新たに、「本名」でお仕事ブログを始めました。

こちらは閉じませんが、更新もしません。


よろしければみなさま、ぜひとも、新しいブログへもご来訪くださいませ。


http://ameblo.jp/juno-career/


柴田朋子*強みを生かしたキャリアアドバイス として、ブログ始めています。

・しごとのこと

・子育てと仕事のバランス

・キャリアのこと

いろんな話を書いていきます。


フリーランスの(小規模事業者の)しごと術や、キャリア術についても書いていこうと思っています。

それから、

ときには、子育ての話もちょくちょくの予定です。


よろしくお願いします~!

AD

最近、キャリアカウンセリングしていて気が付いたこと


わたしって、カウンセラーっていうよりコンサルタントだ

そして、


この間のクライアントに伝えたのは


本人の良さをどう相手企業に伝えるかの



プレゼン術、、だったりして(笑)



っていうことをふかーく書いたのに、消えた・・・汗しょぼん

AD

このタイトルで、なんでこのテーマ?


と思うかもしれませんが、

いや、最近見つけた美容室が、すごく面白くて、

美容院嫌いは筋金入りで、だからいつも髪が長い(ショートにしても伸びている)っていうわたしにしては、人生パラダイム転換!っていうくらいの変化。


30代前半のオーナーがほとんど一人でやっていて、

営業時間あってなきがごとし(早朝でも深夜でも対応可能)。


でも、一人で全部やるので、予約を詰め込まない!って決めていて

出張(撮影とか)もあるので、不定休。


腕はいいし、髪オタクってかんじで信頼できる職人。

なのに、おしゃべりが楽しい。


わたしは日常ではめちゃくちゃおしゃべりだし、

初めての人と話すのも(必要があれば)まったく苦じゃない。

けれど、美容院で話すのは超苦手で、何十年も苦痛だった。


ところが、このオーナーはなんか違う。

ヘンに質問攻めもしてこないし、俺様トークするわけでもないのに

なんだかしゃべりたくなる。


そのうえ、多分、とっても勘がいい。


そんな彼の美容師なるまで話を聞いてみたり、

今後の野望を聞いてみたりと、今日の美容院もなかなか有意義だったわー。

美容師めざす人のカウンセリングとかするかもしれないからね(笑)



わたしが、「しごとやめて独立するの」っていったらそれはそれは応援してくれて

「なんか、(わたしのような年齢の人が)そうやって楽しんで人生挑戦しているのって、僕らにはすごく励みになります!」と言ってくれた。


そうなんだー


っていったけど、かなり嬉しかったのだよ。



まあ、

「だったら(見かけ)ダイジなんで、(美容院に)もうちょっとマメにきてくださいね」という営業トークへの入口だったのかもしれないが(爆)。



同じことでもどういう流れでいわれるかって大事よね!



AD