんは恐れ多くも、変態のアイドル的バンド「ボアダムス」山本さん率いるユニット”想い出波止場”で(メンバー不特定ユニットであるが)ドラムを叩いていたとのことキタ━(゜∀゜)━!!!。Gt.のTalbotさんはChewさんとともに山塚EYEコンクリートオクトパスをやっていた。Ba.のJoseに関しては情報無し。とにかくCorruptedはライブがスゴイとのこと。5月4日に名古屋にきた時を逃してしまったので次回には必ず行きたい。公式サイトにてライブ日程を公開しております。


※1:堕落[腐敗]した;邪悪な;賄賂のきくという意味。

※2:感覚に直接訴えかけるヘヴィ・ロックの走り的存在。

※3:工業用廃棄物で油粕のようなドロドロした物質。またはドロドロしたものの意。

※4:「色即是空」の意か?

※5:ノイズ・コア・バンドS.O.Bのボーカル。1995年6月に自殺してしまった。

※6(仏教用語)のがれること。苦しみから解かれのがれること。完全な精神的自由を得ること。解放。

※7:「ライフスペース」というカルト集団により有名な言葉となったが、本来の意味はヨーガ「無」になるための技法のひとつでタントラ実践面の規約に重点を置いて制作された聖典)の中に記されている。タントラ・レベルとしては最も高く、受動的に虚に受け入れて無との合一を果たす方法である。能動的に空を到達させて無との合一を果たす方法が良しとされ、良師に恵まれればさして難しくないとのこと。

※8:環境音楽。空間系とも呼ばれる。


公式サイト:

http://www.dxmxtx.com/corrupted/


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。実は自分もメロデスってものを密かに聴いております。今回、メロディーが無いコテコテのデスメタルはちょっと・・・っていう女人の心を掴むべくご紹介いたしますm(__)m。

街でナンパした女の子を車に乗せたら、ちょっとオシャレで小粋なメロデスを流しながら海岸へ向かおうっ!」プレイボーイより抜粋(嘘)ヽ(`Д´;)ノオリャア。


チルドレン・オブ・ボドム


Children Of Bodom ヘイト・クルー・デスロール

アーティスト    : Children Of Bodom ~直訳「ボドムの子ども達」(ボドムの意味が出てこない|(-_-)|

アルバムタイトル : Hate Crew Deathroll ~直訳 「憎悪の死亡者仲間」(歌詞訳より解釈)

オシャレ度  : ★★★(五つで満点)

一般ウケ度 : ★★★★★

ジャンル : ブルータル・ヘヴィ・メタル(帯に書いてあった;「残酷な重金属」ってど~いう意味だ?)

使用用途 : 女の子を死神鎌で後ろから首根っこを引っ掛けて車に乗せる時のテーマヽ(´A`)ノイタソー

備考 : 後で紹介するSoil Workと一緒にツアーに来たので見に行ったが、名古屋のクアトロでのライブではアレキシ・ライホアバラを痛めたとかで公演が中止になったヽ(`Д´;)ノオリャア


アーティスト試聴:

http://www.listen.co.jp/artdetail.xtp?artpg=track&artistid=17866


ソイル・ワーク


Soilwork Stabbing the Drama

アーティスト    : Soil Work ~直訳 「農作業」

アルバムタイトル : Stabbing The Drama ~直訳 「心を傷つける劇」

オシャレ度  : ★★★★(五つで満点)

一般ウケ度 : ★★★★

ジャンル : メロディック・デスメタル(勝手に分類します)

使用用途 : 引っ掛けた女の子に「農業」ってイイっスよ(*´∀`)ノと語る時のテーマ

備考 : 名古屋のクアトロでのライブを見にいった。かなり骨っぽい音でカッコ良かった(*´∀`)ノ。しかし、次に出るはずだったチルボドのために体力を少し残しておいたため不完全燃焼(´・ω・`) 。チルボドが出られないってわかってたら完全燃焼できたのに・・・。いつもよりアザが少なかったヽ(`Д´;)ノオリャア。


