KAZUYA【秘密のたからばこ】の読者に語る

ブログの説明を入力します。

みなさんに重要なお知らせがあります。


2014年1月30日、
旧アカウント
http://ameblo.jp/0463954128/
アンチによって不法なハッキングを受け削除されてしまいました。


事態を受けて取り急ぎ作成したのがこちらのブログです。
こちらが今後の本体ブログとなります。


3年半ずっと、
旧アカウントで記事を書き奮闘し続けてきました。
正直、悔しい思いでいっぱいですが
これからも前を向いて進んで行きたいと思います。


みなさんにはご迷惑お掛けしましたが、
今後ともよろしくお願いします。





こんにちわ・・・。



最近はブログを読んだ方からメッセージや質問など

寄せられる機会も増えて参りました。

とてもありがたく感じます。



しかしながら・・・

寄せられる質問をよく読んでみると

その答えは、すでに本の中に書かれている事が多いのです。



あるいは・・・・

もしも、先に僕の本を最初から最後までちゃんと読んでいたら

こういう質問はされないだろう・・・と、

そんな風に感じられる事が多いです。



みなさん、僕の本の読者が

道に迷っている、聞きたいことがある・・・と、言うなら

僕も努力しておちからになりたいと考えます。



ですが・・・



この本を読んでもらうために

個人の問題、家庭の問題から進路、将来、恋愛の問題まで

無数の質問や意見に

ひとつひとつ答える時間的余裕は無いというのが現実です。



そして・・・



それらの無数の質問や問題は

僕の本を読んだ方からは、一切寄せられることの

無いものです。



僕の本を読んだ方からは

ほとんど質問らしい質問は出てこないのです。



それはなぜか・・・・



それは、この本を読んだ方々が

自分の質問に自分で答えるようになるからだと思います。



本当の知恵は・・・・他人から与えられるものではなく

自分の中から、自分自身に与えられるものだからです。



ひとりでも多くの人々が

この本を手にとり、この本と共にありますようにー。
















NEW !
テーマ:




今回の事(旧・佐藤和也アカウント乗っ取り、削除事件)で失ったものはと言えば…
僕のブログにつけられた悪意に満ちたアンチコメント。
それはそのコメントを付けた者がいかに精神を病んだ病的なストーカーであるかを証明するものでもありました。

また、

それとは別に失ったものと言えば…
僕の記事に付けられた沢山の人々のイイね!や応援コメントの数々でした。
それはまるで温かい涙の様な心を洗われる美しいものでした。

それらを失った事は痛手には違いないかも知れないが
それは過去のものです。
我々が失ったのは未来ではありません。
未来はまだ、我々の手の中にあると言ってもいいでしょう。

ひとつだけ
良かった事があるとすれば
ヘビーローテーションなブログ
(過去記事を約二時間おきに一日中upし続けること)
を手放すキッカケになった事でしょう。

3年半、1日も休まずに続けてきたヘビーローテーションなブログを
卒業する時が突然に来たわけです。

それは、予言されていた
僕がインターネットを卒業する時の始まりなのかも知れません。

今後も過去記事を洗い出し
みなさんがいつでも読める様に
リンクを貼っていきます。

今後とも
よろしくお願いします。    佐藤和也









本日、2014年1月20日。
183人のイイね!を貰った所で削除されました。
とても残念です。
ほんとは、イイね!1000人を目指していたのです。。。

今まで応援してくれたみなさん、
ありがとうございました。



また、いいね!……しちゃう?

・悪の連鎖(新 タイムテーブル)



「佐藤和也を拉致監禁しリンチを加えた上で惨殺する」
という殺害予告が書き込まれました。

・都合が悪かったのは、誰?


一組の中年男女をリーダーに執拗な名誉毀損、誹謗中傷を繰り返している犯行グループが存在します

・全人類の敵



楽天さんの本は霊力が強い…不思議ですが本当です

・愛国心…??




