ヒミツのひみつ

平凡な日常はくだらない突っ込みドコロ満載です!   

クスっと笑って、ウンウンと頷いて、あなたのストレスちょっと発散させましょう。


テーマ:

本日からメロメロパークと今更ブログペットに参加してみたヒミツです。

ここだけの話、目的はメロメロだったのですがブログペットをメロメロと勘違いして登録してしまい、しかたなく両方設置している次第でございます。

いまいち楽しみ方やお友達作りがわからず呆然としております・・・。

 

 

現実の話ですが、オトナになると友達と縁を切るのは簡単なのに作るのって難しいですね。


ヒミツも先日、悪ぶることもなく何度も万単位のお金を貸してくれと言ってくる友達と縁を切りました。

といってもフェードアウトを狙って音信不通にしているだけなのですが・・・。

どんなに困っていても、どんなにいい人でもお金の貸し借りはいかんです。ホント。

さてさて、誰しも「あの人と連絡とらなくなった」というのはあると思うのですが、それはまぁ、忙しい日々で、気付いたら連絡先もお互い変わっていたから疎遠になった・・・というのがよくあることです。

が・・・

ヒミツは高校3年生の頃、絶交宣言をされたことがあります。

彼女は仲良し4人組みの中の一人で、席も真後ろ。学校の登下校も2年以上一緒でした。

ある日彼女に初彼氏ができて、よくお泊りの言い訳にヒミツの名前を使われてました。

一週間に何度も言い訳に使われ、ヒミツとしては彼女の両親から電話確認されるのではないかとその度にヒヤヒヤしてました。

そこで、いいかげん回数を減らして欲しいと思い、お願いの電話を受けたときに、彼氏に代わってくれと言ったのです。

「お互いずっと一緒にいたい気持ちも判るけど、もう少し彼女を家に帰すようにして欲しい」

というようなことを彼氏に告げた。

すると翌日から彼女はヒミツを完全無視。

理由を追求すると・・・。

「彼氏にヒミツとはもう話すなって言われたから。だから二度と話かけないで」

唖然ですよ。唖然・・・。

男のつまらないプライドでオマエは3年間仲良かった友達関係を切るんかい?!

そんなクソつまらんいいつけを守るのが彼氏への愛の証と思っているお子様が週に何回もお泊りをしてセックスなんぞするなぁ!!!

と・・・今だったら言えるが・・・当時はショックで寝込みました。

女の友情って・・・。

その後、彼女は彼氏に浮気され、自分も浮気を繰り返し、泥沼の恋愛へ発展していった・・・。

つーか、浮気し合うならさっさと別れろよ。と思うのだが・・・。

 

 

ちなみに・・・数年前にも絶交宣言されたことあります・・・。

某アイドルが好きだったとき知り合った方で、ヒミツがそのアイドル離れし始めたのを察知し、

「私は彼らが大好きなのに、ヒミツさんのその冷めた態度が心底ムカツクんだよね!」

と怒鳴られ、衝撃でしたが・・・、こればっかりは仕方がないので、素直に「ごめんね」と謝りました・・・。

 

 

 

もっとオトナになろうよ・・・・。

ではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ファミレスで食事をしたのだが、久々に頭悪そうな女2人と男3人の集団を目撃した。

服装は、女は派手で下品な露出系で髪が何度も色抜きしたせいで艶がなく不揃いで長い。男はテロテロヨレヨレのタンクトップにダブダブのデニムでどこにも就職できそうにない髪の色や髪型。

