同 床 異 夢

こちら「地球市民」対策本部

「地球市民」とはグローバルとか国境をなくせとか多文化共生とか
執拗に英語化を推進している人達です。
ナショナルな感覚が希薄な人とも言えます。


テーマ:

意外とミーハーな人だった・・・

 

トランプ大統領と一緒に写真撮りたかったの?志位委員長・・・

 

ツイッターで共産党の志位委員長が、晩餐会に呼ばれなかったことを嘆いている。

なぜ嘆くのかよくわからないが、志位委員長だけでなく最近の野党の政治家は

安倍総理に嫉妬しているでは?と思うことがしばしばある。

 

共産・志位氏、首相批判「晩餐会に野党招かなくなった」(朝日新聞デジタル)

 
 
    ブログランキング・にほんブログ村へ
 人気ブログランキング     にほんブログ村
 
 
このブログでは何度か書いているが、共産党は
破防法調査対象であると平成28年3月に日本政府が閣議決定している。
これは、陰謀論でもなんでもなくて、公式に発表されていることで、その重大さを
国民は受け止めるべきであると考える。
 
警視庁では
「暴力革命の方針」を継続していて
「権力側の出方によっては非平和手段に訴える」
という理念を現在も持っていると認識している。
 
日本政府も
「共産党が日本国内で暴力主義的破壊活動を行った疑いがあるものと認識している」と公式文書に明記している。
 
簡単に書くと、日本政府や警視庁、公安調査庁は
「共産党は、危険なテロ組織の疑いがあるので監視する必要がある」
と言っているのだ。
 
また、テロ等準備罪の法案が通ったので、そちらでも疑いが出てくる、そして”テロ準”は
国際的に共通したルールなので、共産党は外国から見ても
「危険な団体」「テロを行う疑いがある団体」
として位置づけられる。
 
そんな所のボスをトランプに会わせるなんて出来ないのは誰にでもわかる。
もし、トランプにテロを働いたらどうするのだ?とアメリカ政府が懸念するだろう。
 
そして、何よりも志位委員長をはじめ共産党の皆さんは地方議員も含めて
今まで散々アメリカの批判を行ってきたのではないか?
 
そんな人が、トランプ大統領とツーショットの写真を撮りたいなんて、
ムンジェインと同じで頭大丈夫?と言いたくなる。
 
もし実現すれば、訪韓した時にトランプ大統領に抱きついた、元売春婦よりスキャンダラスな
ニュースになるだろう。
 
特に若い人達は「共産党」という政党がどんなものなのか、知らない人も多いだろう
トンデモな政党だとわかってもらいたい。
きれい事を連発して見えにくくしているが、本当の姿はテロ集団的な団体である。
それは、沖縄の基地反対運動をみればある程度理解が出来る。
 
こんな政党は百害あって一利なしだ!
と思う人はしたのバナー猫をクリックしていって下さい。
 
今回も最後まで読んで下さりありがとうございました。
 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

姫路空さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。