2010年07月06日(火)

左右の目を等しくする施術

テーマ:目の上たるみ治療

今回は左右の目を等しくするお話です。


患者様は50代女性で、


主訴は、



数十年前に右目の上まぶたをケガし、


年齢を重ねているにもかかわらず、右目の二重のラインがパッチリしている。


左目は自然にたるみが出てきたことによって、


二重のラインが消えかかっている。


・・・ということで、出来れば若返りもかねて、


右目のようにラインをハッキリさせて欲しい!



・・・というものでした。


それでは症例を供覧しましょう。


ヒルズ美容ステーション

確かに左右の目が等しくありません。


右目はパッチリ二重である。


そこで、


今回は切開法により、左目のまぶたのたるんだ皮膚を処理し、


左右を等しくする手術を行いました。



では・・・


デザインをしてみましょう。


ヒルズ美容ステーション

目を開けた時に、


デザインした赤い線が、


右まぶたのラインとおおよそ同じ高さになるように設定します。


*もちろんデザインする時は、患者様に必ず座って頂きます。


   これは、たるみの具合いを確認すること、また左右のラインの高さの確認です。


ヒルズ美容ステーション


目を閉じると、


昔ケガした時にできたキズ跡がわかります。


このキズ跡が防波堤のようになって、


まぶたの皮膚が“たるむ”ことを防いでいます。


一方、左目の赤い線で囲まれた部分が皮膚を取る量のデザインです。


ヒルズ美容ステーション

余った皮膚を取り除いたあと、


目を開けてもらい、ラインの確認を行います。


出血も少なく、あまり腫れていません。



それでは施術前と施術後を確認してみましょう。


ヒルズ美容ステーション


施術前


ヒルズ美容ステーション


施術後3週間です。


まだ少し腫れがありますが、


左右対称な目の状態に近づきました。


ヒルズ美容ステーション   ヒルズ美容ステーション


今回は右目のまぶたにキズ跡があって、


その跡があった“まぶた”の方には たるみがなく、


自然に年齢を重ねてきた左目には、


まぶたのたるみが存在していました。


そのような場合で、


左右の目を整えるという・・・


特殊なケースでした。



いかがでしたか?


このように様々な原因で左右の違いがあっても、


改善させることは可能です。



                                  丸山成一











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。