【常時疲労状態】―意識のバトルロイヤル―

ブログ主:天涯孤独・躁鬱病・セクシャルマイノリティー。

苛め・ヒキコモリ・寝たきりの親の看護・看取り経験あり。

こんな人間のぼやきです。


テーマ:
haru 看護介護を受ける側もかなり厳しいと想像するのだが

被看護介護者の心身の負担も相当に大きいものだ。

私は今でも自分が看護した事が不思議でならない。

性格や重い鬱病で「そんな事私には無理だ」と思っていたから。

心中も考えた。自分がいなくなって母が何処かに預けられ

粗末な扱いを受けたらどうしようと思うと苦しくて耐えられなかった。

母を看る事、父を看取る事が私の役割だったのだろうと感じる。

それらがなければ私は何もしてこなかったと同様の気さえする。

しかし未だに残るあの頃の辛さ…

その前の辛さ、その後の辛さ…結局これまでと現在の辛さを

いつもいつも背負って抱えて潰れそうになっているのだ。

ここら辺で区切りを付けたい、、そうでないと苦しくて

いつまでももがいているだけになってしまうだろう。

最後は自分だ。自分を信じて解き放って突き抜けたい。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
中~重鬱で寝たきりの母を看ていた時は厳しかったなー。

それ以前も辛かったし今もキツイんだけど

あの頃の心身の負担が未だ残っている程だ。

・・・今日も堕ちてて眠りに逃げたい気分です。。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
鮮やかに     母を看護し、父を看取った経験は、私にとってとても重要だ。

    あらゆる事に中途半端であった私

    そして絶対に無理だと思っていたそれらの事を

    悔いを残しながらもどうにか為せた。これは大きい。

    又この経験を通し、私は更に人の弱さや強さを知ったのだ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
積雪後の黄昏 何度か書いている事だが、看護をしていた頃

心身の負担が余りに大きかったのと、鬱で食欲不振に陥ったりして

体重が30kg台に落ちてしまった。アッという間に。(白髪は一気に増加)

しかし、看護がきつくて、また鬱で食べられなくて痩せ細ったという事を

予想以上に解って貰える事が少なかった。

それが辛かった。

ここ2年で知らぬ間に体重は元に戻ったプラスで

人生で再十両、じゃない、最重量になりました。

10kg増えるとやっぱり重いねえ。。

肉が付いて嬉しい部分と悲しい部分があるしなー。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
               母を看ていた頃の年末年始は

               いつも以上に厳しく又、不安だった。

               関係各位が休みだったからだ。

               心身の負担・落ち込みで

               私は毎年酷い鬱状態に陥りながら

               看護していた。

               お正月なんて私にはないんだ!

               と僻んでイジケた。

               「何とか年を越せたー」という安堵もあったが。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
鉄塔茂原    両親のこと

   元気だった頃、病に倒れた頃、最期 ・・・・・・

   この頃は、両親にだって楽しみがあったのだから

   私が楽しんでもいいんじゃないか、と感じるのだが

   どうもダメなのだ。イケナイことをしている気がするし

   何より気力はないし。。すぐに親の姿が浮かんできちゃうのよ。

   まだ解放されていない親からの呪縛、、参るねー。

   解いていくのは自分しかないんだよね。仕掛け人は彼岸だし。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
         度々書いているが、年齢が65歳に達していないとか、病名がどうのとかで

         ディサービス、ショートステイ、最後の一年?は介護保険も受けられなかった。

         喋れも動けもしない、一級の障害者だったんだけどね。

         医療福祉看護関係で知り合った方々―

         とても信じられない言動に出る方もいたし、考えて下さる方もいたよね。

         やっぱり未だ生きてて欲しかったな。4年過ぎてもそう思う。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
視点     母が倒れ

    病院に泊まりで、付き添い看護をしていた最初の夏と

    在宅看護を始めた最初の夏は(←↑で2年続き)

    昨夏のような猛暑だった。

    看護と鬱でヘトヘトの上に、これは厳しかった。

    さて今夏はどうなるか…

    夏の雰囲気は好きなので、楽しめればいいと思うけれど。

                         人気blogランキング  
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

マーガレット?         
        伝えたい事がたくさんあり過ぎて


        何からどう書いていいのか判らない。


        未だに辛さや哀しみが残っていて


        冷静に成り切れないこともあるしね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
   父が亡くなった時、母が他界して半年後という事と、大袈裟にしたくないという思いから
   ご近所(それ程親密ではないので)にも知られないよう、密に独り葬儀の仕度をしていた。


   しかし…ちゃんといらっしゃるのです。人の不幸には敏感で、人の気持ちには鈍感な方が

   こちらは〝私しかいないんだから、私がやるしかないんだから〟と悲しみも憤りも堪え
   動揺を隠しながら必要なものを揃えていると、インターフォンが…。

   あーやっぱりだ。前々から苦手だったあの方が、好奇心ウズウズで来られた。
   そして根掘り葉掘り聞き出そうとする。しかし頑固な私は出来るだけ答えずにいた。

   好奇心が満たされぬ不満にあの方は仰った。
   「どこかの宗教にでも入ってらっしゃるの?まーそんなしゃあしゃあとして~」

   身内だけの密葬で行うと強調したのに、その方は葬儀場まで来て下さいました。

   戸を開けるなり、「まーどうして●●さんがこんな姿に~」とか叫んで号泣。参った。

   寝たきりの母の状態や、家の中も探りたがってたし
   最期に父が入院した日には、ある物をくれるのを口実に探りに来たし。

   父はちょっといい事言われると、コロっと騙されるから、余計な話もしたろうな。
   相手も父の、自分に都合のいい話を聞いていただろうから
   私は凄く悪い娘になっている筈。両親の葬儀でも涙は見せずに笑いを取ってたし。

   しゃあしゃあさんは、あちらこちらの方の情報収集をして、それを皆に広めて
   どうぞお元気でご活躍下さい。きっと長生きされる事、間違いなし!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。