読み書きの力は失いにくい!

遊びながら着々と、

自力読みが出来るチカラをつける!

 

をモットーに、

Jolly PhonicsとRazKidsを使った

幼稚園児・保育園児対象のレッスンです。

 

講師とお母さん(ご家族)が協力して、

子どもの英語力を育みますGood!

 

読み書きのチカラをつけることを軸にしていますが、

「英語で遊び、英語で学ぶ」ので、

リスニング力も、スピーキング力も、

身についていきます。

 

 

Kids Lessonで目指すこと

 

1Jolly Phonicsで学ぶ42音を、文字を見て音を言えるようになる

242音を「子音・母音・子音」でブレンディング出来るようになる

3なんとなく同音異綴の存在に気付く

4Sight Wordsを覚える

5RazKidsレベルCの絵本を初見で音読出来るようになる

 

と、目標をたてていますが、

子どもたちの様子をみながら、

臨機応変に対応していきます。

 

2016年5月にスタートしたKids Lesson。

 

3年たって、

2012年生まれの子どもたちが幼稚園を卒園する頃に、

より具体的で現実的な、目標を立てたいと思っています。

 

※現時点でご参加いただいている保護者のみなさんには、

この点をご理解いただいた上で、お子さんをお任せいただいておりますごめん

 

 

主教材「Jolly Phonics」について

 

主な使用教材は

Jolly Phonics Activity Bookです。

image

image

 

これらのActivity Bookを使用して、

まずは英語の42個の音と文字を学びます。

 

当教室では、

幼児期の学習は「教室にお任せ」ではなく、

「親子で取り組む」ことを大切にしたいと思っております。

 

例えば4歳の子どもに「宿題をしなさい」と言ったところで、

まず出来ないですよね。

「勉強しなさい」というのも、ナンセンスです。

 

親のフォローなしで、英語学習は成り立ちません。

 

6歳までは、親子で遊びながら

英語のある生活を送って欲しいと思っています。

 

教室では先生と学び

家庭ではお母さんと遊び

大人同士の連携をしっかりと持ち

子どもには“英語学習”と思わせないように、

着々と基礎力を育むのが、

何よりも大事だと考えております。

 

 

そのため、保護者のみなさんにも、

Jolly Phonicsについて知っていただきます。

 

というのも、

お母さんがJolly Phonicsの特徴を知らないと、

お子さんがレッスンで何を学んでいて、

おうちで何をみてあげればよいのか、

わからなくなりますし、

先生とお母さんのいうことが違っては、

子どもたちが混乱してしまうからです。

 

 

例えば。

Jolly Phonicsで、音を学んだ我が家の長男は、

bagの綴りを見ると、

ッブ・ア・グというようにフォニックス読みで読んでいきます。

※実際はカタカナでは書けない音です。

 

しかし、Jolly Phonicsを知らない夫は、

「ブアグじゃないでしょ。ビーエージーでしょ。」

と、明瞭なカタカナでツッコミを入れます…。

 

vanという綴りの最初の文字をみて

「ヴィー」という長男に対し

「ビー?ビーじゃないよ、ブイだよ!」

と言ったりもします…。

 

 

Jolly Phonicsを知っているお母さんたちにとっては

笑い話になる、この我が家の風景。

 

Jolly Phonicsを知らないお母さんたちにとっては、

なにが笑えるのか、きっと伝わらないと思います。

私の夫と同じように、ビーエージーと言ってしまう方も、

少なくないと思います。

 

でも、それが普通といえば普通です。

我々親世代は、“フォニックス読み”を知らずに育ったからです。

 

 

せっかく子どもたちが教室でJolly Phonicsを学んでいても、

お母さんたちが家庭でこういうフォローをしてしまうと、

お子さんは混乱します。

 

レッスンの内容を、お母さんたちにもご理解いただき、

ご家庭でも、同じ目標を持ってフォローしていただくことが、

幼児期の英語学習では、非常に大事だと考えております。

 

そのため、当教室の幼児対象Kids Lessonは、

お母さんがJolly Phonicsについて知っている方

(大人のフォニックスレッスン受講者、または同等の知識がある方)