まぁ、それはいい。

服装なんて個人の趣味だし、あれがイイっていう人もたくさんいるのであろう。

しかし、問題はウェイトレスがヒミツのテーブルで注文を受けている最中に、後から来た彼らが、

「すいませ~ん。すいませ~ん。す~い~ま~せ~ん~」

とウェイトレスが注文に向かうまで大声でずーと呼び続けているのだ。

かろうじて敬語で呼んだことは認めよう。

しかし、靴のままソファーに足を立てたり、大声で卑猥な会話をしていたのはイタイ。

しかもその口調がなんとも頭悪そうなのである。

こういう話方しか出来ない場合、いったいどこに就職するんだろう・・・と素朴な疑問だ。

ここでヒミツは当たり前なのだがすごいことに気がついた。

全員、同類の人種で、話している内容も相当低レベルなのだが彼らなりに楽しんでいる!ということだ。

それはつまり、相手と自分が同じ趣向だからこそ一緒にいるのだ。

例えば、仮にこのメンバーの一人である女が弁護士的な服装や仕草をしていたら彼らは決して一緒にいられないはずである。彼女も居心地悪くなるはずである。

そして、仮にこのメンバーの男が彼女に惚れていたとして、この女にアタックするか?というと出来ないはずである。

つまり、服装や仕草というのは己のレベルを異性に伝えているのはないか?!と気付いたのだ。


それをものすごい美人A子で考えると・・・・・・。

服装や仕草が上品で社長秘書系のA子に寄ってくる男

露出だらけで路上に平気で座る渋谷系のA子に寄ってくる男

とは確実に違う部類である。


つまり、この寄ってくる男も無意識のうちに自分の人種とレベルを把握している、ということではないか?

当たり前って言われそうだが・・・これって実はすごいことだと思いませんか?

恋愛心理学者の藤田徳人氏によると→(参照)

上手くいくカップルは互いの釣り合いが取れている

という通り、もし渋谷系のA子が頑張って社長秘書系になって、それ相当の男と付き合ったとしても元の渋谷系を抜けきれてないと、居心地が悪くなりダメになってしまうのではないか。

ってことは・・・やはりお家柄なのか?!

などとぼーっと考えつつ冷しゃぶセットを美味しく頂きました。

あなたのレベルを知りたければあなたの服装と仕草を把握し、パートーナーがいる人は、その相手との関係が居心地良ければ同じレベルということになるのはないでしょうか?

ではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、部屋を片付けていて恐ろしいモノが出てきました。

それは数年前まで好きだった某アイドルのコンサートグッズ。

うちわ二種類とキラキラ棒。

しかし、これはヒミツが購入したものではない。

ファンつながりで知り合った人から「買っておきました!」と手渡されたものである。

(もちろんお金はきっちり請求された)

ヒミツはファンと言っても曲がった根性なので、グッズには興味がないのです。

曲にノリノリになることもなくじっと立ってただ見ている・・・。ノリノリの自分が妙に気恥ずかしくて「うーむ、よしよし」と見守っている。・・・暗い。

そのせいかこういうモノには非常に困惑する。

顔のアップに妙な罪悪感がある。

このグッズを手渡したAさんは、以前書いたアイドルと「結婚するの~」発言をした女→(参照) より強烈であった。

なぜなら、彼女曰く、

自分は前世でその某アイドルの一人と結婚していた!

というのだ。

ヒミツの人生で最強の人物である・・・。

どう突っ込みを入れたらいいのか困惑しつつ、

いつごろの話なのかとたずねると、

「平安時代」

だという・・・・・・。

ある意味、世界的スキャンダルだな・・・。

まぁ、ここまで読んだみなさん、落ち着いてください。

冷たい麦茶でも飲んで、ね。

ここはひとつオトナになって彼女の話を温かく見守ろうじゃないですか。(遠い目)

ちなみに彼女は25歳。そのアイドルは18歳。

この年の差はやはり前世でなんらかの理由で先に彼女が死んだからか?

残された夫のアイドルはさぞ辛かったこであろう。ケケケ。

恐ろしくて何を根拠に、どこからのお告げなのかという追求できなかったが、彼女はその前世説を心から信じていたようであった。

そのアイドルが怪我をした、というニュースが流れれば、

「もう~、あの人は本当に昔(前世)から無茶ばっかりして~」

と母親のような目をする。

女性関係のゴシップが流れると、

「あれは違うんだよ。昔(前世)もこういうことがあって結局誤解だったのよね」

などと前カノのような口ぶりで弁解する・・・。

当然ここで「昔の誤解」の詳細を原稿用紙4枚に書き、みんなの前で発表せよ!と命令するポイントです。

しかし、そのクワァッ!とした迫力から、そのようなイジワルな質問はすべて却下である!と物語っていたのである。

もしヒミツがここでその詳細をしつこくしつこく聞こうものなら、奇妙な雄叫びと共にうちわの枝をこめかみにぶっ刺してくるにちがいない。

まぁ、そんな彼女もカワイイ所もあり、お中元やお歳暮を贈ってくれたり、ヒミツさ~んヒミツさ~んとすごく慕ってくれたものです。

彼女と連絡をとらなくなって数年・・・。

現世で良き夫とめぐりあったかな・・・などと思っていたのですが、先日知人に聞いた話では、未だ独身で元夫の台湾コンサートのへ行きまくっているそうだ。外国まで・・・行ったのか・・・。

