2010年08月20日(金)

下まぶたの皮膚表面を“切らない”たるみ取り②

テーマ:目の下クマとり バックホール法

今回は前回の続きです。


下まぶたのクマやたるみの改善を、


皮膚表面を切らずに行う施術の実践編です。



まずデザインですが、


ヒルズ美容ステーション  ヒルズ美容ステーション


赤い点線で囲まれた部分の脂肪を取り除きます。


さて、実際の施術ですが、



今回は施術中の写真の代わりにイラストで示します。


ヒルズ美容ステーション



ヒルズ美容ステーション


では、施術直後の状態みてみましょう。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


左は施術前、右は施術直後の状態です。


直後なので少し腫れていますがスッキリはしましたね。


では6日後はどうでしょう。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション

左は施術前、右は施術後6日の状態です。


腫れもひき、涼しげな目もとになりました。



斜めの角度、目を上に上げた状態もみてみましょう(全て右側は施術後6日の状態です)。


まずは斜め正面視の場合です。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


続いて正面上方視の場合です。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


斜め上方視の場合です。

ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


脂肪を除去したことで、


脹らみが取れ、スッキリしましたね。



ところで、


「目の裏側は縫わないのですか?」


・・・という質問をよく受けますが、


目の裏側は粘膜です。


また3mm程度しか切らないため、縫う必要がありません。


例えば、口の中は粘膜ですよね。


食事の時あやまって噛んでしまい血がでることがあると思います。


あの時・・・縫いませんよね。


その後は跡形もなく綺麗に治っていますよね。。。


そうなんです!


目の粘膜も同じで、縫わなくても綺麗に閉じてしまうのです。



いかがでしたか?


この方法(バックホール法)は、


皮膚表面を切らないので、当然キズも残りません。


また抜糸も必要ないので比較的気軽に行える人気の施術です。





                       丸山成一









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。