を対象にさせていただきます。

 

≫ Jolly Phonicsで学ぶ!大人のフォニックスレッスン 前編

 

image

 

そして、3か月に1回は、

保護者様も一緒にレッスンに参加していただきます。

 

おうちでは見られないお子さんの姿を、

見ていただくためですスキ

image

 

レッスンでの遊びの様子を直接みていただくことで、

おうちでの遊びに活かしていただきます。

 

ご自宅でお子さんに

「英語を教える必要はありません。

あくまでも、レッスンで使う素材(主に手作りおもちゃ)と同じもので、

おうちでもご家族で遊ぶ環境を作っていただければと思います。

 

≫ おうちでの遊び(ゲーム)を、こちらで紹介しています

 

 

image

 

 

 

 

副教材「Raz Kids」について

 

1回45分のレッスンのうち、

30分間はJolly Phonicsで音と文字を学び、

15分はRazKidsを使って、絵本の音読と内容確認のプリントをします。

 

ただ文字を読むだけではありません。

 

dogは犬だよ、と単語の意味を直接教えるのではなく、

例えばdogのジェスチャーをして意味を推測させたり、

「4本足、ニオイをかぐのが得意、人間のペットになる動物はなんだ?」というようなクイズを英語で出し、子どもにそれを推測させるなど、五感を使って内容を理解していきます。

 

また、読んだ後にもクイズ(問い掛け)を出すことで、読解力の基礎を育てていきます。

 

image

 

レッスンで読んだ本をご家庭でも読み、

ご家庭での練習の成果を、レッスンで発表する機会を作っていきます。

 

RazKidsのシステムについては、こちらをお読みください。

 

 

 

Kids Lesson概要

 

≫ Kids Lessonの様子はこちらでご覧いただけます

 

ハート対象:

2010~2013年度生まれ

 

ハート日時:

木曜日 14:45~15:30(年少・年中) 1名募集

金曜日 14:45~15:30(年少) 満員

土曜日 10:00~10:45(年少・年中) 満員

土曜日 11:00~11:45(小学1年) 満員

 

ハート場所

平日前川教室(アクセスはこちら

土曜 … 柳崎教室 

 

ハート入会金:

2,000円(共通備品の購入に充てさせていただきます)

 

ハートレッスン費: ※1

月4回コース … 月謝 6,000円(年間40回)

月2回コース … 月謝 3,500円(年間20回)

単発 … 2,000円

 

ハートお支払方法: 

毎月末日までに、翌月分をゆうちょ銀行にお振り込みください。

 

ハート教材費:

Jolly Phonics Workbooks … 4,000円(必須)

Jolly Phonics Activity Book … 8,500円(任意)

RazKids … 年間利用料は月謝に含みます

BBカード … 5,000円程度(任意)

図書利用費 … 年間3,000円(任意) ※2

 

ハート定員: 各日5名

 


※1 レッスン費について

毎月月末に、翌月分の月謝をお支払いください。

振替レッスンはありませんので、お休みした分は他のクラスにご参加ください。

月4回コース、月2回コースとしてありますが、月によってレッスン回数が3~5回と変動します。年間を通してそれぞれ40回、20回になるように、ご参加ください。

レッスンは、新しい音の回・復習の回を交互に行います。レッスン内容は都度LINEグループにてお知らせいたします。

月2回コースの方は、単発でレッスンを追加することが可能です。適宜都度払いでご利用ください。

お支払いいただいた月謝について、払い戻しはいたしませんので、ご了承ください。

 

※2 図書利用費について

講師が所有している英語絵本を、1回のレッスンで2冊まで貸出いたします。ご希望の方は都度お申し出ください。図書貸し出しは柳崎教室でのみ可能です。

 

 

 

クリック 日時と空き状況をこちらでご確認の上お申し込みください

 

 

 

子育ては 楽しく 賢く 美しく♡

学べて遊べる親子の時間

親子英語 |大人のフォニックスレッスン

おむつなし育児読み聞かせ親子サークル

走る人アクセスパソコンWEBサイト

ラブレターinfo@himawarioyako.com 

 

AD