アーティスト試聴:「ダウンロード」から

http://www.soilwork.org/drama/index.html


イン・フレイムス


In Flames サウンドトラック・トゥ・ユアー・エスケイプ

アーティスト    : In Flames ~直訳 「炎の中で」

アルバムタイトル : Soundtrack To Your Escape ~直訳 「逃亡する時の映画フィルム音楽」

オシャレ度  : ★★★★★(五つで満点)

一般ウケ度 : ★★

ジャンル : メロディック・デスメタル(勝手に分類します)

使用用途 : 女の子を車に乗せたら、シンバルをジャンジャン鳴らし「取ったどーヽ(゚∀゚)ノ」と叫ぶ時のテーマ

備考 : チルボドイン・フレイムスを同時期に聴いた。ストレートな感じはチルボドが上だと思ったが、楽曲的にはイン・インフレイムスのほうが上だと思う。長く聴いていても飽きない。「リルート・トゥ・リメイン」は名盤ヽ(`Д´;)ノオリャア


アーティスト試聴:

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=732217&GOODS_SORT_CD=101


カーカス


Carcass Heartwork

アーティスト    : CARCASS ~直訳 「(動物・鳥などの)死骸」

アルバムタイトル : Heartwork ~直訳 「心の作品」(歌詞訳より抜粋)

オシャレ度  : ★★★★★(五つで満点)

一般ウケ度 : ★★★★★

ジャンル : メロディック・デスメタルの走り?(勝手に分類します)

使用用途 : 女の子をホテルに誘おうとして心臓がバクバクしている時のテーマ(´・ω・`)

備考 : このアルバム以前まではデス・メタルといって問題無かったが、このアルバムからメロディアスな部分がクローズアップされ、デスメタルサウンドに叙情的なメロディーが付加されている。個人的にはメロデスの創始と考える。残念ながら96年に解散。ううむ。ライブ見たかったなぁ|(-_-)|。



アーティスト試聴:

http://www.emusic.com/album/10785/10785528.html


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

拷問天国2

Naked City Torture Garden

アーティスト : Naked City (※1)

アルバムタイトル : Torture Garden ~邦題「拷問天国」

政治家精神破壊度 : ★★★★★(五つで満点)

超絶技巧度      : ★★★★★★★★★★(ホントに上手い)

一般ウケ度      : 無し。

ジャンル : 信じられませんがジャズです(正確にはフリージャズ)。(勝手に分類します)

備考 : サックス奏者、ジョン・ゾーンを中心に1990年に結成されたグループ。42曲入り26分。なかなか手に入らない。ちなみに自分はネットで中古で手に入れました(定価より高額でした(´ロ`;)イヤン


こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。


今回は拷問にかけられて精神を破壊され、泣く泣く郵政民営化に賛成した政治家の魂(・・・って、まだ死んでないな)を鎮めるべく、フリージャズ(※2)をご紹介いたしますm(__)m。


このアルバム全体の評価としては終始高い演奏力と「あぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃっ」って感じで非常に良かった(o^-')b。表ジャケ真っ裸の女性がムチを持って振りかぶってます裏ジャケ丸尾末広(※3)画で男子学生が女子学生の顔面の皮をはがして、目玉を舐めてます(´ロ`;)イヤン。まさに「痛み=快楽」を追求した作品となっております。全曲紹介したいが特筆すべき曲の紹介だけにとどめる(;-_-+。

拷問天国1 <裏ジャケ>



1曲目「Blood Is Thin」(1:02)邦題「血が薄い」 ミドルテンポでカッコいいハードロックが始まったなぁと思ったら、ドラムカウント~ツービートでイキナリ山塚アイ(※4)「うぶぶじょじょろろろろらぎょびょびぎょりおぇぇぇ~。」の解読不能な叫び声、さらにはジョン・ゾーン「ぷるるるっ!ぐふぐふぐふ、ぶるるる~ぷぴぃぃっ!くぴぷぅぅぅううう~っ!(オメェはガッちゃんか?)」というサックスが続きます(´ロ`;)イヤン。しかし、奴等は本気です。なぜなら、演奏力が半端じゃないっ!


