『 明・楽・元・動 』 (ひまわりほーむ社長・加葉田) ・・・日々の想いなどをブログにしています・・・よければ入ってみてください

[明るく・楽しく・元気に・前向きに動く]は
ひまわりほーむ社長、加葉田の信念(気持ち)です
どうせ、生きていくならーーどうせ、仕事をするなら
どうせ・・・なら前向きで、プラス思考が一番ですよね
・・・ありがとうございます

ひまわりほーむ ホームページ てね!!

たのしい社員紹介もあるよ

クリック↓↓

ひ 住宅を真剣に考えませんか?

                        住いは家族のこころが映ります

              子どもたちが、ちゃんと育つためにも住いは大きな役割を持ちます 


テーマ:
いつもありがとうございます。

子供を天才に育てる提案です。

子供の集中力を高めるために一枚板の無垢材
厚さは40㎜~70mm(なんて肉厚!!)

暖かみがあり、手触りも良く心地良い
ヒノキやヒバ、杉等の“お勉強カウンター”を子供達に
環境として与えてあげましょう。

リラックス効果もあり、集中力も増してきますよ。
更に更に、香りの効用、これは大きいです。

将来は、東大生?という効果だけでなく
人にとって香りは、心を落ち着け人の
優しさを育ててくれます。

自然素材の家、作ってみませんか?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもありがとうございます。

子供を天才に育てる!
ひまわりほーむからのお話です。

国産材だけの無垢のフロアを使ってみませんか??

あえて節のあるヒノキの床材、松や杉の床材
小さいころから素足で本物の木に触れさせ感じさせる

素材の暖かみや、空気を綺麗にする感性
素材によって子供の感性を磨く・・・

そうやって感性を磨くことで、あなたの大切な
子供が将来の東大生やJリーガーになるかも!

無垢の木は『心と体の健康』
そして、『教育』にもつながります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもありがとうございます。

35坪(5LDK+α)で子供が天才(Jリーガー? 東大生?)
になる工夫たっぷりの家作れます!
例えば想像してください、うちの子が天才になったらー

うちの子が天才になったら、東大生になったら
こんな想像を現実にするために、家づくりから
考えてみませんか?
子供の成長は『家・住まい』が大きく影響します。

≪勉強が好きになる≫
≪挨拶がちゃんとできる≫
≪人を思いやる心が育つ≫

そんな環境作りを今から考えてみませんか?
子育てに本当に大切なこと、
私達ひまわりほーむが提案したいと思います。

みなさんは『家づくりと子育て』そんな相関関係
どんなふうに考えていますか??


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
能登の山が、海を育てる

3回と言いましたが、短く追加します。
ひまわりほーむ社長ー金沢兼六の家ーブログです。

能登の山が、ズワイガニや、笹カレイ、ブリを育てる
って、本当のような、嘘のような話なのですが
本当です。

山林が荒れると
海が綺麗にならない
「魚がいなくなってしまう」と言われます。

山林が綺麗になると、水が浄化されて
山からの水が 綺麗になる
水が綺麗になると
栄養のある綺麗な水が海に流れ込む

すると、海が豊かになり
プランクトンを始め滋養ある海になる
すると、魚が住み着く豊かな自然が生まれる

そうなんです!
山を育て、木を育てる事は
海を育て、魚を育てる事
つまり、そんな大切な事なんですね

Co2 の削減と言った事だけじゃなく
一歩下がって見てみると、
こんな面も見えてきます。

ありがとうございます

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもありがとうございます。

先月号に引き続き、月刊BOSS7月号に
私の記事が掲載されました。(後篇)

前回と同様、家に関する私の思いを語っています。
今回は、品質、木材の仕入れ、今後の目標などを中心に
お話させて頂きました。

よろしければ、是非お読みになってください。
よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもありがとうございます

ひまわりほーむ➖金沢兼六の家
社長の加葉田です。


3・ひまわりほーむでは能登ヒバというものを使っています。

日本でも能登にしかない、非常に強くて香りが良くて、
しかも耐久性や耐不朽性に強い、非常に優れた木です。

ただ残念な事に、能登半島にしか植林
できていない事から、
量も非常に少ない為
国内に出回る事があまりありません。


そんな希少な能登ヒバでさえ、
全然売れてなかったのです。

原因は?
そう価格です!

