おぉ、我が明大前

テーマ:
練習の終わった現役幹部様と同期のGCと明大前で飲んでいました。
なんでお前いるんだよ?くらいの勢いで同期の顰蹙を買いましたが、すみません、私も現役と飲みたいのです…。

懐かしの宮古で飲んで食べて3時間弱。
ちょっといろいろあった最近だったのでとてもいい気分転換になりました。


帰りに眺めた明大前の風景は思い出よりも小綺麗になってましたけど、空気感はまさに夏の練習帰りそのものでした。
京王線のホームから眺めた景色に、あの頃何を考えて日々を送っていたんだろう?なんて少し泣きそうになりました。

明日からお仕事です。
もう8月。一人立ち目指して向上するぞ~
AD

渋谷に来ました

テーマ:

渋谷に来ました。ネットカフェに入って久々にパソコンからの更新です。

入力も速いし、誤字や変な文章にも気付きやすくていいですねー。早く自宅にパソコンが欲しい…。


実家は横浜ですが、中学生の頃から楽器やらCDやら本やら遊びに行くのはもっぱら渋谷だったので愛着のある街です。

この猥雑な街並みに若さがあふれているのがいいんですよねぇ。

そろそろ私も渋谷がきつい歳でしょうか…。


シネライズに「ヒトラー~最期の12日間~」の看板が出ていました。

これは見たかったのですが、この後明大前で飲む予定なので断念。

スキンだけ変更。


中浦和から電車一本、ほんの小1時間で出られるのに、どうしてこうも違うかねー。

AD

「レディキラーズ」

テーマ:
やっぱり週末はDVDな今日この頃。

トム・ハンクス主演のコメディ(であると私は信じています。TSUTAYAの紹介ではクライムなんたら~とあったけど)。
この映画、実は一度劇場で観ていて、当時好きだった娘に誘われて観に行った思い出深~い一本です。
普段、一回観たことのあるものは借りないのですが、1週間レンタルOKになっていたので借りてしまいました。

ミシシッピ川に浮かぶカジノ船。その地下金庫を目指して、新聞広告で集まった一癖も二癖もある男達が掘り進む。出発点は人のいい老未亡人宅の地下室。彼らはバロック音楽のアンサンブルを装い地下室を借り、様々なトラブルを乗り越えて…。

「え?タイトルと内容が繋がらなくない?」
そう思われたあなた!是非借りてみて下さい。面白さは保証します。アメリカ嫌いの私も唸った面白さです。


で、こんな面白い映画をチョイスした彼女のセンスの良さに、若かった私は恋愛の深みにハマっていくのでした…というのは懐かしき青春の1ページ。
AD

そうは問屋が卸さない

テーマ:
今日はなかなか早く帰れたし、仕事もトラブルの芽を未然に摘めたし、気分良く家に帰ってきました。

で、フジテレビをつけるとテレビ版「電車男」
伊東美咲可愛い~、と思って見ていると、電車男が携帯メールを打つシーン。
電車男の手に握られているケータイ…俺のとかぶってるよ…。

なんだかなぁ…

銀ブラ

テーマ:
銀座に行ってきました。大宮の南銀座ではないですよ。

わりと涼しくてウインドーショッピングにはうってつけでした。

メガネを買おうとお目当てのメガネ屋へ。たくさん有りすぎるのとよく見えないのとで二の足を踏んでしまい結局買わずじまい。
お気に入りのブランドショップの前まで行くも敷居の高さに思わず退散。

結局、いつものセレクトショップでポロシャツ1枚買って浦和に戻りました。圧倒的な大人力不足ですな。

しかしながら、インテリア業界に身を置く者として、銀座のお店の内装は非常に勉強になります。今度はたんまりお金ためてから行こうっと。

で、浦和の伊勢丹でシャツを衝動買い。銀座まで足伸ばした甲斐なしです…。

来週こそメガネ買わなきゃ。いい加減度が合わなくて運転が危ないもんで…