あっと・はんどのふりーはんど

神戸市にある注文住宅・リフォーム会社、㈱あっと・はんどのスタッフによる徒然ブログです。

仕事の実例紹介やイベントの案内から、各スタッフのゆるゆるなプライベートまで暴露してゆく予定です。


テーマ:

「打ち合わせが多い」

って答えた会社は建築材料の全てをお客様に判断させようとする会社です。

内装材から外装材に住設機器など恐ろしい商品群を決める事になります。

そんな会社の人は、

「たくさん打ち合わせしたからお客様の満足度が上がるのだ!!」

なんて考えています。

そうでしょうか??

週末は毎回打ち合わせです。

初めて見る物や聞く材料のサンプルを見せられて、

「この中からお選びください。どれにしますか??」

なんて言われても答えられない。

よって家にお持ち帰りって事になります。

家では深夜までカタログとのにらめっこ。

家が出来上がるころには営業マンより

建材の知識が付いたって人も居るくらい。

それで一週間後に決めたものを伝えると

「いや、これはまずいです。それはこの家には合わないと思います。

お客様のお好みだと言えばそうなんでしょうけど。

これでよろしいですか??」

「おかしいのですか??

どれが良かったんでしょうか??」

「多くの方はこれを選ばれますが、

あくまでもお客様のお好みでしょうから・・・・」

なんて展開して仕切り直しでまたカタログとのにらめっこです(汗)

そんな事なら最初で言ってよって感じですが打ち合わせの多い会社は

そんな事を最初には言いません。

家が出来上がるころには疲弊しきっている。

現場に行っても打ち合わせ通りになっているのであまり

感動とかもないのがこの会社の特徴です。

だって打ち合わせ通りだからしょうがないですね。

打ち合わせの少ない会社は打ち合わせしません。

究極は

「お任せください」

「お願いします」

で終わり。

ショールームで色とかのすり合わせをするぐらいで、

ほかは全てを会社側で決めて行きます。

よって週末は自分の時間です。

打ち合わせしていないので出来上がった時は感動だらけ!!

という展開です。

どちらがいいかはお客様次第でしょう。

納得の世界か?

感動の世界か??

その差は大きいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
間取りが決まらない話はよく聞きます。

そこには大きな理由があります。

見積もりと連動していないプランを出すから決まらないって事。

間取りは価格の設定が無いと楽しくていくらでも作れるってものだからです。

だから、価格と連動していないプランを作る設計者は無能と言えるでしょう。

多くの建築士は設計さえもできませんから要注意です。

図面を元に建物を作る人が圧倒的に多いって事です。

間取りを考える人は少数派。それを価格をふまえられる人は希薄な人です。

価格を気にしてプランをするという事ですが、そこには色々な事が絡んできます。
耐震性能であり断熱性能である。色々な条件をふまえて考える。

同時にデザインも考える。

普通の人にはできません。かなり高度な事だからです。

でも、頭のいい人は自分で家の間取りを考えて図面化して来られる。

図面の多くは破たんしています。それを忠告します。

「すみません。これってこのままは建てられませんがどうされますか??」

「はい。私は素人なので参考までに考えたまでです。

これでお願いするつもりはありません」

「ほう。ではなぜこのような図面を??」

「だから、大体の間取りを考えたまでです。深い意味はないです」

「だったら良かったです。これであれば耐震性は全くないし、

確認申請も難しいから。どうにもなりませんが、

新たに考えますが宜しいでしょうか??」

「すみません。余計な事をしまして」

「はい。予算が無限大に有ればこれで良いかもしれません。

でも、限界があるでしょうから予算内のプランを考えましょうね」

って事になる。総合的な事を考えてプランは作られていきます。

数日悩んでやっとできた!!なんてことはない。プランは閃きだからです。

敷地を見たときに「パン!!」って出てきます。

それがプロです。全てを一瞬でこなす。プロとはそういったものです。

風の通りとかを考える設計者は断熱性能が高い家に住んだことのない人が

言っている戯言。知らないから言える事でしょう。

風を入れるとスギ花粉やPM2.5も家の中に入ってきます。

それをふまえて間取りを考え、設備も考える。それで家はできる。

それはかなり高度なレベルで進められる事なんですね!!

間取りは設計者の奥深い考えの反映です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

​​​​​​​

 

「今年はどんな家が流行るのかを調べて商品化しろ!!」

なんて会社はろくな会社ではありません。

家の本質が無いからそんなことになる。

つまりは家の答えが無いって事です。

恐ろしい事に存在する住宅会社の多くは答えが無い。

どんな家が良いのかを経営者も社員もわからなくて建てています。

どんな家が流行っているかを調べて真似するってのが手法になる。

イベントなどに出店したらどんな事をしているかを丹念にスパイする。

カタログなどを全て持って帰る。

そんなことで生きている会社も存在します。

太陽光パネルの全盛期の時が分かりやすかったですね!!

当時の破竹の勢いだった会社は全てが方向転換しています。

良く分からない方向にですが・・・・・・

ではなぜ家に答えを出さないのか??

それは経営者が欲張りだからです。

どんな家も建てて棟数を増やし売り上げを上げろ!!

って言っているからでしょう。

とりこぼすのが怖いんです。

量産メーカーでも鉄骨がメインなのに木造もあるよ的な展開と同じです。


なんでも売れるものは売ってしまえ!!的な経営方針です。

下手に答えを作ると真逆な人が来た場合建てられないから答えはあえて出さない。

八方美人的なやり方です。

でも、本来は量産メーカーの手法です。

これが地方の年間に20棟もしない会社が同じようにやるって事は馬鹿げています。

が経営者は気が付きません。量産メーカー並みの事をやる(爆)

面白い事に商品群まであり、仕様もなぜか松竹梅がある。


答えは簡単です。自分の信じるものを出すだけです。

それをお客様が受け入れるかどうかでしょうけど、

答えが確かなら心配はないです。かなりの勇気がいるかもしれませんね(汗)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。