全世界の近未来について…
決して楽観は出来ません

・最も重要な予言記事








まだリンクが貼れていないものもありますが
今後、少しずつ追加していきます


【重要記事の目次】です


・ある宣言
・あなたの生き方と死に方について
・テレビ
・地獄を見た者
・真夜中の確信
・片道切符
・途中報告



【宗教】

・僕は宗教か?僕は考えた。


【予言】

・近い将来の予言
・関西弁消失
・リハーサルNP
・滅亡する民族
・アイドルが伝えた深淵なる予言
・未完の予言1
・最後の世界大戦
・明日のためのその7  日本人根絶やし作戦  絶滅の危機
・モナリザの微笑
・たまには怒る時もある
・最期の天啓、最後の救世主
・予言
・蜘蛛の糸     (母   6)
・ミロクの世
・最終戦争の意味
・新世界へ
・この世界を君にあげる
・イエスの生まれ変わり


【不思議な話】


・振り返ってみました

・おかあさん                           (母1)
・25年前                                  (母2)
・日本中から                           (母3)
・白い光  8月14日                                                 (母4)                         
・2010.9.12に思い出したこと                         (母5)

・あの司会者テレビで見かけなくなったわね

・あなたの目と耳と心で感じて

・明日のためのその4 弥勒の世とエヴァンゲリオン
・シンジとカヲル君の内緒話

・何のメリットも無い真実
・ある質問への答え
・大掃除、始まる

・不可能の文字は…
・さようなら、世界よ…
・大掃除
・生きている本


【超能力】

・本を読み終わった人たちは
・不思議な本
・人間の超能力者に対する警告
・天からの確かな報せ  超能力について~3
・小粋ないたずら


【その他】

・アンサー・せめて人間らしく
・バトン
・神様、お願い
・バージョン違い
・依頼
・最大公約数的な…
・滅びゆく者たち
・ご縁なき人々へ
・しるし
・青春惨殺
・仮面ライダーが教えてくれたこと
・田舎者
・予言された未来に挑戦する者
・スター選手
・やおよろずの神による霊言その2
・矢沢永吉
・連帯責任(予告・序章)


【秘密のたからばこ】




・アメブロからメッセージを送りたい方はこちら
【佐藤和也】アメブロメッセージ受信専用アカウント



・秘密のたからばこ 公式HPはこちら
   画像をクリックするとHPへ飛べます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



…弥勒の世…


photo:01

誰もが自分に出来ることをすればいいんだ




料理の得意な人は料理を。
裁縫が得意な人は裁縫を。
掃除や片付けが得意な人にはそれをしてもらおう。



チカラ仕事は、
やはり男性の方が得意だろ?

大工仕事や土木工事
木を切り倒したり
お家を建てたりするのはやはり
男性だな…


個人にとっては苦手を克服する事は大切な事だが
社会にとっては苦手な事を克服せんと努力するよりも
得意な事を伸ばす方が人様の役に立てるというもんだ。


楽器の出来る人は演奏を。
歌が上手い人には歌を。
人を笑わせるのが得意な人には漫談をお願いしよう。

人様には休息や娯楽も必要だし
芸術のお手本も必要だ。


誰もがみな、平等だし
何も強制されない

ただ、

自分に出来る事を何かひとつでも見つけて
その事を通して社会に貢献すればいいんだ

それだけの事…

それだけの事で
あなたたちは人類が今までなし得なかった
本物のユートピア(楽園)を手に入れる事が出来る


生きている限り
自分に出来る事で
社会に対して勤労奉仕する


ただ、それだけの事で


生きている限り

無料で、服を手に入れ
無料で、食べ物を手に入れ
無料で、家を建てて貰える


無料で、土地を貸して貰え
無料で、教育を受けさせて貰え
無料で、芸事を教えて貰える


無料で、健康診断を受け
無料で、医療を受ける事が出来
無料で、漫才を見て大笑いすることも出来る


生きている限り、
何から何まで全て無料だ!


どうしてかって?