ちなみにヒミツが持っていた某アイドルのうちわは、お風呂上りの父親がパンツ一丁で愛用している。


わりと哀愁漂う光景である。

ではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヒミツは「殴る女」をよく見る。

まるで映画かドラマのタイトルのようだが、これはヒミツが実際目撃した女です。

先日、そこそこ混んでいる電車の中で見たのは大学生のカップル。

なんだか異様な空気を放っていてふと見ると、女が男をオラァオラァと小突いていた。

女はニヤニヤ笑いながら「オラァ、わかってんのかよ?」「どーすんだよ」などと言いながら足で男のスネを蹴ったり、手のひらでペシペシ頭をはたいていたのです。

その間、男はやられっぱなしでエヘラエヘラと笑っていました。

しかも彼女のバッグ持ってあげているし・・・。

きしょい・・・。 と、いうか不気味・・・。

なんでしょう?「猟奇的な彼女」という映画(ヒミツは観てないが)の影響なのか???

なんかねぇ、もう、見ているこっちがくすぐったくなりました。

まるで十数年前、オ●ク女が電車の中でアニメキャラで呼び合うのを目撃したときのよう・・・・。

(「待てよセイジ!」 「早くしろよトウマ!」 ←驚きで顎が外れましたよ)

二人の中では愛あってのプレイ(なのか?)かもしれないが見せられているこっちの身にもなってくれ。車内で激しいチュウを目撃するよりせつなくて、イヤ~な気分になりました。

ちなみにヒミツは彼が彼女のバッグを持っているカップルが嫌いである。心底嫌いである。

裏の稲荷神社の隅で呪いのわら人形に五寸釘を打ち込みたいくらい嫌いだ。

買い物袋や他の荷物ならわかるが、バッグを持たせるとはどういう状況なのだよ、キミ?!

そこんとこ解るようにちゃんと説明したまえ!ええ?!と七三分けを振り乱して叫びたくなるのです。

もう一組は会社の裏のラブホ 入口で暴れていたカップル。

年は女25歳と35歳くらいか・・・?

お昼時間に郵便局に行った帰りに見たのですが、

女が男のガッツンガッツン殴りながら「どうしてなのよ!」「なんでそうなの?!」と大声で怒鳴ってました。

その間、男は殴られっぱなしの無言でじっと女を見つめているのです。

ちょっと女が気を許そうとすればホテルの入口へずるずる引きずっていこうとし、女は逆上。顔、体関係なくボコボコに殴る。

ええ?!強制わいせつ?!助けるか・・・?

とヒミツが心構えると、男は手を放し、女はさめざめと泣き、向かい合ったまましばし無言。

そして男が手を引くと女はまた大声で大暴れ。

もっとね、わかりやすい、決定的なセリフ(助けて!とかね)のやりとりがあればこっちも警察を呼ぶとか動きようがあるのだが・・・。

やはりこれもプレイの一種なのか・・・?

あとは・・・数年前に見た50歳くらいの中年夫婦。

二人は喧嘩中だったらしく、

奥さんが買い物袋で旦那をあっちから殴り、こっちから殴り、をしていた姿とか・・・。

袋に重みがあったから妙に勢いが良くてハンマー投げの室伏選手に見えたよ・・・。

旦那さんは「あうあうっ!」とやられっぱなしでした・・・。なんか笑えるが悲しい。

喧嘩って人前でやるにはかなり血が上っている と思うのですが、殴るってそれ以上の逆上ぶりですよね?どんなシュチュエーションなのだろう??

でも、上記の三組とも男は相手の女にまったく手を上げてなかったが・・・力関係なのか・・・?

ではまた。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今の会社に勤めてから通勤ラッシュではなくなり、車内に出没するカップル通勤を見なくなりました。

以前は片道利用で2~3組はいて、そのうちの一組のラブラブっぷりは尋常ではなく、ナニか法的に禁止されているブツを撃ったか吸引したか?というくらい激しいものでした。


当時、埼玉から新宿に勤めていたヒミツが利用していた通勤電車は殺人的なラッシュで肋骨を折れるのではないかという混み具合。バッグが人の間に挟まって手を放しても落ちないくらい混んでいました。


そんな中で繰り広げられる「愛のチャネリング」は廻りの人にも電波が流れるくらい濃厚で、早い話がうっとおしくて迷惑だったわけです。

毎日、毎日、結果、1年半。


混めば混むほど燃えるのか、彼らは頬や唇に軽いチューを繰り返し、夕べのエッチ話をコソコソ熱く語っていたり、女の病的な甘えっぷりを目の前(本っ当に目の前!!)で強制的に見せられるこっちは吐き気さえ模様するくらいでした。なんつーか、まるでプレイの一種のようでしたけど、そのプレイの道具として使われたヒミツの立場はいったい・・・?


