ぷち☆☆すくらんぶる

本家『ぷち☆すくらんぶる』はついに宇宙の藻くずになりました…。
だからこっちが本家に昇格でーす!


テーマ:
今日は出社してみたら誰もおらず。

なので、朝から歌舞伎揚げをボリボリ食べながら

某関西人のブログを読んで触発されたので、書いてみる事にします。

あたしもこの夏はね、さすがに人生折り返しを大分過ぎた事もあり

いろいろ考える事がございまして。







負けすぎて腐ってるとも言いますが。チクショーチクショーチクショーーーーーー



前回の記事を書いた後、実は更に連勝しちゃって70kほど浮いたりしました。

この世知辛い時代に70kのプラスなんてなかなかありませんよ?

しかもジャグで積み上げて、ですよ?

どんな幸運の女神が降臨していたのでしょう。


そうすると、人間どうなるかっていうと、

大体は気持ちも浮かれ、なんだかヤれる!

みたいな気持ちになってしまうものです。

これを一般には「勢いづく」もしくは「調子に乗る」と言います。

要するに、欲をかいた状態。

忍魂弐が導入されるってんだから、軍資金を用意せねばなるまい。

ならば、ジャグ場で吸い上げたこの元手を更に増やしてだな…

といった具合の心理状態のまま行動した結果

一週間で120k逝くという甚大な被害を被る事になるのです。

か~~~~~~~~~~~~~~~~~っ



で、そんな悲喜こもごもが怨念となって渦巻くホール、

昨日も一昨日もやられたよ!と言いながらそれでもその店にまたやって来る常連達というのは、

腹の中ではクソ店コノヤロウ!と思う事がほとんどにもかかわらず、

でも時に勝たせてもらってるしなぁという、どこか無意味にへりくだった感情を持っていて

端的に言えば店に対しては並々ならぬ愛憎渦巻く感情を抱きながら、

負ければぶっちゃけ取り戻したく、勝てばその感じを今一度と考えてしまう訳でございます。

あんな子供しか喜ばないはずのおもちゃ感満載な見かけや内容の台を、

大の大人が頬を紅潮させ、熱心に、ひたすら打ち込むのだから、

日本ってびっくりするぐらい平和だよね。

ま、これも日本人を盆暗にさせる遠大な計画と見る向きもあるようだけど、

当たらずとも遠からず、かもしんないって正直思う。


さぁ、ではここで某関西のオッサンが言っていた、

なぜジャグ場のjiji&baba達は、人が打ってる、もしくはやめた台のカウンターを凝視するのか。


というご質問にジャグ歴10年ぽっちのあたしがお答えいたしやしょう。

人は悪い記憶をやんわりと脳内から排除するという特質を持っております。

あまりにひどい記憶をとどめておくと、その後の生活に支障を来すから。

つまり、悪い思い出(タコ負けしてビタ1回もペカらなかったとか、生活費もぶっ込んで散々な目にあったとかいう悲劇)はオブラートで包み、

良い思い出(何気なく座った台がビジ連して昨日の負け分が半分戻ってきたなどのぷち幸運)は

いや~~激勝ちしちゃったっけなーぐらいに都合良く。

すると脳内には不思議な構造が生まれます。


あの時の、あのような感じで打てば、あんな感じで出ちゃうんじゃないか。


だから人は、その時の感じを何度も繰り返し呼び覚まし、ひたすら記憶にとどめようとします。

つまり、人がやめた台はすぐに出る(かも)

こんな経験に基づく意味不明な興奮が彼らを襲うのです。

その結果誰もがギラつく目で空き台カウンターを凝視してしまうのです。


例えばね、人がやめた台に(別に狙っていなくて)座った1G目でペカらした!

なんて事を一度や二度は誰しも経験している事でしょう。

一体全体どういう理論で、どういう仕掛けでそうなっているのかわかりませんが、

あるんですから不思議です。

(隣の台そろそろ出そうだなぁ…移ろうかな、どうしようかな。でも自分の台もそろそろ来そうだし、移った瞬間カマ掘られたら嫌だし、そしたら間違いなく凹むしね。凹んだらその後の勝率に影響するからおとなしくこっち打ってるか。まぁ所詮設定は一緒だしね。とはいえ、隣の台、誰か座ったら1kぐらいで出るんだろうなぁ…)

