2014年01月05日(日)

目の下の“たるみ”、実は脂肪が原因のことも!

テーマ:目の下クマとり バックホール法

明けましておめでとうございます。


お正月はどうお過ごされましたでしょうか?!


ゆっくり休めましたか?


さあ!仕事始めです。


今年もヒルズ美容ステーションのブログを楽しみにしていて下さい。


出来る限りわかりやすく、


美容の手術や処置、考え方などをアップしていきたいと思います。



2014年最初の投稿は“目もとの若返り”です。


今回は目の下の脂肪によって、


目もとが老けて見られるという症状を改善しようという試みです。



上の写真でもわかるように、


白い矢印の部分が目の下の脂肪によって生じた・・・“たるみ”や“クマ”です。


つまり、


目の下の脂肪が原因で老けて見られたり、


疲れて見られたりするわけです。


このような場合はどのように改善すればいいのでしょうか?




実はその原因となっている脂肪を除去することが一番ベストです。


よくそのたるみの下にできた凹みに、


ヒアルロン酸などを入れる施設もありますが、


逆にたるみを増やしてしまう可能性もあります。


ですから脂肪を除去して、ふくらみを改善させるほうが理にかなっているでしょう。



施術ですが、


まぶたの表側を切る必要はなく


下のイラストのように目の裏側から脂肪をとります


つまり抜糸の必要がありません




施術は局所麻酔で行います。


脂肪の周りには毛細血管が張り巡らされているので、


丁寧に止血していけば、


従って、


脂肪は写真のように血を出すことなく除去できます。


また目の裏側は口の中と同じ・・・粘膜ですので、


切ってもすぐに自然に閉鎖します。


つまり縫合する必要性がなく、抜糸が不要なわけです。


では経過をみていきましょう!




目の下のふくらみがなくなり、


ずいぶんスッキリしましたね。



いかがでしたか?


このバックホール法は、


皮膚の表面を縫いませんので、


翌日からお化粧ができます。


目の整形のなかでも、


比較的ダウンダイムの短い治療で人気です。



               丸山成一







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月08日(火)

目もとの若返り~下まぶた編~

テーマ:目の下クマとり バックホール法

今回は目もとの若返りのお話です。


目の下のシワの数が増えたり、


たるみが出てくることによって、


目もとは老化していきます。


また・・・


下記の症例のように、目の下の脂肪が原因で老けて見られることもあります。



ヒルズ美容ステーション


目の下の脂肪によって、“ふくらみ”が生じ、


たるみやシワが出来ているように見えます。


多くの患者様はこの状態の場合、


その“ふくらみ”の下に生じた溝に対して、


ヒアルロン酸などの注入を希望されますが、


実はこれが逆効果で、


“ふくらみ”を大きくしてしまいます。


ある程度水の入った風船に更に水を加え膨らませてしまうようなものです。


では・・・


いったいどうすればいいのか?


ヒルズ美容ステーション


実は原因となっている脂肪を除去してあげればいいのです。


しかもまぶたの表側を切る必要はなく、


下のイラストのように裏側から脂肪をとります。


ヒルズ美容ステーション


もちろん局所麻酔で行います。


脂肪は毛細血管が密に覆っていて、


丁寧に止血していくとほとんど腫れずに処置が出来ます。


写真でもほとんど血が出ていませんね。


では経過をみていきましょう!



ヒルズ美容ステーション


ヒルズ美容ステーション


ヒルズ美容ステーション



ヒルズ美容ステーション


脂肪を取り除くだけでかなりスッキリしましたね。


いかがでしたか?


バックホール法は、


糸で縫う必要もないので、抜糸の必要性もなく、


翌日から普通にお化粧ができるので、


働く女性でも問題なさそうですね。


目の整形のなかでも、ダウンダイムの短い治療です。



               丸山成一








AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2011年10月14日(金)

目の下脂肪除去による“クマ”治療

テーマ:目の下クマとり バックホール法

今回は・・・


下の写真のように、


ヒルズ美容ステーション  ヒルズ美容ステーション

目の下の“ふくらみ”が大きくなってくることで、


特に目元が、


クマのように見えたり、老けてみられる症例の治療です。



原因は目の下の脂肪ですが、


改善するには原因となっている脂肪を取り除くことがベストです。


では・・・どうやって行うかというと、


皮膚の表面を傷をつけずに脂肪だけを抜く方法があります。



ヒルズ美容ステーション


上のイラストのように下まぶたの裏側から脂肪を除去します。


では・・・症例を供覧しましょう。


ヒルズ美容ステーション  ヒルズ美容ステーション

赤い点線で囲まれた部分が脂肪です。


ヒルズ美容ステーション



横から見るとその“ふくらみ”がよくわかります。


施術は局所麻酔で行います。



ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション



ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

脹らみがとれ、目もとがスッキリしています。


特に最後の横から見る写真はよくわかりますね。



いかがでしたか?