ある日、ヒミツは耐えられず、車内の道具(乗客)を代表し、復讐という任務を遂行しました。



【愁傷の離別急ブレーキ作戦】

その電車は運転が下手なのか、列車が客で重いのか、ブレーキをかけるとみんな必死にふんばるがどうしても人流れが起きてしまうのです。

しかも急ブレーキとなると流れの勢いは一層増すのですが、それを利用し、ヒミツは彼女の横に立ち、勢いに任せて彼女を巻き込んでう―――んと遠くまで流れてしまうという作戦。

これがかなり面白くて、もとい、効果的で、さすがに永久に一緒を誓ったカップルもうっかり力を入れ忘れて彼女はヒミツにあれよあれよと押し流されて「まーく~~ん(仮名)」「ゆうこ~~(仮名)」となってしまうわけです。ケケケ。


【愛と憎しみの略奪密着作戦】

カップルの間に横で割って入る準備。駅で乗客が混んでいる車内に更に三社祭並みにどわーと入ってく来た状態でカップルの間に押し込まれ、彼の前にヒミツ。ヒミツの後ろに彼女という状態を作る。

彼女は必死にヒミツを押しどかそうとするが、なにせ手が上がらないくらい混んでいるのでどうにも出来ず、モンモンとした殺気を後頭部にチクチク送ってくるのです。

ヒミツも悪魔じゃないのでラブ光線を彼に送ることはしませんでしたけど、彼女の必死ぶりが大変面白かったです。ケケケ。


【ロングまきまきアイタタ作戦】

当時、ヒミツはかなり髪が長かったのですが、満員電車でそれがどれだけ迷惑かというのは察してました。(他の人の顔にベタベタついたり、口に入ったり、ピシピシ当たるなど)電車に乗るときは必ず一本に縛り、肩から前に持ってきて後ろの人の邪魔にならないようにしてました。しかし、そのカップルの彼女はその迷惑にまったく気づかず、ヒミツの顔に髪がゾロリと張り付くわけです。大変混んでいるので身動きも出来ず、その状態を20分我慢しなくてはならない。そこで思いついたのが、電車がブレーキし、人の流れが応じた瞬間、体を回転させるのです。すると、背中までロングだった彼女の髪はイイ感じでヒミツの体に巻き込まれ、頭がグーインと上を向き、アイタタタ!となるのです。ケケケ。



さすがに毎日行うわけでもなく、1年間で三回しか復讐をしなかったのは少々不満ですが、あのカップルはどうなったのであろうか・・・?

今でもあの時間の電車にラブラブ出勤していたらホンモノだな。


最近はめっきり車内でベタベタアホカップルを見なくなったが、10年くらい前に頻繁に出没していた彼らはいったい何の影響だったのだろう??

ナニに飢えていたのであろう・・・?

謎だらけです・・・



ではまた。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぼんやりしている間にもう、月曜日・・・。

続きを書いてないことに少々あせります。

 

ちなみに、ダーリンが一週間実家の方に出張してました。

そのせいで社内恋愛で毎日顔を見るのがあたりまえだったのですが、

やっぱり7日間顔を見ないというのは異常な状態。落ち着かないです。

さびしいとか、不安とかはないけど、正直、服装に気合が入りません(笑)

それはイカンとダーリンがいるとき以上に服装や髪型、メイクに気合を入れた一週間でした。

 

昨日、帰ってきて上野までお迎えに行き(というか呼び出された)今日はダーリンの部屋から

出社しました。朝ごはん食べないダーリンに無理やり食わせました。

胸焼けおこしているらしい・・・。

 

まぁ、とりあえず今もどうにかラブラブなのです。

 

 

さてさて、ようやく「キスイヤ」の続きです。

前回も言いましたが、ヤラセ空気がもんもん漂いますが、そこはみなさん上手く騙される大人の心でよろしく。

 

