口先だけではなくて。

テーマ:

自分がどれだけ口だけで良いこと、偉そうなことを
言って行動が伴っていないかということを最近、
思い知ります。口先だけではなく、動くという
お手本を先生から見せてもらっているはずなのに、
その姿に感心しているだけで自分が動けていない
ことが多いです。

私は、真由美先生みたいになりたい、なんて
大きな夢を口に出していましたが、言っている
わりには先生から教えてもらったことが
できていなかったり、「五次元スクール生です。」と
いうわりには5次元スクールで教えてもらっている
ことが日常生活で活かしきれていなかったり。。。
先生からの教えは普通は知れないこと、とか
ありがたい、とか口では言うけど、行動でその
大切さを見せることができていなかったり。。。
自分の行動を客観的にみて評価すると矛盾だらけで
おかしい。のに、このことすら自分で
気づけていないことがあったり。
このままではいつか5次元スクールに通えなくなって
しまうと、最近の私は危機感を感じています。

口だけで動けていない人は私も含め、先生からの
信用は次第に低くなり、いずれ0になっていくと
思います。
もし、私が先生の立場だとして口先だけの人から
「教えてください。」と言われてもそういう人には
教えたくもないし、関わること自体が時間の無駄だ
と思うだろうと想像できます。
これまでの長い間、先生はこういう人たちにも
時間をかけて根気強く教えてくださっていました。
それをいいことに、先生の善意からの優しさを使い、
変わろうとしなかったり、いいとこ取りをしようと
していた人が何人もいました。悪く言えば自分の
都合で困った時だけ先生を利用した人もいました。
でも、そういうやり方をした人たちはみんな
消えていきました。どこかで偶然見かけることが
あってもその人たちは別人かと思うくらいやつれて
見えました。このことからも、間違ったやり方を
しては絶対に幸せにはなれない、ということが
目に見えてわかります。

進化し続けている五次元スクールで生き残るためには
自分も進化し続けないとふるい落とされてしまう。
その緊張感を持っている五次元生は努力を
続けるはずですから幸せな人生が必ず手に入る
のだと思います。

私は五次元スクールに通い続けて、先生の元で
学び成長していきたい。この強い気持ちを
持つだけでなく、気持ちに見合う動きをすること。
ふるい落とされないように、自分を締め直して
とことん動きます。

ひまわりまりな

AD