日向(ひむか)めろんのブログ

宮崎随一の本格的総合系コスプレイヤー
日向(ひむか)めろん。
夢は渋谷の女子中高生たちにコスプレを仕掛けて渋谷からコスプレをファッショントレンドにし、オタク文化が世間に浸透してオタクに対する偏見が除去することでオタク文化大革命が発生。
無断転載引用厳禁


テーマ:
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年夏に世界中で大ヒットし、日本上映が予定されていたはずだったが、日本上映が消えてしまった。それに反発したファンがネット署名を立ち上げディーンデュボア監督も巻き込んで7000名のファンからの署名が集まった。しかし、アカデミー賞と言うビッグタイトルの逃してしまい、日本上映がアニメジャパンのオープニングを飾る無料上映のみとなってしまった。

だが、この上映であふれんばかりの客がやってきたら、ひょっとしたらゴールデンウィークに日本上映の可能性は否定できない。アカデミー賞を取ると日本上映がすんなり決まるらしい。バードマンも4月初めに上映が内定した。

ヒックとドラコンまたはドリームワークスが大好きな多くのファンは既に航空運賃込み2800円払ってヨーロッパから取り寄せている。映画入場料1800円から1400円にパンフなどを足したぐらいの値段で、欧州ブルーレイが手に入る。日本語での内容把握が終わって、ゴールデンウィークに日本のスクリーンで見て、感動するか、もしくはもう見終わったと言うかだ。

バイキングとドラゴンの友情のお話だが、ドリームワークスの技量が思う存分出ていた。世界中で上映され、大ヒットにもかかわらず日本だけ上映されなかった。一部ファンは海外まで見に行ったほどだった。その一方で飛行機のビデオサービスで日本語吹き替え・字幕が挿入されていたことが判明、そして欧州版ブルーレイにも挿入されていたのだった。 しかも海外発送OKだった。

日本の場合海外アニメは圧倒的にディズニーが強すぎてドリームワークスはマーケットに入りにくい体質である。 昨年アナと雪の女王がブレークした。だが、世界的な大ヒットだったヒックとドラゴン2がディズニーに邪魔されて日本上映ができなかった。

もし20世紀FOX日本法人がヒックとドラゴン2を昨年夏上映していたら、アナ雪ブームを一瞬で消し去り、ヒックとトゥースが日本のマーケットに躍り出たかもしれない。

日本はもう映画後進国に陥っている。ファンの声を聞かない体質ならますます映画離れが進行してしまう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
艦これが最近ブームだけど帝国海軍の艦船を美少女として擬人化している。擬人化と言えばヘタリアや深夜隊があるが、それらは男性キャラとしての擬人化で女性向けの作品だった。女性向け作品だと世間にはあまり広がらなかった。だが、美少女キャラとして擬人化すると、男性受けし、コミケでサークルもコスプレも大人気。男性向けの美少女キャラはメディアに受け入れられて、女性向けの男性キャラはメディアに受けが悪いのだろうか。

ヘタリアとか深夜隊は女性ファンがとにかく世間にそれらのコンテンツの存在を隠そうとしている。そういうことをしたことでイマドキ女子とかマスコミに知られず、世間に知らない存在となった。

その一方艦隊これくしょんは美少女キャラとして注目されて、男性受けした。男性に受けると痛車や女装コスプレでその存在感が世間に知られてゆく。女性向けコンテンツのファンは消極的に対して男性向けコンテンツのファンは積極的に世間に存在を広めてゆくのだ。

本来ギャルファッションやイマドキ女子の流行はマスコミなどを使って、世間に広がって行く物だが、腐女子やblなどの女性向けコンテンツは女性ユーザーがとにかく存在を隠そうとする行動に出ようとする。それは間違いだと私は思う。積極的に行動に出るディズニーなどを見習って女性向けコンテンツを積極的展開すれば、艦これやまどマギ・ラブライブに負けないブームになるはずだが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日夕方郵便配達員が、カナダから小包を持ってきてくれた。前日富山からの荷物を取りに行った。


それは「バター」だ。
カナダのバターと在庫処分として残っていたドイツのバターも買った。

最近バターがイオンなどのスーパーから消えている。北海道と言った大酪農地帯の牛乳生産量が落ち込んだからだと言われている。そのためバターに回せる生乳がなくなっていると言われている。そのため雪印や明治・森永・よつ葉と言った大手ブランドのバターが極端に少なくなっているというわけだ。近くのダイエーなら地元のデーリィ高千穂バターがかなりの量売っていた。しかも雪印バターよりも安い値段で最高級の高千穂発酵バターが売っている。高千穂発酵バターはフランス人やフレンチ・イタリアン料理人・パン職人・パティシエが喉から手が出る最高級品である。

バター輸入は制限が厳しくて、高い関税を取られてしまう。フランスのエシレバターなんか125g900円以上もする。パリで買えばもっと安く買えるはず。また安い関税の輸入バターは消費者には回らない。バターを使う人を考えて輸入バター市場開放を求めている声もある。TPPでそれが妥結するかは分からない。アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドの農政当局はバター輸入関税撤廃か大幅低減を求めているが、日本の担当にはそれが分からない。また日本の酪農家の現状は分かるけど、一時期生乳を捨ててバター不足に陥ったことも忘れてはいけない。

今回たまたまあるサイトでカナダとドイツのバターが安かったのでクリックした。そして昨日バンクーバーから羽田経由で空輸された。トロントのメーカーだった。フランス語が明記されているのでフランス料理またはフランスパンにあいそうだ。ドイツのバターもアルプスの牧場の生乳で作られているから、これも負けていないはず。クリスマスディナーに使おう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。