誰もが自分に出来る事を
無料でしているからだ

無料で診察をする医者
無料で家を建てる大工
無料で漫談をする漫才師


みんなが自分の仕事を
誇りをもって行えば
それでいいんだ


当たり前でしょ?


神様は、この地上にみんなで分け合うなら
有り余るほどの幸を用意してくれていたんだ


海の幸
山の幸
里の幸
川の幸


それを、貪欲に貪り独占しようとしていたから
まるで何もかもが足りないかの様に見えていただけなんだ!


もう学校に行けない子や
病気や飢えで死んでいく子なんて
ひとりもいない!


誰もが平等に教育を受け
衣・食・住も
すべて死ぬまで社会が保障する



土地も
食べ物も
海も空もこんなに広い


生き残った2割方の人類には
果てし無いほど広いんだ
この地球は…。



みなさん、

そんな夢みたいな世界
出来るわけ無いだろうと考えるなら
あなたはその世界を見ることは出来ないだろう


僕の言うことを信じる者には
その目で見る事が出来る日が来るかも知れない


また、


善良なたましいを持つ者なら
また生まれ変わって来ることも出来よう


その夢の様な楽園は
今より 7年以内に来るのだから。





おっと、言い忘れたが
この世界では金持ちでは無く
人さまの役に立つ者が尊敬される


泥だらけになって
汗をかいて働く者こそが尊敬される


他人をアゴで使う様な金持ちが
尊敬されるのではなく
人類の財産とされる芸術を残した
慎ましい芸術家が尊敬される


人々は
金儲けの為でなく
自分自身の楽しみの為に仕事をし
金の代わりに
尊敬と名誉を受ける世の中になるんだ




photo:02






photo:03






【秘密のたからばこ】




・アメブロからメッセージを送りたい方はこちら
【佐藤和也】アメブロメッセージ受信専用アカウント



・秘密のたからばこ 公式HPはこちら
  画像をクリックするとHPへ飛べます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:


大好きですよ、魔女の宅急便、、
TVでやってましたね。


キャラも可愛いしストーリーも好き
最後のトンボを助け出すキキの活躍は感動的です

誰だって、あのアニメを見たら
魔女の、そして可愛いクロネコの大ファンになりますよね


僕も大好きですよ
キキもジジ(黒猫)もね
(ウチに戴きもののDVDまであります)


ですが…


アニメの中の魔女や黒猫は大好きですが
現実には…とても好きとは言えません

むしろ、逆です。


昔からヨーロッパでは、
黒猫やイモリやコウモリは縁起の悪い動物とされ忌み嫌われてきました。

日本でも古くから怪談話などでは
「化け猫」など、
人にたたる悪しき化け物の筆頭として
猫が挙げられると思います。


しかし、猫が悪いわけでは無いんです。


ただ、猫は魔物(悪霊)に利用されやすいらしく
魔物(悪霊)は猫の目を借りてモノを見て、
猫の耳を借りてモノを聞くらしいのです

なので、

猫をペットとして飼っている場合などは
魔物(悪霊)に私生活を全部、覗き見られている事になります。


その上で、


念を送り込んで来るんです。
自分の考えだと思い込まされていますが
魔物(悪霊)が念を送り込んでいるのです。


突然に自殺する人
突然に犯罪に走る人
人格が崩壊していく人


猫が様子を伺い、魔物(悪霊)が念を送り込んで人間を操ってきます
勿論、魔物にあやつられて幸せになれる人はいないでしょう。

しかし、
念を押して言っておきますが…

猫が悪い訳ではありませんし
また、
猫を飼っている心優しい人々が悪い訳でもありません。

悪いのは…魔物(悪霊)です。
猫や人間を操って悪事にそそのかすのが
魔物(悪霊)なのです。



悪の世、
今や、神様や仏様さまは
『宗教くさい』と
忌み嫌われて…

代わりに、
人間たちは悪魔や魔女や黒猫たちを
物語の主人公にして
可愛らしい愛すべきものとして
アニメに描いたりして親しんでいる…


そして、

飼い猫の秘密の役割については
誰も注意も警告もしてくれません。。


どうやら、そんな世の中のようです。







【秘密のたからばこ】






・アメブロからメッセージを送りたい方はこちら
【佐藤和也】アメブロメッセージ受信専用アカウント



・秘密のたからばこ 公式HPはこちら
  画像をクリックするとHPへ飛べます。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