この方法は、皮膚表面に傷をつけることがないので、


もちろん抜糸の必要はなく、


術後はすぐお化粧ができるので、


ダウンタイムのない治療としてオススメです!





               丸山成一








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月20日(金)

下まぶたの皮膚表面を“切らない”たるみ取り②

テーマ:目の下クマとり バックホール法

今回は前回の続きです。


下まぶたのクマやたるみの改善を、


皮膚表面を切らずに行う施術の実践編です。



まずデザインですが、


ヒルズ美容ステーション  ヒルズ美容ステーション


赤い点線で囲まれた部分の脂肪を取り除きます。


さて、実際の施術ですが、



今回は施術中の写真の代わりにイラストで示します。


ヒルズ美容ステーション



ヒルズ美容ステーション


では、施術直後の状態みてみましょう。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


左は施術前、右は施術直後の状態です。


直後なので少し腫れていますがスッキリはしましたね。


では6日後はどうでしょう。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

左は施術前、右は施術後6日の状態です。


腫れもひき、涼しげな目もとになりました。



斜めの角度、目を上に上げた状態もみてみましょう(全て右側は施術後6日の状態です)。


まずは斜め正面視の場合です。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


続いて正面上方視の場合です。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


斜め上方視の場合です。

ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


脂肪を除去したことで、


脹らみが取れ、スッキリしましたね。



ところで、


「目の裏側は縫わないのですか?」


・・・という質問をよく受けますが、


目の裏側は粘膜です。


また3mm程度しか切らないため、縫う必要がありません。


例えば、口の中は粘膜ですよね。


食事の時あやまって噛んでしまい血がでることがあると思います。


あの時・・・縫いませんよね。


その後は跡形もなく綺麗に治っていますよね。。。


そうなんです!


目の粘膜も同じで、縫わなくても綺麗に閉じてしまうのです。



いかがでしたか?


この方法(バックホール法)は、


皮膚表面を切らないので、当然キズも残りません。


また抜糸も必要ないので比較的気軽に行える人気の施術です。





                       丸山成一









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月18日(水)

下まぶたの皮膚表面を“切らない”たるみ取り①

テーマ:目の下クマとり バックホール法

今回は、目の下のクマやたるみ治療のお話です。


また、まぶたの皮膚表面を切らずに行うので、


抜糸の必要もなく、


施術後が楽な方法です。


では・・・どうぞ。。。



目の下のクマやたるみでご相談に来られる方の多くは、


以下のような経験をされ、


そのことをカウンセリングの時に話してくれます。



電車やバスの窓、あるいはスーパーの鏡に写った自分の顔を見て、



「“えっ!?いつの間に・・・私・・・えっ!?自分ではないわ!”


     ・・・と思って、もう一度みてしまったのよ先生!


        そうすると私だったんですよ。。。」



・・・と少し照れながら話してくれます。



そうなんです。


特に目の下のたるみは、その下に影をつくってしまうので、


疲れて見えたり、老けて見えたりするので、


別人のように見えてしまうことがあるんです。



今回のケース(30代女性)も・・・


同様に目の下のたるみを気にされていました。


下の4枚の写真は術前の状態です。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


目の下のふくらみを認めます。


これは目の下の脂肪が原因です。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


特に上を向いた時に、目の下の脂肪が前方に押し出され、


ふくらみが強調されている状態です。



このような場合は、


目の下の皮膚の表面を切ることなく、


下のイラストのように
ヒルズ美容ステーション


まぶたの裏側から脂肪を取り出すことで、


スッキリします。


皮膚の表面を切っていないので、


抜糸の必要がありません。



この施術は局所麻酔で行えます。


取り出す脂肪のまわりはとても血管が豊富にあり、


しっかり止血しながら行わないと術後の腫れに影響してきます。


丁寧に止血しながら行って、


両方の施術時間は45~60分ぐらいですね。



次回は実際の症例をみてみましょう!




                            丸山成一










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。