名称未設定

画像の出典: カレイドスコープ

[カレイドスコープ]二つの秘密の会合と、プーチンのデジタル通貨拒絶宣言

 

 

 

 

パナマ文書のリークは、キャッシュを撲滅させるための国際世論を形成するため


・・・キャッシュレス社会の初期段階では、携帯電話の端末にブロック・チェーンのソフトウェアをインストールすれば、誰でも好きなものが買えるようになります。

・・・しかし、政府の口車に乗せられてキャッシュレス・エコノミーを受け入れた人々は、政府に金融取引のすべてをモニターされ、実質的に個人の人生までをもコントロールされてしまうのです。財政的なプライバシーが保たれるのは実物通貨(印刷した紙幣)あってこそです。

おそらく、最後の一人がキャッシュレス社会を受け入れるまで、世界からテロや麻薬はなくならないでしょう。それは、世界の人々を完全奴隷化するために必要だからです。

だから、パナマ文書の漏洩は、「99%」の人々に税の不公平感を焚き付け、キャッシュの撲滅を叫ばせることによって国際世論を形成するために実行されたのです。

キャッシュレス社会を推進するグループにとっての抵抗勢力


南ドイツ新聞は、モサック・フォンセカ法律事務所からパナマ文書の一部をリークした、John Doe(ジョン・ドゥ)なる匿名の人物のマニフェストを公開しています。これは、John Doe(ジョン・ドゥ)自身がパナマ文書をリークした動機について表明したものです。

その最後に、このように書かれています。

・・・それでも、われわれは、安価で果てしなく広がるデジタル・ストレージと、国境を超える高速インターネットの時に生きている。
・・・難なく点と点が接続される。最初から最後まで、グローバルなメディアの分配に始まり、次の革命はデジタル化される。


(中略) 

デジタル通貨によるキャッシュレス社会は、すべての市民の生活と人生までもが、銀行に依存せざるを得なくなる世界です。それは、ロスチャイルド・ファミリーを筆頭とする国際銀行家のグループが世界政府システムを構築する上で、絶対に避けて通れない道程なのです。

(中略) 

(続きはここから)

 

西の新世界秩序と東の世界秩序


タックスヘイブンの“魔女狩り”キャンペーンは、今のところ、成功しているとも言えるし、そうでないとも言えます。

・・・欧米グローバル・エリートにとっての本当の抵抗勢力とは、パナマ文書のリークが報じられたと同時に名前が挙げられたロシアのプーチン、中国の習近平、シリアのアサドら、反グローバリズムの指導者たちです。

彼らは、ロスチャイルドの国際決済銀行(BIS)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行による西側の金融システムに組み込まれていない国家指導者たちです。

・・・ただし、この中で中国だけは、世界政府を推進しているグローバル・エリートたちに対して面従腹背の演技を貫き通しています。

・・・大量の金(ゴールド)に裏付けされた人民元の国際通貨としての台頭が、習近平に反旗を翻えさせる機会を与えるでしょう。

(中略) 

パリとニューヨークで行われた二つの「秘密の会合」のうち、もうひとつは今年の3月31日、パリでの特別な会議---「南京II(Nanjing II)」と名付けられた「密会」です。

中国は、G20グループの中の一席を占める国として、パリで特別な会議を組織するようフランス側に頼みました。

・・・事実、この会議には、米国の上級政府当局者は一人も呼ばれていませんでした。

(中略) 

マルチ通貨の次を見据えている中国


2008年のリーマン・ショックを発端とした世界的な財政危機以来、北京政府が歩んできたステップをもう一度つぶさに見ていけば、周小川総裁と北京の指導者には、一本の線で結ぶことができる長期戦略があることがわかります。

特にアジア・インフラ投資銀行、BRICSの新開発銀行、ドル決済を回避するためのロシアとの相互的な国家通貨エネルギー協定の締結・・・どれを取っても、すべては一つに収斂していくのです。

・・・ある推計では、世界中で循環しているドルは、1970年から2000年の間に約2500パーセントも増加したとのことです。それ以降もドルは希釈され、現在では、1970年の時点と比較して、ゆうに3000%は増加しています。

これを金(ゴールト)を絶対的価値として見れば、ドルに対して金(ゴールト)の価格は30倍以上も上昇し、反対にドルの価値は金(ゴールト)に対して30分の1になったと言えるのです。

上海が国営ファンド「シルクロード・ゴールド基金」を創設した意味


・・・2015年5月11日、中国の上海金取引所は、シルクロード・ゴールド基金(Silk Road Gold Fund)を正式に創設しました。

この新しいファンドの二つの主要な投資家は、中国でもっとも大きな金生産企業ーファンドの割り当てのうち35%を保有する山東黄金集団有限公司(Shandong Gold Group)と、25%を保有している陜西省分与陝黄金集団股份有限公司(Shaanxi Gold Group)の二つの企業です。

狙いは、ロイターが報じているように、「このファンドは、産金会社と金融会社によって設立された新会社によって運営され、三段階にわたって161億3000万ドルの資金を集める」ことにあります。

これは、習近平の「ニューエコノミック・シルクロード」、あるいは、「一帯一路」、あるいは「ワン・ベルト ワン・ロード」と呼ばれている新しい高速鉄道プロジェクトに沿って、金産出計画をサポートするための計画の一環として進められます。