この話は以前もしたと思うんだけど
誤解する人もあるだろうから
再び、簡潔にお話したい


古来よりヨーロッパでは
イモリだとか
黒猫やコウモリなんかを不吉なもの、
魔に通じているものとして、
忌み嫌ってきた

中世のヨーロッパでは
まったく潔白の紳士や淑女が魔女と疑いをかけられたは最後、100%確実に殺されたという。
悪名高い魔女裁判の時代である

少しでも目立ったり
近所の人から不評を買ったが最後
通報をされ、
通報をされたら最後、確実に魔女として火あぶりやギロチンで処刑された暗黒の時代

こんな時代に家で黒猫を飼う人は居なかっただろうね…苦笑

だが、今では
飼い猫は大人気で犬を飼う人と並ぶ勢いだそうだ…

黒猫を愛好する方もいるだろう

現実に、世の中は
好青年よりちょっと悪ガキが…
神や天使よりも悪魔やデビルな奴が…
可愛い犬よりも黒猫がステキに見える時代である

魔女の宅急便というアニメは
おれも大好きだ
あれを見たら
誰だって魔女の味方、
黒猫の擁護者になる
いや、ファンになるね…
それは否定しない

だが、

現実に、魔物というのはいて…
猫の目を借りて見、
猫の耳を借りて聞いているという話だ



昔話を言うが、
ある男の実家の周りは猫だらけだった

隣に猫を数十匹飼ってる家族が越してきたからだ
両隣が猫だらけの家族

実は、この男、神様と少し縁があるものだから
それを知った魔物が息の掛かった家族を
ふた家族、両隣に引っ越しさせたらしい

ひと家族は、うつ病一家
息子は挨拶もしないし
家族全員がうつ病みたいな家族

もうひと家族は、新興宗教家族で
週末になると沢山の人が何処からともなく集まってきて
大声でお経を唱える

そして、ふたつの家から解き放たれた
数十匹の猫が、
我が友人の家の庭と言わず
屋根の上と言わず
昼となく夜となく徘徊し
時には、家の中にまで入って来る
目が合っても決して逃げない
猫たちは監視役なのだ

その目で見たものを
そのまま魔物に伝えている
我が友人は超能力者で神様と縁があり
なおかつ、おれの親友だった

彼は24時間監視下に置かれ
その家には数度、泥棒や空き巣が入り
色々な面倒が起きた
まるで、誰かに監視されてでもいるようにね…
留守を狙っては
誰かが悪事をしに来るんだ


話が脱線気味だな

とりあえず、本題をシンプルに言います


猫が悪いのではない
まして、
猫を可愛がる愛猫家が悪いのでもない

でも、

佐藤和也の悪口や秘密のたからばこの悪口を言うアンチたちは
極めて高い確率で
プロフィールや画像に猫を使っていたり
愛猫家が多いのは事実だ

精神疾患者と同じく位の確率で
秘密のたからばこが大嫌いな人が多いんだ

彼らが悪いわけではなく
コントロールされてるんだと思う

家に猫がいて
その様子を魔物に送ってる
すると、
秘密のたからばこを読んでいる家人に
魔物が念を送り込んでくる

イライラし
ムカついてくる
意味もなく
佐藤和也の悪口を書きたくなってくる
そんな様子をまた、猫は魔物に送っている


この繰り返しだ


これを繰り返し
悪事がエスカレートして来ると危険だ
長いこと魔物に使いパシリに使われたり
憑依されていると
人間は魔物になっていくという…

その様子を猫は見ていて
魔物に送っているんだ…


古来より忌み嫌われて来たのは
猫ではなく、
その後ろにいる闇のちから、魔物なんだ
悪霊でも悪魔でもいい
そういう気持ち悪い霊体の事だ


最近、おれの近くにいる者が
ツイッターでかなり突っ込んだ話を
ツイートしているらしいが
なにぶん限られた文字数しか無いらしく
なかなか、真意が正確に伝わりづらいらしい

