2014年12月09日(火)

小鼻縮小後の傷跡の修正

テーマ:他院の修正治療

今回は他院で行われた「小鼻縮小」の修正です。



上の写真は小鼻縮小後の状態ですが・・・


その前に・・・一言!


小鼻縮小という施術は基本的に“手術”であり、


プチ整形で簡単に改善するものではありません。


“小鼻のプチ整形”を行っているクリニックなどもありますが、


両方の小鼻に糸をかけ、中心に向かって引き寄せる・・・


いわゆる“切らずに小鼻を引き寄せる”という施術です。


しかし、小鼻が変形したり、


ぐに糸が切れてしまいトラブルが多いようです。


また切開法によるものでも、切開の仕方によっては、


術後に傷跡が目立ったり、引きつれなどで悩まれる患者様も見受けられます。



それでは今回の症例を供覧してみましょう!





特に「う~~~」という口の動きをすると傷が引きつれています。


患者様は他院で小鼻縮小術を受けその後・・・


特に左の小鼻の付け根の傷跡とそれによる引きつれが気になり、


同じ病院で修正を行ったということでした。


問題は2つあり、


①初回の手術で小鼻の溝にそって切開しています。


②2回目の修正手術で引きつれを十分に解除していない。


①に関しては、


そもそも「小鼻の溝に縫い跡がくると目立つ」という知識がなかったり、


また基本的な手技に誤りがあったことが考えられます。


また②に関しては、


修正の際にZ形成術などで引きつれを解除しておけば、


再度の引きつれを予防できた可能性があったと思われます



そこで今回は残っている引きつれを解除することと、


傷跡さらに目立たなくするようデザインし手術を行いました。



ジグザグに切開し、引きつれを解除し、


更にA点をA’点に移動することで、小鼻が外側に膨らむことを予防しました。


それでは最後に手術後3ヶ月の状態を確認してみましょう。









傷は綺麗に修正できました。


また「う~~~」をしても引きつれていません。



いかがでしたか?


小鼻が広がっている、大きいなど・・・


様々な悩みがありますが、


基本的な手術手技に誤りがあると、


今回のように引きつれが起こり傷が目立ってしまいます。


小鼻縮小術を行う場合は、


どういう施術をおこなうのか?


傷はどこにつくのかなど・・・


事前にしっかり説明を聞くことをおススメします。



             丸山成一





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒルズ美容クリニック 神奈川県藤沢市さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。