ヒミツのひみつ

平凡な日常はくだらない突っ込みドコロ満載です!   

クスっと笑って、ウンウンと頷いて、あなたのストレスちょっと発散させましょう。


テーマ:

トラックバックテーマ

第20回 運命の赤い糸。+,゜,☆




運命・・・ですか?

別れた男と街でばったり再会=運命の悪戯 とかですか?

彼らの一人が「運命の相手」で別れても再会を繰り返し、赤い糸なんてもので繋がっていたら、「ふんがぁ!!!」とぶち切りますよ。

ヒミツの感情は・・・
土曜ワイド劇場ちっくに表現すれば・・・


出会いがしら大都会連続殺人事件。
運命の悪戯か、必然か?……彼女の前に次々とめぐり合う別れた男達。彼らを襲う落下物。事故か殺人か超能力か?謎の死の答えは日光鬼怒川温泉、湯煙の中に?!


出演:高樹沙耶、船越栄一郎、森本レオ、古谷一行 ほか


なんて具合。

出演者は大物ぞろいでよろしく!(←何を?)


つまりは、運命でばったり再開するのは抹殺したいくらい

大 迷 惑 で す 。


ヒミツはダメ人間としか付き合ったことがない(今のところダーリンはまとも。小さなフォローをしておく)ので彼らとは一生逢いたくない・・・。

殺したいのは山々だが、とりあえず、ばびゅんッ! と逃げます。
そりゃもう、ディズニーアニメのごとく足がくるくるくる~っと回るくらいの勢いでっせ、ダンナ。

ヒミツの友人で、

偶然再会して食事、その後ホテル。という昼ドラ系

というのが本当にいましたが、その話を聞いて鳥肌が立ちましたよ。

再会してエッチ・・・


今やひとかけらも愛情のない男とエッチはできん!!!

たぶん・・・ヒミツはそういう人種なのです・・・。
だからダーリンとももし別れたら、二度とエッチはしないでしょう・・・。



ではまた。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

驚きです・・・。
ナニがって、「公開」したつもりが「下書き保存」のままだった・・・。
なんか古い記事になってしまった・・・。
かたんさんごめんなさい。



「RoseJederTag」のかたんさんにトラバです。


男性は考える事があると殻に閉じこもって解決するまで孤独を好むもの。

これは「話を聞かない男と地図を読めない女」というベストセラー本に書いてあったことですが・・・。(記憶なので正確な一説ではないです)

本当なのか・・・?

まぁ、ヒミツは女なので真実は不明ですが、仮にこれが当たっているとして、

なんかこういう状態の時、女性は「どうにかしなければ」とあせるもんだそうで。
確かに彼の現状がイマイチ不透明だと「冷めたかも」とか「悩みがあるなら話して欲しい」とか「助けたい」とか、自ら行動しようとするらしい。
なぜなら女性は話しながら自ら考えをまとめて解決策をねるから。
それに比べ男性は一人で考えて対策が出てようやく話す

だから男性は考えている時に女性の「私に話してよ」としつこくされるとうんざりするんだそうだ・・・。
そして考え事をしている時は女性の話(何気ない会話や愚痴)が耳に入らなくなる。
この状況は数日もあれば一ヶ月もある。

<こういう時、男性は「しばらく(良い意味で)放っておいて欲しい」と告げ、女性は「習い事や趣味、女友達とのおしゃべりに没頭する」のがいい

ということですが・・・。

ヒミツから言わせれば、
そ れ が 出 来 た ら 苦 労 は し ね ぇ ~ !

だって男性は、そういう状況の時「本当に冷めて」いることが多いではないですか?
そうやって良い意味で放置して自然消滅とかされたりするんですよ。
女性はそれを本能的に解っているからジタバタするわけですよ。

まぁ、書いているのが外人だから日本人の恋愛と違うのかもしれないけど・・・。


かたんさんとはちょっと違うけど、ダーリンもこの状況のご様子・・・。

つまり、自分勝手で廻りやヒミツの状況がまったく見えてない。
ヒミツが具合悪くても気に留めることなく、自分の体調の悪さを延々を語る。
今日気になった女の子の話をしたり、仕事の愚痴とか・・・。
(ちなみに仕事が忙しくて一ヶ月ほどプライベートで逢っていない)


「そうか~」と聞いているだけで行動から言葉まで良い意味で放置してますが、これで正解なんですかね?