猫が魔物ではなく
猫好きが魔物というのでも無い

ただ、

一般のひとは知らない
霊的な世界というのはあって
そこでは猫は特別な立場に置かれて
利用されていると言えるかも知れない


現実に、
どういう訳か、
秘密のたからばこを目の敵にする
自称霊能者だとか、
自称小説家だとかの気持ち悪いアンチたちのプロフィール画像が
申し合わせた様に、猫ばかり…

ブログを読んでみると
これも、ほとんど全員が申し合わせた様に
精神疾患者だったりするわけだ…


ただ、

世の中には
猫好きの正義の味方や
秘密のたからばこが大好きな精神疾患者だっているかも知れない


悪いのは
猫でも
猫好きの方でも無いという事だけ
重ねて、
伝えて置こうと思います





【秘密のたからばこ】




・アメブロからメッセージを送りたい方はこちら
【佐藤和也】アメブロメッセージ受信専用アカウント



・秘密のたからばこ 公式HPはこちら
   画像をクリックするとHPへ飛べます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:





{3EC960AF-DDA0-4E01-9073-C3851524844C}



ツイッター上に
秘密のたからばこ公式アカウントの偽物が現れたらしい。


迷惑な話である。

あの本の中にも
著者と知り合いを装い、会わせてあげるからなどと若い女性を車に乗せレイプ。
一晩中、相手をさせられた挙句、
朝の公園で車から真っ裸で
放り出される子が出て来る…と。

そんな軽はずみに
ついて行ったあなたたちにも責任はある…

もう、この子(著者)以外のオトナの言うことなんか信じちゃダメよ…!
と、
そういった予言が書かれています。


勿論、そこまでの犯行意図(レイプ)は無いと言うかも知れない

でも、
公式アカウントはすでに数年の実績があるし
1万人以上のフォロワーさんを時間をかけて少しずつ大事に増やして来た…



なによりも
秘密のたからばこ公式アカウント
は、
秘密のたからばこを読んだ読者の命を救う為に作られたアカウントであり
そこに助けを求めるしか
現代人の命をつなぐ方法は無いのである

それを信じる純真な人たちの信頼を裏切るようなニセモノのアカウントは
やはり、許せない


そもそも、

まったく同じ名前を付ける意図に
悪意が無いとの言い逃れは出来まい


これは…

命をかけて、あの本を書き
命をかけて、人々を救おうとする
神様や救世主や
その仲間たちの純粋な思いを
嘲笑い、
足蹴に踏みつける行為である。




ツイッターで
秘密のたからばこ公式アカウント
と、検索すると
この様な画面が出て来るが


上のふたつが
私もよく知ってる親しいメンバーたちが
運営する本物の公式アカウント
であり、

それ以外のアカウントは
今後も
非難されるべき悪意のなりすましアカウントである。


{FCCA989E-2711-4733-B549-A8C825B29F61}



【秘密のたからばこ】

いいね!した人  |  リブログ(5)

テーマ:
芸能事務所を経営していた若い頃、
そこで働く人たちはおれを社長と呼んだ
当たり前と言えば当たり前だが
おれは辱められたような気分がして
誰にも社長などとは呼ばせなかった
名前で呼んでくれ
皆は、おれを佐藤さんと呼ぶようになった

どうして「社長」が嫌なのか?
うちの父親もまた、そう呼ばれていたからだ

おれは若い頃から
社長・会長・大物・専門家・金持ち
大将・あにき・先輩・大蔵省…
などの言葉を
軽蔑と共に使ってきた
だから、自分が社長と呼ばれる事は
何だか悪口を言われてる気がしたのである