画像のソース

画像のソース


ファンドは、ユーラシア・シルクロード鉄道のルートに沿って(ロシア連邦の、目下のところ実地調査中の広大な地域を含む)金生産プロジェクトに投資されるでしょう。

・・・つまり、ユーラシアの広大な資源豊かな地域でインフラ開発を進め、世界中から資金を呼び込むことによって、人民元の国際通貨としての地位を高めることが最終的な目標なのです。その裏付けに必要な金(ゴールド)を中国は果敢に買い進めているのです。

これは、西側の新世界秩序の枠外で進められている
ことです。

・・・5月11日、中国が「シルクロード・ゴールド基金(Silk Road Gold Fund)」を創設する直前、中国黄金集団公司(China National Gold Group Corporation)は、ロシアの金生産企業グループ「ポリウス・ゴールド(Polyus Gold)」との協定に署名しました。ポリウス・ゴールドは、ロシア最大の産金企業グループで、その規模は世界トップ10に入っています。

中国黄金集団公司とポリウス・ゴールドの2社は、ロシア連邦のマガダンのコリマ川地区東部にあるナタルカ(Natalka)のロシア最大の金鉱床の資源探査を行うことになっています。

・・・今現在、北京の海外資産の“お買いものリスト”の筆頭に挙げられているのは、世界中の金鉱です。金は、実にルネッサンスの始めにあります。

FRBは、経済時限爆弾に点火した


・・・ピーター・シフ(Peter Schiff)は、最近、アメリカのテレビ番組に出演して「2016年5月28日、経済崩壊が起こるかもしれないと警告しています。

ニュアンスとしては、「そうなると100%断言することはできないが、そうなる蓋然性は非常に高い」といったところです。

・・・同じく、中長期の未来予測では驚異的な的中率を誇るジェラルド・セレンテも、先週、「2016年の警報」と題して速報を出しました。

セレンテは、以前から「2016年に株式市場の大暴落が起こる確率は50%以上」と、さまざまなメディアで経済崩壊近しの予測を出してきましたが、いよいよ、その条件が整ったと具体的な警告を出してきました。

彼が発行している経済の未来予報誌「トレンド・ジャーナル 2016年春号」では、表紙にでかでかと、「中央銀行は経済時限爆弾をつくる」と書かれています。

中身は、KWNに書かれているように、「中央銀行は、いつでも起爆できる経済時限爆弾を株式市場に仕掛けており、それは、いよいよ点火された」と過激な表現さえも躊躇しなくなっています。

・・・“銀行マフィア”の中でも、JPモルガンのプライベート・バンク部門の担当者ソリタ・マルチェッリ(Solita Marcellli)は、セレンテの警告を裏付けるように、富裕層の顧客たちに、このように言っています。
金の新しい、非常に長い強気相場が出現したので、私たちの顧客には、そのようなポジションを取るように勧めている」。

「ロシアは、新世界秩序(NWO)のデジタル・キャッシュレス・システムを絶対に受け入れない」


ロシアは、西側の国際銀行家集団による新世界秩序(NWO)の侵入を200年もの間、防いできました。

・・・そう、ロシア国民は「死んでも、新世界秩序に組み込まれることを拒否する」のです。

西側のプロパガンダは、盛んにプーチン独裁体制を喧伝してきましたが、それは国家資本主義によってロシアを守るためにそうしているに過ぎないのです。

・・・さて、そのプーチンがピーター・シフと同様、日付けを特定して、「5月28日、アメリカが経済崩壊するかもしれない」と警告しているというのです。どうも、陰謀論では有名なディスクローズ・テレビが発信源のようです。

・・・もちろん、プーチンは日付を特定しているわけではありません。ただ、ロシア、中国は、2008年の世界金融恐慌以来、ドル崩壊を規定路線として位置付け、着々と新しい通貨制度の準備をしてきたことは確かです。

mag201605-11

ゼロヘッジが指摘しているように、2008年以降、ロシアの中央銀行の金現物の保有高が急激に増えていることが何よりの証拠です。これは、中国も同じです。

・・・クレムリンの大統領府によって書かれた最近の金曜日のレポートによると、ロシアは部分準備銀行制度をドブに捨てて、デジタル専用キャッシュレス社会に向けて進んでいる西側世界の動きに対抗する決意を再度、表明したということです。

プーチンは、デジタル専用キャッシュレス社会を、「市民をコントロールするための新世界秩序(NWO)の戦術」であると位置づけているので、ロシアにおいては現金の循環を止めることは決してあり得ない、とロシア国民に誓って明言しています。

・・・これについて、クレムリンのインサイダーは、プーチンは現金を禁止する世界的な銀行カルテルの計画を中止させることが、新世界秩序との戦いの鍵となると考えていることを伝えています。

グローバルな銀行ロビーをコントロールしているロスチャイルドは、デジタル・キャッシュレス・システムを切望しています。

なぜなら、それによって、
国際銀行マフィアの金融システムを組み込まれた国の国民を、さらに自由自在にコントロールすることができるからです。彼らは、どんな取引一つとっても細かく監視し、資金の移動を追跡し、すべてをコントロールしたいと考えているのです。

そのために、まず最初に、実物の国際通貨(キャッシュ)を破壊しようとしているのです。

プーチンの大統領府によって書かれたレポートは、デジタル・キャッシャレス網に頼り切った社会では、危機のときには成す術がなくなり、テロや他国からの軍事攻撃、台風や停電でさえ、それまでの一見して機能的な経済が簡単に終わってしまうことを警告しています。

そのときこそ、世界市民は、国際的な銀行カルテルの世界政府と陰で糸を引く暗いエリート銀行家集団のコントロール下に奴隷市民として置かれるのです。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

AD