16曲目「Torture Garden」(0:39)邦題「拷問天国」 アルバムタイトル曲です。出だし少し遅めであるが音の粒がハッキリとしたブラスト(※5)明るいポップなギター~山塚アイの叫び声「ぎぃゃぁああぶおんがっ!」ディープ・パープル「バーン」以上のドラミング~ジョン・ゾーンの狂ったサックス「ぷろろろろろろおおおおろろろおおお~ぴぃっ」の素晴らしい連携で明るい雰囲気を醸しだしております。この曲は「天国=良いところ(場所)」というところに重点を置いて作曲されたのではないかと推測できます(´ロ`;)イヤン。最後は頂点に達した山塚アイと明るいギターとの絡みが非常に良いです(゚ー゚)(。_。)ウンウン。


23曲目「Osaka Bondage」(1:18)タイトル訳「大阪緊縛」「大阪拘束責め」ん~、どっちなんですかねぇ(´ロ`;)? Naked Cityとの出会いはこの曲でした。イヤー・エイクから出ているグラインド・コアのオムニバスCD「グラインド・クラッシャー」の8曲目にトラックされてます。この曲を聴いた時はどのジャンルに分類されるのか全くわかりませんでした。ジャズ、グラインド、ノイズのまさにミックスっ!感無量の一言です(*´∀`)ノ。この曲こそ Listen or Die !!!


<もしものコーナー>

もしも、Naked City郵政民営化推進の立場で国会答弁席に立ったら、まず郵政民営化反対派の綿貫民輔、亀井静香、堀内光雄の三人を真っ裸で逆さ吊りにするだろう。でもって、小泉純一郎首相から「賛成しないと公認からはずすぞぉ~」言葉責め。三人とも「イヤだ」と突っぱねたため、痛みが快楽となるまで拷問。三人とも拷問が大好きで最後まで突っぱねてしまったようだ(´ロ`;)イヤン。個人的には週明けの参院審議でもゴリ押しで郵政民営化を進めていただきたい(*´∀`)ノ


<バンドうんちく>

ニューヨークのダウンタウンを拠点として活動するサックス奏者、ジョン・ゾーンを中心に1990年結成されたグラインドコア・ジャズ・グループ。ヘンリー・カウ(※6)の創始者であり、1970年代後半よりダウンタウンのアヴァンギャルド・シーンに身を置いていたギタリスト兼ベーシストのフレッド・フリス、ヨーロッパのECMよりソロ作品を発表し、透明感のあるギター・トーンが持ち味のビル・フリゼール、ジョンと同じくダウンタウンを拠点に活動していたキーボーディストのウェイン・ホロヴィッツ、グラインドコアから4ビートまで、幅広いテクニックと速いドラミングで広く活動するジョーイ・バロンが主軸メンバーです。そこにゲストとしてボアダムスの山塚アイが参加するという、最凶の布陣ですヽ(`Д´;)ノウワァァァァァァン。

サウンドもジャズ、サーフ・ミュージック、ノイズ、スパイ・ミュージック、グラインド・コア、フィルム・ミュージックなど多様である。ジョン・ゾーン作曲家チャールズ・アイヴス作家ウィリアムス・バロウズの手法から影響を受けているとのこと。また、大の日本通としても有名。この「拷問天国」は日活ロマンポルノに影響されて作成した。また、「なんだあの宍戸錠は!なんか美味そうなもん喰ってコメントなんかしやがって!日活ロマンポルノ時代の名演技が台無しだ!」と怒っていたそうな。ポルノ好き恐るべしっ(´ロ`;)イヤン。