秘密のたからばこを読んで集まって来る人々は、おれを先生と呼ぶ
先生という言葉もまた、
おれを恥ずかしくさせる言葉だが
おれは真面目にその言葉を受け入れている

学歴もない
才能もない
他人に誇れるものなど何ひとつないおれだが
あの本を書き始めてから体験した不思議な体験
この歳まで
人生の荒波に揉まれて失敗し傷ついて
悩んだ事のその体験に関しては…

愚か者の先生
失敗の先生
不思議な体験の先生
置き換えると納得する事ができる

おれは
ほんとに
人に話すと信じられないような
失敗やバカな体験を沢山積み重ねてきました

だから、

先生という
元来、おれには縁のない
おれには似合わない不自然な言葉が
最近は、いつのまにか
板についてきて…


どこかで子供たちが
せんせーい!
と、
叫ぶと、
ふと、返事をしてしまいそうになる
バカな先生だ





【秘密のたからばこ】
いいね!した人  |  リブログ(6)

テーマ:






日本って国はね、昔からこの宇宙を作った一番上の神様のお住まいになってる国なの。



神様はご自分の身体に似せてこの日本の国を作ったんですって。

だから日本列島って龍の姿に似てない?




世界の雛形になっているのが日本なの。


和也君…世界地図を想像してみて…?

オーストラリアって知ってるでしょ?

四国の形に似てない?



「あぁ…似てます、そっくりです。」



アメリカ大陸は北海道に似てるわよ。
それにアフリカ大陸は九州の形にそっくりで…ユーラシア大陸は本州の形とよく似てるでしょ。


それにエベレストはちゃんと富士山の位置にあるのよ。

山や湖なんかもちゃんと合ってるの。


それは何でかと言えば…

神様がちゃんとみんなに分かる様にそうお作りになられたからなの。



世界の地図を小さくしたのが日本列島で…本当に、日本は世界の雛形だからなの。



だからそこに住む人間たちも青人草って言ってね、

外国の人たちとは違うって言われてるのよ。







(秘密のたからばこ P480より抜粋)





















日本の人々が金儲けで外国に対抗する時代は終わりました。


今後、世界のリーダーたる日本の人々に今求められているのは…


「失った心」を取り戻すこと、だと思います。






【秘密のたからばこ】





・アメブロからメッセージを送りたい方はこちら
【佐藤和也】アメブロメッセージ受信専用アカウント



・秘密のたからばこ 公式HPはこちら
  画像をクリックするとHPへ飛べます。


いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
僕らは
今さら宗教組織を目指すものではない
また、
政治団体を作ろうとも思ってるワケでもない


その理由は、
もはや、そんな事をしている時間的余裕は無いというのが本当の所だ






ホントの事を言うが
今後の数年で日本はもとより世界中がひっくり返した様な大変なことになり
世界人口の八割は亡くなるだろうと


また、


日本人においては、北海道から沖縄まで見渡しても
運良く生き残る人の数はおそらく数千人。それも大部分が男性。


この様な事態になった時に初めて、
それまで準備をしていた事が功を奏す事になるだろう
その時こそ、我々の本領発揮
運良く生き残ったわずかな人々の生命を助け、
再びこの地に種を植え、文明社会を構築する事こそが
我々のお役目である



僕たちの事を宗教だという人もいるが
我々は宗教ではない!
また、
政治団体でも無い…。


あえて言うなら
救世主の軍隊=救世軍である
軍隊と言っても
人を殺める軍隊では無い


武器の代わりに
クワを持ち、道具を携えて
土地を耕し、新たに家を建てる
そういう戦士だ






我々は廃墟の上に立つ者たちであり
荒れた土地に撒かれる新しい種である



日本人が絶滅しない様に
畑を耕し
子作りをして
新たな社会を建設する


何もかも新しく
我々の手で作り直していく
新しい時代の最初の人間たちー、
新人類なのである




それは、
数年以内に実証されるだろう







2013.9.30









世界中探しても
ここより他に助かる道無し

秘密のたからばこ 未来への扉 入り口グルっぽ




【秘密のたからばこ】




・アメブロからメッセージを送りたい方はこちら
【佐藤和也】アメブロメッセージ受信専用アカウント



・秘密のたからばこ 公式HPはこちら
  画像をクリックするとHPへ飛べます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
人には他人に言えない性癖というものがあると聞きます。


