2014年04月26日(土)

皮膚に無数の穴を開けて肌再生?!

テーマ:肌再生医療(ダーマペン)

今回は・・・


最近テレビなどでよく紹介されていて、


某アナウンサーが新幹線に乗ってまで施術を受けに行くという・・・


肌再生医療』についてお話したいと思います。



ところで、


ドラッグストアやデパートの化粧品コーナーに行くと、


コラーゲンやヒアルロン酸成分を含んだお化粧品をたくん見かけます。


そして、それらの化粧品を塗れば、


自分の肌の中に吸収され、


お肌が“ぷるぷる”になると思われている方がたくさんいるようです。


実際に来院される患者様の中にもそう思っている方はたくさんいます。


しかし、実際は肌の奥、


つまりコラーゲンやヒアルロン酸の宝庫である


“真皮組織”まで浸透するわけではありません。



今回紹介する肌再生医療は、



ダーマペンという器具を使って、皮膚に無数の穴を開け、


実際に肌細胞成長因子やヒアルロン酸などを


“直接” 肌の奥に浸透させ肌再生を促すものなんです。


しかし、“皮膚に穴をあける”というようなことを聞くと、


「えっ皮膚に穴なんか開けて大丈夫なの???」


「痛くないの?」


「ダウンタイムは???」


などなど色々聞かれます。


ご安心下さい。


皮膚に穴を開けるということはとても意味があって、


例えば擦り傷を負ったときに、


“毛孔”つまり毛穴から新しい皮膚が再生されることはわかっています。


ダーマペンはその現象を応用したものなんです。


上のイラストからもわかるように、


ダーマペンの針先が到達する深さは調節できます。


そうです。開ける穴の深さを調節できるわけです。


またコラーゲンやヒアルロン酸が含まれる“真皮層”にまで、


先に述べた成長因子などを直接注入することもできます。


痛みですが、麻酔クリームを40分間塗って行うので施術中の痛みはありませんし、


当日から2、3日は赤みでますがダウンタイムは短いといっていいと思います。



では実際の症例で、


ダーマペンの施術前と施術後を比べてみましょう。


よ~~~く見てみて下さい。


1週間後の状態ですが、


頬の毛穴が小さくなり、


凹凸のあった皮膚が少しなめらかになっています。


ミクロなレベルの変化ですが、


「お化粧ノリがとってもいい!」


・・・と特に“お化粧する時に実感できる”ということでした。



いかかでしたか?


“皮膚に穴を開けるなんてとんでもない!”


・・・と思われる方もいらっしゃるでしょうが、


肌を新しく再生するには、


それなりの刺激が必要で、


また皮膚再生には欠かせない“穴を開けるという行為”が、


とても重要だとご理解頂けたかと思います。


次回はダーマペンの手順や、


1週間の肌の変化などを公開したいと思います。



                丸山成一







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒルズ美容クリニック 神奈川県藤沢市さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。