なーんて考えてるその瞬間に、絶妙のタイミングで誰かがすっと座り

お見事1Gでヒットさせてくれちゃう訳ですね。

で、その方が溢れんばかりの笑顔でビジ連してる横で自分は暗黒のバケ連とかね。

そう、間違いなくペカりはするがむしろ減っていくとか。

こうして人は、知らずに他人を悲しみの淵に叩き落としてるんですねぇ。


こういうね、どこか人知を越えたところで何かの予感って絶対あって、

だからこそジャグ場にはそういうアンテナが尋常ならざる勢いで張り巡らされているのです。

そりゃもう某国の監視態勢もびっくりなぐらいの緻密さで。

特に設定など知りもしないjijibaba達は、

そのアンテナと自分の目で見て都合良く上書きされた経験値しか頼れるものがない。

誰々がいつか打ってて爆発したからあの台はイイ台。

あの台は昨日散々お金を吸い込んでるからそろそろ出る。

ハマった台は100%爆発する。

こんな根も葉もない事を一生懸命キョロキョロして情報を集めているのです。

何ならガンや念を飛ばしてその台に、打ってる人に怨念を張り付かせて台移動させるという手段を講じている人もいるやもしれぬ。

jijibaba達もボケ-っとしてる訳じゃなく、

そういう事を、割とゆったりめのうわべを装いつつ、腹の中では常にギラギラと考えているのです。

でも、そういうオカルターのおかげでこの経済の大循環が生まれていると思えば、ねぇ?

彼らは一般人に変身した偉大なる大黒様なのかもしれません。

え、あたし?

はい、あたしも店にとっての大黒様です(鬱)




さて、先日

時々5スロを打ちに行くお店のスタッフさんと四方山話をしていた時の事。


「自分もスロット好きでいろんなお店に打ちに行くんですけどね、

 関東じゃどこ行ってもジャグにはまず設定入れてないっすねぇ。

 実際うちの店の方針も、いろんな機会に店同士での集まりで聞く話なんかでも、

 ジャグに設定入れるバカはいないよって考えがほとんどなんです…」

と、悔しそうな目で言っていました

「だから、うちの店もあって③とかだと考えて、下手に打ち込まないでくださいね」

へ~~

って、あんたそれでいーんかいww

ま、そんなこたぁシマを見れば一目瞭然。

わかって打ってるんだから、どんなお人好しかと自分でも思うが、

意外とその店ではプラってたりするから、

こういうオバチャンが適度に出しちゃうんだから、

ますます設定入れなくても良いって思うんだろうね店は。


ってことで、運良く二日続けて43kほど回収できたので、

気持ちがすっかり大きくなっておりました。

まだイケる。あたしはヤれる。

この根拠のない自信がこれまでのあたしを支えてきた。

だがしかし、ここが地獄の一丁目だと本人だけが気付かないところがミソ。


で、件のスタッフさんが驚くほどいろんな店の情報を知っていて、

あたしに千葉方面のあの店知ってますか?とかどこそこの店知ってるかと聞いてくる。

一体あたしはどんな風にこの人から見られてるんだろう。

そりゃいろんな店を駆け巡っていた時代も確かにあった。

天馬探して姫路や実家に帰省してまで打ちに行った事、

昔あたしがコソコソとライターまがいな事をしてたって事や、

実はブログ書いてるのとか、地元では爆出し爆負け女として有名とか…

ま、まさかね…(汗)


で、我が家にもチラシが入っていた、近所でフルリニューアルしたっつー店が、

オープン記念でジャグにもそこそこ設定入ってましたよってそのスタッ分さんが言うもんだから(よその店の宣伝すんなww)

行ってみましたっつーの。

ホントは勝った勢いで忍魂弐を打ち込んでみたかったんだけど、

高設定のジャグも久々にじっくり打ってみたくなっちゃって(これが誘惑というものの正体)


いつもと違う道を炎天下を避けながらふらふらとチャリで行く事20分。

これはいつもの倍の距離ですから、そこそこ遠いです。

店に入ると、かつてゴージャグや吉宗があった頃とは見違えて綺麗になってた。

が、どうやら時機を逸したらしく、とっくに通常営業に転落してました…

ジャグは、どれもこれもクソみたいに出なくて、

気がついたら番長打ってたよ…2回も単発だったよ…

もちろん負けたよ…

会員になんかならずに帰ってきたよ…


そんなこんなで、

勝ったり負けたり負けたり負けたりしながらの稼働はまだまだ続く!(え
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひめさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。