あっと・はんどのふりーはんど

神戸市にある注文住宅・リフォーム会社、㈱あっと・はんどのスタッフによる徒然ブログです。

仕事の実例紹介やイベントの案内から、各スタッフのゆるゆるなプライベートまで暴露してゆく予定です。


テーマ:

「なかなかプランが決まらなくって、困っているの」

なんて事を言っている人。

それは会社の設計担当があまりよくない

という事になりますから、担当を変えるか

会社自体を変えた方が良いでしょう。

そのいばらの道は最後まで続きますから!!

では、なぜプランが決まらないのか??

答えは意外なところになります。

その会社の営業方針でしょう。

来たお客は全て契約して建てる!!

みたいな会社であれば、営業はお客様の言うことを全て

受け入れて契約に持ち込もうとします。

予算のない人にも予算内でどうにかなるような

事をにおわせてです。

会社が大きくて営業、設計、工務が分かれている場合の

プランが決まらないは、慢性的な会社の経営方針の間違えでしょう。

営業が御用聞きになり過ぎてお客様が神様みたいになっていると決まりません。

その瞬間がプランの時になります。

設計は予算から家の大きさや中身を割り出しますが、

営業はそれを無視しています。

そのギャップは埋められません。

よって、プランが決まっても見積もりが出た瞬間に

「予算オーバー」という事でスタートラインに戻されることになるわけです。

夢を語っていたヒアリングなど意味の無い事であるって

最後に気が付かされるわけです。

要するにプランが決まらないという事はお金が決まらないと

気うことになります。お客様の予算外のプランが延々と

提出されるわけですから決まるはずがない。

予算内に入っても今度は最初のプランと程遠いものだから

納得ができないという事になりますからね!!

そこには営業マンの嫌われたくない、

失いたくないという思いが反映されていて、

現実逃避ともいえる勝手な相手の思い込みを

誘発させてしまっている部分が隠れています。

さて、会社が小規模で営業と設計が兼務だった場合に

プランが決まらないというのは能力不足であるとしか言えません。

お客様の予算を把握していないのか、

プランを価格の組み立てで行いえないかでしょう。

建築士免許は持っているけどこれができない人は多いです。

プランがすんなり決まる会社はそれなりのルールを

持っていることが多いし、プランなんて一つの

通り道でしか過ぎないと考えていることが多いような気がします。

最終的にはその家に住んでいただき感動してもらう。

プランはだから一回で決める必要があるって事です。

お互いが無駄な時間を過ごさないためにはそこに力を集中する。

プロであれば当然なんですけどね??

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「土地がなかなか決まらない」

という人は多いです。

お客様の中にも数名いらっしゃいますが、

これがなかなか決まりません。

でも、決まるときは嘘みたいに決まるから不思議です。

今までの経験で、土地のお話をしてみたいと思います。

自分も土地を探したときは、なかなか良い土地は出てきませんでした。

どこに聞いても良い条件がそろわなかった。

あるけど高すぎるとか良いけど道が狭いとか学区が変わるとか。

でも、突然に出てきました。

そこを逃すか逃さないかが運命の分かれ道でしょう。

自分の場合はタッチの差で買えた。

そう聞いたのは買った後でしたから(汗)

「実はあの時、もう一人検討していて、

電話が5分遅れていたらそっちになっていましたよ」

なんて聞きました。

そんな経験もあるので、

「この土地なんだけどなー!!」

って感じで出てきた土地は解ります。

が、決心できない人もいらっしゃいます。

もったいないですが、縁がなかったって事でしょう!!

そんな土地はすぐになくなります。

そして同じ土地は二度と出てきません。

これは結婚とも似ていますね。

売っている土地を「買います」

って言うだけの事ですが、

誰がその土地に価値を見つけて手を上げるかでしょう。

人気の土地は人も群がるって事ですね。

さて、そんな土地ですが長く探してもなかなか決まらなかった人が、

突然出てきた土地ですぐに決まる場合もあります。

これぞ縁ってやつでしょう。

自分も数回そんな感じで決まった人を見てきましたが、

なぜか強運の持ち主です。

2年以上も探し求めて悩まれた果てに出会い頭に決めた(笑)

時期が来ていなかったって事でしょう。

だから決まらない人もあせらない事です。

あせって失敗した人もいます。

土地の中には恐ろしい土地もあり、

家が建てられない場合もあります。

土地の検討は、最終的に建築士と一緒にすることをお勧めいたします。

もちろん、設計に長けた人に限ります。

現場担当の人は詳しくなかったりしますので要注意です。

縁はいつかやってきます。

その時に即断できるだけの情報と知識を備えておくことが大事ですね!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

家を建てる時は家の価格にだけ目が行きがちですが、

そうではありません。

気を付けないと間違えるのが目に見えてこないお金なんですね!!

建てた家が高いものになるか??

安い買い物になるかは家以外で決まるお話をしてみましょう。

「住宅ローンの選択」

実は家より大事なのがどのローンを使い支払うのかです。

ここを間違ると金利の支払いに大きな差になり、

総支払額は恐ろしいくらい違ってきます。

銀行の言われるがままが一番危険でしょう。

ここは住宅の専門家が一番よく理解していると思いますが、

中には全然理解できていない人もいますので要注意です。

裏技がありますから聞きたい人は会社においでください(笑)

「住宅ローン控除」

平成31年まで続く住宅ローン控除は長期優良住宅の場合、

最大500万円の還付があります。が、それは非現実的な話です。

年収が600万円前後の人の場合、3000万円の借り入れをした場合の

計算で約230万円ほどの還付が考えられます。

所得税が返ってくる。借入残高の1%で収めた所得税額までです。

そう考えると今は全額借入をした方が良いという事になります。

10年間還付してもらい、それ以降に手持ち金で繰り上げ返済を

行った方が総返済額は減る。これは使った方が良いでしょう。

「光熱費の減額」

これは断熱性や給湯器の性能にもよりますが、

家の性能でまるで違う金額になりますから要注意です。

普通の家であれば、冬が一番光熱費が上がります。

電気代が2万円、ガス代が1.5万円で灯油代が8千円とかですね。

R+house家での冬の電気代は1.2万円ほど。

35年ローンを組んで支払った場合、

以前の家との光熱費の差額は250万円前後の差額になります。

性能をどうするのかで差額が250万以下であればするべきですね。

そんなにかかりませんから!!

「外装のメンテナンス費」

工事費だけで外壁を安いタイプにしたという方はそこに40~50万円の差額が出たと思います。

が、その外壁は安いがゆえに塗膜が劣化しやすい。

10年後は再塗装の材料です。

1回で50万円では足りません。

高い外壁は30年間は塗装なしです。

維持費で大きな差額が出るという事も知っておいた方が良いでしょう。

見積書にはありませんが大きく変わってくる支払うお金です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。