2010年12月06日(月)

目の上の脂肪ってどうやって抜くの?

テーマ:目のその他の施術

今回は、


目の上の脂肪とりのお話です。


ヒルズ美容ステーション


上まぶたの断面図ですが、


上記のイラストを参考にしてみて下さい。


まぶたを挙げる筋肉(上眼瞼挙筋)の上に乗っかっている黄色の組織が・・・


そう!目の上の脂肪です。


一般的に目の上の脂肪が多いと、


上まぶた自体が腫れぼったくなり、


目の上がむくんだように見えます。


また、二重まぶたのラインがハッキリあらわれません。


そう・・・目が小さく見えてしまうのです。


そのようなケースでは、


その目の上の脂肪だけを取り除くことで、


スッキリした印象になります。



では・・・


どうすればいいのか?


目の上を大きく切って、中の脂肪を取り除かないといけないのでしょうか?


やっぱり、大きく切らないと、そんなふうにたくさん脂肪はとれないのでしょうか!


さてさて、いったいどのような施術なのか?


では今回は施術方法を説明します。



目の上の脂肪を取り除く場合、


脂肪だけを取ればいいので、大きく切開する必要はありません。


下のイラストをご覧下さい。


ヒルズ美容ステーション

もともとの二重まぶたのライン、あるいはラインをつくる予定のところに、


局所麻酔を行い、約3mm程度の穴(ピンホール)をあけます。


更に極細のピンセットだけを使いで、その穴から内部へアプローチします。


この作業はご覧のようにとても細かい作業になります。


眼輪筋(がんりんきん;目の周囲の筋肉)の一部を切開し、


脂肪がたくさん入った“部屋”へ到達します。


ヒルズ美容ステーション

写真は、小さな穴から脂肪(ピンセットで摘んでいる黄色の組織)だけを取り除いているところです。


脂肪組織には毛細血管が豊富に存在しているので、


しっかり止血しながら、写真のように出血させないように、


脂肪を取り除いていかないといけません。


取り除く脂肪の量ですが、決して取りすぎてはいけません。


特に腫れぼったい方は、母指頭大程度の脂肪が取れる場合もあります。



いかがでしたか?


目の上の脂肪を取り除くにしても、


大きく切る必要は一切ありません。


もちろん、自然閉鎖しますので、


縫合する必要もありません。




                          丸山成一










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。