憧れのサロネーゼをひっそり応援したい♥ ~密かに活動中~

エレガントで自分らしい働き方をされているサロネーゼの方を応援したい♥という思いから、サロネーゼの方向け業務支援システム開発中。
Luxe・Elegant・Intelligentをキーワードに日夜研究中です。


テーマ:
------------------------------------
【サロネーゼシステム~ChistematiCシステマティーク~のお知らせ】
  NEWコンセプトを更新しました⇒(
------------------------------------


ビジネスマン向け経営情報誌「GLOBIS.JP」で、
連載されている「おもてなしで飯が食えるか?」
について、久しぶりにご紹介させて頂きます。

【GLOBIS.JP -おもてなしで飯が食えるか?】
http://globis.jp/column_series/column-8/

前回の記事()では
「おもてなしは、収益には繋がらない・・・」
という考えをご紹介しました。

今回は、おもてなし企業の経営者が悩む
「お客さんのためにあれもOK、これもOKとしていたら、
立ち行かなくなる。。。どこまでを許容すべき?」

という議論をご紹介します。


例えば、常連の方の中には、「特別扱いしてもらいたい」という思いがあり
ときにそれを求めてくるが、どこまで実現したらいいのか。。

などなど

詳細は記事をご覧頂きたいのですが、
上の悩みに対する解が

「それを見聞きした他のお客様が、共感と嫉妬、
どちらを覚えるかで判断する」


という考え。

「自分も同じ対価を支払っているはずなのに・・」と不公平感を覚えてしまう
ようなイレギュラーな対応は控えるべき、とのこと。

企業という立場であれば、そのようなドライな対応はできるけど
個人で運営しているサロンに応用するのは難しいかな とは思いましたが、

第三者の視点で、その要望を受けるかどうか判断するという視点は
参考にはなるかもと思いました。

サロンの悩みを気軽に相談できる方を
みなさまお持ちかと思いますが、そんな方に
こういった視点で相談してもいいかもしれません。

ご参考まで。




宝石白サロン・ご自宅運営にかかる裏方作業をご支援するWebシステム宝石白
~ChistematiCシステマティーク~
手紙メールの一斉送信やメルマガ配信をご検討の方は、ぜひ一度お試しください。






Facebookページもよろしければ「いいね!」をしていただけますと嬉しいですベル


           

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日(2015/6/24)の日経新聞の朝刊に、以下のような記事が掲載されていました。

  「女性が創る(3)ママノベーション」 (一面)(→★

  「隙間時間は「埋蔵資源」 ネットが主婦の背中押す」(企業面)(→★

(※★をクリックしますと電子版記事へ飛びます。全文を読むには登録が必要です)

「ママノベーション」とは、「ママ」+「イノベーション」らしく
ママの発想を取り込めば、仕事のし方から中身までイノベーション(技術革新)が
起きやすくなるとのこと。


超短時間や子連れで働ける会社など、働き方に斬新さがあるのかもしれないのですが、
気になったのは、仕事内容。


その例示が

  荷物の配達
  データ入力
  家庭教師

などなど。。。

それって革新なの??と思う内容。


むしろ、サロネーゼのみなさまのお仕事内容のほうが
個性的であるとともに、斬新さと魅力を感じております。
(もちろん仕事に優劣はなく、単純な比較はできないと思います)


先生たちのお仕事をお手伝いさせて頂いて、
新しい気付きを頂いている昨今。


この気付きを日経新聞の方にも伝えたいな~と思った今日でした。





宝石白サロン・ご自宅運営にかかる裏方作業をご支援するWebシステム宝石白
~ChistematiCシステマティーク~



手紙メールの一斉送信やメルマガ配信をご検討の方は、ぜひ一度お試しください。




Facebookページもよろしければ「いいね!」をしていただけますと嬉しいですベル


                 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ビジネスマン向け経営情報誌「GLOBIS.JP」で、
タイトルのような新連載がスタートしました。

【GLOBIS.JP -おもてなしで飯が食えるか?】
http://www.globis.jp/2729


詳しくは、記事を読んでいただくとして、
記事の中の結論的には、

「おもてなしで飯を食うのは難しい!???」

という論調。

但し、この記事内の「飯を食う」とは、
文字通り「生計を立てる」という意ではなく、
「日本の経済活性化に役立つか」という意に近いです。
(主にグローバル進出を視野に入れて、という感じ。)

こんなに「おもてなし」がもてはやされているのに、
なぜ難しいのか??

その理由として、次の3つを挙げています。

 宝石白「おもてなし」は属人的であるため、組織としてのサービス向上に繋がらない
   (=あくまで、すごいのは個人、スタンドプレーになりがち)
 宝石白収支度外視で、手間ひまをかけてしまう傾向にある
   (=相手が喜んでくれさえすれば、私はいいの!)
 宝石白洗練された顧客にのみ、サービスが刺さるのであって、顧客拡大に直結しない
   (=万人受けしない、少数派あるいはセレブマダム向け)

確かに、ふむふむと納得するのは私だけではないのでは??

ですが、確かに大きく事業として成功することは難しいかもしれなくとも、
例え限られた人だけでも「満足するもの」「いいもの」を伝えていく。
それって必要だよな~~、と思います。(by主観)

あ、も一つ。
この記事の中で面白かった箇所として、
「おもてなし」という言葉を定義していますひらめき電球

噛み砕いて要約すると・・・

 宝石紫目に見える形ではない、無形のものを提供すること
 宝石紫お客様のご要望を、先読み&汲み取って柔軟にサービス提供すること
 宝石紫お客様自身も気付いていないご要望を、察知する姿勢であること

特に、2番目3番目。
まさにサロネーゼ~~~ベル
生徒さまに合わせて柔軟に場の空気やお話する内容を変え、
生徒さまが何も言わなくとも必要なこと・ものを差出し、
なんとも言えない心地よさを生み出す。

まさにサロネーゼさんは「おもてなし産業」の最先端ドキドキ
今後、どんどんメジャーになるといいな~、なんて思うのでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。