カップル2

彼女19歳の浪人生。彼19歳大学生。彼が通う大学へ合格する夢をもつ彼女。

今度の試験で、大学に落ちたら「別れる」と条件を出した彼。

彼女は別れたくない一身で勉強をするが、なかなか成績が上がらない。

そこで彼は試験が終わるまで合うのはやめようと提案。そのおかげでジワジワ成績を上げる彼女。

途中経過で彼女の勉強を見に来る彼。

そこで、2人は大喧嘩。

答えを間違えたコトをクドクド叱る彼に対し、彼女はしつこいと逆ギレ。

ぎくしゃくする2人。

試験当日、全力をつくした彼女は満足気だったが、結果は落ちてしまった。

そこで喫茶店で反省会の2人。

彼  「おまえの甘さが結果に出た。結局本気じゃないんだよ」

彼女 「結果ばっかり言っているけど、遊んでいたわけじゃないし頑張った上での結果でしょ」

彼  「そうやって、おまえは頑張りを認めて欲しいだけだろ?でも、結局は落ちているんだから意味ない」

彼女 「頑張ることに意味があるんじゃないの?」

彼  「おまえ何様? 落ちたくせにその偉そうな態度?俺に一度も謝ってないよな

彼女 「そういう自分こそ、なんでそんな偉そうなの?」

彼  「俺は偉いよ? おまえみたいに落第してないし。おまえみたいなやる気のないヤツとはやってけない」

彼女 「・・・・・・(泣)」

彼  「ゲームオーバー

 

結局2人は別れることに。そして彼女は来年は自分のために受験することを決意。

 

 

つーか・・・単純にこんなプライドの高い男とよー付き合うなぁ・・・・。

俺様大好き日本一!男ですよ、みなさん。

こういう男はどんな状況だって「オマエはバカだ。オマエは俺より劣っている」っていう空気を漂わせているわけですよ。

決して相手を認めようとしない。

ヒミツの予想ですが、こういう男はものすごい己にコンプレックスを抱いていると思うのです。

実はヒミツの兄がこういうタイプなのですが、そりゃぁもう、すごいコンプレですよ。

とにかく他人が自分を尊敬してないと気がすまないんですよ。

先日も、父がフト笑ったことが気に入らなくて包丁を持ち出す大事件に発展しました。←ヒミツはいなかった。

結果、母と義姉が取り押さえて大事にならなかったが、ヒミツの軽蔑っぷりは過去最高。

(ちなみに兄はいつもヒミツがいない時にだけ大暴れする。まぁ、居たら外に蹴り出すけどね)

面と向かったら軽蔑の眼差しをするので、もう何日も顔を合わせてません。

そして父も会話をしなくなりました。

 

コンプレ男は要注意です。

一見頼もしいと思うかもしれないが、仕事や実力で女が男を抜いた時は大暴れですよ。ホント。

 

 

ではまた。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨日、「キスだけじゃイヤッ!」を観てしまいました。

 

番組内容は「新婚さんいらっしゃい」のカップル版といいますか、でもあんな風にノロケではなく、司会の島田紳助も桂三枝のようにひっくり返ってみせるわけでもない。

カップルが隠していたこと(実は他の人と結婚してます。とか、二股の相手が彼女の親友、など重大発表)を告白したりし、別れる、別れない、でもしゅきーッ!て・・・あら、まー、もうビックリよ奥さん!ってな内容です。

 

あれって、ヤラセ番組では・・・?という誰もが抱く疑いはとりあえずオトナになって温かい目でやりすごしてあげましょう。

 

なんつーか・・・ムカムカする男ばかりでした。

 

カップル1

彼女28歳・彼22歳。6歳の年の差。

「今すぐ名古屋の実家に嫁に来てくれ~!両親も楽しみに待っているだ!」

それに対して彼女は

「沖縄の実家で店を出すのが夢で、両親の面倒もみたい。難しい」

 

大ショックの彼。彼の中では、プロポーズしたら大喜びで名古屋に来てくれると思ったらしく、控え室で両親と家族会議。それまで、彼女をいい子だと大絶賛していた両親も、突然手のひらを返したような発言ばかり。

母 「●●ちゃん(彼)がプロポーズしたのにあの態度(困り果てた)は変だ」

母 「●●ちゃん(彼)のこと愛していたら喜んで付いてくるはずでしょ?」

母 「夢っていってたけど、うちは●●ちゃん(彼)と結婚させてあげるんだからさ」

 

