天井の高さ?

テーマ:


家の高さって何で決まっているのか??

天井の高い家は家自体の高さも高くなるって事です。

では、家の高さって何で決まるのか??

それは柱の長さになります。

木造の場合は、柱の規格寸法が3Mになるのでそれを

最大限に生かしたのが家の高さの最大のものになります。

もっと高くしたいのであれば桁の寸法を大きくすると高さは稼げます。

でも、高さを気にしすぎると当然ですが価格もアップします。

天井高さを2.5Mぐらいまではなんとか規格寸法でできる。

それ以上は規格外の寸法をもった柱が必要になります。

ただし、建築基準法の細長比の規定に引っかからないようにしないといけません。

天井が高い方が良いって事で高さを上げると、階段に支障が出てきます。

階段が急になるって事です。高さばかりに気を捕らわれると

階段を忘れがち。高さを上げた事で階段の設計は変わります。

段数をそのままだと勾配が急になる。そこで勾配を緩くすると

今度は段数が増える。気を付けないと致命的な事になりかねません。

高さを上げたことで関係してくることは外壁でしょう。

面積が増えます。ここも価格が上がる大きな要素になります。

また、内装材も増えてしまいますから気を付けましょう。

考え方では外壁のサイディングボードの割り付けで、

家の高さを決める方法もあります。材料の無駄が出ません。

金額的に厳しい家の場合は、あっさり家の高さを低くします。

表面積が減る事でコストダウンができる。階段の段数も減るので

安くできるって事ですね。あまり語られることは無い家の高さですが、

設計側では結構な場面で検討する要素の一つです。

「家の高さをどうしますか??」

なんて質問はしません。それは技術者の決める事であるからです。

その寸法次第で金額が大きく変わってしまうって事ですからね!!

「天井が高い方が良いです!!」

なんて言われたら、

「高くなりますけど良いですか??で、なんで高い方が良いのでしょうか??」

ってなことになる分けです。天井が高すぎると落ち着かないし、

冷暖房コストも変わってきます。何を求めての高さなのかを

はっきりさせておかないとただのイメージって事での結果だったりします。

この辺りは技術の人間と話をした方が理屈が分かりやすいかも知れません。

イメージ先行は辛いでしょうから・・・・
AD

自己資金って?

テーマ:



空前の低金利時代の今、自己資金は必要なのか??

住宅ローンの借入金利が1.0%を割り込んでいる

状況になっている今、借りた方が有利であることは明白です。

こんな低金利は今までになかったことですからね!!

自分がこの業界に入ったころは5.0%以上が普通の金利でしたから。

しかも住宅金融公庫という国が運営していた頃。

銀行の住宅ローンは10%近くだったと思います。

銀行の住宅ローンなど誰も借りない時代でした。

その頃の住宅金融公庫は融資限度額が決まっていて、

借りれる金額が面積や設備で決まっていました。

その枠の大きな分岐点が125㎡という面積です。

これを超えると借り入れ限度額も上がるけど融資金利も

上がるシステムだったような??

それで多くの家は125㎡以下で設計していました。

それで、借り入れできない分は自己資金だったわけです。

ですから家づくりには自己資金は必ず必要でした。

それが無いと金利の高い銀行の住宅ローンか、

年金の融資を受けるしかなかった。

これが異常に面倒くさかったという記憶があります。

さて、家土地で3,500万円で融資限度額が2,500万円

だとしたら自己資金が1,000万円は準備しないといけません。

今はそれを借りる事が出来る!!

「いやいや、そんなに借りたくないから自己資金を1,000万円貯める」

なんてなり10年で1,000万円を貯めたとしましょう。

家賃が5万円の貸家だったら年間に60万円で10年で600万円支払っています。

今すぐに3,500万円借りた方が得策です。

10年先の600万円は支払わずに済むからですね!!

また、現在の住宅ローン控除も最大で5,000万円の1.0%が返ってきます。

3,500万円の借り入れだと最初の年は35万円に近い数字で還付される。

それが10年間続く。

今の時代は借りた方が良いって事です。

自己資金は住宅ローン控除が終わった後に、

ローンの元金を減らすことに使った方が有利です。

そういった意味で今建てている人はこのシステムが

よく分かった人だと言えます。

ローン控除も平成31年6月まで終わります。

継続されても枠は縮小されると思います。

早目に対応する事が良いと思います。
AD

玄関スペース

テーマ:


敷地を見て、最初に決めるのが玄関の位置です。

駐車スペースとの絡みがあるので、

敷地全体の配置を考えて位置決めを行います。

駐車スペースの近くになるようにします。

駐車スペースは車がどちら側に出るかなどを

考え場所を決めます。

できるだけ並列駐車になるようにします。

その近くが玄関ですね。

お子さんが小さくて共働きなどの家庭の場合、

朝晩の保育園への送り迎えがあります。

その時雨が降っていたら大変です。

できるだけ雨に濡れないように設計する。

また、荷物も多くなるので、身支度など

玄関ポーチでできるように広く

取るようにするのがポイントです。

玄関ポーチで雨の準備ができるような広さを作る。

それだけで全然変わってしまいます。

お子さんが多くくなり自転車での通学とかでも

広い玄関ポーチで雨具などを着れる。

玄関の中で着たら他の人が使えなくなりますので、

渋滞しますのでポーチを広げるのが良いでしょう。

そこに自転車などを保管もできますから便利です。

スタイリッシュな玄関ポーチとか、

見た目優先の家もありますが、

雨を防いでくれませんから玄関ドアを

開けた瞬間に濡れると考えた方が良いでしょうね

さて、玄関の中ですがシューズクロークは

作った方が良いでしょう。

靴の数は子供が大きくなるにつれて増えていきます。

昔と違い色々な場面を想定して靴を履き替えるようになる。

恐ろしい数の靴が玄関収納からあぶれて、玄関に並んでしまいます。

それを防ぐためには必要な部屋ですね!!

また、玄関はお客様が侵入する部分でもあります。

それ以上に進む人は限られた人になります。

よって多くの人が玄関までで帰る事になる。

玄関の印象がその家の印象になるという事です。

ですから、玄関はある程度、デコレーションする必要があると思います。

自分はよくニッチを切ったり、飾り棚を作ったりします。

建てた後にそんな家に行ってみると、色々なものが飾ってあります。

それ用にと作ってはいますが実際に飾られている物を見ると

その家に住んでいる人の印象が分かります。

何を置くべきかなんて何もないのですが、

なるほどと感心させられることが多いですね!!

それをまた設計にフィードバックする。

その繰り返しですね!!

玄関は滞在時間の短い部屋です。が、

毎日使う部屋です。色々な事を考えて設計しています。
AD