カビに注意

テーマ:



この季節に発見されることが多いのがカビです。

カビがあるという事は湿気と温度と栄養があると言事です。

そう分かったら対応できます。そのうちの一つを省いてあげる事でしょう。

一番簡単なのが「湿度」です。

湿度を無くするには調湿する内装材を使えばいい。簡単ですね!!

一般的に湿度が80%を超えるとカビの発生が活発になると言われています。

ですからそれ以下にする事がカビを発生させない事です。

カビは室温が25℃を超えて、湿度が80%を超えると発生する事が

分かっています。夏の湿気の多い季節は危険な季節です。

新築の家では畳にカビが生えたりします。

北面の壁際にタンスなど置いていたするとそこにカビが生えたりします。

恐ろしいのはビニールクロスを貼ったクローゼット内では

服にカビが来たり革製品がカビたりしてしまう。

自分はカメラを使いますが、

この時期はレンズの管理をしておかないとレンズがカビる!!

カビが発見されたら空気環境が危険なところになると言えますので、

改善が必要になります。が、これがなかなかできません。

吸湿だけを考えると塗り壁が良いと思います。

ところが逆の冬場に過乾燥になるという欠点があります。

過乾燥はウィルスが発生しやすい環境という事です。

夏は良いかも知れません。冬には内装リフォームでしょう(汗)

色々な調湿機能を持つ建材もありますがよく確認された方が良いでしょう。

さて、エイジングハウスの家はカビが生えにくい家です。

今年もカビの発生の話題はまるでありません。

カビが生えると食物連鎖が始まります。

そんな環境の中では小さなお子さんなど

体に大きな負担がかかる。

家が原因で喘息やアトピーになるって不幸でしかない。

カビの発生はその危険信号です。
AD

リビングの広さ?

テーマ:



「お聞きしたいのですが、リビングは何帖必要ですか??」

間取りの打ち合わせでこんな質問をされたらなんて答えますか??

逆に答えられますか??

多くの人は答えられないと思います。

畳の部屋だと何帖なのかは分かると思いますが、

洋間の場合は分かりません。

それをしっかり帖数で答えるように質問されるわけだから、

取り合えづ答える事になる。

「そうですね、20帖は欲しいですね!!」

なんて!!でも、答えた方も20帖がどれほどかを

あまり理解していない。

なんとなく言っているだけ。

にもかかわらず、

「20帖ですね!!分かりました!!」

なんて事になるのでおかしな事になるわけです。

「20帖ってそんなに広くてどうするんだろう??」

って思うわけですが、言ってるから要望には応えておこう!!

なんて馬鹿な事になる。本来はプロが提案していく部分です。

ですから、

「リビングは何帖必要ですか??」

って質問ではなく、

「リビングでは何をされますか??」

って聞くのがプロでしょう。

何するためのリビングか??って事です。

まあ、リビングに限った事では無いですけどね

普通の人はリビングは8~10帖で十分です。

子供が小さなうちはリビングで色々しますが、

大きくなったらリビングで何かやることなどありません。

最後は夫婦だけでテレビを観る事になる。

でも、夫婦の意見も嗜好も違うので、

観るテレビも違うって事になると

リビングに一人って事になります(汗)

設計って人生相談会なんです。本当は!!
AD

地震対策は?

テーマ:


最近の家づくりのワードの中で、上位に来るのは「地震」ではないか??

熊本の地震で、またもや耐震性能が問われる??みたいになっています。

耐震等級という言葉を最近知ったという人は目新しいかも知れませんが、

ずっと昔から有った言葉です。

耐震等級を頭に入れて設計しているので、その事は染みついています。

よって、自分にしてみれば

「今さら??」

って感じです。多くの場合、量産メーカーが、

今から建てる人へのキーワードとして植え付けているだけの事でしょう。

耐震性が重要であるって事を!!

耐震性は長期優良住宅を手掛けている会社は耐震等級は2以上になっています。

だからあまり耐震性がどうこう言う事もない。

問題になるのはローコストメーカーでしょう。

耐震等級は1であることが多い。

地震で倒壊する恐れが大きい家になるって事ですが、

そこはあまり話はしない。そんな家は安い!!

耐震性は色々な要素が絡んできますので、



最初の設計段階から考えておく必要がある。

デザイン優先にすると耐震性は落ちる。

窓が大きくなったり、耐力壁が偏ったりしてしまいがちです。

このような建物は見ただけで分かります。

分かりやすいのは開放的であるかどうか??

開放的な家は耐震性能は低いと考えるべきです。

また、重たそうな感じの家も地震には弱いと考えた方が良い。

まあ、色々でしょうけど、耐震等級を全面に出すのか、

それは当たり前としての家にするのか??

そこも大きなポイントになります。

自分の場合は耐震等級は3が当たり前での設計です。

最近、特に色々と言われていますが耐震性能は

あって当たり前でしょう。

それでどうこう言うのは他に言えることが無いって事になる。

まあ、流行りだから仕方がない事かも言しれません。
AD