それでも彼女の愛を信じると両親に断言した彼は、後日、彼女を呼び出して説得することに。

彼  「おまえの言うのは夢で、俺が言うのは現実。現実をとるべきだ」

彼女 「現実が結婚=同居しかないのはおかしい。私の夢はどうなるの?」

彼  「じゃぁ、俺の夢(同居)はどうなる?」

彼女 「(泣)平行線だね・・・。このままズルズル付き合うのはよくない。別れるしかない・・・・・・」

彼  「(マジギレ)もーいい!おまえにプロポーズしたのはナシ!ぜーんぶナシ!おまえは愛がないんだ」

彼女 「どうしてそうやっていつも怒って勝手に話を終わらせるの?」

彼  「別れるんだろ?!おまえにプローズしたのを俺は後悔してる。こんな女とは結婚したくない

彼女 「・・・・・・(泣)」

彼  「おまえなんかいらない! なーし!全部なーし!」

 

結局2人は別れることになった。

 

 

ヒミツの記憶をかいつまんで書いているので正確ではないですが、まーこんな感じ。

 

男のワガママボーヤっぷりには心底あきれます。

捨てられたくせに負け惜しみ発言で彼女を捨てた風な態度が更にボーヤパワー全開です。

相手に「愛がない。おまえなんかいらない」って、そっくりそのままオマエダヨ。

結婚の話をしているのに、彼女の意見はまったく無視。

これから夫婦になるかもしれないのに「相談」とか「話し合い」の隙を作らず、「名古屋に嫁げ」の一点張り。

「お父さんが転勤するからおまえも転校するの」っていう小学生じゃないんだからさ・・・。

 

それに、どーも彼にも彼の両親にも「嫁にもらってやるんだから空気」が漂っていて、

大事な息子と結婚させてやるんだから名古屋に来て同居するのは当然。

なんて臭いが漂っている。

それも有りかもしれないけど、全員がまったく彼女の意見や考えを無視。

彼女だって色々あるんだから、そういうのを話し合って、彼女の両親も納得した上での結婚話なんじゃないんかい?

 

いやいや、実はそんなことよりヒミツがたまらなく気になったのは母親の

22歳の息子にチャン付けすること!!!

ヒミツは一番絶えられんっ!!!!

 

あ~、この母子のせいでこれでまた「チャン付け」男への偏見が増した・・・。

 

ダーリンがお母様に「チャン付け」されていたらどうーしよー・・・。

ヒミツの中でダーリン株は急暴落だよ・・・。

 

 

カップルその2へつづく。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

トラックバックテーマ参加

 

第21回 「愛」とは何ぞや?

 

夕べ、深夜に「LOVE BLIND」という番組をやっていました。

恋が出来ない女性1人をタレント3人が理由を問いかけ、追求し、最後に藤田徳人氏が細木数子のごとくズバっと指摘する。てな感じ。

 

なかなか面白く、ヒミツも自分に当てはめて観ていました。

そこで、番組冒頭で言い放ったのは

 

 「恋とはドキドキすること」「愛とは信頼すること」

 

究極ですね。

ちなみに藤田氏は他でこんなことも言っております。

 

浮気をされたら。

恋は「捨てられたらどうしようというハラハラどきどき。つまり不安定な状態」

愛は「出来るもんならしてみろ!。つまりちょっとじゃ動じない安定」

 

なかなか興味深いお話です。

 

 

ヒミツもこれにかなり似ているのですが、

 

愛とは、イイ意味でのあきらめ。

 

つまり「また~?」ってことありますよね?

恋人以外でも家族なんかでもありがちな自分(ヒミツ)に被害がくる「またやったの?」ってやつです。

くだらないことから重要なことまでの「また?」っていうのを何回も受けているけど、結局最終的には流してしまう。ちなみに「許す」のではなく「流す」んです。

 

ヒミツは結構な完璧主義なので愛がない場合、その場は許すんですけど、相手への嫌悪感は大きい。繰り返されると「嫌い」になって相手を最低限の付き合い(挨拶だけとか)しかしない。

同じことを愛のある相手にされると不快感を訴えた後「流す」。

「またされて」「流す」「またされて」「流す」の繰り返し。

 

なんていうんでしょう・・・

つまり

 

ヒミツの愛とは「流して不満をためない」

 

ってことですかね・・・?

