我が友よ、我がファンクラブ会員よ、全国から・・・熊本の地へ集えっ!!




・・・ファンクラブ会員なんていねーっつーのっ(°°)\(-O-;)


いや・・・


私の彼氏に「hinaのこと泣かせたら・・・許しませんから」と言ってくれた友を

今こそ招集しようかと・・・(笑)



現在の私生活について、本気で考えなきゃいけない頃合い。


このまま・・・何もなかったなら良かったのにね。


最初から・・・お互いが信じあえていたら良かったのにね。


親知らずが生えてきた。


胃が・・・痛い。


・・・違うか。


・・・違わないか。


いや、どう考えても違うってw


私の身に何が起こったのか・・・表現するのは簡単。













彼氏に「もう『軽い女』は卒業したのか?」って聞かれた。













そして・・・


この上ない絶望を覚えた私からは、言葉なんて何一つ出るはずもなく・・・。


涙すら出るはずもなく・・・。


ただ、ただ・・・虚無。


何を言われても・・・ちくわ耳。


彼氏、逆ギレ。


「ぬしもこみゃー女やのぉ!(訳:お前も小さい女だなぁ!)」と外で叫ばれる。


ウチのエレベーターぶち壊す。



最悪。


消えてしまいたい。


殺してしまいたい。



お風呂の中で、やっと・・・我に返って、涙が止まらなくなって、

初めて「あぁ・・・もう無理だぁ・・・」って本気で思った。



そんな時の頭の中って、意外に冷静に物事を分析するのね。



「『軽い女』は卒業したか?」と聞かれた。


        ↓


つまり・・・今までずっと、私は彼に「軽い女」だと思われていた。


        ↓


この5ヶ月間、ずっと・・・彼以外の男と浮気をしていたと思われていた。


        ↓


私は全く信用されてなかった。


        ↓


じゃぁ・・・この5ヶ月って・・・何だったんだろ・・・。




もう・・・わからん。


横で寝てる人の心がわからないことこそ、悲しくて、怖いものはないのね。



ちなみに誤解のないように言っておくけど・・・


私、この5ヶ月間、

彼以外の人と体の関係を持ったことなんて、一度たりともなかったのよ。



彼、私の携帯を見て以来、不安で不安でしょうがなかったのね。


私がこうやってブログを書いてる行為を横で見て、「男とメールしてる」と思ったり、

私がよーこや他の友達とメールしてるのを見て、「男とメールしてる」と思ったり・・・。


全部が全部、悪い方向に考えて・・・。


ちゃんと冷静に考えたら、

私、仕事が終わったら、実家にたまに寄る以外、真っ直ぐ家に帰ってるし、

そんな悪いことをする暇なんてないんだけどなぁ・・・って思いつつ。


まぁ・・・彼との最初がセックスからだったっつーのが・・・マズかったのかも。



いずれにしろ、私には・・・もうこの関係の終わりが見えた。


今度、ケンカしたら・・・私は我慢できないかな。

AD

コメント(8)