※1:「裸の街」という意味。


※2:1960年代のジャズの演奏形態のうち、西洋音楽的な制約に従わないルールで演奏されるスタイルのジャズの総称。


※3:優美な絵と細かい線で、エロ・グロ・ナンセンス風味溢れる不条理漫画を描く。「ちびまるこちゃん」の「まるおくん」は、この丸尾末広から名付けられた。


※4:変態バンド「ボアダムス」のボーカル。


※5:ドラムのリズムパターンの一種。デス系、グラインド系でよく使用される。まずバスドラムとハイハットを同時打ち、その次にスネアドラムを打つ。これを高速で繰り返すと「スタスタスタスタスタ・・・・・・」となり、音がつながって聴こえる。


※6:1970年代初期、プログレッシヴ・ロックの一潮流としてフリー・インプロヴィゼーションを主軸としたアヴァンギャルド・ミュージックを手がけたグループ。


サンプル音源はありません。みなさんに聴いていただけなくてホントに残念(´ロ`;)イヤン。



全然関係無いけど、「犬2匹」がメインボーカルのデスメタルを聴いてみますか?ちなみにこのCDを手に入れたいと思っておりますがなかなか手に入りません。皆さんからの情報をお待ちしておりますm(__)m。

アーティストCANINUS  アルバム名Human Rawhide

http://www.pitbullgrindcore.com/download/caninus-human_rawhide-bit.mp3

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんはケルベロスでございます|(-_-)|。今回はちょっとブレイクタイムってことで・・・(´ ∀`)y━~~。

神の啓示「そこのモテナイ君っ!この4枚のアルバムを女性に聴かせるだけでモテモテ君に変身できるよヽ(゚∀゚)ノヒラケ!」


Rhapsody

Rhapsody Symphony Of Enchanted Lands Part2

アーティスト : Rhapsody

アルバムタイトル : Symphony Of Enchanted Lands Ⅱ - The Dark Secret -

股開き度 : (五つで満点)

一般ウケ度 : ★★★★★

ジャンル : シンフォニック・ヘヴィメタル(勝手に分類します)

使用用途 : 紳士が淑女を演奏会へ誘う時ヽ(゚∀゚)ノヒラケ!

備考 : オーケストラとヘヴィメタルの融合。イマイチ理解不能。無駄金?自分が女性だったら股は開かんっ!ん~、ゴスロリ向きかなぁ(゜Д゜)イミフメイ?

アーティスト試聴:

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A018947/VICP-62819.html

Angra

Angra Rebirth

アーティスト : Angra

アルバムタイトル : Rebirth

股開き度 : ★★★★★(五つで満点)

一般ウケ度 : ★★★★★

ジャンル : 叙情派・メロディック・パワーメタル(勝手に分類します)

使用用途 : 超人に生まれ変わる時ヽ(゚∀゚)ノヒラケ!

備考 : スゴウデマン揃い。ミーハーなのでライブにも行っちまいました。アワワヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

アーティスト試聴:

http://www.barks.jp/listen/?id=1000001882

Kamelot

Kamelot The Black Halo

アーティスト : Kamelot

アルバムタイトル : The Black Halo

股開き度 : ★★★★★(五つで満点)

一般ウケ度 : ★★★★★

ジャンル : 正統派・メロディック・パワーメタル(勝手に分類します)

使用用途 : ゲーテ時代の政治や文化、宗教をテーマにして女性を口説く時ヽ(゚∀゚)ノヒラケ!

備考 : 個人的にはこの4枚の中で一番キタかも(゚ー゚)(。_。)ウンウン

アーティスト試聴:

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A008617/-.html


Sonata Arctica

Sonata Arctica Reckoning Night

アーティスト : Sonata Arctica

アルバムタイトル : Reckoning Night

股開き度 : ★★★★★★★★★★∞(五つで満点)

一般ウケ度 : ★★★★★★★★★★∞

ジャンル : 北欧・叙情派・メロディック・パワーメタル(勝手に分類します)

使用用途 : 知り合ってすぐに女性をラブホへ導く時ヽ(゚∀゚)ノヒラケ!

備考 : ライブに行きました。ヤニ・リマタイネンは若いっス(*´∀`)ノオッケー。

アーティスト試聴:

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005NGXX/250-4435198-4196213


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。