名称未設定

画像の出典: 首相官邸HP

[嗚呼、悲しいではないか!]フルフォードレポート英語版(5/31) ~今後地上においても、血統支配は無くなる / 今現在の裁きの焦点は、メディア関係の人間~

 

 

 

 

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 前回のフルフォードレポートを時事ブログで紹介したタイミングで、ジェイコブ・ロスチャイルドは既に白龍会と交渉するつもりであることを感じていました。やはり、思った通りだったわけですが、冒頭部分では、この交渉がコーエン犯罪ファミリーの横やりによって停滞しているということです。
 ヒトラーはロスチャイルド家の血筋だと言われており、メルケル首相はヒトラーの娘のようです。記事では、彼女はサックス・ゴータ・ロスチャイルド血統であると書かれています。彼女以外のG7首脳は、“ただの使用人”らしい。
 確かに、これまでは天界においても血統が優先され、支配層は血筋で繋がっていました。現在、天界の改革が行われた結果、このような血統支配は完全に消滅しました。以前の支配体制に戻そうとした連中は、ことごとく消滅してしまいました。地上の世界は天界の写しとなるので、今後地上においても、血統支配は無くなると思います。
 現在の天界において、高い地位に就くための条件は心の美しさです。血筋でも才能でもありません。宇宙人や一部の霊能者は、オーラを見ることで、ある程度心の美しさを客観的に見定めることが出来るかも知れません。
 地上でも、精神分析によって、ある程度反社会的な人間であるか否かを判定出来ると思います。同様に、心の美しさを判定する手法も見出せるのではないかと思います。せめて、サイコパスやソシオパスといった反社会的な人間が、政府の中枢に居るような社会は避けなければなりません。残念ながら、現在の地球上のほとんどの国の政府は、要所要所にこうしたサイコパスだと思われるような人物が配置されており、彼らによって国が崩壊するように仕向けられています。人々がこうしたことに気付くことによって、未来はこのような人物が権力を持つのではなく、治療が受けられるようにすべきです。
 レポートを見ると、世界の変革は順調に進んでいると思います。すでにお伝えしたように、カバールの99%は霊的に滅ぼされました。彼らに抵抗する気力はもはや残っていないと思います。現在は、変革のスピードを上げるため、権力と絡んで来た民間の一般人が裁きの対象になっています。具体的に言うと、今現在の裁きの焦点は、メディア関係の人間です。これ以上報道をゆがめると、彼らのほとんどが、肉体のみの存在に滅ぼされることになるでしょう。うつ病から一気に著しい体調不良へと進むことになります。ほとんど時間が残されていないので、自分たちの立場をわきまえて、行動することです。
(竹下雅敏)

注)以下、引用文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版(5/31)
スイスのゾグの丘の上のマークリッチの家に隠れている男爵ジェイコブ・ナザニエル・ロスチャイルドがハザールマフィアのトップと同定された時、ロスチャイルドは平和の和解と金塊の金への交換と将来計画機関の設置を交渉するために、甥を通じて白龍会に手を伸ばしてきた。これは、ハザールマフィアのコーエン犯罪ファミリが率いるニューヨーク支部がそれを阻止しているので、今のところ保留にされていると、ロスチャイルドファミリは言う。
 
 
 
 
 
ロスチャイルドとハザールマフィアの破産G7グループ国に対する支配は低下している。先週日本におけるG7会合の写真をご覧下さい。
o0600032113660339771

http://www.zerohedge.com/news/2016-05-26/caption-contest-spot-odd-g-7-leader-out

他の全ての指導者達がグループで手を振っている間に、ドイツ首相のアンゲラ・メルケルは目のような彼女のジャケットのボタンを使って、手でホルスの符号を作った。メルケルはG7を主導するサックス・ゴータ・ロスチャイルド血統出身である唯一の指導者であり、ホルスの目は最高の指導者を示しているので、彼女は写真の他の指導者はただの使用人であると言うメッセージを送っている。

知っておくべき重要なことは、白龍会とその同盟者達は、この支配している血統の全ての幹部の名前と居住地を同定してあり、この世界から彼らを排除する技術的能力を持っていると言うことである。

しかし、ポイントはG7と国連株式会社を現在支配しているファミリはもはや、世界に支持する位置にいない。世界の実体金塊は今、白龍会の同盟者の手中にある。

これが意味するところは、白龍会は今、正当な商取引を遡ることができる未払いのユーロと米ドルの全てに対して金塊を取引することを提供する位置にいる。二ヵ月後の窓口では、米ドルとユーロはもはや国際決済で受け取られなくなるだろう。この提案の下、米軍と機関は新通貨で資金供与され続けることになる。これはハザールマフィアの権力の最後の痕跡を実質的に取り除くことになる。

そのような場合、白龍会は全ての合法的商業活動はいつもどおり継続することを提案しています。違法な麻薬取引とグレーゾーン活動は適切な法的地位が与えられ、新システムに移行して行く。
(続きはここから)

白龍会が提案する将来計画機関は、機関設立の為の初期計画者として7-9人の採用から始める。

これは環境破壊を止めて、貧困を終わらせ、戦争を終わらせ、病気を廃絶して、そうでなければ地球の完全な健康の復元をすることを意味している。

将来計画機関のほとんどのプロジェクトは競争入札に置かれ、民間部門によって運営される。それは決してスターリン型の中央計画独裁にはならない。

上述したように、ロスチャイルドが運営する国連株式会社の下の現在のシステムについて言えば、破産しており、大規模な機能不全である。従って、この地球上の人間や他の生命体にとってより有益な方法でシステムを再起動することを始めることが緊急に必要である。

白龍会は、我々は世界大戦のスケール、野望と同様の運動を始める必要があると思っており、記念祭あるいは負債の一括償却と資産の再配分は、将来への指数関数的成長の軌道に乗って我々をスタートさせる非常に良い方法である。

交渉は現在進行中であり、上記は白龍会とその同盟者の最初の交渉上の立場を表している。

もし、一週間以内に対抗案が受け取れなければ、白龍会とその同盟者は彼らが想像できるより予測できず、かつ悪い方法で攻勢に行くことになる。


金融交渉の進み具合によって、今はハザール支配から自由になった米財務省はアジアの金塊によって裏打ちされた新20ドル紙幣か、あるいは新米国内通貨を発行しようとしていると、彼らは言う。

結論として、もしロスチャイルドと彼らの仲間のハザールギャングが白龍会との契約交渉にすぐに失敗すると、彼らは交渉のチップが残されなくなり、もし幸運であれば、ニューヨークやその他の路上で小銭の為に物乞いをすることになる。ジェイコブ・ロスチャイルドの甥は、我々は希望するが、今週、拡大家族の為に白龍会に接触してくると思われる。世界平和は今、実現の可能性がある。
AD