おとなになることを夢見る、マルチーズ雛の日記

虹の橋にいる狆のミョウ兄ちゃんとシーズー小太郎兄ちゃんを想い、雛ちゃん自身がつづる華子との日々。


テーマ:

今回、シーズーの男の子の命がつながって、本当にうれしいことでした。

でも、実は、ワンモアフィールドさんのfbには、もう1頭シーズーが掲載されていたんです。

収容期限は今日。同じシーズーだけど、この子は町田市で保護されて、城南島ではない施設に収監されているから・・・と私、卑怯にも見て見ぬふりをしていました。


昨日、本当に偶然知ってしまいました。

このシーズーの男の子、3歳で名前は「ナツオくん」というそうです。
実はこの子は過去にも一度放棄されてセンターに収容されていたそうで、
その後、とある団体さんに引き出され新たな飼い主さんのもとへ。

ところが、その飼い主さんは、こともあろうかこの子を勝手に別の人に譲渡、
そしてその新しい飼い主さんが飼育放棄して、またセンターに収容されることになったということです。

同じ日に同じ場所で収容されたペキニーズの女の子ラムちゃんと、このナツオくんは、今、町田を活動拠点とする「小さな命を守る会」という保護団体さんによって保護されて治療を受けることになっているそうです。


保護犬猫の里親になるということ・・・

いろいろな方の話を聞くと、すぐに家族にとけこめ、愛情を受けて簡単に幸せになれるような錯覚に陥りがちですが
それぞれの子に個性があり、いつまでも心を開けない子、恐怖心が抜けない子、トラウマのある子だっていっぱいいます。

本当の家族になるには、その子が過ごしてきた年月と同じだけの時間がかかる、という人もいます。
実際わが家の華ちゃんも、最初数年間も心を開いてくれませんでした。華ちゃんとのあいだのいつまでも埋まらない溝がどれだけもどかしかったか・・・


家族を迎えるなら保護犬を迎えることもその選択肢にいれてほしい・・・でも一方で、絵にかいたように簡単なことじゃないよ、なんて思う私でした。


このシーズーのナツオ君、ペキニーズのラムちゃんについては、こちらを見てくださいクリック小さな命を守る会のインスタグラム部


保護犬、シーズーの記事が続きました。シーズー好きの方の眼にとまりますように、
しばらくの間ランキングをシーズーに変更しています。どうかクリックのご協力をお願いいたします。
↓↓↓

にほんブログ村 シーズー
AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。