例えば…

相手に対して暴力行為を働く事で興奮するなどです。
こういう事はエスカレートすると
愛してるから殺したい
とか、
好きだからバラバラにしたい
などに変わっていきそうで恐ろしいです。

こう言っては、身も蓋もありませんが
魔物です。
魔物は暴力行為が大好きです。
が、不思議とそれをされるのは、あまり好きでは無いようです…


まぁ、この話は置いといて…


僕にも幼少期から他人に言えない秘密の性癖があったのを急に思い出したのです。
そう、今日です。
2016年、2月17日です。


でも、自分では
その性癖がとても人間として不謹慎な感じがして…
この事は誰にも、誰にも言えないと
自分の感性を封じ込めて
忘れてしまったようです。


小学生の頃、週末になると
よく友だちと連れ立って湘南、江ノ島を目指して海岸線を自転車でよく走りました。

夕暮れ時に見る江ノ島の夕景、
オレンジ色に波打つ浜の潮騒
沈みかける夕陽を見ながら
いつも、心の何処かで酔っていたのです。


悲しみは美しい…と。


夕陽の美しさ
ひとひらの花の美しさ
流麗に流れるメロディーの美しさ
若い女性の肌の美しさ
白い雪の降りこぼれる美しさ


美しさはどこから来るのか?


美しさは悲しみから来る


だから、悲しみという感情は美しい


僕はそう考えた時、
恐ろしくなったのです。


これでは、
世界中で戦争や犯罪や病気や運命のいたずらで悲しみの涙を流す人間の姿を
あぁ、気持ち良い!
美しい!
と、言ってるようなものだと…。


小学校の5年生でした。
僕は、そんな自分の感性が恐ろしくなり
誰にも話さないと決め
そして、そんな自分を今日まで忘れていました…


今日のこの日まで
忘れていました…



でも、


今日、目覚めた時に気づいたのです。


罪を犯す人間を怒り憎むよりも
その哀れさに目がいけば…

その哀れな罪人に憐れさを感じ
これこそが、慈悲の心に到達する鍵なのではないか?

悲しみという美しさを
慈しむ心の…慈悲


罪を憎んで人を憎まず


弥勒菩薩みたいな、ありがたい優しい仏さまの慈悲の心が僕にはあまり理解出来ませんでした。

今でも僕は仏さまというよりは戦士だし
慈悲の心よりも
怒りの心に占領されがちな
煩悩の塊の様な男です。


でも、


少し…仏さまの慈悲の心の秘密の鍵に
近づけた気がしたのです。


それは、
あの小学5年生の時に感じた、美しさ。


人間社会の悲しさとその美しさ

ありとあらゆるものの悲しみとその刹那の美しさ


あらゆる音楽の隅々から
ほとばしる様な哀しみとその美しさ


だったのかも知れません…




今後、おそらく世界中が悲しみの感情に満ち溢れる時が来るでしょう。

そして、

清らかな聖なる静寂が世界を包み込むでしょう。

あれだけ沢山いた人間たちのほとんどが
いなくなってしまうのですから。


そんな時、思い出しましょう。


悲しみは美しい…

それは、我々が生きている証拠だ

悲しみに酔って

その美しさに酔って

すべてを受け入れて

すべてを許そう


そうやって生きていこう

再び、しっかりと大地に二本の足で立とう

悲しみは

また、新たに姿を変えて現れるとしても

それを我々は美しいと感じる

強い感性をもっているーー。


我々は強いーーー。




【秘密のたからばこ】






・アメブロからメッセージを送りたい方はこちら
【佐藤和也】アメブロメッセージ受信専用アカウント



・秘密のたからばこ 公式HPはこちら
   画像をクリックするとHPへ飛べます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。