こんにちは、三人目マタニティライフも終盤を迎えたワーママのちえです。

なんと、本レビューを御本人あらかわ菜美さんのホームページで紹介して頂きました♪

時間簿にご興味を持った方は、下記よりフリーフォーマットを入手出来ます。



時間簿.net


時間簿の入門編とフリーフォーマットをDL出来ます。



お待たせしました。
以下よりレビューで、私が別ブログに綴った過去記事です。(2010年09月22日)

**************************************************************
私は育児は好きだけど、家事が苦手です;
特にお片付けが…

何もない空間を掃除するのは、良いのですが、
基本的に物を捨てられないので、
悩んでいる内にどんどん物が溜まっていく一方。

カレンさんの片付け風水術やら、
コンマリさんのときめき片付け本も読みましたが、
結局片付ける時間がないと部屋は奇麗になりません・・・

まぁ、本を読む時間やブログを書く時間を片付けに回せば済む話ですが;



気持ちだけでも盛り上げようと、読んだ片付け本が↓

その著者が書いた時間管理術の本です。



 

以下から再掲記事です。

=============================================================


「ワタシ時間」をつくる時間簿のすすめ あらかわ菜美

時間は誰にでも平等に同じペースで過ぎ去っていくはずなのに、
毎日を盛り沢山で充実して過ごしている人もいれば、
指の隙間からこぼれ落ちていくような虚しさを味わう人もいます。

欠く言う私も、幼児2人抱えたワーキングマザーで、
毎朝・毎晩バタバタ・イライラ;
生来の要領の悪さと自分の好きな事を優先してマスト事項を後回しにする悪癖から、
家の中はぐっちゃぐちゃ;

何とかせねば、と片付け本を読んだり忘れないようにレビューを書くのはいいけど、(←好きな事だけやってるし;)
肝心のお片付けは (* *)

それでも、苦手事項も傾向と対策を立てれば、なんとか克服出来そうな兆しが!!!

お片付け本・風水掃除本・時間活用術、等 色々読みましたが、
そんなきっかけをもらったシリーズの1冊です。


気が付けば一日が終わってしまった、というような人にお薦めの本!
時間デザイナー あらかわ菜美さんの一冊目の本です。

複数書籍がある場合は、新しいものから読むのが効率良いかな、と思って、
比較的新しくて借りやすい(予約が少ない)本から手をつけましたが、
最初の一冊は著者の意気込みも伝わってくるし、盛り沢山で面白かったです。






お金と違って、使わなくても減っていく時間をいかに有効に使うか。

時間簿を付けると分かる事
①一日の時間の使い方が分かる
②自分の行動パターン、性格が分かる
③「何に時間を無駄遣いしているのか」が分かる
④その日の邪魔者がわかる
⑤時間泥棒の真犯人がわかる
⑥親子の時間、夫婦の時間がわかる
⑦夫の行動、子供の行動がわかる
⑧その日の精神状態や反省点がわかる


主婦の時間の特徴
時間に制限はないが、時間に拘束される事も多い

時間の使い方が下手な人とは、
・基本的に下手
今日するべき事の優先順位が決められない、もしくは守れない人
一生懸命やっているんだけど、他の事に時間と労力を使って、本当にやるべき事が後回しになる。
そして、肝心な事をやろうとした時にはタイムアウト&体力も底をつく;

・気忙しい人
忙しい気分を自分自身で作り、処理しきれない人。
「ああ、忙しい2」と言いながら、なぜ忙しいのか自分でも分かっていない。
自分のキャパシティが把握出来てないので、盛り沢山の計画を立てたり、
単純に要領が悪くて、人より時間がかかってしまう。

・時間が本当に無い人
仕事に家事に介護、そして細々とした用事、と本当にやらなくてはいけない事が一杯あって時間に追われている。
でも、自分で計画を立てて行動が取れる人と、計画以前に自分以外の要素で忙しくなる人がいます。



一方時間の使い方が上手な人、とは「今日やろうと思っている事が出来る人」
今日やるべき事と明日に繰り越しても良い事が分かっている。
一週間・一か月の予定を見込んだ上で、的確に優先順位を付ける事が出来る。


「主婦の時間」は時間通り・予定通りに出来ない事の方が多い。
絶えず家族がくっついていて、子供の事・親の事・あるいは外部から色々な用事が突然割り込んできて進行中の仕事が中断されます。
しかし、時間使いの上手な人は、予めそうした事態は想定済み。
ポカっと空いた時間や、逆に予定外の用事で時間を削られても、どこで補うか機転を利かし、スケジュールを柔軟に変更していきます。

