活字中毒患者

乙女ゲームのシナリオを書くことが多いシナリオライター


テーマ:
20日、その日は娘のピアノ発表会でした。

ジジババが県外から応援に来るのを待っているとき、
突然の揺れが襲ったのです。

怖がり娘はすぐに泣きながらおふとんの中へ。
そこへパパとママが覆いかぶさりました。
娘は「ぐるじい」と言ってけど。

昔からの言い伝えで壁にひびが入ったら
外へ出なくてはと思ってまわりを見てました。

自分では冷静なつもりでも後で皿が7枚ほど割れていたのに、
全然気付いてませんでした。
揺れがやむとすぐに泣く娘に長靴をはかせて外へ、
隣に広い駐車場があるので、塀をのりこえてそちらへ行きました。
次々にアパートの外へ出て来る住民。

上の会の人は足の指を切って血を流していました。
海の近くなのでヘイコプターが飛んできて、
津波がくるから海岸に寄らないように言っています。
でも揺れてものが落ちてくるのが怖いのと、
ラジオでは50センチというのでそのままそこへ。
ジジババと入れ違いになるのも怖いし。

ケータイは直後からいっこうに通じません。
ラジオは高速道路の事故を言っていないようなので大丈夫だとは思うけど、
顔を見るまではなんとも。

しばらくは誰もが怖くて部屋に戻れませんでした。

してようやくジジババ到着。
高速をおりたところで橋が揺れていると思ったのだとか。

アパートは土台にズレが出て段差や溝があるし、
駐車場はひび割れ、ブロック塀はまっぷたつだ。

ピアノ発表会は会場の子どもが座る席に照明が落ちてきて中止。
当時、まだ準備中でよかった。

さまざまな偶然によって、今回被害者が少なかったのだと思う。

それにしても余震は多い。
こんなにも揺れるのかというくらい揺れる。
そして起きるかもしれない最大余震。

不思議なことに昨日は余震を感じなくなった。
それはそれで怖い。。。
自分がおかしくなったのかと思う。

今日は今度は起きてない余震を感じ、
起きている余震を感じない。

先週は熱を出したと思ったら、
近所の友達ふたりも発熱中だった。余震熱?

でもここらは本当に被害が少なかったのだ。
中央区のオフィスはかなりやられている。
まさにサバイバル状態で部屋から出てきた人の話を何度か聞いた。
貯水タンクが破損し、6階なのに床上浸水したところもある。

玄海島もひどい。
しかしそれまでいかなくても同じように被害を受けた中央区民も多い。
地方のラジオアナウンサーがきっと東京ではもう放送されていないんだ、
と泣いていた。

産業カウンセラー協会からボランティア受付の用紙が着ていたので、
今日申し込みをしておいた。
本当に活動するのはまだ先という話だけど、
役に立てるなら立ちたい。
このタイミングですでに資格を取得できていたのは
なにかの運命かもしれない。

テレビで見た小学生の先生が子ども達に
「大丈夫です」と言っているのを聞いて違和感を覚えた。

そして先日参加したコーチングのセミナーでそれは確信に変わる。

娘の心の動きとともにそれは次回に書き留めます。

現在マチともの語り にて「ママはSOHOライター」連載中。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。