【常時疲労状態】―意識のバトルロイヤル―

ブログ主:天涯孤独・躁鬱病・セクシャルマイノリティー。

苛め・ヒキコモリ・寝たきりの親の看護・看取り経験あり。

こんな人間のぼやきです。


テーマ:
閉園 「美人で独身の女の人は、性格が悪いイメージがある」

と、ある人が言った。

そんな風に考える人もいるんだー。

では私のように〝美人じゃない独身〟は?

もしかして「可哀そう」とか思われてる??

……ま、いっか。

そんなの想像するよりやること山盛りあるもんね~。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
               家族家庭って

               何だったんだろう。

               要らないと思ってたけど

               独りになったら凄く心細いね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「 私を!! 」

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
       この季節には身体も不調になる。

       心もダメダメになってしまい、悲しさ・寂しさ・虚しさで一杯になり

       ついメールでもイジケタ事を書いてしまう。後で自分が恥ずかしくなる。

       今までどうにか自分を納得させようとしてきた。

       辛い事が多くてそれを言葉にも出来なかったが

       子供の頃は「これは修行・試練なんだ」と思ったりもしたし

       ここ10数年は「無駄な事は何も無い」と考えるようになった。

       しかしそれでも苦しくてどうにもならない時が往往にしてあるのだ。

       やっぱり無理してるんだよね、いつも。

       無理しないと生きてられないというのも事実だし、困ったね。

       心身共本当に休息出来ればいいんだろうな。

       生活の不安が少しでも減る事も大きい。

       どっちも私には難題だ・・・。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
敢えて     12月は

    母が緊急入院して手術した月

    父が他界した月

    私が独りになってしまった月だ。

    4年前は本当に酷い状態だった。

    それまでにも沢山のことがあって
 
    もう耐えられないと思いながら生きてしまっていたけれど

    それ等とはまた別の苦しみに苛まれていた。

    あれから丸4年・・・早いけれど様々なことがあった。

    5年目からの私は〝ようやく花開く〟ような展開になって欲しい。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
         元々は、下手なイラストなど入れたりして、年賀状を出していた。

         しかし4年前に両親が他界してから、出さなくなってしまった。

         何か私の気分として、切れてしまったものがあるのだ。

         年賀状で近況を知る事も多かったので、やり取りがなくなってしまうのは寂しい。

         だから来年も頂くのはオッケー牧場★って…年賀状の催促ですか結局・・・。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
      やっぱり実際独りで全部背負うのは厳しいね。鬱病だからと免除して貰えない事が殆どだし。

      離れていても、時々話せる肉親がいて、家の具体的なアレコレを聞いて貰えると違うんだろうな。

      母が倒れて12年、両親が他界して4年。アッと云う間だけどきつかった。

      それ以前からずっと苦しかったけれど。

      8歳から自殺を考えていて、此処まで来たのも奇蹟のようなもの。

      自殺だけではなく、きっと様々な危険にも遭遇してきているだろう。

      今もどうしたらいいのか判らなくて、頭が噴火しそうになる。

      亡き両親(特に父)に対しても未だ赦せない部分がある。そういう自分が又厭にもなる。

      どこまでやっていけるのか全く予測は付かないし、やっていく自信もない。

      全部放棄したいけれど、結局する勇気もなく過ごす毎日。疲れた。

      ・・・ふ~今日もグダグダ書いてしまった。夜には少し気分が上がるかなー。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大まかにこれまでの境遇・現在の状態を語る機会が度々ある。
言葉を失われることも多いのだが、私自身こうなるとは予想していなかった。
「人生設計」など立ててはいなかったが、考えるほどに悲しくなる。
不健康で天涯孤独はちと厳しいよ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんなに寂しく心細いとは・・・。
独りきりになるだろうと、想像はしていたけれど
実際になってみると、幾ら独り好きの私でもかなりキツイな。

余程気持ちの通じない場合を除いて
(↑これは私も経験あって参ったので除かせて貰います)
近くに居ないとしても、親、兄弟姉妹、子、姪甥、、
電話で近況報告をするだけでも違うと思うんだよね。
誰もいないのは、「置き去り気分」に拍車が掛かる。
今更出来るものでもないし、仕方ないけれどね。

〝当然〟〝平凡〟と思われがちな物事・暮らしは
とても貴重なものだ。(度々同じ内容ですみません)
家族や、交流のある親族を持つ皆さん、大事にして下さいね!
・・私も人やモノや諸々、大切にしないとイカンな。。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。