又、時間使いの上手な人は、どの時間帯にどの家事をやれば合理的か、あるいは、どの時間帯に自分のやりたい事を集中すれば効果的に出来るのか、
という事も分かっています。これはとてもクレバーな時間の使い方です。
家族の行動パターンや生活のリズムを把握する事が、その時間帯を見付ける事です。
「時間簿」をつければ一目瞭然です。

「時間簿」は横軸に家族の構成員と、食事の準備や洗濯・掃除などの家事の項目を列挙。
縦軸に時間の流れを書き、誰がどの時間に、何をしたかを記録し一覧表にします。

時間簿はすばる舎のホームページからダウンロードできます。
http://www.subarusya.jp/for_reader/for_reader.html
時間簿と週間簿の二種類。



このように、「主婦の時間」の特徴や自分自身の時間の使い方を客観的に把握すれば、
無理をしたり、無駄をしていた個所を解消する事だけでも各段に時間使いが上手になります。

チャートがあって、自分は「マイペースタイプ」でした。
自分のやりたい事が決まっているタイプです。やりたい事が一杯。
まず自分の事を中心に時間を使う傾向がありますから、
他の事をする時間が不足します。つい家事が後回しに…


時間簿のチェック項目14条
①今日の目標が幾つ達成できたか
②何に一番時間を取られたか
③一番忙しい時間帯はいつか?
④「自分の時間」はどれだけあったか?
⑤無駄な時間の使い方だったと思う項目はあるか?
⑥無為にぼーっとしていた時間はあるか?
⑦やろうとした事が中断されているか?
⑧家族の時間はどれだけあったか?
⑨夫婦の時間はどれだけあったか?
⑩どんな時にイライラしたか?
⑪長話・電話はしなかったか?
⑫行動に迷ったり、探し物で時間を取られなかったか?
⑬出がけにバタバタしなかったか?
⑭一人でいる時にやろうとしていた事が終わらず、夫や子供の帰宅間際になって慌てなかったか?


以下を念頭に置いて一週間の予定を立てると合理的に時間が使えます。
・身体を動かす事(掃除・庭の手入れ等)
・人を相手にする事(学校の懇談会や役員会・サークル・親戚付き合い等)
・事務的な作業(銀行・郵便局・役所関係)
・頭を使う事(資料作成・会報作り・家計の管理・財テク等)
・趣味的な事(自分の好きな事をして過ごす)


朝の時間帯
①身支度は前の日に準備しておく
②テレビを消して支度に集中
③夜の内にお弁当を作っておく

登校・登園時間
④10分早く行動する
⑤時計の針を10分早める

家事のやり方
⑥家事は場所別にまとめて行う

夕方の時間帯
・留守電やファックスを活用する
夕食後の時間帯
⑦メリハリよく時間を使い分ける
夜八時台の過ごし方
⑧子供達に明日の準備をさせる
⑨子供達を30分早く寝かしつける
子供が寝た後の時間
⑩「ながら行動」か「すきま時間」を有効活用
⑪やりたい事がすぐ出来るようにしておく



時間簿のチェックの仕方
「時間簿」を数日か1週間つけたのちに、ラインマーカーで色分けチェック
①時間が決まっていた事 赤
②その時にしか出来なかった事 オレンジ
③その時にやった方が良かった事 黄色
④いつでも出来た事 青

こうして良く良く眺めてみると、青を黄色よりも優先していたり、
赤の前後に何か他の用事を入れていたり、或いはなんとなく惰性で行動していたり、
非合理的な部分が浮き上がってきます。

毎日の雑多な行動の中で、何を切り捨てて何を優先させるかというのは、
案外難しい事なのですが、時間使いが上手な人はこうした優先順位を
自然と意識して行動しているものです。

「時間簿」で自分の行動パターンをチェックして、問題がある場合は反省し、
メリハリよく行動出来るようになると明るい未来が待ってます(笑)



相談者へのアドバイスで耳が痛かったコメント

「時間がない」のではなく、自分の好きな事を優先して生活パターンを作っているので、
掃除や片付けの時間が取りにくくなっているだけではないでしょうか?
毎日一箇所ずつ掃除するとか、子供より15分ほど早起きして掃除と片付けをするのも◎

はい、気をつけます(T T)

AD

コメント(3)