テーマ:
マジ勘弁です。
名古屋で先週金曜に出荷された物が今日になっても埼玉に着きません。
お客様は超お怒りです…。
カン○ルーの西○も電話がつながらないし!

おかげで今日は一日電話口で謝ってばかりでした…。

明日の予定:陳謝3件


こんな夜はマーラーを聴きながら寝よう…



ねつけない…
AD

一周年

テーマ:
このブログも一周年です。
書き始めた去年は恐ろしくやる事がなく、暇の慰めに始めたものですが、その時とは比べものにならない程の最近の忙しさです。
どっちが良かったのか悪かったのかいずれともつきませんが、あの暇な時間が遠い日に感じられます。

このまま忙しさに流される人生なんてやだなぁ、な忘年会帰りです。
AD

生協の白石さん

テーマ:
最近、ブログ発の本がベストセラーになったりしてますね。
今日、本屋で見かけた「生協の白石さん」
東京農工大学の生協職員白石さんが、学生からの「生協に~を置いて!」などのリクエスト投書に対してユニークなコメントをつけて回答していたのに学生の一人が注目。
自身のブログで綴っていたのが注目を集めて、遂には出版。
ブログの著者も白石さんも大学の名を上げた!ということで表彰を受けたみたいですね。

明治じゃ無理だよね。
生協ないし。
あった時もおっかなくて仕方なかったし。
回答を求めた人が次の日には○捕されてたり、ひどかったら○んじゃってたりするし。
多分、回答の掲示は妙に角張った文字になるだろうし…。

学生「愛は生協に置いてますか?」
生協「一緒に三○塚に行きましょう。打倒○○内閣!」

みたいな。ブルブル
AD

「最後の恋の始めかた」

テーマ:
この週末は何もせずに過ごすつもりでしたが、部屋の掃除をしていたら、会社の近くのTSUTAYAで借りたDVDの返却期限が今日なのに気付く。
返しに行くついでに借りてきちゃいました、ウィル・スミス主演「最後の恋の始めかた」
公開は確か今年の春だったと思いますが、例によって観ようとしたら終わっていました。


ウィル・スミスが演じるのは恋愛コンサルタント。
恋愛に自信のもてない男をクライアントとして恋愛の手伝いをする。
今回のクライアントはさえない会計士(日本ならその職業だけで十分魅力的な気がしますが)。彼は資産家セレブに恋心を抱くも高嶺の花と諦めモード。
しかしながらウィルの後押しで恋は順調に進展。
そこにセレブのスクープを狙うゴシップ女性記者(←実はウィルが思いを寄せている)が絡んで事態は紛糾。
その中でウィルは本当の自分と恋に気付き始めて…。

オシャレなニューヨークを舞台に恋に不馴れな大人の恋愛模様(なんだか文学的…笑)を好感の持てる描き方がイヤミがなく、共感がもて、楽しく鑑賞できました。
ロケは全てニューヨークにて。素敵な街ですね、ニューヨーク。
東京で撮ってもまた違う魅力ある映画になったんだろうなぁ。
ま、日本人にあんなクサイ振る舞いを連発されたら、それこそ白けてしまうでしょうが。

恋愛に関するメソッドはあまり参考になりませんでしたが、ちょっと背中を押してくれるようなほのぼのとしたロマンス・コメディでした。


とは言え…

クリスマスを前に観るんじゃなかったなぁ…はぁ