一般に出回っている欧州赤松(レッドウッド)や、

ホワイトウッドと言う集成材は非常に安い、
本当にに安いので、
ほとんどの大手メーカーは
言うに及ばず、
大手だけではなく
中小の工務店でさえ、
当たり前に使ってしまっています。

能登ヒバだけでは無いのです。
実は国産のヒノキは、非常に安く手に入ります。
ビックリする程安く手に入ります!

何でかって?

お分かりだと思います。

先程のように、輸入物の集成材が横行していますので
少しでも価格の高い国産材が使われないのです。

需要と供給の関係ですね。

昔は神社仏閣にしか使われないと言われたヒノキ。
ヒノキ御殿と言われたような無垢のヒノキの家

比較的簡単に、皆様の家に使う事が
出来るようになりました。

これはある意味朗報ですね!


少しだけ工夫をすれば自分の家に
国産の無垢ヒノキの木を生かす事ができます。
いかがでしょうか?

お付き合い頂きありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひまわりほーむの社長ブログです。
今回は木材の事を3回シリーズで書いています。
ありがとうございます

2・再生可能な資源としての木材

前回お話ししたように、
「植える⇨育てる⇨利用する⇨植える」

という循環が可能な物として木材があります。

今回は特に、国産材を使う事の重要性をお話しします。

以前、南方の国や島々の木材を
エコノミックアニマルと
呼ばれながらも、
木々を伐採し、伐採し、伐採しつくし

その国の環境を破壊した苦い経験を
我々日本人は持っています。


これは、植える=植林して循環させる
と言うことを
しなかったがための出来事です。

近年の日本の事情は、このアジアで起こした
自然破壊とは
また違った現象が起きています。

戦後植林された杉や桧などが
50年前後でCO2の吸収が
抑制されると言われます。

つまり、それ以上大きくなっても
二酸化炭素を酸素に変える力がなくなってくるのです。

そこで二酸化炭素の固定化と言う概念が生まれました。
前回お話したように、木造住宅と言う形で
街の中に森を作ると言う事ですね。

その上で若々しい木々を山に再度植林する

これが循環です。

ところがところが、
日本は戦後植林された木材が非常に多いのです。

先程お話したように50年60年以上経った木材が
山に固定化され
てしまっています。
これを活用しないと二酸化炭素が山に固定化されるだけで、
生きた使われ方をしない事になります。

その為に国産材を使うという国の政策が生まれています。
この為に国の方では国産材を使う住宅には
補助金を出したり等いろいろな工夫をしています。

ありがとうございます
次回に続きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
首都圏では金沢兼六の家
ひまわりほーむのブログです。

お付き合いありがとうございます。

1・CO2=二酸化炭素の排出量

世界中で課題となっている
炭素の固定化についてお話しします。


木を植える=植林することで、木はCO2を吸収し、
酸素を供給してくれます。

この木を伐採し、製材して住宅に使われる場合
この木に含まれる炭素の長期固定が可能に
なる訳です。

これまで、
30年間しか持たないと言われる日本人の
住宅の場合には、
30年間しかCO2を
固定出来ませんでしたが、

欧米のように100年~200年持つ家を造って
残していった場合、

伐採してでも長期間炭素の固定化できるのです。

木材の重さの約50%が炭素と言われています。
例えば、10トンの木材を住宅に使うとすると、
5トンもの炭素を固定化できます。

木造住宅は一軒で5~6トンも固定出来るのですから
100棟の街並みは500~600トンを固定化する
もう一つの森なのです。

住宅地が森!
何か不思議な気がしませんか?

次回もこの続きをお話しします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもありがとうございます

ひまわりほーむ=金沢兼六の家 社長ブログです。

皆さんの家造りの参考になれば幸いです。

山に資源が増えています。
戦後植林された木が、どんどん大きく育ちました。
これこそが人類にとって、大きな大きな資源といえます。

木材というのは、再生可能な資源です。
植える⇨育てる⇨収穫する⇨製材⇨住宅木材(固定化)⇨植える
と言うように、サイクル化します。

それによって、地球という環境にも、
治山・治水にも、
海洋生物の生態への寄与にも
生きるのです。


どうでしょう一緒に考えてみませんか?

次回から3回にわたりお話をしていこうと思います。
お付き合い下さい。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもありがとうございます。

現在発売中の、月刊BOSSという雑誌に
私のインタビュー記事が掲載されています。

どんな家づくりをしたいかなど、私の思いを語って
いますので、よろしかったら、是非ご覧になってください。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。