2016年06月16日(木)

白内障手術後の眼瞼下垂〜機能面だけでなく見た目も若返り〜

テーマ:眼瞼下垂
「眼瞼下垂」という言葉は広く世間に浸透し、

当院にも多数の患者様がいらっしゃいます。

その原因の多くは、

老化とともに上まぶたが下がる「老人性の眼瞼下垂」です。

その他の眼瞼下垂には、

「先天性の眼瞼下垂」

先日NHKのためしてガッテンでも放送されていましたが、

ボクサーなど格闘技で、

パンチにより目を上げる筋肉の付着部にある腱膜を損傷したり、

さらには花粉症などで目をこすることから起こる・・・

「物理的損傷による眼瞼下垂」

また、

「ハードコンタクト・レンズの長期使用による眼瞼下垂」

などなど多くの原因が報告されています。


私が現場で施術していて特に最近感じるのは、

「白内障や緑内障手術後の眼瞼下垂」の多さです。


この患者様は白内障手術後に下眼瞼下垂で生じた患者様ですが、

その他にも眼瞼下垂で来院される患者様に対して、

目の手術歴を確認すると、

白内障や緑内障の手術歴があります。

特に白内障の手術歴が多いです。

では・・・

何故白内障などの手術後に眼瞼下垂が起こるのかというと、

実は炎症が大きく関わっていて、

術後の炎症が強いと下垂する傾向が出てくるようなんです。

では先程の患者様に対して眼瞼下垂の手術を行います.


デザインですが皮膚の余りもありますので、

見た目の改善も考慮し余った皮膚を取るデザインを行います。

次に上まぶたの内側にアプローチして、





瞼板と挙筋腱膜を同定(探してみつける)します。

同定できればあとは、


挙筋腱膜と瞼板(瞼板上組織)とを縫い縮めます(挙筋の短縮措置)。

この作業により目が開きやすくなります。

つまり白内障後の炎症によって、

目を上げる筋肉(挙筋腱膜)や周囲の組織にダメージが加えられ、

挙筋腱膜が緩んでしまっていたので、

挙筋腱膜を短縮し瞼の開きを改善したわけです。

さらに・・・





美容外科医は機能面だけでなく、

見た目も考えて手術を行いますので、

写真のように目の開きが良くなっただけでなく、

綺麗な二重まぶたができあがり若返りましたね。


いかがでしたか?

眼瞼下垂とは・・・

何も老化によるものだけではありません。

多くの原因によって、

上まぶたの下垂が引き起こされるわけです。

またそれを改善する手術は、

機能面だけでなく見た目も綺麗に仕上げないといけません。


           丸山成一





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒルズ美容クリニック 神奈川県藤沢市さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。