ヒミツも山のように問題を抱えてますが、ダーリンが「この状況」なので全然話していません。どうせうっとうしがられるだけだし、説明するだけでヒミツも疲れる。

そして一ヶ月、ヒミツの現在の心理状況は・・・

あ~もう、すべてが面倒くさい。

大変危険な心理状態です。


一瞬・・・このまま自然消滅すっか~?どうせダーリンも何も言わないだろ・・・。

と思った。
が、いかん、いかん。

オトナになれ!ヒミツ!と己に言い聞かせております。

とりあえず、毎日電話でダーリンの愚痴をうんうん聞いて、体調を心配する日々がヒミツの日課です。

これが仕事の危機的恋愛の対処のベスト!!!
とはとうてい思えない・・・。今日この頃。


ではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


心理学の話ですが「脅迫」というのには複数あるそうです。

「お金を貸して欲しい」という欲求に例えるなら

1:「貸さないとボコボコにする」
2:「貸してくれないとアパートを追い出されてしまう」
3:「貸してくれないとあなたが困った時に貸さない」
4:「貸してくれないと縁切りする」

まだまだあると思いますけど、
つまり、1は肉体的恐怖心、2は罪悪感、3は将来への不安、4は人間関係の不安定。

4はちょっと解りづらいですが、人間関係とはお互いメリット・デメリットの安定から関係が成り立っていると思うのですが、
その「メリットを放棄して貸すのを断ることはデメリットになる」というのを前提として「関係を絶ちますよ」という「脅迫」の意味です。


ヒミツが過去の失敗した恋愛を振り返り一番後悔していることが、

「別れたい」という脅迫。

これを一度だけ使ったことがあります。
ちなみにダーリンではないですよ。

まぁ、若かった、というのもあるのですが、女性にありがちな脅迫。

つまり・・・「かまって病」の末期状態。

この「恋の技」は使いたくなるんですよ。
特に相手が恋愛の立場で優位な場合はどーにかして一発逆転したくて使いたくなる。
大体、付合い当初はすごくラブラブだったのに最近冷たい、いつも相手のことばかり考えていてもう心がギチギチで身動きない状態。

「別れたい」=「止めてくれる」もしくは「存在の貴重さに気づいてくれる」

なんていうのを心のどこかで期待していて、あまり「脅迫」の意識はないものです。
しかし実際に「別れ」を切り出すとゆうことは「原爆を落とすこと」だと思いました。


先日、ヒミツの友人が3回目の「別れたい爆弾」を落としました。

まぁ、元々「尽くされたい体質」なので「自分ばかり愛情を与えている(ような気がする)」
だからいわいる、愛情の確認の一種だったようですが・・・。

実際、これされるとホント「うざっい」よなぁ・・・。


特に今、ヒミツは仕事が大変忙し状態(ダーリンは人生最大の忙しさで連日泊まりと終電と休日出勤と出張の日々。人気絶頂のピンクレディー並み。これが今月一杯続く)なんですけど、もちろんバテバテで休日はとにかく寝たい状態。連絡は一応するけどいつも仕事の話とか疲れて無言になるとか・・・ね。
それをパートナーが「最近冷たい」と思い、かまってもらえないことが不安と苛立ちに変化して相手に投げつける。

こう・・・自分が3回もされたらって想像したら。

「うっぜぇなぁ・・・もうこいつ・・・もういいかな」

って心理状態になりますなぁ・・・。
などと、今は冷静に振り返ることができます。

ヒミツがこの爆弾を使用したのは1回だけですけど、あっさり「決めたなら止めない」と言われて、結局1日で自分から謝って戻りましたけど・・・。

確実に彼の中でヒミツのレベルを落とされました。
愛情も薄れていたのでしょうけど、明らかにヒミツを思いやることをしなくなりました。

それでうまくいくカップルもいると思いますけど、やっぱり止めたほうがいい。



3回目の爆弾を落とした友人は現在、どうやって復縁?するか必死です。

でも・・・なんとなく・・・もう彼は戻ってこないと思いますが・・・


ではまた。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

第16回トラックバックテーマ

テーマ「合コンの作法」




「出会い系で知り合った男は出会い系で浮気する」

そして

「合コンで知り合った男は合コンで浮気する」


というのを聞いたのでヒミツは合コンと言うものは過去1回だけしか行ったことないのでよくわかりません。
よくある派手な「ゲーム」はブルーになるのでパスだし。
しかも知り合った相手に連絡先を教えないし・・・。←鬼か?
下戸だからお酒そのものがストレスだし・・・。

「駅どこ?」とか「出身どこ?」とか「仕事は?」とか・・・

基 本 の 基 本 が 一 番 め ん ど く せ ぇ


でも、合コンって・・・ただの飲み会のような気がするのですけどね・・・?

よくテレビで観る「男目当て」というか「恋人探し」というのを求めているのですか?女性のみなさま。

みんな実は違うんじゃないの?


どうよ?どうなのよ?


ではまた。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。