梅雨の洗濯物

テーマ:




「梅雨は洗濯物が乾かなくって大変ですよね!!」

なんて話はよく聞きます。

そんな話を聞いてできてくるのがランドリールームみたいな部屋です。

洗濯物を干して乾燥機を回して乾かす部屋です。

凄く効率の良いようなお話です。が、少し違う話でもある。

多くの場合、床がべニアで壁天井がビニールクロスって家には

ランドリールームは必用になると思います。

内装材が調湿しませんからしょうがない。

そこで部屋干しにすると洗濯物から発生した湿気がほかの部屋に行って悪さをします。

北側のタンスの裏に回った湿気は結露になりそこにカビを発生させます。

そうならないように洗濯物を干す部屋を隔離する事で、

湿気を局所で管理するという考え方ですね。これは良い考え方です。

エイジングハウスの家はどうなのか??

わざわざランドリールームなど造らなくてもどこでも

干せるのがエイジングハウスの家になります。

余計な湿気はサンゴが吸い込んでしまうので、結露などが起きません。

洗濯物は一晩で乾いてしまう。

臭いもない。そうなると梅雨の時期の洗濯物をどうするかって

事で悩むことは無くなるって事です。

共働きの人も開いてる空間に洗濯物を干して仕事に行けば、

帰ったころには乾いているって事になる。

内装材が調湿をするって事はそういう事なんですね!!

ランドリールームを作る理由が無くなると、家の面積が小さくなり、工事費も安くなるという事です。

「ランドリールームを作っておけば梅雨も大丈夫ですよ!!」

なんて言う提案も、ありがたい事ですが、よく考えるともったいない事にもなるので要注意でしょうね??

洗剤に部屋干しの臭いが付かないものと子もあります。でも、

あれも化学的な処理になっているのでそれに反応する人も居る子も知れません。

便利さは大きな危険性を隠している場合が多いので気を付けましょう。

これからの季節に付きまとう大きな問題ですが、

内装材を変える事で解決できる問題になっています。

そんな事も知らない人も多いのも事実で、

今までの経験でやっている人の方が多いでしょうね??

梅雨の洗濯物をどうするのか??そこに出てくる答えで

二つに分かれるかもしれません。そして私どもは少数派に属すると思います。
AD

断熱瀬能って?

テーマ:



「断熱性能なんですが平成25年の基準にしたいのですが、大丈夫ですか??」

「今度できた基準ですね。金額が上がりますが大丈夫ですか??」

「そうなんですね。いくらぐらい上がるんでしょうか??」

「今のプランですと60万円ほどですね」

「今の設計の断熱基準はどれなんでしょうか??」

「平成4年の基準です。まあ、それで十分ですけどね??本当にされますか??」

なんて会話が続いたらその会社はやめた方が良い!!

断熱性能はその会社が求める性能です。どんな家を建てるのか??

どんな暮らしをさせたいのか??

って事をどう考えているのかです。

断熱性能のしっかりした答えのない会社は恐ろしいでしょう。

「断熱性能はお客様のご要望により自由に選べます。どれになさいますか??」

なんて事はありえません。

はっきり言うと断熱基準を決めないとプランもできないというのが事実です。

同じ間取りで断熱性能を変えるなんてありえない事です。

断熱の考えが変わればドアや間仕切り壁の区切り方まで変わる。

リビング階段なども出来なかったりするし、

吹き抜けも断熱性能ではしない方が良い。

そうです。基本的な項目です。そこを最後に聞くなんてしません。

最後に聞いて予算が無かったら

断熱性能だけ落とすって事をやったら悲惨な家が残るだけです。

だから、依頼先を見付けるときに聞いてみるべきです。

「おたくの会社の断熱性能はどれぐらいでしょうか??」

ってね。それを数字で説明してくれる人も居ると思いますが、

数字には「嘘」が隠れています。

できたら完成している家で体感した方が良いでしょう。

それが一番です。

断熱性能の低い家を建てている会社は、

断熱性能の高い家は建てられません。

逆に断熱性能の高い家を建てている会社は、

断熱性能の低い家は建てない。

この業界はそういうものです。

よって建てる会社を選んだ時点で

断熱性能は決まるという事になります。

これは大きなポイントです!!
AD

営業マンって?

テーマ:



営業マンが良かったから!!

リクルートでの毎年のアンケートで

「なぜその会社で建てたのですか??」

という質問の回答の一位というものです。

これが毎年同じだから凄い!!

お客様は「家」ではなく「営業マンの良し悪し」

で家を建てているって事です。

逆に言うと量産メーカーの家など

特徴が何もないって事で、

家では白黒付けられないって事にもなります。

さて、それを知っている量産メーカーは家の特徴

を探るのではなく、

手っ取り早い「営業マン」の方を磨いていきます。

見てくれの良さからマナーなど徹底的に叩き込む。

それで生き残った者だけがさらに上の世界に行く。

給料も歩合制なのである程度の

コツがつかめたら自分で磨くようになる。

それが給料に直結する事が理解出来たらそうなります。

色々な知識を仕入れて、奥様の好みを徹底的に

調べアクセサリーから小物や花の名前を

知り尽くして、どんなお客様でも対応できるようになる。

そうなると、

「あの人は分かっている人。家はあの人にお願いしようかしら」

って事になるって事です。そうです、

印象の悪い人から外されて行くわけです。

だから格好は重要であると言えます。

そこで落とされると意味が無いって事です。

量産メーカーはお金があるのでCMを流して

安心感を出していきます。

小さな会社ではできない事です。

が、なぜか量産メーカーに張り合おうとするのが

田舎の工務店です。

量産メーカーみたいな家を建てて

「うちはあの会社の2/3の価格で同じ家が建ちます!!」

なんて言う戦法でゲリラ戦を挑むわけですが、

お客様は安い買い物をしようとかはあまり考えていません。

家づくりを失敗したくないと考えているだけです。

田舎の工務店が出てきた場合、量産メーカーの営業マンは

ミノフスキー粒子を戦闘濃度で散布します。(しません)

田舎の工務店を自滅するワードを刷り込んでいきます。

一番多いのが

「スーツで来ているかもしれませんがいつもは作業着ですから、

汚い作業着で打ち合わせとか来ますよ。

だんだんとそうなりますから気を付けておいた方が良いですよ」

なんてね!!方やスーツのイケメン。

方や作業着のおやじ。さあどっちってされたらかなうはずがない。

田舎の工務店の生き残りは営業マンではなく、

家の特徴を出す事ですね。

そうしたら格好とかではなくなります。

家の特徴は何かをはっきりと打ち出すことが重要です。

お客様はそれで判断できる。

量産メーカーの営業マンで選ぶのか

本来の家の特性で選ぶのか??

払ったお金がそのまま跳ね返るのは

田舎の工務店の方だと思います。

CMとかしてないし、展示場もないからですね!!
AD