 

ふっ・・・いつもながら受身だな・・・ヒミツ。

 

 

ではまた。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


心理学の話ですが「脅迫」というのには複数あるそうです。

「お金を貸して欲しい」という欲求に例えるなら

1:「貸さないとボコボコにする」
2:「貸してくれないとアパートを追い出されてしまう」
3:「貸してくれないとあなたが困った時に貸さない」
4:「貸してくれないと縁切りする」

まだまだあると思いますけど、
つまり、1は肉体的恐怖心、2は罪悪感、3は将来への不安、4は人間関係の不安定。

4はちょっと解りづらいですが、人間関係とはお互いメリット・デメリットの安定から関係が成り立っていると思うのですが、
その「メリットを放棄して貸すのを断ることはデメリットになる」というのを前提として「関係を絶ちますよ」という「脅迫」の意味です。


ヒミツが過去の失敗した恋愛を振り返り一番後悔していることが、

「別れたい」という脅迫。

これを一度だけ使ったことがあります。
ちなみにダーリンではないですよ。

まぁ、若かった、というのもあるのですが、女性にありがちな脅迫。

つまり・・・「かまって病」の末期状態。

この「恋の技」は使いたくなるんですよ。
特に相手が恋愛の立場で優位な場合はどーにかして一発逆転したくて使いたくなる。
大体、付合い当初はすごくラブラブだったのに最近冷たい、いつも相手のことばかり考えていてもう心がギチギチで身動きない状態。

「別れたい」=「止めてくれる」もしくは「存在の貴重さに気づいてくれる」

なんていうのを心のどこかで期待していて、あまり「脅迫」の意識はないものです。
しかし実際に「別れ」を切り出すとゆうことは「原爆を落とすこと」だと思いました。


先日、ヒミツの友人が3回目の「別れたい爆弾」を落としました。

まぁ、元々「尽くされたい体質」なので「自分ばかり愛情を与えている(ような気がする)」
だからいわいる、愛情の確認の一種だったようですが・・・。

実際、これされるとホント「うざっい」よなぁ・・・。


特に今、ヒミツは仕事が大変忙し状態(ダーリンは人生最大の忙しさで連日泊まりと終電と休日出勤と出張の日々。人気絶頂のピンクレディー並み。これが今月一杯続く)なんですけど、もちろんバテバテで休日はとにかく寝たい状態。連絡は一応するけどいつも仕事の話とか疲れて無言になるとか・・・ね。
それをパートナーが「最近冷たい」と思い、かまってもらえないことが不安と苛立ちに変化して相手に投げつける。

こう・・・自分が3回もされたらって想像したら。

「うっぜぇなぁ・・・もうこいつ・・・もういいかな」

って心理状態になりますなぁ・・・。
などと、今は冷静に振り返ることができます。

ヒミツがこの爆弾を使用したのは1回だけですけど、あっさり「決めたなら止めない」と言われて、結局1日で自分から謝って戻りましたけど・・・。

確実に彼の中でヒミツのレベルを落とされました。
愛情も薄れていたのでしょうけど、明らかにヒミツを思いやることをしなくなりました。

それでうまくいくカップルもいると思いますけど、やっぱり止めたほうがいい。



3回目の爆弾を落とした友人は現在、どうやって復縁?するか必死です。

でも・・・なんとなく・・・もう彼は戻ってこないと思いますが・・・


ではまた。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

第16回トラックバックテーマ

テーマ「合コンの作法」




「出会い系で知り合った男は出会い系で浮気する」

そして

「合コンで知り合った男は合コンで浮気する」


というのを聞いたのでヒミツは合コンと言うものは過去1回だけしか行ったことないのでよくわかりません。
よくある派手な「ゲーム」はブルーになるのでパスだし。
しかも知り合った相手に連絡先を教えないし・・・。←鬼か?
下戸だからお酒そのものがストレスだし・・・。

「駅どこ?」とか「出身どこ?」とか「仕事は?」とか・・・

基 本 の 基 本 が 一 番 め ん ど く せ ぇ


でも、合コンって・・・ただの飲み会のような気がするのですけどね・・・?

よくテレビで観る「男目当て」というか「恋人探し」というのを求めているのですか?女性のみなさま。

みんな実は違うんじゃないの?


どうよ?どうなのよ?


ではまた。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。